ブログトップ >> カテゴリ別[ 一般 ]

自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心

amazonでチェック

自閉症の僕が跳びはねる理由―会話のできない中学生がつづる内なる心

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 一般

頭のよい子が育つ家

amazonでチェック

頭のよい子が育つ家

実はこれ気付いてました。
実は5年以上前からこのことには気付いていた。友人で東大や医学部に受かった友人の家(下宿)に遊びに行くと勉強している形跡が無い。机さえない奴もいる。話を聞くとそもそも彼や彼女たちは家で勉強する習慣がないようだ。中高生の時は基本は塾で済ませて、後はリビングでテレビを見ながら勉強していたそうだ。
逆に苦労して大学に入っている奴は勉強を一種の「苦行」のように捉えているところがあった。リビングで勉強すると言うのは、「自分の部屋で苦学して勉強」と言う教え?があった僕はかなり驚いたのを覚えている。と言うかよく考えれば自分自身も塾や図書館などで勉強していたし、今ではカフェなどを利用している。海外の優秀な学生に聞いても例が図書館や研究室と答えることが多い。
僕の家では親が中心で、子ども中心ではなかった(今でもそう)。
すぐ「勉強しなさい」と言われるし、起床時間も学校ではなく親に合わせることを求められていた。教育熱心だったが、親の教育熱と言うのは=お金だった。つまり「お金をかけているから結果が出るはずで、結果が出ないのは本人の責任だ」と言うわけだ。常に気を使うわけで、家での生活は楽しくなかったし、効率も悪かったと思う。この「リビングで子どもが勉強できる」と言うのは=子ども中心の生活と言うことの意味であり、、仮にリビングがない家でも、子ども中心で同じように成果を挙げることはできると思う。これは会社でもそうなんだろうな、と思う。今、社会人だが、これは会社でも同じだと思う。「頭のよい子が育つ家」はgoogleのofficeと同じく「本人が中心の場所」なのだ。「給料分働け」と言うような環境では
一定の成果ならあげられるが、せいぜい「給料分」であり、それ以上の最高レベルまでは引き出せない。
「勉強しなさい」と言って部屋の隅(勉強部屋)に追いやって自分は中心(リビング)でテレビを見ておきながら、子どもがマンガを見ていたと言っては激怒する・・・
データなんかなくてもその非効率にほんとうは気付けるはずですけどね。


ちなみにアメリカの図書館は夜中の2時、3時までやっているのが普通で自習も自由な場合が多い。日本は自習は禁止、どこも月曜休館9時ー17時で一定などが多い。
誰のための組織か?誰のための場所か?公園の少なさも含め、結果を出したいのなら、組織の長は、価値観の変革をすべきだろう。

教育論でもなく建築論でもなく
本書はエッセイを読むような感覚で読むとよいと思います。
一番のポイントは、
有名中学受験世代の子を持つ家族のコミュニケーション
について様々なケースをあげて説明していることでしょう。

興味深いけど
私自身、小中高と公立ではありますが、
いわゆる高学歴者に分類されるほうです。
で、子供部屋はありましたが机は物置状態で(笑)
勉強は大抵コタツか食卓でやってました。
横で親父が晩酌してたり、兄がテレビ見てたりと。

そういう意味ではこの本が当てはまる存在なのですが、
基本的に親の見てる場所で勉強する子供というのは
勉強することが日常生活の中に取り込まれているか、
もしくは親にほめて欲しいからそうするのだと思います
(私はたぶん両方だった)。そういう子供なら、
子供部屋があろうかなかろうが
ある程度までは成績が上がっても当然ですね。
勉強がイヤな子供は親が見てないところでやってるフリをするか、
さもなければお構いなしに堂々とサボるでしょう。
例外は、親とうまくいってないけど「なにくそ」と
子供部屋に篭もって勉強を頑張る子供でしょうが、
そういうのは多分データに入ってないでしょうね。
別に私のいた家庭が理想だと言うつもりはないですが、
「勉強しろ」と言われたことはまずなかったですし、
分からないところを父親に聞いたり、
試験前に母親に即興で問題を出してもらったりと、
そういう意味では良好な親子関係だったと思います。

”子供部屋=子供に勉強(させる)部屋”という
単純な思考を見直すのは必要だと思いますが、
子供用の部屋はいずれ必要になるわけで。
子供がそこに引きこもらないような家庭を
築くことがまず第一ではないでしょうか。
卵が先か鶏が先か、という気がします。

我が家もそうでした(笑)
振り返って考えてみると、我が家もこの本の通りの家だった。

貧乏暮らしで、家がせまいせいもあって、勉強は全て居間でしていた。
もちろん、同じ部屋では、父は新聞を読み、母は家事をし、兄はテレビを見ていた。

ただ、残念ながら私は決して頭は良くない(笑)。
しかし、我が子にも、やはり部屋は与えないつもりだ。
この本を読み、子どもには居間で勉強させようと大きなテーブルを購入した。
事実、今となりでは息子がくもんをしている。うん。アット・ホームでやはり良い。

