ブログトップ >> カテゴリ別[ な行の著者 ]

囮物語 (講談社BOX)

amazonでチェック

囮物語 (講談社BOX)

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | な行の著者

神様のカルテ

amazonでチェック

神様のカルテ

医療問題
医療問題は、本当に表すことが難しい問題だと思います。
現場と患者の求めるものはそれぞれですし、、

その中の一つの切り口を、示唆した作品だと思います。
文体は必要性があるかどうかちょっとわかりませんでしたが。

ある意味身近なおはなし
私自身が松本に近い町に暮らしているため、登場する病院、神社、居酒屋がどこのことなのか想定できてストーリーとは別のところでも楽しませてもらいました。
登場人物の「安曇さん」「豊科さん」「明科さん」とはまさしく地名で、作者の地域へのこだわりが、同郷者としては、うれしくもあり、くすぐったさもあり…。

物語は医療物にしては、最初淡々と事実だけを語る形ですすめられていきます。地域医療の医師不足の問題、大学病院の医局制度にたいする疑問、これらもさらりと触れられて、ちょっと浅いかな〜?と思って読み進めていたのですが、ラストに近づくにつれぐんぐん惹きつけられ、不覚にも泣いてしまいました。

現役医師ならではの臨場感、事実から見えてくる問題と感動。次回作に期待です。
登場人物のキャラクターの描き方も秀逸で、それぞれが好感の持てる素敵な人々でした。

医者の自己満足
信州の病院で地域医療に従事する若い内科医の物語。
作者が現役医師であって、自分のことをモデルにしているのでは?と思ってしまいました。
(もし、そうだとしたらかなりのナルシストですが…)
ペンネームからも分かるように、夏目漱石を完全に意識した文体…。
物語自体よりもまず、その古臭い文章や会話に馴染めませんでした。
今時、こんな喋り方する人はいないだろう…。

患者のことを最優先する真面目で優しいドクターがハードな病院で頑張ってます。
患者との交流なんかもあって、たしかに心温まる感動物語なのかもしれません。

たぶん、自分が病気になったら主人公の医師に診てもらいたいと思う人は多いだろうな。
でも、理屈っぽくて、すぐに自己嫌悪に陥るような主人公、私はあまり好きになれませんでした。


生と死のあり方を穏やかに語る―ひとの温もりを感じる作品
  古風な話し方がやけに印象に残る主人公ですが、読んでみると、その古風な話し方ゆえになかなかの魅力を感じる作品になっています。現代医療の現場からの声を小説風に仕上げたものですが、それだけにとどまらない奥行きの深さも心に刻まれます。続編が今夏に刊行されるらしいので、本書を読んでファンになったかたはきっと心待ちにしていることでしょう。医療に関心があるないにかかわりなく多くの人に眺めてほしい一書です。

  人は生きているうちは、「生」というものにあまり敏感ではありません。もちろん元気に健やかに暮らせる有難さを感じてはいますが、そもそも「生きるとは何か」という問題を真剣に考えるゆとりはあまりないのではないでしょうか。それはまた「死」についても当てはまるでしょう。「生と死」という人間にとって根源的なものを日常的に直視している職業の1つが医師でありましょうが、「こんな医師もいるんだな」、また「いてほしいな」と思うのです。不器用ながらも要所要所はきちんと締める、そんな医師がここにいます。

  本書は地方医療の現状を描くとともに、主人公の医師を取り巻く珍しい人たちとのやり取りも読み応えを増す要因になっています。とくに印象的であるのは、文学者をめざして大学院で研究している通称<学士殿>に対する主人公のセリフ。本当になかなかのセリフです。「学問を行うのに必要なものは、気概であって学歴ではない。熱意であって建て前ではない」。そして「笑う者あらば笑うがいい」と喝破するのです(最後のセリフは、褒めることがほとんどない同僚の女性医師からも「悪くなかったと思うよ」といわれる)。

  医師というものが患者に接するときに必要なもの、それは「いたわり」の気持ちでありましょう。医師が患者を支え、救っているのではない。むしろ患者が医師を支え、そして救っているのだと。主人公もこのことに患者の死をもって深く悟ります。どうも余談が過ぎました。記憶に残る作品です。


良い作品だけど
医者の人情ものというよくあるパターン。
古風な主人公の医者と、人情家の上司、厳しいがやさしい周囲の看護師。清楚な妻と気の良い友人たち。そこにある出会いと別れ、生と死。
もうベタベタ。文体も漱石風というのが特徴なだけ。表紙のイラストで救われる。
泣きたい人にはお勧めします。


amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | な行の著者

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

amazonでチェック

西の魔女が死んだ (新潮文庫)

