ブログトップ >> カテゴリ別[ は行の著者 ]

ぬしさまへ (新潮文庫)

amazonでチェック

ぬしさまへ (新潮文庫)

簡潔に…
前作「しゃばけ」が気に入った方なら、間違いなく楽しめます。
内容は、前作で主人公の脇を固めていたキャラクターを主役にした短編集です。キャラクターの設定が掘り下げられる事で「しゃばけ」の世界感に深みが増し、寄り楽しめるものとなっています。
「しゃばけ」シリーズはどの巻から読んでも楽しめますが、私は順番に読む事をお勧めします。後の作品から読むと前作についてネタばれしてしまう部分も有りますし、前作で触れなかった事が続編で描かれている事で「ああ、そうだったんだ…」と感じられる場面が少なからずあるからです。

さくさく読めた
前作のしゃばけは一冊で一つのお話ですが、今回は短編。しかも、毎回推理ものというわけでもなく、バラエティー豊かです。
しかし、この話だけ読んで寝よう、とか思っても気づけば全部読んでいました・・。
特に、「空のビードロ」は胸にきゅんと来ました。
松之助さんと一太郎は立場的にはとても複雑なのに、一太郎の純粋なやさしさの前ではそんなことは全く意味がない。
松之助さん自身も一太郎に会えて救われた、という思いがせつなかったです。
作品全体に漂うあたたかさ、読み終えた後にほっこりとくる心地よさがたまらないです。

ほのぼのとしたお江戸捕物帳
 病弱で、両親と妖(あやかし)たちから溺愛され、心配される長崎屋の若だんな、一太郎。何かっつうと寝込んでしまう若だんな。芯が強くて情に厚い性格なんだな。普通の人間には見えない妖たちや、普通の人間のふりをしている大妖(たいよう)のふたり、佐助と仁吉の手助けもあって、お江戸の事件の謎を解き明かしてしまう利発ぶり。そんな若だんなと、周囲の妖たちや人間たちの心が通い合う様子に、気持ちをやわらかく解きほぐしてしてもらいました。
 小鬼の姿をした鳴家(やなり)、付喪神の屏風のぞき、手代にして大妖の犬神と白沢、それぞれのキャラのおかしみを誘う風情がいいですねぇ。飄々として、この世の人間たちとは考え方がどっかずれているおかしみ。あちこちで、くすりとしちゃった。
 作品のほっこりとしたあたたかさ、若だんなと妖たちのキャラの飄々、とほんとしたおかしみ。ほのぼのとしたお江戸捕物帳です。

続きが読みたい!
 『しゃばけ』に出会って、すっかり若旦那と妖たちの虜になりました。長編もよかったけど、短編集もいいですね。今回は、事件の話ばかりでなく、妖の手代・仁吉や一太郎の腹違いの兄のエピソードもあり、期待を裏切らない楽しい作品でした。

 私が気に入ったのは、「空のビードロ」と「仁吉の思い人」。「空の〜」は若旦那の義理の兄、松之助の奉公先での話。やっぱり兄弟なんでしょうか、気だてのいい若旦那と同じで、とても優しいんです、松之助は。自分が生まれたことについてはいわくがあるとはいえ、弟が大店で悠々と暮らしているのに、どうして自分だけこんな暮らしなんだ・・・と普通ならひねくれて性根もねじ曲がりそうなものを、まじめに生きていればいいことがある、と奉公先でがんばる松之助。そこにちょっとした事件が起こり、店を出るはめになるのですが、『しゃばけ』で出てきたシーンとかぶるところがあるので、ああ、ここでこういう風に話がつながるんだ、と納得。二人の兄弟がいい関係を築いていけるといいなと心が温まる話です。

 「仁吉の〜」は端正な顔立ちで女性からの付け文が絶えることがないというモテモテの仁吉(本人は若旦那の世話以外に興味なしなのですが)が振られたという話。相手の女性は?嫌がおうにも興味が高まる、そこは早く話して!とせがむ若旦那と同じ気持ちで読みました。はかない恋の物語、だけど読んだ後にほっとする。

 妖たちとの暮らしは、それは楽しいものなんでしょうね。からだが弱く、あまり外出できなかった若旦那には菓子屋の栄吉の他には友達らしい友達もいませんから、家族のような、兄弟のような妖たちとは、もう切っても切れない仲なんでしょう。最後のエピソードは、若旦那の妖たちへの愛情(?)のようなものがよくわかります。

