ブログトップ >> カテゴリ別[ 英米文学 ]

夏への扉

amazonでチェック

夏への扉

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 英米文学

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

amazonでチェック

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 英米文学

ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)

amazonでチェック

ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)

クリスマスが近づくと読みたくなります。
この本と「飛ぶ教室」は、クリスマスが近づくと読みたくなります。
多くの方が感想を書かれていますが、好き嫌いはともかくとして、一度は読んでみることをお奨めします。大人になってから読んでも、若い時分に読んでみてもどちらでも構わないと思います。
私は高校時代に読んでみたのですが、当時は何が面白いのかさっぱり分からなかったです。。
裕福な家の神経症気味の少年が何かぐずぐず言っているだけなんじゃ?という感じでした。
ホールデン君が、妹を見ながら急に幸せを感じ、雨に濡れながらずっとそこに立たずんでいたという場面は、大人になってから読むとはっとします。

「中二病かな」っと思ったらこの小説。
中二病を描いた作品。中二病についてはネット上で調べてもらえればいいが、ようするに思春期特有の自意識過剰や他者への過剰なまでの批判癖、殊更偽悪ぶってみるものの結局行動せずに軟着陸したりする、そんな痛々しい心の病。本作においても主人公は寮を飛び出した後、さんざん友人の悪口を書き連ねた後にその友人に泣きついたり、最後は兄に似ずしっかりものの妹のところに転がりこんだりと、偽悪的である一方で必死に人とのつながりを探し、疎外感を埋めていこうとする中二病特有の行動を描写している。
 もしかしたらこの小説を楽しめる人間は未成熟で幼い人間なのかも知れない。私も大学生にもなって重度の中二病患者なので今でもこの本を読むと胃がキリキリする。偽悪的な行動や攻撃的な言動、一方で必死に人にかまってもらいたがる習性などは読んでいる途中に思わず辺りを見回してしまうほどのインパクトを受けた。「中二病かな?」と思ったら是非この本を。(ちなみに最後の方で引用の形で出てくる「未成熟な人間の特徴は理想のために高貴な死を選ぶことである。一方で成熟した人間は理想のために卑小な生を選ぶ。」という言葉は今でも最高の名言の一つであると思っている。)


好き嫌いが分かれそう
1951年に発表された小説で、その砕けた文体やきわどい言葉づかいから当初はアメリカで発禁処分になったりしている。ジョンレノンを暗殺した犯人が愛読していたことでも有名。

とりあえず好き嫌いが分かれる内容だな、というのが率直な感想。
欺瞞にあふれた大人社会を拒絶する青春小説といった見方ができる一方、単に社会からはみ出しているふりをしているだけの甘えくさった主人公に飽き飽きしてしまった部分もある。

自分が年を食っただけなのか。

でも最後のフィービーとのくだりではちょっと優しい気持ちになる。

うじうじする芸術の極致
優れた小説の多くは、物事の考え方を増やしたり、勇気を与えてくれたり、
或いは、今後の人生をどう生きていくか等について一つの指針を与えてくれたりする。

この小説によって、そういった何かしらの叡智が増すことはなかった。

自分に明確なアイデンティティを持って生きている人にはこういった
ウジウジした主人公はイライラさせられると思う。

一般社会からはみ出している行動ゆえに、一見アイデンティティを持っていそうに感じるが
全くそうでない。社会からはみ出しただけ。

あまりに有名な作品なので読まざるを得ない。

気に入る人と全くダメな人に分かれる作品。

最初の1ページ目の語り口調テンポが気に入った人はじっくり読んで、
そこが無理だと感じた人は速読でいいと思う。
大した出来事は起こらないので速読の場合は超スピードで読むことになってしまう。

期待が大きかった分
村上春樹が訳した名作ということで期待して読んだが、今ひとつ乗り切れないままに終わった気がする。契約等の問題でかなわなかったという解説を読んでみたい。内容は、思春期の子なら思うであろう身の周りのあらゆることへの反抗で、痛快なところもある。

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 英米文学

天使と悪魔 (下) (角川文庫)

amazonでチェック

天使と悪魔 (下) (角川文庫)

科学と宗教と倫理
反物質は見つかるのか、イルミナティは目的を達成するのか、ヴァチカンの運命やいかに!

