ブログトップ >> カテゴリ別[ 軍事 ]

国民の遺書 「泣かずにほめて下さい」靖國の言乃葉100選

amazonでチェック

国民の遺書  「泣かずにほめて下さい」靖國の言乃葉100選

涙が出てきます。
ページをめくるたびに、涙がこぼれ落ちてきました。
平和に日本しかしらない私に出来ることは、
この本を読んで自分と彼らとの環境の違いに呆然とし、
気分が落ち込み、戦争について考えることだと感じました。

彼ら一様に、両親に対しての感謝の気持ちを綴っていること、
が印象に残りました。

一人一人の勇者が書いた朴訥なる熱誠の数々!!
死と向かひ合ひ、愛する祖国に対する公的使命を背負って書かれた百選の遺書である。そんない長い文章はないが、一人一人の萬感の思ひが籠められてゐる。大いなる生を、家族への思ひを、拙き自分への思ひを、祖国や家族を見守る言葉をと。勇壮、流暢の言は寧ろ控へ目でさへある。覚悟して書いた様々な国民が綴った英霊となった先人の内なる叫びがあるのである。「龍三ヨクヤッテ呉レタト一言デモヨイカラ云ッテ下サイ」との言葉は身に浸みました。私達は、思ひ出しては彼等の言を読み味ははう。そして、静かに偲び祈り、そして、彼等の奮闘に感謝しよう。

読めばわかります。
長い文章はいりませんね。読めばわかります。自然に涙があふれます。今の自分より若い人たちが死を受け入れ覚悟する。果たして自分に出来るだろうか。本書を読むことが英霊に対する感謝のまことを捧げる一つの手段だと思います。 ありがとうございました。

明日死ぬならこの一冊
世の中にはいろいろな作品があります。映画、小説、ドラマ、マンガ、アニメ等々。
でもそれらはどんなに素晴らしくても、結局は誰かが想像で作り出したものです。
ならばそういうものを見る前にまずこの本を手に取ってください。

この本にあるのは全て現実の世界のもの。しかもこの日本という国での、ほんの六十数年前の出来事です。
ここにいる彼ら彼女らはマスコミや教師が毎度言うような
国家に洗脳なんてされていませんし、また騙されているわけでもありません(それは読めば分かります)。
狂信者でも犠牲者でもなく、ただ圧倒的な覚悟があるだけの私たちと同じ日本人。
大切な人への想いや素朴な感情は、むしろ意外なほど共感できるのではと思います。

今日も様々な娯楽に浸る私たちですが、平和にそういう生活ができているのも
けして自然発生的にそうなったわけではなく、
その礎となるために自らの意志で命を投げ出した英霊たちが何百万人とこの国に居たからです。

そんな想いが込められた遺言は、どんなによくできた映画よりも胸を打ち、
いろいろな感情が去来することでしょう。とくに日本人は。
なぜなら今の自分と何処かで繋がっているのですから。
だから、あえて言ってしまえばこれは正真正銘のリアルな物語。
とにかく一度読んでみてほしいです。
これを知らずに人生を諦めたり、終わったりするなんてとんでもありません。
日本人が本当に平和を願う国民なら、それは最低限のマナーだと思います。

(多くの人に読んでもらいたいので、あえて軽く書きました。不快に思われた方申し訳ありません。)

良書
本書は戦地から本土にいる家族へ送られた手紙をまとめたものだ。
また手紙という遺書でもある。ページ数はさほど多くなく中略している個所もあり、ただ読むだけであれば
時間を要さない。しかしページを捲るたびに、字面が歪み手をとめさせる。

これは遺書であり「君はどう生きているかね?」という彼らからの問いかけでもある。
よって中々読了出来ずにいる。

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 軍事

自らの身は顧みず

amazonでチェック

自らの身は顧みず

議論の材料にすべし!
総合的に賛同できる内容。多くの論点を提示している。村山談話と異なる見識であるとのことで最も物議をかもした部分である「侵略」においても、「侵略」という言葉の定義を明確にしてそれに該当するかどうか、という不毛なアプローチはとらず、他の先進諸国のアジア「進出」との比較で、客観的に「日本だけ特別に悪かったわけではない」という決して欲張らないが、現在の常識よりもわれわれ日本国民にはるかに有利な結論を導いている。
その他にも多くの論点が満載なので、ぜひ読むべき。
歴史の勉強はこの本からスタートしてもよいと感じるくらい。

