ブログトップ >> カテゴリ別[ オペレーションズ ]

ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)

amazonでチェック

ストーリーとしての競争戦略 ―優れた戦略の条件 (Hitotsubashi Business Review Books)

ビジネスマン必読の書
 仕事柄ビジネス書とりわけ、戦略論や組織論についての本は良く読んでいる方だと思いますが、本書ほど戦略について分かりやすくその神髄を語っている本にであったことはありません。
 戦略とは文字通り「戦いを略す」ための物だと理解していますが、実際のところ戦略を立案するというと4Pや5C、ロジカルツリーなど正当性を主張するためのツールにいかに落とし込むかという手法に目がいきがちです。しかし、いい戦略の本質はストーリとして一貫性が保てるか、従来の常識では考えられないようなストリーであるかにかよるということが本書を読んではじめて理解できました。

 本書では、いくつかの企業の戦略ストーリを紹介しながら、一貫性のあるストーリにはそれ自体に競争優位が内在され、そのストーリーを支えるキラーパスが存在するため競合他社の模倣を恐れる必要がないなど、戦略と競争優位、ポジショニング、コンピテンシー等々との関係性も非常に簡潔に整理されています。

 既に成功している大手企業の事例が中心であるためにどうしても後付け的なところは否めませんし、すばらしいストリーが見当たらなくても成功している企業はたくさんあることを考えると本書で論じられていることが必要充分条件ではないとは思いますが、それでも戦略とはどうゆうものかという本質を学ぶには最適の本だと思います。

 あえて本書のあら探しをするとすると、例えばスターバックスが「第三の場所」としてのストーリーを主軸においているとすると、郊外型の店舗がドライブスルーを併設することにたいする説明がつかないようなことがいくつか見受けられますが、それでも、ストーリーとして読み解くことで戦略に対する理解が非常に身近なものになること請け合いです。

 結構厚さがある割りにはしおりがついていないのが唯一の不満でしたが、ビジネスパーソン必読だと思います。

白眉
学者の書いた本って、つまんないって、ヘンな先入観があった

「もしドラ」も、ストーリーで競争に勝った戦略だよね

楠木先生の大作はおもしろい、あっという間に読める、高いけど必読

ベストプラクティスを羅列しただけでは、戦略は生まれない
 著者は、戦略とは本来、動的につながった面白いストーリーであるべきだといいます。しかし最近の戦略と呼ばれるものは「アクションリスト」だったり、「テンプレート」だったり、「ベストプラクティス」といった静止画のことをさすことが多い傾向だそうです。他社の「ベストプラクティス」を模倣しただけでは到底戦略とはいえませんよね。確かに戦略の基本として「ベストプラクティス」を学ぼうという声は社内でもよく耳にします。

 しかし実際に「ベストプラクティス」といわれるような成功事例はそのアクション自体は他と別段変わったことをしていません。そのためその成功事例の要因を外的環境であったり、個人の能力の高さだと誤解されてしまうことが多く見られますのが現状です。

 本書では、構成要素の個々のアクションより、どのようなストーリーを論理的に構築してきたかが成否を分けるとされています。その例として「スターバックス」、「マブチモーター」(渋い!)「デル」、「サウスウエスト航空」、「アマゾン」などの成功事例を因数分解してどのようなストーリーがあったかを解説されています。

 私は企業の戦略を立案するほど偉くはありませんが、自分の「ベストプラクティス」を因数分解して成功事例からストーリーを抽出することができるようになりました。


戦略論の殿堂入りをする一冊
今までいわゆる名著と呼ばれるような戦略本や理論を数多く学んできました。
しかし、この本は戦略を「ストーリー」という新たな視点からとらえ、
戦略とは「違いをつなげること」という明確な、そして斬新な考えを打ち出しています。

