ブログトップ >> カテゴリ別[ 講談社現代新書 ]

発達障害の子どもたち (講談社現代新書 1922)

amazonでチェック

発達障害の子どもたち (講談社現代新書 1922)

子どもの進む道を考えるときに
発達障害に関する本はたくさんあります。
私の場合は、我が子の進路として特別支援学級を選んだ後にこの本を読みました。
そして、その選択が間違っていなかったことを確信しました。

親の気持ちや世間の目に惑わされることなく、「本当に子どものためになる選択」を、(特に幼い子どもの親は)していかなくてはなりません。
一人でも多くの、発達障害のお子さんを持つ親御さんに読んでいただきたいです。
そして、障害を持っている子どもたちが適切な支援を得て、自信と自尊心を持って生きていけることを願っています。

行政への厳しい視点
本文の中に述べられているように,「どのようにすれば発達障害を抱える子ども達がより幸福に過ごすことができるようになるか,正しい知識の紹介をする目的で」過不足なく書かれた好著だと思う。
特に筆者は,行政上の対応が不十分なために,如何に日本の障害児支援が貧困な状況であるかについて,厳しい眼を光らせている。
自閉症,ADHD,アスペルガー,学習障害など各種の障害についてまんべんなく書かれているが,単なる紹介に終わらず,治療教育の専門教育を受けた教員が不足しているために,特別支援学級でも対応が十分でない点,また発達障害の専門医の不足のため,何と三年の待機児童を抱えている点など,舌鋒が鋭い。
是非一人でも多くの方々,特に政治・行政に携わる方々に読んでいただき,日本の障害児支援の体制について大きな改善・改革を行ってもらいたいと願うものである。
なお,帯に「治る子と治らない子,その違いはどこ?」などと書かれているが,内容に誤解を与える恐れがあり,この帯は全般に不適切だと思う。

アスペルガー最前線
発達障害者・児について最前線の取り組みを知りたい関係者が読むには満足のいく一冊です。当方はアスペルガー診断済です。一読して「むずいなぁ」と(笑)。気鋭の研究者が書いた専門書だから、発達障害について全く知らない人が読むとかなりしんどい部分も多い。当事者でも新書を読みなれている人じゃないとついてこれないでしょ。

発達障害に関わる人々すべてに推薦したい
発達障害の本と言えば、医師が医学的な見地から記したものか、教育関係者が教育的視点でまとめた物が大半であった。帯に短したすきに長しといおうか、どうも物足りない物があった。発達障害を持つ子どもたちの成長には医療も教育も必要不可欠なのであるが、うまく間を取り持つような書物という物はこれまでほとんどなかったように思われる。

そういった意味では待望の書である。
著者は発達障害に関する医療の最前線の医師である。この分野では著名な方なので名前を知っている人も多いであろう。
この書の特徴は徹底的に臨床の立場から述べられていると言うことである。発達障害に関する医療の最新の見地を、保護者が、教育関係者が何を知りたいかということを意識しながら書かれている。境界知能、高機能自閉症とアスペルガー症候群、ADHDとアスペルガー症候群の誤診、タイムスリップや解離、親子間での遺伝、虐待や犯罪と発達障害、特別支援教育、薬物治療、かゆいところに手が届くといおうか、発達障害の症状や特徴、機序だけでなく、実際に発達障害を持つ人々と接する人間が求めている知識を知り尽くしていると思わせる。これまでの医師が著した発達障害の書物にはあまり見られなかった特徴である。

著者は発達障害に対応するには医療よりも家庭や教育の関わりを重視している。この書もそういった家庭や教育へのエールと受け取ることもできる。そのなかでも特に特別支援教育への期待とお粗末な現状への批判は傾聴すべきである。著者の期待に応えていけるような教育の実現が望まれる。