下巻の後半は、イルミナティの真の目的と、首謀者が語られます。
科学と、宗教をテーマにしたサスペンス・ミステリーですが、
この作品の中で語られた中でいちばん感銘を受けたのは、
登場人物が「科学の発見の中には、その発見をどう利用するかという倫理が含まれていない」ということを熱く語るシーンですね。

科学と倫理、深いテーマだなぁと思います。

目に見えるよう
私もダ・ヴィンチ・コードを先に読みました。
断っ然こっちのが面白いです!
夜中の3時まで6時間夢中で読みましたが、この長さ。さすがに読みきれませんでした。次の日めでたく完読。
まず、ダ・ヴィンチ・コードは舞台が、古城とか教会とか、何だか似たような感じのとこばかりで、後半はとばし気味に読んじゃいました。
こちらは舞台が変化に富んでいて、日本人の私にも映像が目に浮かぶよう。
図書館(文書館?)のシーンなど、目を閉じると赤色が(笑)。
それから、ちょうどヨハネ・パウロ○世の亡くなった半年後くらいに読んだので、その時の記憶が新しくて。だけど、この本が書かれたのはそれよりはるかに昔。そういう意味でも「ほほぉ〜、あの時、中ではこんなことが…」と感慨深かったです!
それに取り上げられている団体にしても、ダ・ヴィンチ・コードの方はその時初めて聞きましたが、天使と悪魔の方は元々知ってる方が多いんじゃないでしょうか。
もし読むならこっちを後にしないと、ダ・ヴィンチ・コードがつまんなくて最後まで読めないかも知れません。
…余談ですが、下の方のカメルレンゴ=ジュード・ロウには全面的に賛成です!

クライマックスの緊迫感の高まり
下巻では、反物質と物質の対消滅でヴァチカンが消滅するまであと数時間を切った状況で、ラングトンとハサシンの対決も佳境を迎えると同時に、バチカン内部でも大きな動きがあり、いやが上にも緊迫感が高まり、一気にクライマックスへ突入です。クライマックスに突入した後にも状況が二転三転するあたりの話作りも実にうまいですね。

この下巻の途中まで読んでいて、「実在の研究所に関連して、こんな事を書いた小説の発行がよく許されたな」と思わせる記述がありますが、さすがにそれは私の早とちりでした。

本作品は、単純にストーリーを楽しむだけでも十分読み応えがありますが、科学と宗教に関して読者が色々考える良いきっかけにもなるのではないでしょうか。

嘘とわかっても面白い観光ガイド
私の読んだダンブラウンでは一番いいかも!(天使と悪魔>ダヴィンチコード>
デセプションコード)

ローマに行った後に読んだので、「あー先に読んでおけば〜」とちょっと後悔。
しかし、実際行く前に読んだら、現実と創作の区別がつかなかったかも。
ローマ市内をぐるぐるまわって、推理とサスペンスだけでなく、ところどころ観光気分も
満足させてくれるところが、火サス風で面白い。

「あのパンテオンの中に、そんな有名なものがあったなんて!わざわざ行ったのに
知らなかったよ〜!ありがとう、ダンブラウン」的な楽しみ方もできました。



長さを感じさせない
上中下の3冊にも拘らず、あっという間に読み終えてしまえる。
確かに文字が大きいので、きつきつに詰めて、2冊でもいいのかな?なんて思ったわけだが、
読書慣れしていない方にも、気軽に楽しめるボリューム感がよかった。

さて、内容。
アメリカを舞台とした、地理を使ったサスペンスが大のお気に入りで、
舞台がヨーロッパと言うだけで、拒否反応を起こす私。
そんなわけで、もったいないことをしているのだろうけど、
主人公はアメリカ人で、舞台はヨーロッパ。

とりわけヨーロッパ、しかも宗教であったり、
過去の科学者や偉人たちを、これでもか!ってな感じで、取り入れている。
本文の最初に、脚注として、事実を元に書いてあるとあるが、
本当に、全部が全部、
また、どこからどこまでが事実なのか、
ジャッジできない自分の知識の少なさを悔いる。
(やっぱり一応、全部事実に基づいているから、「事実」でいいのか?
…それにしても、公開されていない文書の内容についても、やっぱり「事実」なのか?)

