ブログトップ >> カテゴリ別[ 科学史・科学者 ]

いかにして問題をとくか

amazonでチェック

いかにして問題をとくか

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 科学史・科学者

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)

amazonでチェック

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈下〉 (岩波現代文庫)

ただ自分で楽しむために遊ぶだけ
 ノーベル物理学賞受賞者ファインマンによる自叙伝である。常識にとらわれず何事にも自由な発想で人生そのものを謳歌した前半生が描かれている。
 「僕という人間は『教える』ということを離れては、どうも生きてゆけそうにない。教えてさえいえば、万が一僕のアイデアが干上がって、ゆきづまってしまっても、『少なくとも僕は生きている。少なくとも何かをやっているんだ。少しでも役に立つことをやっているんだ。』と自分で自分に言ってきかせることができる。これは心の支えみたいなものだ。」
 「僕はここに至って新しい悟りみたいなものを開いた。僕はもう燃え尽きたローソクみたいなものだから、もう決してたいした成果もあげられないだろう。僕はこの大学で楽しみながら授業をする結構な地位にある。これからはそれこそ娯楽のために、『アラビアンナイト』を読む調子で気の向いたときにその価値なんぞぜんぜん考えずに、ただ物理で遊ぶことにしよう。」ちなみに、著者がノーベル賞をもらう発見をしたのはこのあとのことである。

愛すべき学者
ファインマンは、まさに「世界一受けたい授業」の先生やね。

ノーベル賞学者らしからぬ本
思わず笑ってしまいました。
なんて彼はお茶目な人なのだろう、と。

文中には若干物理的な用語が出てきますが、
あくまでも話の例的にしかでてきませんので
軽く流してしまっていいです。
むしろ楽しめるのは彼の少年時代と学生時代でしょう。

なぜなら、
素直で、かつちょっといたずら好きな
ほほえましい一面が見られるので。
特にMIT(マサチューセッツ工科大学)時代のお話は
必見です。

ファインマンの自伝が文庫になった
ファインマンの自伝が文庫になった。
物理学の教科書といえば、ファインマンのが分かりやすい。
そのわかりやすさの源泉がこの本から伝わってくる。
せっかくこの自伝を読んだ人は、ぜひ、ファインマン物理学も読んでみてください。
ちょうど、高校2年生が読んで、理系に進もうと思ってもらえるのが一番嬉しい。
お子さんが高校生ならぜひ、買って居間になにげなく置いておいてください。

ファインマンに会ってみたかったなあ
大学時代に、ファインマン物理学の本のわかりやすさに感動しました。その物理学の教科書に、ファインマンがボンゴを叩いている写真が掲載されていましたが、その背景もこの本を読んでわかりました。この本のエピソードの一部については、ファインマンの肉声のCDも発売されていて、通勤車内で聴いていると思わず笑ってしまい、でもとても勇気をもらいます。間違っていることは権威者にでも間違っているというファインマン、一方で、誰にでも暖かい思いやりを持っていたファインマン、彼のレター集を併読することによって、ますますその人柄を愛さずにはいられません。

amazonでチェック


関連する本

困ります、ファインマンさん (岩波現代文庫)
困ります、ファインマンさん (岩波現代文庫)

深夜プラス1 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 18‐1))
深夜プラス1 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 18‐1))

鷲は舞い降りた (ハヤカワ文庫NV)
鷲は舞い降りた (ハヤカワ文庫NV)

水滸伝 上 新版 (1) (岩波少年文庫 541)
水滸伝 上 新版 (1) (岩波少年文庫 541)

ノアの洪水
ノアの洪水


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 科学史・科学者

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)

amazonでチェック

ご冗談でしょう、ファインマンさん〈上〉 (岩波現代文庫)

ファインマンの自伝が文庫になった
ファインマンの自伝が文庫になった。
物理学の教科書といえば、ファインマンのが分かりやすい。
そのわかりやすさの源泉がこの本から伝わってくる。
せっかくこの自伝を読んだ人は、ぜひ、ファインマン物理学も読んでみてください。
ちょうど、高校2年生が読んで、理系に進もうと思ってもらえるのが一番嬉しい。
お子さんが高校生ならぜひ、買って居間になにげなく置いておいてください。

ファインマンに会ってみたかったなあ
大学時代に、ファインマン物理学の本のわかりやすさに感動しました。その物理学の教科書に、ファインマンがボンゴを叩いている写真が掲載されていましたが、その背景もこの本を読んでわかりました。この本のエピソードの一部については、ファインマンの肉声のCDも発売されていて、通勤車内で聴いていると思わず笑ってしまい、でもとても勇気をもらいます。間違っていることは権威者にでも間違っているというファインマン、一方で、誰にでも暖かい思いやりを持っていたファインマン、彼のレター集を併読することによって、ますますその人柄を愛さずにはいられません。

