ブログトップ >> カテゴリ別[ 小学館文庫 ]

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫 た 1-4)

amazonでチェック

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫 た 1-4)

今しがた読み終えて
何気なしに読み始めたら手が止まらずこんな時間に。
約3時間半読みっぱなしで通せました。
そこで拙いながらも感想をば。

厨二病と学園ボーイミーツガール物なんてありきたりな設定を
こうも上質のエンターテイメントにしてしまえる辺り、
やはり田中ロミオなんだなあと実感。
オチも含めて最初から最後まで著者の世界に引きずられっぱなしで、それでも読後には
何とも言えない爽快感のようなものがありました。
学校という特殊な「社会」や思春期なら誰もが(オタク趣味持ち)一度は考えたであろう
「自分設定」の描写はリアルなもので、経験者なら言わずもがな
ライトな層にも受け入れられる作品だと思います。

ただ灰汁は強く、特に前作の衰退シリーズとはだいぶ違うので人は選ぶと思います。
ただ、パソゲー(アダルトな)で田中ロミオを知った・好きになった方には間違いないかと。

ジュブナイルはロミオと榎戸
「衰退しました」はゲームユーザーからロミオファンになった自分には、
正直初めはとまどいましたが、こちらはお得意の学園ものです。
なのに始まりがファンタズィーなのでビクビクしながら読み進めてしまいました。
しかし「衰退」同様、あにはからんや。

自分は邪気眼もちだった過去はありませんが、
ひとりよがりな悩み多き多感な時期を過ごした人は多いはず。
そんなしょっぱい時代を持つ人全員に薦められる作品です。
ギャルだってかまってちゃんだってDQNだってレイヤーだって痛さは一緒だよー。
要はその痛さに気づくか気づかないかだけで。
(ただ、この本はその痛さを否定しているどころか許容しているとすら思う。大人だなあ。)

主人公がその100年くらいたたないと笑い話にもできない痛さを
一足飛びに駆け抜けていくのが気持ちよく潔く・・。
物語の収束の仕方は圧巻としか言いようがない。
眼前にラストの光景が浮かんだ時に、さすが餅は餅屋と思ってしまいました。

これは大人のためのジュブナイル本です。
今まさに痛みを持ってる人には直視するのがちょっときついかもしれないですね。

流石我等がロミオ
今作もアクの強い作品となっています。しかしそれがロミオ節などと言われる所以ですね。
他の方のレビューにも書かれていますが、『人類は〜』とは全く違うもの(『人類は〜』がとても異端であるため?)です。ですがロミオのファンであるならば必ず読むべきでしょう。
というか『人類は〜』や今作をチェックする殆どの人がゲームからのファンだと思いますが。


最後に、パンチラには大変笑わせていただきました(異端かもしれない)。

世界初の中二病特効劇薬。
・物語より現実の方がよほど不思議なことは多い。
・世界は中々変わらないが、自分を変えるのは想像よりずっと簡単。
・特別な存在になるための、近道は無い

…挙げればキリがないが、夢見がちの少年が千の読書を経て初めて知る教訓、あるいは"元"中二病患者の大人たちが子供に上手く伝えられない激励、それを田中ロミオはたった一冊の本にまとめあげてしまった。
自己啓発ムックという、ミステリ以上にライトノベルと対極に位置するジャンルを融合したということで、ある意味で乙一を超え、最早作者の技量は底が知れない。
アナフィラキシィで憤死する恐れのある10年以上中二病発症中の中年を除く、日本語を理解できる全ての人に薦めたい。

ところで、ライトノベルの常道をことごとく踏むにじり踏みしだき踏み抜いたかに見える本書も、エンタテインメント作家としてリアリティの追求にリミットを設けたか、貧困故に編集部との致命的な関係悪化を避けねばならなかったか、とにかく「ヒロインが美少女」という設定だけは死守されている。
それはノイズのように本書のテーマを阻害するが、同時に特定の読者にとって本書がヘビィ・ノベルとなってしまわないよう配慮した作者の優しさ、あるいは逃げ道なのかもしれない。

