ブログトップ >> カテゴリ別[ か行の著者 ]

新約 とある魔術の禁書目録(インデックス)〈4〉 (電撃文庫)

amazonでチェック

新約 とある魔術の禁書目録(インデックス)〈4〉 (電撃文庫)

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | か行の著者

新約 とある魔術の禁書目録(インデックス)〈3〉 (電撃文庫)

amazonでチェック

新約 とある魔術の禁書目録(インデックス)〈3〉 (電撃文庫)

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | か行の著者

新約 とある魔術の禁書目録(インデックス)〈2〉 (電撃文庫)

amazonでチェック

新約 とある魔術の禁書目録(インデックス)〈2〉 (電撃文庫)

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | か行の著者

新約 とある魔術の禁書目録 (電撃文庫)

amazonでチェック

新約 とある魔術の禁書目録 (電撃文庫)

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | か行の著者

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈22〉 (電撃文庫)

amazonでチェック

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈22〉 (電撃文庫)

一気に22巻まで大人買いしても良い出来
内容なんかのレビューは他の人がやって下っさてるし
長ったらしいレビューは嫌いなのでひとことで言うと

23巻がとてつもなく読みたくなる確実に
そんな本です


ちょいとだけネタバレ
今巻で長かった「神の右席」編が完結しました

三人の主人公達はそれぞれ自分の守りたい者のために命をかけて戦います

上条当麻は

もはや力の強弱を越えた別次元の力を発揮するフィアンマに当麻はどう立ち向かうのか

そして戦いの中、当麻は「幻想殺し」とは違う力の「片鱗」を垣間見せ……

浜面仕上は

再三に渡って彼の命を付け狙う麦野静利との戦いの中で浜面仕上にある疑問が浮かび上がる……

そもそもの争いの火種はどこから生まれたモノなのか……

自分達は本当に殺し合う必要があるのだろうか?

そして彼が見出だした答えは

一方通行は

遂に手にした打ち止め救出の「手掛かり」を使用するため自らの知識を総動員して羊皮紙の解読を開始

そして彼もまた新たなる力の「片鱗」と「可能性」を手にするのです

SSに登場したキャラも今巻で活躍しシリーズ最大規模の「第三次世界大戦」は終結します

今巻も素晴らしく面白かった

個人的に麦のんと浜面が半端なかったです

TVアニメ第二期もはじまったので興味のある方は是非1巻から購入を

面白かったですお
22巻は主人公3人がカッコよく面白かったです、
とくに一方通行さんがよかったです。
ですが、なんか自分的にめっちゃ不完全燃焼みたいな・・・
23巻早く出てよみたいな感じですなー。

他レビューのネタバレ注意
皆さん存分に重要な部分をネタバレしてますが個人的には美琴の今後が気になります。

大戦の終結、そして
 第三次世界大戦は終結へと向かうわけだが、主人公3人+1は、その間に目的を果たすために足掻き続ける。本来なら科学サイドのトップに君臨するアクセラレータはラストオーダーを助けるために魔術サイドに近づき、滝壺理后を助けることに成功した浜面仕上はレベル0にも拘らず、科学サイドの深奥に近づく結果となってしまう。
 一方、フィアンマとの対決が続く上条当麻は、世界の救い方についての考え方をぶつけ合う。彼らがそれぞれの強大な敵と戦う間に、戦争をする兵士たちはどう動くのか。そして、全ての決着がついたように思えたとき、最悪の災厄が再臨する。

 アクセラレータや浜面はそれぞれ、これまでとは違う自分を支える柱を自覚し、御坂美琴はようやく望んだ位置まで到達した。そして、上条は…。今回で神の右席を中心としたストーリーはエピローグを迎え、また新たな展開へのプロローグが始まる。
 それにしても浜面くんはやたらと格好良くなった。上条さんを食ってしまいそうな位に。そしてアクセラレータは自身を覆っていた仮面がきれいに取れました。

