ブログトップ >> カテゴリ別[ ノンフィクション 全般 ]

ハダカの美奈子

amazonでチェック

ハダカの美奈子

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ノンフィクション 全般

はげまして、はげまされて~93歳正造じいちゃん56年間のまんが絵日記~

amazonでチェック

はげまして、はげまされて~93歳正造じいちゃん56年間のまんが絵日記~

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ノンフィクション 全般

逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録

amazonでチェック

逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ノンフィクション 全般

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記

amazonでチェック

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記

素晴らしい内容の本です!
と言うのが感想の一言に尽きるのですが。

あそこまで大山を当ててやる、と言うなんとも凄い欲望をいだいて東京に来ていたことが、悪人につけいれられて、転落(今となっては栄光)への軌跡だったのかもしれませんね。

ところで、金森重樹さんというのは、ペンネームかと思っていたら、本名なんでしょうか?
金の森がしげる樹って、名前だけ聞くと、とんでもない銭ゲバみたいなイメージだから、てっきり意図的なペンネームだと思ってたんですが。。。なんだか本書を読むと、本名みたいですね。。。

朝鮮系とか在日の出身とか、特殊な背景の育ちの方なんでしょうか?
もしそうなら、読者にとって、金森さんの考え方とか経歴とかのルーツを理解する上で大きな参考になったと思うので、そのあたりの背景の描写があると、本書の説得力により厚みが増したのでは?と思います。ので、その点で星はマイナスひとつして星四個とさせていただきます。
内容的には本当に秀逸なので、是非御一読を!

自分にとってのお金の味は・・・
この本は著者の金森重樹氏の回転の力学というメルマガに連載されていたものがベースとなっている著者自身の実体験をつづったものです。
東大合格の栄光から数年、20代半ばで数千万の借金を抱えることとなり、やがて雪だるま式にその金額は増え続け底なしの借金地獄へと沈んでゆく・・・。その絶望のふちからの生還の奇跡を描いたドキュメンタリーです。
現在40代の私が歩んできたこれまでの道のりを時折、思い浮かべながら読み進めていきました。非常に落ち着いた文体で、とつとつとした語り口であっという間に本の中に引き込まれてします。お金に興味がある人もない人も、読めば何がしかの気づきを得ることのできる作品と思いました。


羨ましいような羨ましくないような
私のような平凡な人生を送ってきた人間には平凡な人生が待っており、金森さんのような非凡な人生を送ってきた人間には非凡な人生が待っているようだ。
羨ましいような羨ましくないような…。

生きる勇気
成功実例だけでなく、失敗からの脱出、しかも実体験なので、勇気を貰えた気がする。

お金持ち
金持ち父さんの時もレビューしたように思いますが お金持ちの家に生まれるとお金の教育を受けるけど普通はお金の良さ怖さの教育を受ける事はありません。子供の頃からお金の恐ろしさと凄さを教育する事も必要だと思います。

amazonでチェック


関連する本

99%の大家さんが知らない儲かる不動産投資のゼッタイ法則
99%の大家さんが知らない儲かる不動産投資のゼッタイ法則

今ならこうする![藤山式]所有不動産有効活用法
今ならこうする![藤山式]所有不動産有効活用法

お宝不動産セミナーブック 逆算で夢をかなえる人生とお金の法則 (お宝不動産セミナーブック) (お宝不動産セミナーブック)
お宝不動産セミナーブック 逆算で夢をかなえる人生とお金の法則 (お宝不動産セミナーブック) (お宝不動産セミナーブック)

レバレッジ・マネジメント―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』
レバレッジ・マネジメント―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』

お宝不動産セミナーブック 満室チームで大成功!全国どこでもアパート経営 (お宝不動産セミナーブック)
お宝不動産セミナーブック 満室チームで大成功!全国どこでもアパート経営 (お宝不動産セミナーブック)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ノンフィクション 全般