その潔さに、なんだかあこがれちゃう。
田中ロミオの学園ファンタジー。
主人公の佐藤一郎は高校デビューに成功した。友人をつくり、忌まわしき過去からの脱却に成功したのだ。しかし、夜の学校で謎の美少女と出会ったことから彼の転落人生がスタートしたのだった。

ていうふうに書くとありきたりだなぁと思うだろう。
実際、美少女と出会う→巻き込まれる→なんやかんやで行動を共にするというセオリーを見事に踏襲してぽかーんとさせてくれたのは事実。だが実態はひとりの少年が自分に正直になるべきか、それとも皆に合わせて平穏無事に生活するかを度重なる苦難を乗り越え、自分の答えを導きだすというお話です(ちょっとおおげさ)。
佐藤の苦難というのが、クラスメートの半数はなぜかファンタジーRPGのキャラクターになりきっており、何があっても自分に課せられた設定を貫き通すというモノ。そういう人々は普通の人から見れば変なのだが「フハハ!そんなに知りたくば教えてやろう」「なに、貴様があの噂の!」「地底からか・・どうりでな・・フフフ」というセリフを真顔でしゃべる姿に笑えてしまうのが不思議である。
クライマックスの佐藤が全てを捨てて走り抜けるシーンはちょっと感動。
そして最後にどりせん(担任のあだ名)がやってくれました!どりせんは愛すべきキャラクターです(笑)。

田中ロミオが意図したのかはわからないが社会問題と学園モノを巧く絡めた作品だと思う。
人が恥も外聞も捨てたら一体どうなるのか。
それを見せた佐藤に、ちょっとあこがれた。

amazonでチェック


関連する本

人類は衰退しました 3 (ガガガ文庫 た 1-3)
人類は衰退しました 3 (ガガガ文庫 た 1-3)

ブラック・ラグーン シェイターネ・バーディ (ガガガ文庫 う 1-1)
ブラック・ラグーン シェイターネ・バーディ (ガガガ文庫 う 1-1)

PSYCHE (プシュケ) (SQUARE ENIX NOVELS)
PSYCHE (プシュケ) (SQUARE ENIX NOVELS)

人類は衰退しました 2 (ガガガ文庫 た 1-2)
人類は衰退しました 2 (ガガガ文庫 た 1-2)

とらドラ 8 (8) (電撃文庫 た 20-11)
とらドラ 8 (8) (電撃文庫 た 20-11)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 小学館文庫

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い) (ガガガ文庫 い 2-4)

amazonでチェック

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い) (ガガガ文庫 い 2-4)

ラストは一読の価値あり
空中戦の描写は迫力満点。
広大な空を舞台にしたスケールが大きな戦いを、非常に臨場感のある文章で描けている。
機銃掃射を紙一重でかわすシーンなど、手に汗握らずにはいられない。

反面、他のシーンの描写については粗さが目立つ。風景描写や心情表現はどこか月並みなものが多い。

特に気になったのは、主人公の飛行士と次期皇妃の会話。やたらとフレンドリーなのである。
「身分差が障壁となる恋の悲哀」を描きたいなら、もっと身分差を感じさせるような描写が必要だろう。
流民上がりの飛行士が次期皇妃を呼び捨て(!)にして親しげに会話しといたあとで、
心の中で「自分にはそんな資格が無い・・・」などと思っても説得力が無い。

それにセリフがたまに下手な戯曲の邦訳みたいな、ぎこちないものになっているのも気になる。
皇妃の上品さと飛行士のかしこまった態度をあらわしたかったにしても、
もっと普通に会話で使われそうな言葉を選べなかったのか。
一度声に出して彼らの会話を読んでみれば、その不自然さは瞭然である。

ただ、この作品のラストはそんな不満をたちどころに払拭してくれるほど、美しく、感動的なものである。
最後のシーンは背筋が震えた。このラストが読めただけでも、この本を買った意味はあると感じさせてくれる。

