ブログトップ >> カテゴリ別[ は行の著者 ]

永遠の0 (講談社文庫)

amazonでチェック

永遠の0 (講談社文庫)

戦争を知らない子供たちへ
65年目の終戦記念日にこの作品を読み終わりました。
特攻に関する本は初めて読みました。
フィクションなのでしょうけれど、よく調べて書かれたものだと思います。
読みながら、何度も涙がこぼれ、本を閉じ、また開き、一歩一歩物語を進んできました。
東京大空襲を経験した祖母と、陸軍兵士として南方に出征した経験のある祖父のことを思い出しました。
兵士を含め、戦争で亡くなった全ての人に家族があり、愛する者があり、人生がある。
そんな当たり前のことを、強烈に目の前に突きつけられた感じです。
日本人として読んでおくべき本だと思いました。

祖国と愛する者を守るため勇敢に戦い抜いた英霊達に合掌。

出会えてよかったです
たまたま売り上げランキング上位ということで購入したのですが、この本に出会えて本当によかったです。

お前はしっかり生きているか。
65回目の終戦記念日に合わせるように読み終えた。

2週間前に購入し、
以来、通勤途中や細切れの時間を見つけて読み続け、
今日の終戦記念日に読み終えたばかり。

『永遠の0』の「0」とは、零戦の「ゼロ」のこと。
もしかしたら「すべてが無になる」という意味の「ゼロ」かもしれないが。。。

零戦。
正確には「零式艦上戦闘機」。

物語は、その零戦パイロットで最後には特攻隊で死んでいった宮部久蔵という人物を
インタビューによって浮かび上がらせる。

「生きて帰る」。

生への執着を臆面もなく口にし、仲間から「卑怯者」と蔑まされながら
零戦での戦闘にあけくれた凄腕のパイロットであった宮部。

その彼がなぜ終戦間際に特攻によって死ななければならなかったのか?

物語は、彼の孫たちがかつての彼の戦友たちへインタビューすることによって進行していく。

読み進めながら明らかになる宮部の生き様。
戦争という非情な世界に身を置きながら、人間らしく生きようとする矛盾と葛藤。

自分だったら宮部のように「十死零生」という過酷な状況の中で、
冷静に、しかし苛烈に生き様を貫いて生きていけるだろうか。

読みながら自分が試されている気がした。
「お前はしっかり生きているか」と。

この小説は物語を楽しむと同時に、
太平洋戦争という戦争を改めて学び直すきっかけにもなる作品である。

零戦という当時、世界最高の戦闘機を生かし切れなかった理由も分かる。
最高の戦闘能力を持ちながら、防御に対する配慮は皆無に等しい。

ここに日本軍の戦いに対する思想が如実に表れている。
そこには零戦に乗るパイロットへの生命への配慮などない。

撃たれて戦闘機がダメになっても、
パイロットが生きていればまた戦闘機に乗ることができる。

しかし、日本軍は防御機能を極端に減らしたことで、
攻撃を受けた零戦の死傷率は極めて高かった。

さらに助かって敵の捕虜になるくらいなら自爆せよ!という考え方をしていた。
戦陣訓の「生きて虜囚の辱めを受けず」の教えだ。

これでどれだけ無駄な命が損なわれたことだろう。

日本軍は零戦とともに優秀なパイロットも失っていくのである。

最後は促成訓練したパイロットを特攻隊で死なせていくのである。
促成されたパイロットが敵の攻撃をかいくぐって、
目的の艦隊へ突入できたのは、ごく稀なことだったという。