短期的に「はやる」いわゆる「戦略」理論とは違い、戦略の真髄や本質を
鋭く見抜いている素晴らしい一冊だと思います。

この本を読んで、自分は今まで全くといっていいほど、戦略を考えていなかったことや
戦略を「動画」ではなく「静止画」と勘違いしていたことに気づかされました。

そして何より楠木さんの偉大な功績は戦略をたてることの「楽しさ」「面白さ」を
世に知らしめたことだと思います。

私の人生を変える一冊になりました。

楠木さんがこのレビューを御覧でしたら、深く感謝申し上げます。

優秀な戦略の条件と7つの習慣
優秀な戦略には「二つの「なぜ」とそれらへの「回答」がきちんと組み込まれる。ひとつ目の「なぜ」は戦略を講じる直接の理由(想い)、二つ目の「なぜ」は戦略内の打手を必要とする理由。特に、前者のなぜは「フランクリンの7つの習慣」の第2領域での活動がないと、なかなか気がつかないと感じます。楠木さんの本書は、後者の「なぜ」を突き詰めることを教えて下さいました。商品開発に長年携わる者ですが勉強になりました。

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | オペレーションズ

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

amazonでチェック

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン―人々を惹きつける18の法則

情熱 X 準備 = 世界を変える力
単なるプレゼンのテクニックだけでなく、世界を変える夢と勇気を呼び起こす本です。

世界をより良いものに変えていくためには、今の日本社会のようにネガティブな批判では駄目で、
スティーブ・ジョブズのように、厳しい困難にもくじけない燃えたぎるような情熱を持ち、
徹底した準備によって磨きに磨いた表現で、人の心を動かすことが必要です。

グローバルな競争、ネット上で情報が溢れる中、品質が高ければ売れるという日本の常識は
もはや捨て去るべきなのでしょう。
価値観が多様化し、選択肢も多数持った現代の消費者には、心を動かすシンプルなメッセージを
発信できるかが、勝敗を分けることになるでしょうから。

たった5分間のデモのために、数百時間かけて準備したアップルのチーム。
プレゼンの達人たるスティーブ・ジョブズでさえ、何週間もかけてプレゼンの準備をする。
こうした消費者とのコミュニケーションに費やすエネルギーの差が、
アップルとソニーの明暗を分けたのかも知れません。

伝える事の大切さ
とても骨のある本でした。

翻訳者のあとがきにもあるように、Apple製品が欲しくなりました(元々ファンですが...)。
ジョブズ自身ではなく、他の人が彼について書いて、
さらに日本語に翻訳されても、ジョブズのパッションが伝わってくるのはとてもすごい事です。

また、翻訳も原文の空気感を損なわないように配慮していたことも好感がもてました。
彼のスピーチやスライドが英語併記なのは、良かったです。

同じプレゼンテーションを別の角度から分析して、教訓を導きだしたのも、
はじめはくどいと感じましたが、深く作者の意図を理解するのは役立ちました。
さらに、海外のプレゼンに関するリンクもたくさんあり、iPhoneで寄り道しながら読み進めました。

2点残念だったのが、ジョブズのスライドが一枚もなかった事と、3点ルールが大切といいながら18も法則があることです。

スライドは、実際には、YouTubeなどでプレゼンを見られるのですが、ジョブズの美しいスライドを並べてみてみたかったです。
もしかすると、スライドはプレゼンの本質ではないからわざと排したのでしょうか。
テキストだけの解説でも十分伝わってくるのは、脅威的なこととも言えます。

18法則はやっぱりおおいと思います。著者自身3〜4点、場合によっては1点しか印象に残らないといいながら...
結果、18法則はどれも印象に残っていません。もっとも、本質はしっかり刻み込まれたと思いますが。

素直に参考になりました
テクニック論的な書籍は個人的にはあまり好きではないのですが、
著書は素直に参考になりました。

直近でセミナーを控えておりましたが、
参考になると思ってセミナー前に読破し、
一部実践してみましたが、反響は上々でした。

強いて言うなら、スティーブジョブズの名を使った
プレゼンテクニック論のような感を受けますので、
もう少しジョブズのプレゼンがリアルに伝わるような工夫があれば良かったと思います。