公認会計士vs特捜検察

amazonでチェック

公認会計士vs特捜検察

細野先生頑張って下さい。
たった今読み終りました。真実を証明する事は、私も一緒です。お互い頑張りましょう。必ず勝ちましょう。真実証明の為の、細野先生の前向きな真摯な姿勢に、感動しました。真実は勝つ。元(株)キャッツTCO事業本部技術部長。「私は薬に殺される」(幻冬舎)著者 福田実

日本の北朝鮮化を嘆く
_
日本もいつの間にやら恐ろしい国になってしまったようだ。

一度特捜ににらまれたら最後。
虚偽の自白でもしなければ社会へは還れないらしい。

法律論と会計論が別というなら、別の紛争解決手段を設けるべきであり、
特捜の三権に対する越権まがいの行為に、何もいえない
素人司法。

ライブドア事件も、日本の後ろ暗い歴史の一幕だったんだと
改めて分かる一冊

素人でも分かりやすく専門的に書かれているので
一読すれば会計の勘所もつかめる
優れた教科書でもある。

会計を学ぶ全ての人に。


これが日本の司法の現状かと思うと恐ろしい
本のはしがきにあるように、この本を司法関係者、報道関係者、そして一国民として読んでほしい。
まるで一昔前の特高警察のような取調べまた、怠慢な裁判が今起きているとは信じがたい。
特に弁護士、裁判所の怠慢ぶりには怒りを通り越してあきれるばかりだ。
私たち国民は、一縷の望みをかけて弁護士を頼るのであり、真実が必ずや明らかにされ公正な裁判が行われるのだと信じてきた。それが、今やその信頼は脆くも崩れ去った。
自分、自分の家族そして友達に著書のような現実が降りかかってきたらと思うとぞっとする。
また、監査法人の責任逃れにも憤りを感じる。
会計論というのは、法律の前ではまるで無意味だといわれているようなものだ。そのことを聞いて監査法人は何とも思わないのか?
著者のような会計士がもっと増えてほしい。会社にくる会計士というのは、最後まではっきりとした答えをださない。それは、会社で考えてください、という。
自分たちで答えを出せるのではあれば会計士の先生にわざわざ相談もしない。私たちは困っているから会計士の先生に相談するのだ。著者のような会計士が増えてほしいものだ。

裁判所の怠慢
冤罪なのかどうかは実際にわからないが、細野氏が証拠を提示している
にもかかわらず、裁判所は論点をずらして実刑を言い渡している。
裁判所は本来行うべき業務の怠慢としか思えず、さらには見方に
よっては、裁判所と検察との間で通謀でもあるようなイメージさえ
受ける。

細野氏のキャッツとのかかわりは、現在の監査法人とクライアントの
関係を考えると、少々かかわりが深すぎるように思えるが、それは
時代の違いであり、10数年前ならありえた話だろうと思われる。

実際キャッツ関係の被告人も細野氏の無実を証明していることから、
合理的な理由が無い限り、裁判所が一審の判決をそのまま引きずる
ことは問題と思われる。



この小説の最大の悲劇は、これが事実であるということだ。
この本は臨場感があり、しかも会計士が日頃行っている専門的な業務を素人にも分かり易く記述されている。
この本がフィクションなら私はこの様な感想を書くだろう。

しかし、ここに書かれているのは虚構ではない。紛れもない事実である。
冤罪という悲劇は、作者にだけではなくその家族の人生まで狂わしていく。
作者と共に無実を信じ続けた奥さんは、2審判決後に白血病で亡くなっている。

真実を裁くはずの裁判所が、この様な判決を下していいものなのだろうか。
人の人生を狂わす判決を下していいものなのだろうか。

この本を今ここに居る全ての日本人に読んで戴きたい。
そして、日本の法制度について、裁判所や検察が行っている事実について考えて欲しいと思う。

amazonでチェック


関連する本

小説会計監査
小説会計監査

反転―闇社会の守護神と呼ばれて
反転―闇社会の守護神と呼ばれて

不思議の国のM&A―世界の常識日本の非常識
不思議の国のM&A―世界の常識日本の非常識


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ノンフィクション 全般