特攻隊といいながら、その目的を果たせずに打ち落とされた零戦パイロットたち。

宮部は日本軍の愚劣な戦争遂行に異を持ちながらも、
最後は特攻の任に就くことを選ぶのだ。

物語の最後の驚愕の真実に胸が熱くなり、
涙が流れる。

この物語を読んで良かった。
戦争を知らない世代こそ読むべき小説だ。

戦争というもののリアリティが失われた現代人こそ
この濃密で清冽な物語を読むべきだろう。

宮部久蔵という人間の生き様に教えられることは多い。

そして、
「二度と戦争は起こしてはならない。」

その思いをこの小説を読んであらたにした。

愚直なまでの主人公の信念に、作者の反戦、平和への“思い”の深さを知る。
百田尚樹は、今、気になる作家である。「BOX!」も「風の中のマリア」も「モンスター」も、全く違う題材を扱いながらそれぞれ面白く読めたし、レビュー上にも書き込ませて頂いた。ただ、デビュー作の今作は、今まで手に取る機会がなく未読であったが、文庫化され、評判になっていると聞き、ようやく購入、終戦記念日である本日、読了した。
あらすじについては言うまでもないだろう。第2次世界大戦終戦直前に特攻隊員として若くして戦死したひとりの零戦乗りの男の軌跡と生き様を追いながら、兵士たちは何の為に戦い、何を思い、散っていったのか、そして、平和とは、戦争とは、家族とは、国家とは、愛国心(道徳心と言い換えても良い)とは、を読む者たちに否応なしに問いかけ、考えさせる作品となっている。
この本の魅力は、巻末の解説で、児玉清氏が余す事なく語っている事に尽きるので、私如きがくどくどと申し上げるまでもないが、ひとつだけ言わしてもらうと、それは構成の妙であって、現代を生きる戦争を知らない若者が、生みの祖父とも言える人物を調べるとの設定を取った事で、祖父を知るかっての“戦友”たちが、祖父との接点を思い出しつつ、生き残った者として、自らの体験を振り返っていく処だ。
真珠湾、ミッドウェー、ラバウル、ガダルカナル、沖縄、第2次大戦時の激戦地での壮絶かつ凄惨な史実が、時系列通りに詳細に語られる事によって、私たちがイメージとしてしか捉えられていなかった戦争の悲惨さと本質が見えてくる。
思えば、作者は、ボクシング、蜂と昆虫の生態、美容整形と人相学、と他作でもその綿密なレクチャーぶりを感じたものだが、今作も、その取材力に感心した。
もちろん、今作はフィクションであり、これが戦争の全ての真実とは思わないが、戦争の証言者たちの言葉を借りての、作者の思いがひしひしと伝わってくる熱い1冊、若い世代にも是非読んで欲しい。

責任とは何か?
本書に描かれている回想録が事実だという前提の上で、太平洋戦争の現場の一端を伝えるという意味では、とても意味のある作品であると思う。
戦争というものがどういうものであったかというのを、自分のような考えようともしていなかった人間にきっかけを与えられるというのは、どれだけの意味があることだろうと考える。

ただ、ひとつの小説の作品の評価となると個人的には別の感想を持った。
単純にこの物語は何を描こうとしているのかという部分については、正直今ひとつ分からなかったというのが本音なのである。
文庫本の中に「百田尚樹の世界」というパンフが入っており、そこには「『誰のために生きるのか』そのことを現代に問おうとした作品です」との記述がある。
そうだったの?
そういう印象なのである。
そして、そうだと見ると自分の中で結末に対して「?」な意見が残るのである。

そのような部分も含めて、多くの人に読んでもらい、意見を聞いてみたい作品かもしれない。


amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | は行の著者

ガリレオの苦悩

amazonでチェック

ガリレオの苦悩

内海刑事初登場はこちら
「聖女の救済」と同時発売になっていますが、
まず「ガリレオの苦悩」から読んでください。
まず、「容疑者Xの献身」まででは登場しなかった内海薫がでてきます。
「聖女の救済」から登場、というのは順番が違いますので。

もっと言うと「ガリレオの苦悩」の最初の作品「落下る」が「容疑者Xの献身」の続編
(時間軸的にも発表的にも)になり、彼がまた警察の協力をする話となり、
「聖女の救済」がその後になります(連載が2006年11月〜2008年4月まで)。
ただ、小説の中に出てくる「内海刑事」とTVの「内海刑事」はキャラクターが全然違いますけど
(まぁ、当たり前ですが)。