今後どう育てていくか、という課題に
「発達障害である」という診断後、どのように我が子を育てていくのか、また、どのような進路をとらせるべきなのか。さまざまな意見や考え方にとまどう親、また本人に、明確にかつ具体的に、幼児期、学童期、青年期、そして就労にいたるまでの過程や経過、アプローチの仕方を指し示してくださっている。学校生活をどのように送るか。どのような教育がより本人のために良いのか。
ぜひ、多くの教育関係者、そして、すべての方々に、この本を読んで理解を深めていただきたいと思います。



amazonでチェック


関連する本

脳科学と発達障害―ここまでわかったそのメカニズム (シリーズCura)
脳科学と発達障害―ここまでわかったそのメカニズム (シリーズCura)

発達障害の豊かな世界
発達障害の豊かな世界

子ども虐待という第四の発達障害 (学研のヒューマンケアブックス)
子ども虐待という第四の発達障害 (学研のヒューマンケアブックス)

障害児教育を考える (岩波新書 新赤版 1110)
障害児教育を考える (岩波新書 新赤版 1110)

やさしい発達障害論 (サイコ・クリティーク 3)
やさしい発達障害論 (サイコ・クリティーク 3)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 講談社現代新書

調べる技術・書く技術 (講談社現代新書 1940)

amazonでチェック

調べる技術・書く技術 (講談社現代新書 1940)

ルポを書く人のみならず、万人に幅広く活用できる。
 新書は、紙幅同様中身が薄いものも多いが、本書は、情報収集・取材・その後のお礼状のタタキから文章に起こすまでを、先人の具体的例も含んだ多様な例示と、実際の文章により、読み応えのあるHOW TO本に仕上げている。
 対談・論文書きなど幅広い面で活用できる方法が詰まっており、自身が本を上梓する予定がなくとも、是非文章作りの裏側を知り、知的好奇心を膨らますためにも、手元に置いておきたい1冊だ。

知的生産術ノンフィクション編?
知的生産術という響きに非常に興味を持っている。正確には知的生活術になるのだろうと思うが・・・そんなときに、書店でこの書籍を発見。帯にはプロの知的生産術の一言・・・迷わず購入してし通読。
読んでみて、本書はノンフィクション作家の著者が実際に作品を仕上げるための様々な過程、その過程における技術を包み隠さず記載してくれている。ノンフィクションの作家を目指す人にとってはすべての章の技術が非常に有用だと思う。ただ部分部分の技術は読書をする上で、ノンフィクションを書かないまでも文をアウトプットする時、本や資料を選ぶ時など様々なシーンで利用可能な技術が記載されている。あまり、意識してノンフィクションを読むことはない人だが後半に書かれていた、実際に著者が取材して書き上げたノンフィクションはどれも吸い込まれる魅力にあふれていた。見つかっていない「チャップリンのステッキ」は多々ある、「テーマ決定のチェックポイント」「書き上げた文は声に出して読んでみる」「叫ぶ人」などはノンフィクションまではいかないまでも文としてアウトプットするタイミングや情報を集める時に気をつけたい内容は多々ある。
知的生産術としてノンフィクションのアウトプットを考えている人は是非通読しておくべき書籍だと思う。

優れた「プロ論」
この本は題名の通り、一通り、「調べる技術」と「書く技術」について書いているが、読んだからといってすぐに身になるものではないと思う。ノウハウというよりも仕事に対する「姿勢」、すなわちそれがアマチュアとは全く違うという意味で「プロ論」について記述したものであり、どんな意識を持って仕事に対して取り組むべきかを吸収すべき本である。

書中に現れるノンフィクション文章を読んでみると、すぅ〜っと体に入ってくるが、そのためにどれだけの調査を行っているのかがポイントである。単に読みやすい文章を作っているのではない。構成そのものが練りに練られており、それが故に理解しやすいのである。そのためには「調べる技術」が重要であり、さらに印象深くするために「書く技術」が必要なのだ。

