ブログトップ >> カテゴリ別[ 科学・テクノロジー 全般 ]

放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策

amazonでチェック

放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 科学・テクノロジー 全般

いい会社をつくりましょう。

amazonでチェック

いい会社をつくりましょう。

「日本型年功序列制は、経営普遍の極意」に賛成!反対!
どっしりとした重厚さを感じる書籍です。

流行にまどわされず、著者みずからの体験を一つ一つ

積み重ね、見事に会社経営哲学を作り上げたすごさが
一文字一文字から感じられます。

ビジネスライクなアメリカ型経営がもてはやされ、
どんどんそれに移行していく中で、

「人間尊重の日本型年功序列制は、経営普遍の極意」、
「会社の目的は、社員の幸福な理想郷づくり」、
「急成長をしないことも社会貢献」と

言い切っています。すばらしい経営哲学と実績に
裏付けされたことばです。

若者の意識が、すごい速度で
変化して、アメリカナイズされていく中で、

この書籍に書かれていることが、今後どの程度
受け入れられていくかは疑問です。そして、ここに書かれて
いることを表面的にまねをしても、もちろんうまくいかない

でしょう。著者が独自に積み上げてきた、文字とか言葉からは
伺いしれないその人から発するエネルギーのようなものが

大きいと感じるからです。しかし、アメリカ型経営をするにしても、
日本型経営をするにしても、長年すばらしい業績を示している会社は、
すばらしい理念と哲学とストーリーがあることが共通してますね。

大小問わず、経営者である限りは、このような日本本流の経営哲学を
を述べた書籍は読んでおくべきです。

「知恵とは、知識が体験を触媒にして発酵したもの」。
この言葉だけで、
著者がどれだけすごい人かが伺い知れます。

かんてんパパ
かんてんパパのお店に一度行ったことがあります。
どこで覚えたか記憶にありませんが、名前は知っていました。

この本を先に読んでいたら、持って行ってサインをしてもらったかもしれません。
お店の印象としては、食品を扱う普通のお店だと思いました。

その裏には、いろいろな努力があったのだと知ることができました。

大きな視点
会社だけ良くしよう。
なんて本当に小さいことだな。
なんて読み終わった後に感じました。

出来ることから始める。
その結果どのような大きなことになるのか。
考えさせられました。

効率と無駄。
これについても深く考えをめぐらすことが出来る良書ですね。

日本流の経営
当たり前のことをいかに当たり前にするかがとても大切なのだと知る。

著者の塚越会長に一度お会いすることができた。少しの間でもそのお人柄、その経営者としての生き方の真摯さが伝わった。

手本としたい方だ。手本としてい生き方だ。手本としたい会社づくりだ。

さすがですね、、、
小さな会社から大企業へ
しかし、どんなにおおきくなっても、
人がやっているものは、人柄がにじむ。
そーゆうのが大好きなわたくしはちいさな仕事場を
いつもあたたかにしています。
 もちろん温度ではなく人の心が落ち着くということです。
みんながいごこちがよいというのは会社も発展してゆく。

全てにいえる使えることがつまっています。
 一読推薦いたします。

amazonでチェック


関連する本

リストラなしの「年輪経営」
リストラなしの「年輪経営」

幸福への原点回帰
幸福への原点回帰

グレートスモールカンパニー―小さな会社に学ぶ「奇跡の企業哲学」
グレートスモールカンパニー―小さな会社に学ぶ「奇跡の企業哲学」

自分が変われば組織も変わる―コミュニケーション上手になる
自分が変われば組織も変わる―コミュニケーション上手になる

俺は、中小企業のおやじ
俺は、中小企業のおやじ


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 科学・テクノロジー 全般

その数学が戦略を決める

amazonでチェック

その数学が戦略を決める

統計や数学が苦手・無縁と思っている人におすすめ
学者が書いた本ながら、読者を引き込む流れ、わかりやすい例の多様により、とてもとっつきやすいです。翻訳もかなり読みやすいと思います。
絶対計算が我々の身近にあること、その精度の高さを説明する一方、危険性にも言及していて、フェアな姿勢で書かれていると思いました。
統計は日常生活に深く影響していることを改めて認識しましたし、絶対計算の概念は現代人が常識としてわきまえるべきと言っても過言でないかもしれません。わかりやすいので、門外漢でも心配は不要。