素晴らしかった!
口コミで高評価を得ていたので買ってみました。

ストーリー的にはさほど独創性はなく、王道と言うべきもの…
ですが、だからこそストレートに素晴らしい。

息つく暇もない空戦シーンも大きな魅力の一つなのですが、特筆すべきは物語のラストシーンだと思います。
読み終えた後、暫くの間二人の主人公の未来について想いを馳せないでいられませんでした。
これほど心に何かを残す作品には、なかなか出会えないでしょう。

戦闘機乗りのロマン
大変、完成度の高い作品です。
ジャンルとしては、大空のロマンと、身分違いの恋、ですかね。
千変万化する空中戦や、二人の過去と心模様など、物語は牽引力に満ちています。
その完成度は最後の締めに至るまで隙が無く、文句無くお勧めです。
お子様にもお勧めです。
まあつまり……
惜しむらくは毒や破綻が無さ過ぎる、という唯一点でした。
無難すぎます。そこが-1点です。後は満点なんですが。
とにかく空を飛ぶ物語が好きだ、という人にお勧め。
余談ですが、アニメ『ラストエグザイル』の強い影響が見て取れますね。

もっと読みたい
全2,3巻構成であればもっと読み応えが有ったと思いますが中々の良作です。
某サイトで絶賛されていたので読んだのですが買って良かったです。
敵中翔破の描写は読者の不安や期待を煽り立てる要素が多分でここだけでもかなりの読み応えがありますが、任務完了後の二人を描いた数十ページが素晴らしい。
それまで積み重ねたページが二人の結末の描写をより上へと押し上げている。
しかし私見としてこの二人の結末は不満です、互いの生き方を全うし繋がりが確かな物であったのは良いのですが単純で理想的な幸福とは呼べないのではと。
解り切っていた結末ですがそれが悔しい、この結末ならもっとページを割けば更に良作に成ったのではとつくづく感じる次第。
物足りないので外伝でも良いので出して貰えないだろうか・・・、天ッ上側の話とか。
色々書きましたが手放しで薦められる良作、そうそう後悔するには至らないでしょう。

爽快感!
普段あまりライトノベルは読まないのですが、たまたまここのレビューを読んで読んでみようと思い購入。正解だった。
読後、面白かったというよりも、まず先に清清しい爽快感に満ち溢れた。
海を舞台にしたという関係もあるかもしれないが、全体を通して空の蒼さ海の蒼さが際立ち、読者を退屈させない風景描写がまた良かった。

主人公と皇女のラストシーンについては異論があるかもしれないが、自分のなかでは最高のハッピーエンドだと思う。読者にアウトロを委ねる締め方も嫌いじゃない。

amazonでチェック


関連する本

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫 よ 4-1)
旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫 よ 4-1)

ロミオの災難 (電撃文庫 ら 4-5)
ロミオの災難 (電撃文庫 ら 4-5)

ベン・トー―サバの味噌煮290円 (集英社スーパーダッシュ文庫 あ 9-3)
ベン・トー―サバの味噌煮290円 (集英社スーパーダッシュ文庫 あ 9-3)

人類は衰退しました 2 (ガガガ文庫 た 1-2)
人類は衰退しました 2 (ガガガ文庫 た 1-2)

さよならピアノソナタ (電撃文庫 す 9-6)
さよならピアノソナタ (電撃文庫 す 9-6)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 小学館文庫

人類は衰退しました 2 (ガガガ文庫 た 1-2)

amazonでチェック

人類は衰退しました 2 (ガガガ文庫 た 1-2)

知能99くらいの俺に花束を
前半、秘密道具もの。妖精さんの道具でわたし小さくなっちゃってもう大変です。
ドラえもん、ガンバ、アルジャーノンなどのパロディが面白い。
それと作者の博識ぶりに感心した(俺が無知なだけか?)