「ガリレオの苦悩」は短編集で、いい意味でさくさくと読めるかと思います。
「探偵ガリレオ」も「予知夢」も短編集であるが故の面白さ、
っていうものがあると想います。
ただ、これらと趣が違うのは「容疑者X〜」を経た事による湯川(今回から)准教授の
心模様と彼自身の周りに起こる事件が多い事(書き下ろしの「指標す」はこの上述の2作品
と同じようなテイスト、と言ったほうがいいかもしれない)。
そしてついに彼は「逆恨み」にまで発展してしまうのだから(笑

色々な意味での「ガリレオの”苦悩”」がこの中には収録されています。
なお、ここに収録されている「落下る」「操縦る」は2時間ドラマ「ガリレオΦ」の原作
にもなってます。

短編集であるが故の佳作ですが、やはりこういう小気味よいテンポ感は長編にない
面白さがある、という好例ですね。

普通に楽しめた
東野さんの作品は学校の図書館でなんとなく容疑者xの献身を見つけてからいろいろと読み漁ってますが、ガリレオシリーズはもともと短編ということもあり比較的読みやすかったです。
毎回怪しい人物が登場していながらトリックはどんなものなんだろうといろいろと頭を悩ませているうちに湯川が謎解きをしてくれるので、一気に読み進めることができました。

みなさんが言っている、湯川が福山雅治とかぶるという話ですが、私はドラマも映画も見ていますがまったく感じませんでした。
ただ、ほかの作品にも福山雅治の名前は出てきますし、もともと作者になにか思い入れなどはあったのかもしれませんが。
私はたいがい映画化などの映像化されたものを観たあとに原作を読むと、そのキャラがかぶってしまい原作をなかなか楽しめないということが多々あったのですが、今回はまったくそんなことはありませんでした。
また、雑誌で読んだところによると、内海薫はドラマ化される前にすでに雑誌のほうで登場していた(どれくらい前からドラマを作り始めるのかは知らないので2006年は微妙ですが)そうですし、それに期待の若手女刑事ということで、ドラマのキャラとは別物になっている印象を受けました。
原作とドラマや映画のキャラがかぶってしまうかどうかはかなり個人差があると思いますが、それは映像化されてしまったものの宿命のようなものだと思うので、ある程度は仕方ないと思います。
私は面白いと感じたし、気軽に読める作品だとは思いますが、過度な期待はしないほうが無難かもしれません。


科学の力と人間の心―作家・東野圭吾の<人物造形力>に敬服!
 ガリレオシリーズを最初に手に取ったのは、『予知夢』という文庫本だった。それを読み終えたとき、いつもは必ず読書日記的なものとして書いているレビューを準備する気が起きなかった。警察がお手上げの難解かつ不可思議な現象を天才物理学者が解明するという単純明快なストーリーに過ぎず、特別な感慨に耽ることもなかった。今後は読むことはないと勝手に思い込んでいた。しかし初の長編『容疑者Xの献身』を知って以降、主人公の湯川学という人物になぜか愛着めいたものを感じた。第2弾の長編を読み終えた今、その気持ちは更に膨れ上がった。本書『ガリレオの苦悩』も、われわれ読者の期待を裏切らない良質の諸作品(5つの短編)が所収されている。価格的にやや高い印象はあろうが、文庫化されるのを待つことなかれ。

 事件の犯行トリックそのものより、その解決に至るプロセスや主人公らの心理描写が巧みで、高度に科学的な内容でありながら、人間的な味わいをじっくりと堪能することができる。第2作品の「操縦る」の最後で発せられた湯川の言葉、「人の心も科学です。とてつもなく奥深い」(149頁)とは、なかなかの名言(本作品が最も印象深かった)。むろんそこには著者自身の科学観が投影されているに違いないが、科学の力と人間の心が密接不可分のものであることを端的に示すものでもある。よく考えてみれば当然のことかもしれないが、こうした具体的な作品を通じて語られることで、より説得力に富む学問的認識として受け容れられるのではないか。湯川、草薙そして女性刑事の内海という3人が織りなす事件捜査もスリリング。警察官も科学者も納得するまで事案を調べあげる探究心を共有しているわけだが、「仕事」であるとはいえ、そうした姿勢をモノにするまでには時間がかかる。でも途中で放棄しない。作家・東野圭吾が作品を書き続けるのと同じように。卓抜の短編集をどうぞお楽しみください。