大量データの驚異=脅威
統計を使って色々な事実を見つけると聞くと、「ヤバい経済学」を思い浮かべる人もいそう。あれはあれでオモシロイけど、エアーズの本はさらに一歩踏み込んで統計で意思決定させてしまおうぜって言い放つ。半世紀以上前にフリードマンは予測さえ立てられれば前提がどんなに馬鹿げていてもいいんだって言い切ったが、実証主義ここに極まれりw

この本の一貫した主張は、大量のデータの統計的分析が蓋然性の高い予測を立てること。たとえばAmazonなら顧客の過去のデータからどの本を買いそうか未来予測ができる。統計を専門家に利用させたときの予測と統計そのものの予測を比較すると後者が勝つのには驚愕した。

「統計的に」根拠の薄弱な用法にこだわり続ける直感主義者は槍玉に挙がる。直近のできごとや印象に残っている経験に引きずられがちな人間よりコンピュータのほうがバイアスがなくかつ多角的に見ることができる。それが頭ではわかっているはずの医学・教育学に携わる者の間にも、なお統計に嫌悪感を抱く人は数限りないようだ。
ここまで予測ができるとなると「1984年」の世界に近くて不気味…。たとえ間違える可能性が高くても自分で決めたがるその理由が逆に気になる。

計量経済学の授業って砂をかむようなものになりがち。でも商品に効果があるのかどうか調べれば面白い結果が得られ、企業にも学生にもオイシイ話になる。計量経済学者も御自身の特技たる教授方法をやめて統計的決定に任せる日が近づいているw

唯一残念なのは、原著はタイトルを統計的に決定しているが邦訳タイトルは編集者の名人芸という点。ただビジネスマンが手にとるのにふさわしく、内容を表してはいる。

結果はわかりやすいから軽視されるかもしれない。でも忘れて欲しくないのは、こういう結果を出すまでに天文学的な量のデータに気が遠くなるほどの解析をかけるということ。意外なところに儲け話のネタが転がっているといいな。

勘違いは禁物ですが・・・・。
「読み物」としては文句なく面白いです。うすうす「周りでやってるのかな?」って感じていたことを白日の下にさらしてくれるという意味で、目からうろこなところも多々あるのではないでしょうか?。
 もしかすると「絶対計算」というのがビジネスマンの流行キーワードになったりして。

ただ、ここに書いてある内容を鵜呑みにするのはちょっと・・・、という気もします。こういうの「うまくやる」ためには「上手な設計が欠かせない」のですね(著者も書いていますが)。本気でやろうとすると、「きちんとした統計の知識」が求められるもんなんです(笑)。

個人的にはこういうものをうまく使っていくことには「大賛成」ですが。



直感時代の終わり
原題はGoogleアドワーズを使って無作為抽出によりタイトルを決定したとのことで本の内容とも整合性がとれているし、実例ともなった。
邦題は本文中の訳者注にも書いているとおり、編集者の直感で決めたらしい。
結果的に専門家(直感)時代の終わりを感じさせる皮肉なものとなった。

統計を実務で多用する人は必読
「専門家の直感・経験」VS「統計による実証」、果たしてどちらの方が予測力があるか!!