最高。凄い面白い。が、準フィクションであることは注意したい
 上下ともに面白く、ファイマンが語った準フィクションを集めた本。
(純粋な自伝的エピーソード集という以上にフィクション度が高いとのことだ)
 まず、読み物としての面白さだけでも、すこぶるつき(これは上下ともに)で、3回も読んでしまった。

 そのように、大変に面白い本でありながら、下巻は別の意味で注目に値する。

 なんというか、ファイマンが疑似科学的な主張や領域に対して抱く、好奇心と懐疑精神の融合が
いかんなく発揮されている話が散見され、そういう意味でも読む価値がある。
催眠の被験者としての詳述や、感覚遮断タンク、虫の知らせ、などなどなど。

 不思議なことに驚嘆し、知的好奇心を持つということは、チンケな超常現象に対してかたっぱしから、
「心を開く」ことではなく、事実へ対する愚直なほどの誠実さ―科学的懐疑精神―によってこそ、
本当に価値をもつのだ、ということが伝わってくる。
 私は一生忘れないだろう。
リチャード・ファインマンという科学の精神性を体現した男がいたことを。
その男が、健全な懐疑精神を手離さず、同時に好奇心の塊であり続けたという現実を。

ノーベル物理学賞受賞者の思い出話
すぐれた頭脳を持つ人は、幼いときから光っていて、大器晩成なんてことはあまり無い。ファインマンさんは、好奇心も強いし、一度学んだことの他への応用が上手。学んだこととは、学術だけでなく当然日常生活や女性への対応も含みます。27歳くらいでコーネル大学の教授になっていますので、学生か院生と当然間違われたりします。原爆研究のマンハッタン計画で、ロスアラモスで働いていた頃のエピソードとしては、いかにロックをキー無しで開ける研究をしたかということで、感傷は見えない。この本で階層社会というのがよく分ります。頭脳の良い人は、その人たちで階層が出来ているようです。今後、日本も余人をもって代え難い人とそうでない人とではどんどん格差が開いていくでしょう。訳がちょっとこなれてないかなと感じた部分もありました。

下巻の方が上巻よりずっといい
ファインマンさんは好奇心旺盛で、絵画、太鼓など打楽器、トップレス
クラブ、美人、精神体外脱出などに興味があります。でも理論物理が一番好きです。

風俗のマッサージパーラーが1950年頃の米国にあって、そこで働く女性の
表情を諦め顔に描いたら、女性たちからホントはその通りかも知れないけ
どもっと楽しそうに描いてと言われたこと、日系ブラジル人の話ではソロバンは
算数であって数学は出来ないことなどのエピソードが記載されています。

私が一番好きだったのは最後の章カーゴー・カルト・サイエンスです。
彼が疑似・似非科学をいかに嫌っていたかわかります。
彼は科学を志すものに対してニュートラルな立場で自分の
理論に適合する結果、しない結果ともに発表する科学的良心、
潔癖さを求めています。

今年は京都大学教授の山中伸也氏がiPS細胞(人工多能性幹細胞)を創出
しこれは世界各国でその再現性が確かめられています。ソウル大学教授の
黄禹錫氏がES細胞(胚性幹細胞)捏造事件でアジアの研究者の質を疑われ
たところですが、汚名挽回に寄与してもらいうれしく思います。

この本に人生を振り回された
懐かしい。
私が初めてこの本を手に取ったのは、中学生のときだったか。
憧れと同時に反発を感じたのを憶えている。
その後、迷わず物理学科に進み、現実を知った。
「あのとき、この本さえ読んでいなければ…」と
深く考えずに将来を決めてしまったことを後悔したし、
「嘘八百を並べやがって」とファインマンを恨んだこともあった。
この本を素直に笑って読めるようになったのは、つい最近のことだ。
そしていま、言うべきことはただひとつ。
「ご冗談でしょう!ファインマンさん」

amazonでチェック


関連する本

困ります、ファインマンさん (岩波現代文庫)
困ります、ファインマンさん (岩波現代文庫)

深夜プラス1 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 18‐1))
深夜プラス1 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 18‐1))

鷲は舞い降りた (ハヤカワ文庫NV)
鷲は舞い降りた (ハヤカワ文庫NV)

タオ自然学―現代物理学の先端から「東洋の世紀」がはじまる
タオ自然学―現代物理学の先端から「東洋の世紀」がはじまる

水滸伝 上 新版 (1) (岩波少年文庫 541)
水滸伝 上 新版 (1) (岩波少年文庫 541)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 科学史・科学者