Youtubeなどでジョブズのプレゼンをセットで見ないと、
なかなかそのすごさは伝わりにくいかもしれません。

ただ、テクニック論としてだけでも参考になります。

情と理と
情に訴えるものを、理で分析している。その理に、情を感じるから面白い。
3つのメッセージに絞り込む、それぞれについて効果を高めるために、
体験談、事実、実例、アナロジー、メタファー、推薦の言葉を用意する等は、
書評を書く際にも有用と思われる。

もはやアーティスト
僕も職業柄、プレゼンをする機会が結構あるのですが、どうしても、”情報がきちんと網羅されてるか”というスタイルのプレゼンになりがちで、振り返ってみると如何に退屈なプレゼンだったか、といつも反省してます。

それに比べ、アップルCEO スティーブ・ジョブズのプレゼンは、アーティストの域に達しているといっても過言ではありません。2時間もの間、観客を盛り上げ続けるプレゼンは素晴らしいの一言。

まずは、ジョブズのプレゼンを一度でも見てみることをお勧めします。
http://www.apple.com/apple-events/

また、併せてこちらもお勧め。
プレゼンテーション Zen

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | オペレーションズ

競争の戦略

amazonでチェック

競争の戦略

ある種のパラダイムシフトできる一冊
私は無知式でこの本を買いました。

MBAなんて持っていませんし、必要な職種でもありません
コンサルでもないし、企業を導く立場の人間でもありません
ただ、評判良いってだけで買いました。

非常に解りやすい内容、現実視点で考えられるし、考えをシフトすれば生活、仕事でも使える内容だ。

この本を読み、私の口から多く出た言葉は「見落としていた!」だった
あまりにも視界の狭い自分に気が付かされた。
あまりにも浅はかな考えの自分に気が付かされた。

これは学問的知識ではなく、思考を変える啓発本の様な感触でした。

恐らく、読む分野は違うのに、私の一生に付き合うことになる本であるだろう。

HBRの2008JAN号に最新のUPDATEあり
HBRの2008JAN号にポーター氏が5フォースについてUPDATED版のレポートを掲載しております。本書(90年代の本)にあわせて、当HBR誌(英語)も熟読することをお奨めします。

自社中心の競争戦略論の一考察である
 自社の強みを生かし、相手の弱みを突く。それには自社のポジションを正確に分析し、外部環境に対応した戦略が必要になる。MBA流の自社中心主義、自社利益優先の経営が蔓延るわが国に、ポーター氏の説く『競争の戦略』論はこのような社会現象を捉えるフレームとして最適である。ポーター理論を学ぶことは資本の論理による競争の厳しさを学ぶことである。競争重視から抜け出た、より良い社会とするために、ポーター理論を超える新しい理論の構築を期待する。本書は来るべき競争回避社会を模索するためにも呼んでおくべき古典的名著である。

隅々まで読む必要はありません
言わずと知れた不朽の名作であるが、マーケティングの専門家以外の人は最初の3章を読めば十分である。かの有名な差別化・集中戦略もファイブフォースモデルも最初の3章に単純に説明されており、原典を読むことに価値があると感じます。

もはや古典である。
産業組織論というミクロ経済学の理論を応用して競争戦略の構造を解明するというのは、アメリカのビジネス・スクールでは、すでに、定番となっている。戦略論=産業組織論の応用なのだ。そして、この本が、産業組織論を経営戦略に応用するという試みにチャレンジした最初の本なのである。経営戦略論にとってはエポックメイキングな、そして、もはや古典といってもいい。経営戦略を学ぶ人の必読書である。

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | オペレーションズ

ザ・チョイス―複雑さに惑わされるな!

amazonでチェック

ザ・チョイス―複雑さに惑わされるな!