 今回は、続けて2度読んでしまいました。それほどおもしろかった。

‘江戸 人情物’
 「しゃばけ」シリーズの第2弾で,前作は長編でしたが,今回は短編集です。

 このシリーズについては,僕は,まだ前作と本作しか読んでいないのですが,シリーズの特徴がはっきりしてきたと思います。

 すなわち,主人公「一太郎」を中心とした‘人情物’ということです。
 もちろん,「あやかし」たちも登場し,また,事件に関する推理も盛り込まれていますが,それらがメインではないという印象を受けます。
 また,江戸時代を舞台にした‘ファンタジー’ということです。
 ‘幻想奇譚’と表記するほどのあやしさやおどろおどろしさは感じられないことから,まさに‘ファンタジー’と呼ぶのがぴったりです。このあたりが,読みやすさのもとなのかもしれません。

 本シリーズのおもしろさは,一般的には‘非日常’であるはずの環境が主人公にとっての‘日常’であり,その上で,一般人・主人公双方にとっての‘非日常’である事件が起こるところにあると思います。主人公側とそれ以外の者たちの,事件という‘非日常’への関わり方のギャップがおもしろいのです。畠中さんの筆力の冴え渡るところです。

 星4つとしたのは,個人的に「あやかし」たちの活躍に物足りなさを感じるからです。ただ,前作のレビューにも書きましたが,この点を重視しないならば,星5つのお薦め作品です。


amazonでチェック


関連する本

しゃばけ (新潮文庫)
しゃばけ (新潮文庫)

ねこのばば (新潮文庫)
ねこのばば (新潮文庫)

おまけのこ
おまけのこ

うそうそ
うそうそ

みぃつけた
みぃつけた


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | は行の著者

しゃばけ (新潮文庫)

amazonでチェック

しゃばけ (新潮文庫)

ジャンルにとらわれずに・・・
時代小説でもあり、ファンタジーでもある。
あまりジャンルに囚われすぎない方が、楽しめるかもしれませんね。
この作品を生かすためには時代物であった方がいいことだけは間違いありません。
大店の若旦那は子どものころから体が弱く、そんな彼を助けるために身近に置かれた妖たちとの人情味あふれる作品。
最初の方はちょっと読みにくいかな?とも思ったのですが、慣れてくるころにストーリーが俄然おもしろくなってきます。
後半は一気に読み上げることとなりました。
若旦那の成長振りがうかがえて、確かにシリーズ化されるは当然・・・といった感じです。

ドラマよりも断然良いです!
良い作品です。
テレビドラマのほうは・・・・・・イメージを損なうので、最初ちらっと見てやめました。
ドラマではなく、本のほうを是非見て欲しいですね。


大人には息抜きとして、活字嫌いの子供にも読んでほしい作品。
ファンタジーや時代物の経験が浅くても楽しみながらサクサク読める作品。ただ、ミステリーとしては期待せず、あくまで受身で楽しむ事をお勧めします。
世界観の表現の為か途中たるむところもありますが、読み終えてみれば、重いテーマを感じさせない作品の小気味良さにもっと浸りたくなりました。
読み易さと登場キャラクターの大半が妖怪のせいか、ファンタジー要素が強く楽しい作品というイメージが先行していますが、命やお金への欲がきっかけで起きた事件を心の純粋な若旦那が解決していくという、道徳的な要素もある作品です。

マンガの主人公のような〜
新しいタイプの江戸小話のような ^^
出演者(笑)がかわいいし、
単純に思ったのは マンガのストーリーの主人公のような男の子。
そして、その仲間といった感じ。
話も読みやすいし 
まぁ おもしろかったかなっ ^^

う〜ん…
設定はとてもいいと思うんだけど、ミステリーとしては弱いかな。
文章がサラっとしすぎていて逆に読みづらかった。

兄は結局登場しなかったし(次作以降の伏線?)すっきりしない
中途半端な感じなんだよなー。登場人物が面白いだけに惜しい。

amazonでチェック


関連する本

ぬしさまへ (新潮文庫)
ぬしさまへ (新潮文庫)

ねこのばば (新潮文庫)
ねこのばば (新潮文庫)

おまけのこ
おまけのこ

うそうそ
うそうそ

ねこのばば
ねこのばば


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | は行の著者