ぜひ日本の先生に読んで欲しい本です
今までの日本の自虐的な歴史教育が国会議員あるいは防衛省の要人の頭を硬直させている現状を目の当たりにして日教組の影響がそこまで浸透しているのかという別の意味での危機感を感じました。素直に日本という国をそして歴史を見直せる普通の国になってもらいたいものです。

日本国家解体の危機だ
反日マスコミによる著者の論文に対する攻撃に始まり、参議院での参考人招致(NHKは意識的に報道しなかった)、外国人特派員協会での講演(YouTubeで全講演をビデオ視聴できる)、など今年の話題をさらった元航空幕僚長による著書であり、全国民の必読書である。

関連して、著者の参考人招致をマスコミが取り上げる裏で、大問題の「国籍法改悪案」が国会をさっさと通過したが、反日マスコミはほとんど報道しなかった。今後は、「外国人参政権」「人権擁護法案」などの問題法案が国会に提出されると危惧される。

関西テレビでは「たかじんのそこまで言って委員会」で「国防特集」を90分組み、著者らを招いて激論が交わされ、高い視聴率をとった(この様子はYouTubeでビデオを見ることができるが、著作権の問題でそのうち削除されるだろう)。

次の総選挙で民主党が政権を取れば、いよいよ日本国家解体のシナリオが完成し、日本は中国の軍門に下るだろう。

そうならないように、できるだけ多くの日本人に読んでもらいたい著書である。



日本人の鏡、田母神氏の魂を感じよう!
自衛隊の事実上のトップとして、国防を担う自衛隊の尊厳を守る発言をしたがためにその首を切られた田母神氏待望の著書である。

内容はきわめて常識的にして真摯なもので、一点の曇りもない透明な論理展開のもとに自説の正しさと田母神氏を排除した政府の異常さを訴えるものだ。

国会招致されながら、議論を封じられた自説と村山談話の比較検証や、大東亜戦争(これが日本政府が正式に決めた名称)に至る国際情勢と日本の正当性、自衛隊の置かれている現状と本来あるべき姿など、国を守ることを放棄したとしか思えない政治家連中に聞かせてやりたい内容ばかりだ。

国を守ることを忘れた国会議員や多くのマスコミにとっては耳の痛い内容だろうが、正常な感覚を持った多くの国民にとっては極めて壮快で、読んでいてこれほど嬉しくなる本はそうはないだろう。国の方向性を変えるきっかけになる可能性を秘めた極めて大きなインパクトを持った本と言えるだろう。

村山談話や河野談話によって損ねられた日本の尊厳と国益、それを一切回復しようとしない政治家と、それらを助長するマスコミに対しては国民の多くは非常なる不満、鬱憤を感じていたはずである。
そこに、自衛隊のトップという立場の人間が公の場で、日本の名誉を回復すべく勇気ある発言を行なったことはまさに賞賛に値する。


国家とは何なのか
田母神氏の論文はあまりにずさんなマスコミの印象操作によって貶められてしまった。
何より国家についてここまで考えている軍人がいたことは大変に喜ばしい。
なんと言ってもここ近年の保守の隆盛は戦後極端だった極左の跳梁によるものであり
日本が本来あるべき道に戻りつつあることを田母神氏の主張は裏付けている。
国益を損なうことに熱心な人間も多い中、力から強い論者の登場を
心から喜びたい。
是非おすすめの1冊です。

amazonでチェック


関連する本

中山成彬はなぜ日教組と戦うのか
中山成彬はなぜ日教組と戦うのか

WiLL (マンスリーウィル) 2009年 01月号 [雑誌]
WiLL (マンスリーウィル) 2009年 01月号 [雑誌]

南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった
南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 軍事