家造り・子どもの教育に興味がある方に、特におすすめの一冊です。

家族のコミュニケーション
子供が中学受験をする事と仕事が建築設計という事もあり、仕事半分・子供の教育半分の興味で読み始めました。
内容的には読みやすい内容で、具体的な例で(図入り)で説明があり分かりやすいと思います。
頭のよい子は家族のコミュニケーションで育つ(一概には言えないかもしれませんが)というのは、著者の表現したい部分だと思います。
仕事をする上で、常に家族の和を大切にするように設計をしていたので、自分の仕事のポリシーに自信のつく一冊でした。
☆四つにしのは、何度も読み返す本ではなく(私的には)、意図が理解出来れば、手放してしまったからです。
オリジナルの家族団欒の空間を作る参考になると思います。




amazonでチェック


関連する本

頭のよい子の家にはなぜホワイトボードがあるのか
頭のよい子の家にはなぜホワイトボードがあるのか

頭のよい子が育つ本棚
頭のよい子が育つ本棚

子育てがうまくいくインテリア術―頭のよい子になる、家族が自然に顔を合わせられる家 (saita mook)
子育てがうまくいくインテリア術―頭のよい子になる、家族が自然に顔を合わせられる家 (saita mook)

「頭のよい子が育つ家」のつくり方
「頭のよい子が育つ家」のつくり方

「親力(おやりょく)」365日! <伸びる子>の土台をつくる毎日の習慣
「親力(おやりょく)」365日! <伸びる子>の土台をつくる毎日の習慣


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 一般

マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術

amazonでチェック

マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術

大人でも役に立つマインドマップ入門本
マインドマップに興味があるのだが、
マインドマップ本はいろいろあって
どれを読んでいいのか分からなかった。
この本は子ども(小学校高学年、中学)向きなのだが、
大人の私が読んでもわかりやすく、
マインドマップの要点が素早く分かった気がしている。
この本を読んでみると、
マインドマップはひとつの図解法なので、
人それぞれで、オリジナルの絵になるが、
それでいいように思った。
さて、実際はどうなのか。

とてもわかりやすい本
とてもわかりやすくなっていて、とても参考になりました。
『「依存する人」を「変化を起こす人」にどう育てるか』
の著者である内田氏からの推薦本でした。


マインドマップを学習に使いたい方に
学生さん、生徒さんなどまだビジネスや生活に経験が少ないと、大人むけの解説本では実感がわかない。
学習向けに効果の高いマインドマップを子供達むけにアレンジしたガイドブック。

マインドマップとしては良いものの
マインドマップを書くための子供向きの本.

マインドマップの書き方の本として,子供にもわかりやすく書いていて
知識の枝葉があること樹形的に考えることが出来ることができる.
小学生低学年に教えてみましたが,ノート自体がまだ取っていないみたいで
残念ながらまだ早かったみたいです.
ノートの取り方としては,他にも多くあり,ノートの取り方の
一つとして保護者が理解しておいた方が良いかと思います.



全体像を把握するためには最適でしょうが・・・
 マインドマップというものについて、子供にも
十分に分かり易く伝わるように解説された入門書です。
基本や基礎と言う意味では☆4つ以上の価値は、
十分にあるんだろうと思います。

 恥ずかしながら、大人の私はマインドマップに
ついての本を読むのはこれが初めてで、まだまだ
実際にマインドマップを使いこなしていないために
その凄さが理解できていないのかもしれません。
しかし、その段階での評価としては、マインドマップが
確かに全体像を分かり易く把握する便利なツールで
あるということは分りますが、この1冊だけで
十分に使えるようになるかというと疑問です。

amazonでチェック


関連する本

マインドマップ練習帳―即効!だれでも・やさしく学べる
マインドマップ練習帳―即効!だれでも・やさしく学べる

ザ・マインドマップ
ザ・マインドマップ

「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック) (アスキームック)
「できる社員」の最強メソッド マインドマップ(R)ビジネス超発想術 (アスキームック) (アスキームック)

記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術
記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術

トニー・ブザン 頭がよくなる本
トニー・ブザン 頭がよくなる本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 一般

オール1の落ちこぼれ、教師になる

amazonでチェック

オール1の落ちこぼれ、教師になる

確かに素晴らしいが…
すごい人だと思いますが…実際問題どうでしょう?BOOKしか書けないとか名前しか漢字が書けないというのは大袈裟でしょう?名前しか漢字で書けないなら住所も平仮名?買い物もできないですよね?後は宮本さんが、お世話になった先生方が素晴らしいですよ。お金を出し時間ついやして。今のこの社会にまだ、こんなに素敵な人達がまだ居るって素晴らしいですよ。でも宮本さんは、どんな形にせよ、国立に入った事は事実なのだからやっぱり、すごい人だと思います。今後の活躍に期待して、生涯教育に捧げて、いじめられている子だけではなく、いじめている子達にも背をむけずに戦って救ってあげていってもらいたいですね。