最後までとにかくノン・ストップで、
宝探しのように、小さなエリアをあちこち移動していくのだが、
動いている範囲の小ささは感じさせないし、
さらに約1日(24時間)くらいの出来事だなんて感じさせない。

K.サザーランド主演の「24」なんて、目じゃない。

犯人に関しては、「え〜、コイツ!?」と驚愕はしなかったが、
犯行(?)の理由も、なんとなく、先読みできた。
でも、短い時間の間に、かなりの推理をふんだんに盛り込んでいるので、
飽きることなく、また睡眠時間を削れるだけ削って楽しめる作品であった。

amazonでチェック


関連する本

デセプション・ポイント〈上〉 (角川文庫)
デセプション・ポイント〈上〉 (角川文庫)

デセプション・ポイント〈下〉 (角川文庫)
デセプション・ポイント〈下〉 (角川文庫)

ダ・ヴィンチ・コード(下) (角川文庫)
ダ・ヴィンチ・コード(下) (角川文庫)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 英米文学

天使と悪魔 (上) (角川文庫)

amazonでチェック

天使と悪魔 (上) (角川文庫)

例えるなら派手な特撮がないボンド映画
ノンストップ・アクションという点で
ミステリー小説というよりは、
ボンド映画に近いものがあると感じた。

以下に特に気になった点を3点記す。

・本の内容にまとまりが感じられず、希薄に思われた点が残念であった。
物語の最後に「信仰とは何か」や「科学と人類」のようなテーマに
少しでも触れられていれば、印象は違っていたと思う。
各登場人物の描写も浅いものが多く
この点も物語に深みを感じない要因になっていると思われる。

・構想は面白いのだが、技術的な詳細については細かい考察が足りていない。
歴史的事実の上に物語を展開するにしても
内容が突飛すぎてストーリーについていけない箇所があった。

・主人公が次々に起きる出来事に振り回されているだけの印象を受けてしまい、
ドタバタ感に悩まされてしまった。
描写も過剰なものが多く、あまりの激しいアクションの描写に
読んでいて疲れを感じてしまった。

あっという間に読み終えた!
 本では「ダヴィンチ・コード」の前作にあたり、今年映画ではダヴィンチの次作にあたります。
 ちょっと世界史、キリスト教とかの歴史に疎いので、やはり何度かページを戻しながら読み進めましたが、あっという間に終わってしまいました。
というのも続きが気になって仕方がなく、夜な夜な読みふけってしまっていました。
 本作でも殺人が起き、主人公ラングドンも狙われます。その殺人犯・・・「この人かな?」と思って読み進めていたのに、どんでん返しくらった〜!!たのし〜!!!っていう感じでした。
これを読んだ当時、映画化されたら、かなりはしょられてしまうだろうけど、映像として、活きそう!!と思っていたら、なるとのことですから、そちらも楽しみです。

オススメです
ダン・ブラウンは「ダ・ヴィンチ・コード」で有名になりましたが、同じラングドンシリーズとして書かれたこの第1作目のほうがおもしろいです。かつて科学が宗教を弾圧していた時代があったことなど思いもよらないほど科学が生活に浸透している現代、ヴァチカンを舞台に、科学と宗教の因縁とも言える戦いがミステリアスに始まります。セルン(スイスの研究機関)やイルミナティ、米国からスイスまで1時間で行く飛行機など興味をそそる内容満載。とてもスリルがあって、吸い込まれていくストーリーです。私としてはこちらのほうを映画化すればよかったのにとも思ったのですが、少し考えてすぐに撤回。映画化するには怖すぎる。ホラー映画ではないけど、かなりホラーになりそうです。それにしても、この著者の知識量はすごいですね。

あなた、「ダ・ヴィンチ・コード」の方、先に読んだ人?
私、「ダ・ヴィンチ・コード」を先に読んだ人です。
だいたいみんなそうです。

2つは確かに似ています。
ラングドン教授の連れはインテリの女性だし、捜査機関のボスはいかにもマッチョ。その副官は控えめで、ラングドン教授のプロットと実行犯のプロットが同時進行するのも同じ。
ただ、黒幕だけは違います。
何が違うかって、悪役としての器が。
「ダ・ヴィンチ・コード」の方は、「なんや、お前やったんかい・・・」というとってつけた感じがどうしても否めませんでしたが、本作の黒幕は「そこまでするか!」の大活躍・・・
おっと、ちょっと口が滑ったかも・・・
読んでからのお楽しみですね。
読めばあなたも「ダ・ヴィンチ・コード」より本作のほうが好きになるんじゃなかろうか。
だいたいみんなそうだから・・・