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | か行の著者

フルメタル・パニック!12 ずっと、スタンド・バイ・ミー(下) (富士見ファンタジア文庫)

amazonでチェック

フルメタル・パニック!12  ずっと、スタンド・バイ・ミー(下) (富士見ファンタジア文庫)

サガラソウスケなる人物
完結までに12年かかりましたが、まず感慨深いのは相良宗介の心境の変化でしょうか。 全編を通して、ほぼ折れない懲りない(外見上はですよ?)漢だった彼がラストで発する台詞には涙が出ます。 ましてや直前にはカリーニン少佐との因縁の対決が…これは泣くしかない!! 勿論評価は星五つです。 最後に椿一成くんも忘れないであげて下さい。

アル大活躍
ミスリルvsアマルガン
ソースケvsレナード
カナメvsソフィア
アルvsベリアル
ソースケvsカリーニン
ソースケvsカナメ(?)

え、その中で上巻の前振りをあーもっていきますか。
やっちまいますか?

え、トランザムを御所望ですか?


最後の最後までよい意味でドタバタラブコメでした。


その後が気になります!
結末が気になると思い、上下巻一気読みしました。

ここ数巻、特に重苦しい展開が続きましたが、エピローグが…本当に良かったです。出来れば後日談も読みたいです。(短編集に期待です)

先生、お疲れ様でした!


ありがとうございました。
著者 賀東招二先生、イラスト 四季童子先生、その他この作品を作り上げてくださった方々、本当にありがとうございました!

ひとまず読み終えて、こんな素晴らしい作品に出会えて本当に自分は幸せだなぁ…と思いました。こんなにいろんな側面から楽しめる最高の作品は、滅多に無いと思います。ですから皆さんも是非読んでみてください!多少贔屓目が入っているかもしれませんが、もちろん文句なしの☆5つです!!


ボーイミーツガール
涙しました

そして
理想には遠く、いろいろな不都合や不幸を抱えていたとしても、
このかけがえのない今の現実を生きることの大切さを改めて気づかせてくれた
このシリーズに感謝!


amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | か行の著者

フルメタル・パニック!11 ずっと、スタンド・バイ・ミー(上) (富士見ファンタジア文庫)

amazonでチェック

フルメタル・パニック!11  ずっと、スタンド・バイ・ミー(上) (富士見ファンタジア文庫)

待たされた割には
前作から2年ほど待たされた割に、あっさり読み終えてしまい期待が大きかっただけにちょっと残念。


少し待って上下まとめ読みがおすすめかも
読んでてつまらないってわけじゃないんですけど
起承転結の承で終わっちゃう。そんな感じでした。

何となくデイバイデイみたいに最初から上下巻で
出すと決めてたわけじゃなく
ページ数増えすぎたからとりあえず2冊に分けて
出したのかなとか勘ぐってしまいます。


下巻が楽しみ
長年続いてきたシリーズが終わるのは悲しいですが、やっぱり面白いです。

今回たくさんの人物に死亡フラグが出たり、あの男の生存フラグが出たりと読んでいてハラハラドキドキの連続でした。

宗助とかなめ逹がどうなるのか本当に楽しみです。

上巻単体だと?????
 なんだろう盛り上がらない。
上下分けた意図が分りません。半端過ぎて悲しくなった、10巻の終わりから特に進展ないですよこれ
とりあえず下巻発売までまって一気読みが正解ですね。

待ちすぎた・・・
フルメタルパニック最終巻(上)、でましたね。
なんか遠足に行く前のように早く出てほしい気持ちと、もう終わっちゃうんだなあ、という寂しさと。
でも久しぶりにみんなに会えてうれしかったです。
相変わらずみんな普通の人のように悶々としてて、それでいて強くて弱くて。
困ったことにアルまで悶々としてるって・・・。
ソースケ!急いでっ!と心で突っ込みつつ、え、もう下巻?
前ふりじゃん。これだと。と今度は本当に突っ込みました。
ちょっと短いんじゃないですか!!?本当に収束するの??
と不安におもいつつ、来月を楽しみにしています。

ところで、レイスの電話の相手って、まさかまさか!!
あう、待てない〜〜。

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | か行の著者