原因には二つの結果がある
「ものごとは、そもそもシンプルである」と信じることができれば、どんな原因にも、それに伴って少なくとも二つ結果が生じていると思って間違いない。
というフレーズが一番印象に残っています。
人はどうしてもひとつの結果にしか目がいかず、視野が狭い中でいろいろ考えたり、悩んだりしてしまいましが、もう一面の結果に目を向けるだけで、視野が格段に拡がる、ということを言いたいんだと思います。
昔、養老孟司さんのセミナーでも同じような事を仰っていたのを思い出します。掃除機で部屋の中はきれいになる。でもそれは一つの結果であり、その掃除機の中のゴミで別の場所でその分が汚されている、というもう一つの結果を忘れてはならない、と。

ながい
全体を通じて伝えようとしてることはとても大切なことだと思うのですが、ストーリー形式になっているため如何せん話が長い。そこらへんが気にならない方なら楽しめるかと思います。
伝えようとしてることは始めと終わりにだいたい書いてあります。

う〜ん、論評しにくいな
ゴールドラッド博士の著書は全部読んでいますが、本書はよく理解できませんでした。全編TOC理論の復習といったおもむきで新しさを感じませんでした。取り上げられているレポートも目新しい事例ではありません。親子の対話の構成も効果的とは思えませんでした。私の理解力に問題があるのかと、自問しています。

次の世代に向けて?
「これまでのゴールドラット博士の著書に比べ、この本は何を言いたいのか
よく解らないので、読んでみて感想をくれ」と突然この本を私の上司から渡され
読んでみました。

内容は、確かに複数のコンサルレポートをテーマに、博士の親子の会話をベースに
つなぎ合わせ、その中からのエッセンスを繰り返し語っているに過ぎないものに感じず、
タイトルの「ザ・チョイス」や、副題含めた本質的なテーマが見えにくいものでした。

一方別の観点で感じた事は、ここまで大変な研究と実践成果を挙げられた博士も
既に日本で言う還暦を迎え、これまで博士がコンサルティング活動を通じ、次の世代を担う、
子供、孫の世代に対し、人との係り合いを中心とした人生の教訓を自分の著書で
書きたかったのではないかと感じました。
これは子供の立場で書かれている事や、孫について書いている所が多い事も
その表れなのかもしれません。

これに関連して私の知る最近還暦で引退した某大学院教授が、自分の研究を通じて
孫を意識しての子供向けの著書を出版する活動をしていたのを思い出した次第です。

そう言う点から私としても多くの響くフレーズ多く、今後子供や会社の若いメンバーに対し、
「決してわかったつもりになるな」、「コンフォートゾーンの存在」等々
たくさんの事を伝えていきたいと思います。

TOC概論とも呼ぶべき本
TOC(Theory of Constraints:制約条件の理論)の祖であるエリヤフ=ゴールドラット
博士による5年ぶり5冊目の本書は、TOC概論とも呼ぶべき本です。

博士は、「ものごとはそもそもシンプル」であり、「人はもともと善良」であるが
ものごとを複雑に考えすぎたり、問題を人のせいにしたりしてしまうことで、問題
解決がなされていない現状を変えたいと考えておられるようです。

確かに理論は、因果関係のロジック、および「対立」は無いとする自然科学の考え
を基に築き上げられており、整然としております。しかし、それ故に、悪く言えば
意固地な反発も生んでいたのかもしれません。本書では、TOCの考え・概論とともに
どうやれば人が納得を得られるか分かりやすく書かれています。
(それでも、300ページの本の200ページを超えてからですが。
 あ、『ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か』のときよりは早く読めますね。)

簡潔に述べると、コンフォート・ゾーンと呼ばれる、「原因と結果に関して十分な
知識のあるところ」ならば、人は納得を得やすいとのこと。
確かに、そのゾーンを外すから、「常識以外のなにものでもない。当たり前のこと」
でも指摘されるまで気付かなかったり、あまつさえ対立が当たり前と考えたり、と
なるわけですね。

本書は、改革の方向性や納得の得方が中心です。現場担当者だけでなく、経営層
(CEOなど、いわゆるCの付く人)を説得する前にご覧いただくことをお勧めします。
いかに、常識と思われていない当たり前のことを納得させるか、日々難しいと感じて
おられることに対して答えがあることでしょう。

amazonでチェック


関連する本

問題解決を「見える化」する本
問題解決を「見える化」する本

クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?
クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?

チェンジ・ザ・ルール!
チェンジ・ザ・ルール!


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | オペレーションズ