商業主義に興ざめ
今回から内海薫が登場し、しかも、それが当然ながら、柴崎コウを連想させる。
テレビシリーズや映画に違和感を覚えたまま、本編を読むと、どうしても内海薫が鼻につく。
また、草薙が以前とは変わり、かなり粗暴になっている。テレビ俳優の性格が乗り移ったようである。
テレビや映画が不出来だったため、純粋な「容疑者Xの献身(小説版)」の続編として期待していただけに、まるで映像版の続編(または、映像化を予定したもの)になってしまったのは残念。


作者の苦悩
 「ガリレオの苦悩」というより、東野圭吾の苦悩、という感じが強い作品。
 やはり、無理をするとこういうことになる。

 というのは、本作は「探偵ガリレオシリーズ」としては4冊目ということになるが、3冊目の「容疑者Xの献身」で、「理系エンタテイメントとしてのミステリー」という基本路線を踏み外し、「情念の力作」みたいになったからだ。

 結果として、ガリレオこと湯川助教授(本作から准教授)は、警察とは距離を置くようになってしまった。
 本作から内海薫刑事(ドラマでは柴咲コウ)が登場するのも、ドラマ絡みという面もあろうが、まずは、「容疑者X」の経緯を知らない彼女なら、湯川に協力依頼しやすい、という作者の都合だろう。
 湯川を事件に巻き込むためには、かつての恩師や同窓生まで湯川を利用しようとするし、無謀にも湯川に挑戦する元科学者まで登場する。

 そうまでして、「事件に係わりたくない湯川を、何とか事件に巻き込む」という構図を作らなければ、小説として成立しない状況になっているのは、東野圭吾自身の責任とはいえ苦しい。作品を楽しむより前に、作者の苦悩が先に見えてしまう。

 この本は5作の短編集だが、このシリーズ本来の楽しさがあったのは、4作目の「指標す(しめす)」だけだろう。
 この短編が最後に書かれたようだから(この本のための書き下ろし)、苦悩を経て、ようやくシリーズの本筋に戻る足がかりを得た、というところか。

 余計な一言かもしれないが、警察に協力した結果、どんなに辛い目に遭ったとしても、それで、条件反射のように警察と距離を置こうとする湯川の態度は、本来の彼のキャラクターとは違うような気がする。過去にどんな経緯があろうと、科学者として興味を覚えれば、その謎を解こうとする、それが湯川という人間ではないのかなあ。私は率直にそう思うのだが。

amazonでチェック


関連する本

聖女の救済
聖女の救済

イノセント・ゲリラの祝祭
イノセント・ゲリラの祝祭

モダンタイムス (Morning NOVELS)
モダンタイムス (Morning NOVELS)

犯罪小説家
犯罪小説家


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | は行の著者

聖女の救済

amazonでチェック

聖女の救済

相変わらず一気読みさせられますが・・・
面白いことは間違いなく、一気読みは必至だと思います。
ただ、後半真相が明らかになるにつれ物語が失速していくように感じたのは私だけでしょうか。リーダビリティの核となるトリック、言い換えればタイトルの意味するものについては「いくら何でも無理じゃない?」という感想しか出てきませんし、被害者にも加害者にも人間的な魅力が最後まで感じられなかった。ダンナも奥さんも、考えていることがあまりにむちゃくちゃです。(こういうキャラの部分については、何かそれまでの印象を一変させるようなツイストが仕込んであると思ったんですけどね)
「情念」とか帯に書いてあって何やら重そうだけど、実際はそうでもない話だと思います。