学ぶことの大切さを教わりました
この本には周囲への人への感謝の言葉に満ちています。
10代での世間からの冷たい仕打ちが一変、20歳を過ぎるころになるとその埋め合わせをするように幸運が舞い込みます。
受験を支えてくれた妻との出会い、生活を応援してくれた奇特な会社社長とその従業員の人々。
迷走する人生の中でアインシュタインに出会い学問に一条の光を見出し邁進する宮本先生。
この人は意志の強い人だと思いましたが、また、目標を見つけることの重要さを教えてもらいました。
後半は受験テクニックについて紙幅を割いていますが、アインシュタインのように自然の真理を見極めたいと願われている宮本先生には受験のテクニックよりもご自分が持っていられるこれからの夢をもう少しで良いから語って貰いたかったです。
たしかにオール1だった人間が名大まで行かれたことは驚愕に値しますが、それは宮本先生のひたむきな姿勢に心を動かされた周囲の人々の応援の賜物であるのです。

学問とは自らが進んで学んでいくものなのですね。だから上から勉強しろと言われただけでは、目的も無く滝に打たれるようで苦痛でしかありません。

私の中学時代の通知表はアヒルと耳が仲良く列を組んでいましたが、目的を持って勉強してみようかな、という気持ちになりました。

説得力があります
筆者の実体験を元に書かれています。
いじめられた体験、落ちこぼれとなった体験、若くして天涯孤独となった体験という苦しい体験から、
大切な人との出会い、新たなる夢の発見、それに対する努力の日々というのが綴られています。
筆者の年齢としては多大な経験をもっていますが、変にかっこつけた記述もなく、本音で書かれているために大変読みやすかったです。
このような人が教育の現場にいることが大切だと感じました。
なんとなく何に対してもやる気がおきない、と感じている人にお勧めです。

地道に努力を重ねれば道が開ける!
この方は、かなりのいじめられっ子、学校の成績はオール1、その学力は中学卒業時点で九九の2の段までしか知らず、分数の計算もできないありさま。
そして両親も母を16歳で亡くし、父も18歳で亡くしてしまいます。その親の本当の子でも無い為親戚もおらず、まだ18歳にして天涯孤独の身となりました。
ここまでだと不幸のオンパレードで、ここまで不幸なのもちょっと他に知らない位です。
しかしそこから名古屋大学という一流大学を卒業。同大学院にまで進学して、自らの運命を切り開いていきます。

なぜそんなドン底から這い上がれたのかというと、本を読めば解るけれども本人の力だけではありません。次々に偶然としか思えない幸運がやってきます。それは多くの人々が自分を助けてくれて、またそういう人々になぜか出会うのです。
本人はこの本の中で自分を助けてくれた人々に感謝するという事を重点的に書いていて、それ以外の事に気づいていませんが、これは本人が引き寄せた「運」です。

その「運」の寄せ方というのは、どんな苦難にあっても諦めずに、地道に努力を積み上げてくというものです。
その努力だけでなく、自分を信じる強い意志力が自分の及ぶ筈のない部分まで有利に変えていくかのようです。
その事がこれを読めば信じられるのではと思います。


気力・勇気が湧いてくる!おもしろい本
おもしろい!というかすごい!著者の半生が。
ぜひやりたいことがない若者とか、
オレには何のとりえもないとか、
人生つまらないなとか思っている人にぜひ読んでほしい本。
もちろん、そうでない人もおもしろく読めるおすすめ本。

中学1年生の時の成績がオール1。
学校ではいじめにあい、家庭環境もあまりよくなく、
結局さっぱり勉強もできず、中卒で大工の見習いに。
18歳で両親が病気で死別し、さらに孤独に。
ほんとどうしようもない人生でいつ死んでもおかしくない。

そんな彼があることをきっかけに夢を持ち、
死に物狂いになって不可能を可能になしとげてしまう。
いや、すごいです。
こんだけどん底のどうしようもないはずの人間が。

オレはダメだとかやりたいことがないだとか、
自分に自信がない人にぜひ読んでほしい。
変な言い方だけど、こんな人でも気持ち次第で、
こうも変われることを実践している物語なので。


amazonでチェック


関連する本

キミのためにできること
キミのためにできること

教室の悪魔 見えない「いじめ」を解決するために
教室の悪魔 見えない「いじめ」を解決するために

だから、僕は学校へ行く!
だから、僕は学校へ行く!


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 一般