魔女になりたい
この本のタイトルを見た時に『魔女の話?!』
と単純に手にとりましたが、西の魔女とは母方の祖母(イギリス人)
の事でした。
本の後ろの内容を見て、迷いましたが・・・
実際に読んでみるとお気に入りの1冊になりました。
登校拒否になった娘まいは祖母の家に預けられます。
その家が本当に素敵なんです!
まさにスローライフ。
イギリス人が育てそうな花や作りそうなジャム等
想像してて楽しかったです。
また何事にも動じない魔女(祖母)の言葉の1つ1つが
本当に素敵です。
読んで損はナイとオススメします。

大事な事に気づかせてくれた本
夏は私にとってすごく特別な季節です。まいと同じように、私もこの暑い夏に、大切な人を
失いました。おばあちゃんは死んでしまってからもなお、まいに生きる勇気をくれています。
ずっと前に2人が交わした約束。まいが立ち直るためのメッセージ。
もう1度「大好き」って言うための、大事なメッセージだったと思います。
心にずっと残る本でした。

映画好きには向かない。
舞台は日本のはずなのにどう考えても作中の描写は北欧の田舎と言った感じ。作者の趣味だろってぐらいに余計な花の知識やジャムなんかの作り方が出てくる。特に花に関しては注釈もなく聞いたこともないような花の名前が頻繁に出てきて情景を想像しにくい。

登場人物の設定もおかしい。特にゲンジさんはおかしい。魔女の夫によくしてもらったと最後で話す一方、中盤では魔女のことを「外人」と呼んでいる。仮にも世話になった人物の伴侶に対しての言葉ではない。あまりにもつじつまが合わない。

そしてラストの展開は、映画好きなら「それはいくらなんでもベタ過ぎだろ」と口に出してしまうのではないだろうか。既に分かりきった展開に話が進んでいく様はある意味圧巻。あざとくラストページを、二行で終わらせる手法も圧巻。

唯一、利点はすぐに読めるということ。なんかの賞も受賞しているので、読書感想文にはもってこいの作品だろう。それに世代や性別や環境が違えば本はどんな作品にもなりえると思うので、読んで損をすることはないだろう。時間もかからないし。付箋いらね。

魔女のすすめ
 1.5時間あれば読めます。西の魔女はイギリス人のおばあちゃん。ごく普通のおばあちゃん。不思議なことに動じないことと、自分が体験することを自然に受け入れられるところが、やっぱり普通の人とは違うのかもしれません。
 まいが登校拒否するようになって、ママが自分の母の家に娘を預けた時のことが綴られています。西の魔女は、「意志の力。自分で決める力、自分で決めたことをやり遂げる力」がいちばん大切と説き、「一見不思議な体験を後生大事にすると、次から次へそういうものに振り回されることになります」と注意し、「外からの刺激に反応しない」と諭しながら、まいにいろいろな知恵をさずけます。
 最後の方でまいはおばあちゃんと衝突し、それをひきずったまま、魔女は死んでしまいます。でも最後の最後で、大嫌いなゲンジさんに対するわだかまりが消え、死んだおばあちゃんから、大事な贈り物をもらいます。簡単なストーリーですが素敵に仕上がっています。
 誰でも自分次第で魔女になれることがこの本のメッセージだと思います。そして、魔女とは素敵な人生を過ごすことだと作者は伝えたかったのではないでしょうか。

自分に小学校高学年から中学生にかけての娘がいたら読ませたい
読み方によっては一種の思想書といえるかもしれない。
自分が正しくて他者が間違っている場合もあるだろうけれど、その逆の場合もありうるという相対主義。
たとえばおばあちゃんのエコロジカルな生活。でも、強制はしない。
また、現代における女性の生き方に関する考え方もさりげなく盛り込まれていて、将来を考え始める年頃の女の子は勇気を与えられるのではないだろうか?
児童書というには懐が深くて考えさせられると同時に、やさしくおおらかな気持ちになれる本です。

amazonでチェック


関連する本

夏の庭―The Friends (新潮文庫)
夏の庭―The Friends (新潮文庫)

裏庭 (新潮文庫)
裏庭 (新潮文庫)

春になったら苺を摘みに (新潮文庫)
春になったら苺を摘みに (新潮文庫)

りかさん
りかさん

エンジェル・エンジェル・エンジェル (新潮文庫)
エンジェル・エンジェル・エンジェル (新潮文庫)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | な行の著者