「科学と宗教」の問題
素晴らしい構成とテンポの良い物語の展開で、一気に読ませます。それと何よりも知的な好奇心を大いに満足させてくれます。「ダヴィンチ・コード」よりも、こちらの方が良いのではと思えるほどの素晴らしいミステリーになっています。

事件は、とんでもない研究機関セルンで起こります。
胸に「イルミナティ」の焼き印を押された死体が発見されます。その「イルミナティ」と言う機関の研究者ラングドンが呼び寄せられます。
4人の枢機卿の誘拐と殺人予告、それにセルンから盗み出された反物質による爆破予告が届きます。
ラングドンは、十七世紀の古い詩に込められた暗号を解き、その事件の阻止に動きます。

とにかく、息もつかせぬ展開で、事件は二転三転します。
そして、語られる「科学と宗教」の問題は、今ここまで進んだ科学の社会に生きている者として、非常に考えさせられることが多くあります。
進みすぎた「科学」は、いろいろなところで大きな弊害を引き起こしています。環境問題もそうした大きな問題の一つでしょう。

amazonでチェック


関連する本

デセプション・ポイント〈上〉 (角川文庫)
デセプション・ポイント〈上〉 (角川文庫)

デセプション・ポイント〈下〉 (角川文庫)
デセプション・ポイント〈下〉 (角川文庫)

ダ・ヴィンチ・コード(下) (角川文庫)
ダ・ヴィンチ・コード(下) (角川文庫)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 英米文学

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

amazonでチェック

ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か

読みやすく面白い経営学
いままでほんの何冊か経営の本を読みましたが、
論理や方法+実例みたいな本が多い中で
ザ・ゴールは小説仕立てで読みやすくとても分かり易かったです。
面白くって2日位で一気に読んでしまいました。
現場での経験がなく経営を学び始めたばかりの方などには
現場の雰囲気が伝わっていいかもしれません。

自分が過去に働いていた製造業がダメダメな会社だったせいもあり、
これを読んで実践すればほとんどの製造業は改善出来そうにも思えてしまいました。
でも実際には著者あとがきにもあるようにに導入してもダメだった企業、
導入後改善にはなったものの元に戻ってしまった企業があるのを知り
やはり学問同様、「経営に王道なし」なのかと思いました。
一番大事なのは数値では測ることの出来ない社員一人一人の
「会社を少しでもよくしよう」という気持ちとそれを実現する事の
できる有効的な手段なのかと感じました。


すごい数のレビューも、読み始めたら止まらないのも。この本は、みんな本当だった。お勧めできます。
ある人の本の中で、必読だし何度も読み直しているとすすめられていたので、読んでみた。
本当に面白い小説だった。500Pほどあるのだが、一晩で読みきってしまった。
読み始めたら、結構やめられない。
製造業での業務効率改善の小説なのだが、どんな業種の人にも楽しめると思うし、勉強になる点がある本だった。
小説じたても、臭くなくて、ちょうどいいトーンだった。
読み返すかどうかは、わからない。しかし、読んでみる価値はあるし、僕も何か困ったことに直面してポジティブになりたい時には、読み返してみようかと思う。

とまらないです。
この本が日本にはいってくると、
日本経済が貿易摩擦によりおかしくなってしまうかもしれない。
というくらい、今までの会計の概念を覆すようなTOCという概念の本で、
愛あり、生活観あり、現実性もありで、非常に読みやすく、
勢いに任せて読みきってしまいました。

現実的にはこうもうまくいくのか?
と突っ込みたいところはあるが、
概念を理解する本としては、非常に良書といっても良いと思います。

この本で紹介される、「スループット理論」「在庫量」「業務経費」の概念を
日常のタイムマネージメントから考えても、適応することができるのではないか?
とそんな風に感じました。

アローダイアグラムを書き、クリティカル・パスがどこにあるのか見つけ出し、
このフローのボトルネックはどこか?と考えるんです。
といったように、業界用語を出されると、少し引け目を感じるが、
そういった言葉は使わずに、分かり易い言葉で解説されているところが
非常にオススメできる点だと思います。

だれる
工場の問題を、アドバイスをもらい、一つ一つ解決してく過程が、よかった。その中で、TOCをうまく解説している。
しかし、400頁まで、妻との関係で緊張の糸が張りつめる。
が、その後、関係改善・昇進が決まってから、こちらの緊張の糸がゆるんでしまった。
解説でまとめ的に書かれているので、本書を全体的に理解でき、手法の良さを再考できたので助かった。
いい本だが、もうすこし話の構成を改善すればいいのでは。

こりゃおもろいミステリー小説だよ
主人公が恩師の謎かけを解き明かしながら進む展開は、さながらミステリー小説のよう。
いつの間にか、読者である我々も主人公とともに、その謎の答えを探している。
その謎とは、悪化している工場経営を題材としているが、本質的には、ちゃんとやってるのになんだかうまくいかないのはなぜ?ということ。
実は、我々の日常にもよくありそうなことなのだ。

だからこの謎解きが面白い。

amazonでチェック


関連する本

ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス
ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス

チェンジ・ザ・ルール!
チェンジ・ザ・ルール!

クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?
クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?

ザ・キャッシュマシーン
ザ・キャッシュマシーン

The Goal: A Process of Ongoing Improvement : 20th Anniversary Edition
The Goal: A Process of Ongoing Improvement : 20th Anniversary Edition


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 英米文学

黄金の羅針盤〈上〉—ライラの冒険

amazonでチェック

黄金の羅針盤〈上〉—ライラの冒険

もうすぐ上映
ファンタジーが好きで今までハリー・ポッターやロード・オブ・ザ・リング、ネシャン・サーガなど読んできました。
ライラの冒険はこれに匹敵するぐらいおもしろい話です。ファンタジーの内容だけど、どこか現実味があり、科学的内容(この作品の中での科学的内容ですが…)も含まれていて大人でも楽しめる内容となっています。
主人公のライラはとってもおてんば娘(こんな主人公でこの先大丈夫なのか?)。守護精霊のしっかりもののパンタライモン(精霊のパンは作品の中で様々な姿に変身しライラを助けます)。この話しでの羅針盤の役割。死んでいたと思っていた両親が生きていた。
など、とても王道な内容だとはこのレビューでは感じるかもしれません。しかし、この王道的な内容を実に上手く組み合わせていていい作品に仕上がっています。
まず読んでみて下さい。絶対に裏切らない作品です。ただし、続きが気になる内容になっていますので寝不足になるかもしれないのでそれだけ覚悟をしていて下さい。

ダイモンを持てるならワタリガラス
 ”ライラの冒険”の魅力は、私にとっては、守護精霊(ダイモン)の存在にあります。
ライラの世界の人間は、かならず、一人に一体の守護精霊(ダイモン) を持っていて
お互いに、離れられない存在となっています。
 守護精霊(ダイモン)は、どんな時でも話し相手となってくれ、
人間が死ぬまで常に一緒に存在します。ダイモンは、会話することができて
人間が子供の時は、鳥やオコジョや、昆虫あらゆる生物に変身できて、大人になると、
1つの姿に定まります。
 私がもし自分のダイモンを持てるなら、それは、鳥、たぶんワタリガラスが
よくて、どんなに満ち足りた生活ができるかと想像できます。
 ダイモンのいる世界では、人は孤独とは無縁な存在に思え、ダイモンを持たない
人間がかわいそうに思えます。
 ファンタジー小説は、たとえば、主人公がに常に悪に追われる
ようなストーリーと、なぞを解く為、目的を持ってに異世界をどんどん
旅する種類のものがあると思います。
 前者の代表が指輪物語、後者は、イルスの竪琴(パトリシア A.マキリップ )
魔術師の帝国、シルバーソーン(レイモンド E.フィースト)などが思あたります。
 ”ライラの冒険”は、どちらかと言うと後者にあたりますが、
そのスケールは、かって読んだファンタジー小説の粋をはるかにしのぎ
意外性に驚かされます。
あらゆるパラレルワールドを巻き込んだ戦争、教会と神への挑戦、
パラレルワールドから、一転、オックスフォードの暗黒物質研究所を訪れたり
単なる児童書ではない奥深さが感じられます。
小道具も魅力的で、真実を告げる”黄金の羅針盤”、あらゆるものを切り刻む
ことのできる”神秘の短剣”は、最高位の天使さえも滅ぼすことが可能です。

まるで小学校の教科書です
ファンタジー好きの私も読んでいて辟易してしましました。
あまりにも平仮名が多く、まるで、
しょうがっこうのていがくねんのきょうかしょをよんでいるようです。
ハリポタではこんなこと全く感じなかったので、すごくストレスを感じました。
それに、翻訳もイマイチで、話しにのめりこめなかったです。
他の人が翻訳したら、全く違っただろうなと思うと、惜しいです。
ストーリーは「黄金の羅針盤」はこれから冒険が始まるところで終わるので、
次の「神秘の探検」や「琥珀の望遠鏡」のほうが面白いです。
でも、はっきり言って、読むのは時間の無駄、やめておいたほうがいいと思います。
本は読まずに、映画だけ観るほうがいいと思います。