蛇足ですが、登場する女性刑事がiPodで福山雅治の曲を聴いているとか、こういうお遊びって必要なんでしょうか。喜ぶ人ももちろんいると思うけど、個人的には少しがっかりでした。

全体的に薄いかなー
そう感じました。 トリックは面白く、着眼点はさすが東野圭吾といったところですが、全体的に冗長かなと思います。もう少し二転三転させて欲しかったです。 あと、犯人は随分身勝手で、感情移入できるわけではありませんでした(被害者は悪くないとは言いませんが、殺されるほどではないかと)。 今回出てくる登場人物それぞれに特に人間的魅力はありません。 あと、これは完全犯罪ではありません。いくつかの偶然が重なり、さらには警察の現場保全能力に問題があります。 色々言いましたが、東野圭吾だから厳しめに採点したわけで、一般的には面白いと思います。

ガリレオでなければ納得するけど
湯川、内海、草薙の役回りがはっきりしていて、おもしろいことは確かです。とくに、ボケ役が多かった草薙刑事が今回は重要な役になっていて、彼のドラマといってもいいほどです。単なる愛憎劇のような出だしから、だんだんと話がふくらんでいく展開は東野圭吾らしいと思います。一気に読ませるだけの作品ではあります。でも、このような結末であるならばガリレオである必要はないです。別に、謎解き自体に科学の知識はいらないですし。また、犯人は最初から明かされていますが、彼女の犯行に至るまでの心理に説得力がありません。被害者の人物造形もこんな奴いるかって感じでやはり説得力に欠けます。雑だといってもいいくらいです。何よりすべてを知った上で、結婚した犯人の心情が最大の謎です。『容疑者Xの献身』も人物造形に難がありましたが、ガリレオと愛憎劇とは相性が悪いと思います。それと、読むのなら先に同時発売の短編集の第1章を読んだ方がいいです。そうしないと、最初のところに違和感を感じると思います。

哀しい「聖女」VS湯川?
「容疑者Xの献身」と同じくらい切実な、愛ゆえの犯罪をテーマにした湯川シリーズの
新作。一気に読みました。「完全犯罪」というあおり文句に合わない、儚げな容疑者と、
家庭の中の殺人、という、一見こぢんまりした事件。しかし、そこに至るまでの
謎が次々と解けていくと、なんともいえず、事件が解決していく爽快感とともに
容疑者の悲しみにも胸を打たれて、複雑な気持ちになってしまいました。
「白夜行」や「容疑者X」みたいに、自分の魅力をある程度分かっている東野ヒロインも
魅力的ですが、今回の儚げな聖女も、草薙が捜査を忘れて惹かれてしまうのが
なるほど、と思えるような素敵な女性キャラだったと思います。

タイトルに深く溺れる
 ガリレオシリーズの2冊目の長編。
 この長編のために内海という刑事は登場したんだなと必然性を感じました(ちなみに、内海刑事登場は「ガリレオの苦悩」1話。しかも、ドラマより発表は前です。この短編があったからこそ、ドラマの内海が登場したんだなと思います)。内海刑事が女性であることというのが、大切な要素なんですね。
 ガリレオシリーズはキャラクターがしっかり認知されている分、読みやすさにつながっています。ちなみに、短編もののように、トリックが科学的で何をいっているのか難しくてわかりづらいということはないかと思います。難しい用語も多少出てきますが、気にしなくても大丈夫です。
 他の人も書いていますが、タイトルの意味がわかったとき、その深さに溺れます。この深さがこの作品のポイントですね。
 ドラマを見たことない人、容疑者X読んでない人でも、読めます。うなってください。



amazonでチェック


関連する本

ガリレオの苦悩
ガリレオの苦悩

イノセント・ゲリラの祝祭
イノセント・ゲリラの祝祭

モダンタイムス (Morning NOVELS)
モダンタイムス (Morning NOVELS)

犯罪小説家
犯罪小説家


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | は行の著者