本当にノンフィクション作家になろうとしてこの本を手にする人は少ないであろうが、それなりの「書き手」になろうとするのであるならば、書中に紹介されている本は、今すぐにでも読むべきなのだろう。

こんなにがんばっている人がいる、そう感じられるだけで自分もまた頑張ろうと思える一冊である。



ノンフィクションの作り方
ノンフィクション作家がそのノウハウを伝授。

情報の使い方・扱い方。そしてそれを纏めるための技術。
ノンフィクションを書くではないにしても、
正確な文章を書く上でもとても参考になる一冊。

すべての社会人の役に立つ本
野村進氏の本は「コリアン世界の旅」や「千年働いてきました」を読んで以来、その誠実な筆致に大きな信頼感を寄せている。

野村氏が北野武氏をインタビューした際、最初はずっと顔を上げず言葉少なかった北野氏が、野村氏の「好きなボクサーは誰ですか?」との質問に「林拳児かな」と答えたのに対し、『「ああ、あの福岡中央(ジム)の。腰をやら(痛め)なかったら、最低でも日本チャンピオンになってたのに残念でしたねえ」そう言った途端、下を向いていたたけしが、初めて顔を上げた。ちょっとびっくりしたような顔をしていた。しかし、そのことはおくびにも口に出さず、「うん、東海林博に勝ったんだけどね・・・」(後略)」(P.38)という話が紹介されている。これはインタビューの時に先入観をもちたくないので相手のことを一切調べずに行く、という人もいる中で、自分(野村氏)はそれを薦めない、という話から続くものだ。

野村氏は、ノンフィクションライターとして仕事を進めるにあたって当たり前の心構えや礼儀作法を欠いた若いノンフィクションライターが沢山いることに不安を覚え、敢えて自分の仕事部屋をすべて公開した・・・それがこの本。

読んでみると、それはノンフィクションライターに限らず、すべての社会人が応用できる、応用すべき仕事術であり、常識であり、より豊かに生きるための智恵だ。

3年前のソウル日本人学校秋祭りの古本市で千Wonで買った「コリアン世界の旅」。僕はこの本で野村進氏と出会ってよかったと思う。

amazonでチェック


関連する本

読み手志向の「書く技術」で成果をつかみ取る (ハーバード・ポケットブック・シリーズ 9)
読み手志向の「書く技術」で成果をつかみ取る (ハーバード・ポケットブック・シリーズ 9)

コンサルタントの「質問力」 (PHPビジネス新書 52)
コンサルタントの「質問力」 (PHPビジネス新書 52)

脳と気持ちの整理術―意欲・実行・解決力を高める (生活人新書 250)
脳と気持ちの整理術―意欲・実行・解決力を高める (生活人新書 250)

たった3秒のパソコン術―読むだけで別人! さらに「仕事が速い自分」「頭の回転が速い自分」 (知的生きかた文庫 な 30-3)
たった3秒のパソコン術―読むだけで別人! さらに「仕事が速い自分」「頭の回転が速い自分」 (知的生きかた文庫 な 30-3)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 講談社現代新書

不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書 1926)

amazonでチェック

不機嫌な職場~なぜ社員同士で協力できないのか (講談社現代新書 1926)

日本型組織の「強み」を復活させるために
「日本人は1人1人では豚だが、3人集まると竜になる。」
とは、中国人による日本人評である。

じっさい、個人個人では中国人(やアメリカ人)に圧倒されてしまう、「個」の弱い日本人が世界の競争に負けずにやってこれたのは、
日本人特有の「チームになったときの強さ」があったからだ。
その、「日本型組織」の「強み」が失われようとしている。
それが、「不機嫌な職場」症候群だ。
不機嫌な職場では「協力行動」が起こりにくい。
その結果、多くの組織で組織としてのパフォーマンスが劇的に低下している。