ワインの値段の予測から医療の現場まで、様々な例(対決)をつづっており、読んでいて引き込まれます。
多くの場合「統計による実証」が勝つようです。これは直感や経験に基づく判断は、人間である以上避けられない『認知バイアス』を持っているからとの事。認知バイアスとは、一例を挙げれば「過去の成功体験に引っ張られて判断してしまう」といったことでしょうか。

仕事上、本書に出ている「回帰分析」や「無作為抽出」をマーケティングの現場で多用している身としては、非常に嬉しいことです。

ただ、改めて考えさせられたのは、統計を扱う実証主義者も『認知バイアス』があるということ。どんな要因を統計分析にかけるか、どんな視点で無作為抽出テストを行うか、それを決める時に実証主義者の経験・直感が入ってしまう。

実務で統計分析を使用する上で、また他の人の分析結果を見る上で、注意しなくては!!!

amazonでチェック


関連する本

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」

戦争の経済学
戦争の経済学

定量分析実践講座―ケースで学ぶ意思決定の手法
定量分析実践講座―ケースで学ぶ意思決定の手法

亜玖夢博士の経済入門
亜玖夢博士の経済入門


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 科学・テクノロジー 全般

キャス・キッドソンへようこそ (e-MOOK)

amazonでチェック

キャス・キッドソンへようこそ (e-MOOK)

カタログ?
写真集の様な感じかな?と期待したけど、カタログと変わりない感じ。
キャスさんの別荘が載っているのは良かった。
そして付録のトートから異臭が…ファブリーズをしても消えない><
洗うと色があせるらしいし。これでは持って出かけられない。

付録のエコバッグが可愛い!
お値段以上の読みごたえ。
眺めているだけで楽しい。
何より付録のエコバッグが可愛くて使いやすくてかなり満足!
友人の分も注文しちゃいました。プレゼントにも素敵かも。

大満足です!
すっかりキャスワールドを堪能しました。重たい写真集やハードカバータイプでなく、
雑誌のような手軽さも私にはちょうどよくて、家事の合間にぱらぱらと開いて見ています。
付録もこの値段でこのレベルなら充分だと思いました。他のレビューにプリントが
薄れてしまって〜とありましたが、新品っぽさが好きではないので、私も洗いました。
洗濯ネットに入れて、軽く洗濯機にかけてみましたが、全体的にやや薄くなったかなーと
いうぐらいで、それほど気にはなりませんでした。
キャスの生地でエコバッグを作るページが面白かったのですが、もっと他にも
例えばランドリーバッグとかクッションとか、いろいろ見たかったです。

毎日見てしまう、麻薬みたいな本
実は、「このタグなんて読むんだろうな〜?」っていうぐらい、
初心者の私だったのですが、
表紙とエコバッグに思わず手が出ました。

かわいくて、毎日見てます。
この本で、初めて知った商品がいっぱい・・・。
ベッドリネン、キッチン用品、サボまであるなんて。
ほしいものが全部買えるわけじゃないのに、
妄想しちゃって大変です。
キャスさんの別荘も、素敵。
手作りのページには、ちゃんと全部の作り方が載っていて、親切です。

エコバッグは、メインのバッグに折りたたんで常に入れてます。
スタイリストの佐藤かなさんも言ってるんですが、
私も会社帰りに買い物するときのレジ袋が気になっていたので、
手軽に使えるこのエコバッグは便利ですね。
でもスーパー等での食料品の買出しとかは無理ですね。
あ、でもそういうエコバッグは、バッグだけで1365円以上しますもんね(笑)。






やはりフロクが。。。
ザンネンでした。。。いや、フロクだとはわかっていたのですが。。。
実は、ちょっとツンとするにおいが気になって手洗いしてみたところ、プリントが薄れてしまって。。。
キャスさんの「捨てないで〜」っていうかわいらしいメッセージも部分的に消えてしまって。。。
これは、こだわりをもって作ってらっしゃるキャスさんの意思に反するのではないかと思ってしまいます。
やはりmade in chinaも気になります。。。
多少値段はあがったとしても、もうちょっとしっかりしたものがよかったな。

amazonでチェック


関連する本

JILL STUART 2007-08 Fall&Winter Collection (e-MOOK)
JILL STUART  2007-08 Fall&Winter Collection (e-MOOK)

旅のおはなし 2―Bon Voyage (2) (天然生活ブックス)
旅のおはなし 2―Bon Voyage (2) (天然生活ブックス)

Cath Kidston Birds Notebook
Cath Kidston Birds Notebook


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 科学・テクノロジー 全般