後半、タイムパラドックスもの。おんなじことをのぐるぐる繰り返し。
正直わけ分からんかった。(知能99の俺には無理)

今回もロミオ節炸裂。かなり楽しめた。




やはりロミオはかみさまです?
出遅れたけどようやく2巻読みました。
って、今回凄いじゃないの!1巻があの田中ロミオとは思えぬほど
控えめな内容だったから、このまま衰退はまったり路線で行くのかなと思ったら…
2巻でいきなり毒撒き散らしまくりやがりましたよ!?
もう面白すぎ、難解すぎ!妖精さんのじかんかつようじゅつは内容が複雑なんで
数回読んでようやくあの小生意気な少年が祖父の若い頃だと分かりましたよ…

若い頃の祖父「おうさ、西部劇はいいぜ!見なよ!濡れるぜ!」
私「濡れる?」
若い頃の祖父「繁殖したくなるってことだぜ!」

で大爆笑。
人間さんのじゃくにくきょうしょくは
不思議の国のアリスとガンバの冒険とアルジャーノンに花束をが入ってるなぁ。
思いっきりノロイ様な挿絵があるし(笑
127〜128ページの「あはは…」私は笑いながらぼろぼろ涙を〜のくだりでうるっときて、
「助けて…」で不覚にも涙が出てしまった…
まさか衰退で泣くことになるなんて。

少しの不安
1巻を読んで、ラノベにありきたりな設定が無く、
また語り手にクセもなく、小言と妖精さんの微妙にツボる文言に惹かれ、
うーむ、これは絵本とか童話でもいけるんじゃないかなぁと2巻へ。

前半は多少強引さはあったけどとてもおもしろかったです。
後半はなんというか、ボーイミーツガール?
そこかしこに妖精さんの陰が見え隠れしますが、少し雰囲気が違います。
ラブコメにはならなそうな感じですが、なんだか少し不安ですね。
やっぱり後半も少し強引な感じがしますが、全体的な印象は良好です。
前半と後半で2巻と3巻に分けてもよかったかもしれませんね。

おすのです 妖精さん語で「お勧めなのです」
ゆっくりと人類が衰退した『たそがれ』のような世界で
妖精さんと人間とのトラブルを解決させる調停官の
少女の妖精さんとのお話。

今回は新キャラとして助手の男の子が登場します。

秀逸なのは前作よりふえた妖精さん語。
田中先生新しい言語を作っちゃいましたね。
でも小難しいくありいません。

「つくるです」「いっぱいでずぞ」「夢のようです」などなど

作中に出てくるときは、この言葉がかわいいだけでなく
この妖精さん語のやり取りでちゃんと、お話がわかるからすごいです。

今回は二つの中篇から出来ていて
お話はちゃんとしたSFです。

ゆったり優しい気持ちで楽しい読書でした。

これはお勧めできます。


ロミオ節
この人の作品はあらすじを読んだだけでも
興味を引かれる独特の世界観があると思う。
セリフの言い回しや文章表現も多彩で個性的。
複雑な話でも独特なコミカル差が
シナリオに彩りを添える。
この作品においてもロミオワールドは健在。
ゆる〜〜〜い感じの物語なのだが
最後まで飽きさせずに読ませてくれる。
知ってる人も知らない人も
いつか小学校の図書館に並ぶ日が来るように
田中ロミオの野望に加担してみてはどうだろう?


amazonでチェック


関連する本

人類は衰退しました (ガガガ文庫 た 1-1)
人類は衰退しました (ガガガ文庫 た 1-1)

人類は衰退しました 3 (ガガガ文庫 た 1-3)
人類は衰退しました 3 (ガガガ文庫 た 1-3)

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 3 死の礎は生 (電撃文庫 い 9-3)
嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 3 死の礎は生 (電撃文庫 い 9-3)

狼と香辛料 6 (6) (電撃文庫 は 8-6)
狼と香辛料 6 (6) (電撃文庫 は 8-6)

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い) (ガガガ文庫 い 2-4)
とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い) (ガガガ文庫 い 2-4)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 小学館文庫