この「職場の不機嫌化」は、構造的なものである。つまり、自然に任せていれば、職場はどんどん不機嫌化するのだ。
組織は、意識的にその対抗措置をとらなくてはならない。

また、我々の「仕事」に対する意識も変わらなければならない。
「大人はきつい仕事にも黙々と耐えるもの」「協力を求めることは弱音を吐くこと」のような思いこみは是正されなければなにらない。
まずは、「ありがとう」の励行から始めるとしよう。

「不機嫌」なのは、私であり、あなた、なんだ‥。
 実に惹かれるタイトルで、思わず買ってしまった。
 一人ひとりにパソコンが与えられ、社内LANでメールが飛び交い、会話がなくなる。
 ナマの声が伝わらない状況で、イライラも切迫感も、平板な文字で感情が無機質に変換されてしまう。
 ボキャ貧だから、ニュアンスが表現できず、自分の言いたいことがうまく伝わらない。話したくない
人には、メールオンリー。
 最低限の接触ですませる。

 となりの人が何をやっているのかわからない。
 日々ストレスが拡大再生産されてゆく。
 そんな状況が目に浮かんでくる。

 その解決のためにいくつかの企業の取り組みが紹介されているが、グーグルやサイバーエージェントなど、
時代の最先端の企業がいち早く対処していることに、驚く。
 でも、いずれも若い企業であるし、トップダウンで意思決定ができる企業ではないだろうか。
 現代の病巣がここにもある。


中身の薄いビジネスレポートのようだ
レビューが評判がよかったので読んでみたところ、残念ながら退屈だった。
間違ったことは書いていないんだろうけれど、ほとんど引っかかるところがない。文字が頭の中を滑っていく。
たぶん、具体的な記述が少なすぎるんだと思う。
論を裏付ける具体例やデータがあまりにも書いていないので、著者がなぜそう結論づけているのか、腑に落ちて理解できないのだ。
特に前半の1・2・3章が顕著。3章は途中で投げ出してしまった。
職場の協力関係を強化するためには、誰かが何かをしたときには、必ずなにかしら反応してあげることが重要、ということを「効力感」という言葉でまとめていた部分だけが収穫だったかな。


とても共感できる本でした
ほかの人がどう思っているかは聞いてみないとわからないが、私自身が思っている職場の問題点を同じ観点で指摘してくれている。
たとえば、
・メーリングリストに対しての反応が薄い
・困っている人がいても、ひそひそ話し合うばかりで、助けようとしない
・他の人がどんな仕事をしているのか、本当に進行しているのか当人しかわからない
などなど・・
このような職場では、仕事をするのが楽しいとは思えないし、でもどうにかしなければと思っている真面目な人ほど参ってしまう。(逆に言えば、真面目じゃない人、あまり会社に対して依存していない人はそんな状況でもできてしまう。)

この本では、上記のような職場の問題を、個人として解決するのではなく、組織としてどのように対応していくかについて紹介してある。
当然、個人のコミュニケーション能力の向上という解決策は有る。その一方で、どれだけ組織に協力したいと思わせるかという、人が働く環境に対する改善策を具体的事例を元に提案されている。
例えばGoogleの職場の雰囲気などについて説明してあるが、組織の運営者自身がどうすれば社員が協力し合い、自発的に提案や助け合いを行っていけるかを本当に深く考えているのだということがわかった。(詳細については本を見てほしい)
管理職の人や、複数人のメンバを持つチームリーダ、職場の雰囲気についてなんか変だと思っている人に是非読んでほしい。そしてその職場を変えるための勇気有る第一歩を踏み出してほしい。

朝の挨拶ができれば機嫌良く仕事ができます。


 朝の雑談の無い会社、挨拶の無い会社、朝、黙って机に座って黙々と
メールをこなして、気がつけば昼食の時間になってします。そんな一日を
過ごしている方に、もうすこし気持ちよく働くためのヒントがたくさん含まれ
ている本です。
 コピーを頼んで出来て来たときにたった一言ありがとうと言ったり、仕事を
頼むときに、「何時も君の正確な仕事に感謝しています。今日もよろしく
お願いします。」と伝えることで、周りの人間も気持ちよく同じ時間を過ごせる
ような気がしませんか。
 暗い一日をおくっている方こそ一度読んでみてください。


amazonでチェック


関連する本

にっぽんの知恵 (講談社現代新書 1923)
にっぽんの知恵 (講談社現代新書 1923)

