ブログトップ >> カテゴリ別[ ビジネス実用 ]

ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術---数字力が一気に高まる基本スキル

amazonでチェック

ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術---数字力が一気に高まる基本スキル

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ビジネス実用

ホントにカンタン! 誰でもできる! 個人ではじめる輸入ビジネス (角川フォレスタ)

amazonでチェック

ホントにカンタン! 誰でもできる!   個人ではじめる輸入ビジネス (角川フォレスタ)

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ビジネス実用

全脳思考

amazonでチェック

全脳思考

神田昌典さんの決意を受け止めよ
私はこの本を物凄い本だと思いました。

よくまあこれだけの内容を一冊に盛り込んだと素直に
驚かされてしまいます。

内容ですが、今までの神田さんの本の内容と余りにも違うの
でそれは賛否両論が出るでしょう。

でもそれも仕方無いと思います。何故なら本の帯にも書いて
あるようにこの本は著者の10年の集大成であるのは勿論、今
後の10年に向けての内容であること。即ち未来に向けての内容
であるからです。

受け取り方は人それぞれありますが、私は著者がまさにこの
時期、このタイミングでこの本を出してくれたことに対して
感謝の念で一杯です。

だって何でもありの時代だといっても限度があるでしょう?
例えば10年前の自分に向かって
「10年後はトヨタが赤字になるんだよ」と言ったって
狂人だと思うだけですよね。でも実際にそれが起こっている。

残念ながら今はそういう時代なんです。そしてこれからの
10年は・・・考えるだけでも怖いですよね。でも我々は
そんな時代を生きていかなければならない。そんな時代に
生きていかなければならない。

この本は間違いなくそんな時代を生き抜くための羅針盤です。
具体的かつ実践的なスキルが満載です。この本を読み込んで
そうしたスキルの一つ一つを身につけていくことが知識社会に
おいて生き残るための必須条件です。

5年後、10年後、
「あの本をあの時読んだから今の自分がある。」

そういう人がたくさん出てくるような気がします。

少なくとも私はこの本を読めたことに対して120%のHappyを
感じています!!

思考テクニックをついに公開?
最終章に「社会変革のためのマーケティング」とありますが、この本の本質は、社会(マーケットという意味だけではなく)とつながるためにどう考え、どう行動するかということにあり、決して帯にあるような「思考テクニックをついに公開!」というところにはないように思いました。

神田さんのビジネス書はとにかく読者を行動させずにおかないということで首尾一貫していましたが、この本もまたしかりで、神田さんのマーケッターとしての集大成として、また次のステージへの旅の始まりとしてふさわしい内容となっています。

ドラッカーのネクスト・ソサエティーを読んで、来るべきビジネスの形についてうーんとうなっている人にとっては大きな気づきを得られると思います。理論だけにとどまらず、神田さんが上場会社3000社の社長宛てに送ったレターが公開されていたり、自ら企画したテレビ番組「はたらくげんき」が生み出された背景も明かされていたりで、具体的に腹落ちする内容となっています。

天才としての神田昌典
いまこの本を読了したところです。

一言でいって、この本は新しい時代の新しい日本、そして新しい地球人類を作っていくリーダーの為

神田昌典さんが渾身の力をしぼって、その今の全貌を書き上げた本だと思います。


この本の本質を理解するためは、たしかにかなり事前知識がないと困難かもしれません。

しかし、もし、あなたがこの混沌とした日本、そして、この地球を憂いていて、なにか自分の

人生のなかで、自分の仕事を通し、少しでもそれを良い方向にするために、ささやかでも役に立ちたい

考えている人なら絶対読んでみてください。

そんなあなたならこの本のなかにどう考え、どう行動すべきか、のヒントが満載です。

もし、この著者の本が初めてだとしてら、この本を読んだ後で、ここに記載されている

書籍を系統的に読み進めれば、よりその本質にせまることができると思いますし、フォトリーディングや

ジーニャスコード等のメソッドもぜひ受けてみるといいと思います。


いま、人類は本当の意味でのパラダイムシフトの時代に入り、忙しい日常で一見なにも

変化は感じられないかもしれませんが、先端科学分野、特に量子力学等の根源の分野や

生命科学、DNAなどあるいは意識そのものの理解における心理学で、この世の中の仕組みや

人類というものの本質が理解が急速に進み、この5年から10年ほどで、まったく価値観が逆転した

新しい考え、新しい経済システム、新しい科学が生まれでようとしていると感じます。

その中で、神田昌典さんはコンサルタント、教育者、社会変革者として、世界でもトップクラスの

レベルでそれをリードしていると思います。

日本にいて、このような最高度のクオリティの情報を得る事ができることに喜びと勇気を

感じますね。

次の10年でどのような変貌を神田昌典さんが遂げて行くのか、それまでの自分自身の成長とともに

とても楽しみで、本当にワクワクしてしまいました。

時代と共に学び続ける

まず、他の方々のレビューを読んでショックでした。
おそらく著者や関係者も読んでいるのに、「そこまで書かなくても・・・」と思ってしまいます。

もう、批判や中傷は止めましょう。


さて、私は「60分間・企業ダントツ化プロジェクト」に大変な感銘を受けた1人です。

しかし今回の著書からは、大きな時代の変化を感じます。

私自身、ダイレクトレスポンスは「もう古い」と思っていますし、ネット社会における「指名検索」の概念は、とても重要だと思います。

過去の名声や遺物に胡坐(あぐら)をかくことなく、時代と共に学び続ける姿勢は素晴らしいと思います。

私は、著者のオーディオ教材をよく聞いていますので、言わんとしていることがよくわかるのですが、何も知らない人がいきなり読んでしまうと、真の価値が伝わらないかもしれません。

だから星4つです。

これからもがんばってください。

応援しています。


見える者 見えざる者 時代の奥底の潮流
 「よくもまぁ・・・相変わらずこんなどこから降ってくるのか解らない次元の話をもってくるもんだな」と感心します。

だから、この本の奥底の次元というものは読む者を完全に「分断」してしまうだろう。

あるものには全く理解できる次元ではなく。ある者には「まさに自分もそれを考えていたんだ」というシンクロを生み出し。拒絶を生み共感を生み出す。

この本にとってみれば、☆一つも☆五つも賞賛に違いない。

なかなか☆一つがつくものじゃなく。なかなか☆五つがつくものではない。

その二極を産みだすことの方が名誉でもある。非常によくできた本ですが。

その次元に到達していなければ白い紙となんら変りはないでしょう。

ただ言えば、起業の最初の段階で男性性が必要で・・・というくだりは整合性がないなと思いました。母性という安全地があってはじめて男性性も女性性も成り立つものではないかと。

U理論にしてもそのプロセスや現象面については解説しているが。

「なぜそれが起こるのか?その根本とは?」という問いには答えていないから。

その奥底にある創造性そのものにいずれは立脚してゆくこと。スキルを超えた次元に到達することが将来的には求められるのではないかと思います。

これを単にノウハウにした時点で一次元下がってしまうそういう感を憶えました。

amazonでチェック


関連する本

アインシュタイン・ファクター
アインシュタイン・ファクター

凡人が最強チームに変わる魔法の営業ミーティング
凡人が最強チームに変わる魔法の営業ミーティング

すごいリーダーは「脳」がちがう
すごいリーダーは「脳」がちがう


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ビジネス実用