ライラ、運命に導かれ…
 "The Golden Compass"が映画化されると聞き、一念発起して原書で読むことにしました。現在、シリーズ3部作の第2巻を読んでいる段階なので、1巻単体で評価します。"The Golden Compass"の特徴は、テンポのいい展開、無駄のない描写、読み易い英語、洗練された文体です。読んでいて一瞬たりとも退屈しませんし、苛々することもありません。更に注目すべき点は、世界観や人物像に見る高いオリジナリティです。やんちゃで嘘つきな主人公の少女ライラは、世界を救うという重大な使命を背負い、次々と迫り来る危機に立ち向かいます。ライラは、剣や魔法を使いこなす典型的な「勇者」ではありません。彼女の武器は、知恵と勇気と真実を告げるアイテム'alethiometer'のみ。そんな斬新なヒロインである彼女が道を切り開く様子には、目を奪われること間違いなしです。今後の彼女の成長が楽しみです。ライラを取り巻く大人達の描写も善悪二元論では割り切れず、人間臭くて面白みがあります。世界観についてですが、SF的要素とファンタジー的要素を無理なく融合させ、尚且つ宗教的テーマをふんだんに盛り込んでいます。例えば科学と(キリスト教的な)教義の衝突、教義に対する反発、原罪、原罪からの解放を求めること、などです。(ファンタジーで私の関心事であるテーマに触れられるとは、思っていませんでした)。この壮大な独自の世界観は、完成度が高いと思います。作者の豊かな想像力に、脱帽せずにいられません。…作品の雰囲気は、あくまで重々しくダークで高尚、安っぽさは微塵もありません。 "The Golden Compass"は、RPG的感覚で読める作品を求める人には、不向きかもしれません。でも今までに無い感覚のファンタジー、高尚なファンタジーを求める人は、是非読んでみてください。この作品は私の期待を大きく上回るので、迷わず星五つをつけます。



This is the first book in the Dark Materials story.
It is not worth reviewing or reading the reviews of “The Golden Compass” (British title “The Northern Lights”) until one has finished the complete story of “Dark Materials” by Philip Pullman.

As with any genre the author is trying to express a concept or make a point. By using the genre, whether it is westerns sci-fi or historic peace, the author envelops the concept in a palatable story. Sometimes the envelope completely masks the purpose of the story; at other times the purpose is so blatant that one doesn't even know why anything was being enveloped. This is one of those rare stories that polarize readers from one extreme to the other.

We recognize and other phenomena about this story. In many stories the reader rule look at the antagonists are protagonist and once in awhile can sympathize but never recognizes themselves as the protagonist. In Philip Pullman's his “Dark Materials” it seems that everybody recognizes themselves with an “if the shoe fits attitude” whether it is really them or not.

Now dark materials, book one “The Golden Compass.” Lyra who ran wild around Jordan Collage at Oxford is now hiding in a closet in the Retiring Room. There she sees that the Master is about to poison her uncle Lord Asriel. Now Lyra must figure out who are the good guys from the bad, if there are good and bad guys. In the process she fund find and fulfill her destiny without fully realizing what that destiny is. The people and creatures around her know more of her destiny than she does. Soon she must leave Jordon College and is given a beautiful golden instrument with pictures and arms that resemble a compass. What she is supposed to do with it is not clear at first.


amazonでチェック


関連する本

神秘の短剣 (下) ライラの冒険II
神秘の短剣 (下) ライラの冒険II

琥珀の望遠鏡〈上〉—ライラの冒険III
琥珀の望遠鏡〈上〉—ライラの冒険III

琥珀の望遠鏡〈下〉—ライラの冒険III
琥珀の望遠鏡〈下〉—ライラの冒険III

琥珀の望遠鏡―ライラの冒険シリーズ〈3〉 (ライラの冒険シリーズ (3))
琥珀の望遠鏡―ライラの冒険シリーズ〈3〉 (ライラの冒険シリーズ (3))

テラビシアにかける橋 (偕成社文庫 3264)
テラビシアにかける橋 (偕成社文庫 3264)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 英米文学