デッドライン仕事術 (祥伝社新書 95)
デッドライン仕事術 (祥伝社新書 95)

数学でつまずくのはなぜか (講談社現代新書 (1925))
数学でつまずくのはなぜか (講談社現代新書 (1925))


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 講談社現代新書

生物と無生物のあいだ

amazonでチェック

生物と無生物のあいだ

そもそも対象は専門家じゃないと思う・・・
情緒性を感じさせるこのタイトルは、今もなお色あせないテーマに
一つの考え方を提示してくれることを予感させます。
しかし、内容は分子生物学の歴史についての内容が多く、
文章のうまさも手伝って興味深く読むことはできましたが、
タイトルから期待される内容はあまり無いように思われました。
ただ、新書というスタイルで馴染みの無い分野に触れることが出来た、
という意味では、内容も面白く評価されても良いと感じました。

新鮮な驚きを覚え、ワクワクした
 生命を物理の法則で説明されると、もっと難解になるだろう話を、
多少、情緒的文章を入れつつ、丁寧に説明されている。「原子が小
さいことと生物がこんなに大きいこと」に意味があるとは。粒子が
多いと誤差率が下がることが大きな生物体をつくり、原子はことご
とく小さい関係がよくわかった。生命の代謝も持続的な
のには驚いた、一年間で私の体全ては新しい部品になっているとは、
ただ、新規になるのではなく、代謝で入れ替わるだけなのが残念だ
が。ひょっとして、代謝で新鮮な体の組織をつくることができるよ
うに、DNA情報を操作できる時代になれば〜。
 とにかく面白い本である、生物学にとても興味を持たせてくれた。
 ありがとう。

タイトルと内容が一致しない
「分子生物学者列伝」というようなタイトルだったらかまわない。星四つあげます。しかし生物学の本質を示唆するようなタイトルでこの内容はないでしょう。そりゃ名文かもしれないけれども深い内容を期待して買ったら損です。絶賛してる内田樹氏、茂木健一郎氏は何を考えてんだか。DNA&PCR発見物語も知ってる人には陳腐です。

読者層が絞りきれず
ブルーバックスのプリオンが秀逸であったので期待したが、表題負け(最近の新書によくある)このテーマでもっと深く掘り下げてくれれば面白いのだが、それでは部数は稼げないのであろうか?前半は特にどこかで書いてあることの切り張り感が否めない。文系向け。

皆さん高い評価をされているので…
高い評価が並んでいるので、マイナスポイントを。文体ばかり張り切って、凝って、何やらドラマチックに書かれていますが、内容があまり有りません。研究の話は、現代の生物学の進展からすれば遠い昔話であり、おもしろいエピソードのほかに得るものは少ないとの印象です。連載読み物としては面白いものだったのでしょうが、新書としてこれほど高く評価される作品とは思えません。内容で勝負すべきでした。「生物と無生物のあいだ」については特に本質的な事は何も述べられていません。全体の構成も終わり方も決してよくありません。一般的な新書に見られる生真面目な書き方に対する挑戦としては、価値があるかもしれません。このような作品を大々的に宣伝して数を売らんとする出版社の姿勢にも疑問を感じます。もっと他にすばらしい新書は沢山あります。

amazonでチェック


関連する本

時間はどこで生まれるのか
時間はどこで生まれるのか

「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書 61)
「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書 61)

もう牛を食べても安心か (文春新書)
もう牛を食べても安心か (文春新書)

環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))
環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks (024))

とてつもない日本
とてつもない日本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 講談社現代新書