ブログトップ >> カテゴリ別[ 人生論・教訓 ]

幸せになる勇気

amazonでチェック

幸せになる勇気

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

シンプルに考える

amazonでチェック

シンプルに考える

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

なぜ、この人と話をすると楽になるのか

amazonでチェック

なぜ、この人と話をすると楽になるのか

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

私の財産告白

amazonでチェック

私の財産告白

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

私の生活流儀

amazonでチェック

私の生活流儀

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

段取り力――「うまくいく人」はここがちがう (ちくま文庫)

amazonでチェック

段取り力――「うまくいく人」はここがちがう (ちくま文庫)

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

人生計画の立て方

amazonでチェック

人生計画の立て方

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)

amazonでチェック

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (角川文庫)

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

元ドイツ情報局員が明かす 心に入り込む技術

amazonでチェック

元ドイツ情報局員が明かす 心に入り込む技術

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

ゼロ

amazonでチェック

ゼロ

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

30代で人生を逆転させる1日30分勉強法

amazonでチェック

30代で人生を逆転させる1日30分勉強法

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

amazonでチェック

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学集中講義II: 2

amazonでチェック

未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学集中講義II: 2

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

大富豪アニキの教え

amazonでチェック

大富豪アニキの教え

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

普通の人が天才になれる! Jカーブの法則(世の中を支配する不思議な曲線)

amazonでチェック

普通の人が天才になれる! Jカーブの法則(世の中を支配する不思議な曲線)

今年読んだ本の中で一番ひどかった
本を読み慣れている人は、特に新しいことは書いてないので、立ち読みで十分です。
何かを始めるときには、「Jカーブ」の法則があるらしいのだが、
本の解説は、その「Jカーブ」について、永遠と語っているだけである。
つまり、こうすればいいという指南書ではないのだ。
結論としては、結果が出るまで耐えるというのが、この本で語っていること。
う〜ん、それだけでこの値段はないよなぁ。

「ステージ」に立つ重要性をこれほどまでにと優しく教えてくれる本
この本は「秀逸」である。何が「秀逸」かといえば、完全に読者を虜にする魔法が「秀逸」なのだ。
何度か本書に登場する「ステージ」。この意味は想像以上に深い。「ステージ」を通過するときに人は大人になれるのだ。
本書は具体例が豊富だが、何よりも著者の人柄が随所に出てきて心地良い。
私は友人が悩んでいたら、間違いなく本書を差し出すだろう。

天才イチローに成長した・・・普通の人も天才になれる。
途中であきらめることは普通の人。
そうなんだよなー・・・。

たくさん好きな箇所があるけど
イチロー選手のお話は、まさにこの本を語ってくれている。

あきらめそうにならなくても読んでいくといいね。
読んでいれば
Jの法則にそって、より明るい希望が見える気がした。

自分の現状がどこの地点か、客観的にみていくと
あきらめることはない。
折角ここまでやったんだから、あと一息!
そんな気持ちでいればよいのねと気づかされました。



Jカーブの法則を知っていると気が楽になる
「Jカーブの法則」は、経済の上では良く知られた法則だが、これは実は、人生に応用できるのです。
それを知っているのと知らないのでは、夢や願望にチャレンジするときの結果に大きく影響を与えます。
私自身は、対数メモリの法則として自分の努力の成果に応用してきました。
これを一歩進めたのが「Jカーブの法則」かなと思っています。
この本を読んでいるのと読んでいないのでは、きっと自分の人生に大きな差が出てくるのではと思います。
カウンセリングの場でも、お客様にはよく説明する法則です。
人生すべてに当てはまる法則です。このJカーブを意識するだけで結果が出なくてくじけそうになっても元気を出して頑張れます。

良い本に出会えました^^
この本はまさしく今私が必要としていた事が書かれていました!!

良いタイミングでこの本に出会えた事が凄く嬉しいし

自分ではどうして良いのかわからない悩みが解決しました。

何かを目指して頑張っている方は是非読まれた方がいいですよ!!

絶対お薦めです!!

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

天才! 成功する人々の法則

amazonでチェック

天才!  成功する人々の法則

人間洞察
確かに面白い。さすがマルコム グラッドウェルというところでしょうか。
天才や偉人といわれる人たちは確かに運も味方につけている。努力だけで成功できるわけでない。
案外、誰もが周知のことかもしれませんが、豊富な事例をもとに話を展開していく。
後半は西洋と東洋の文化比較、それぞれの文化背景の人に及ぼす影響等の話。
(大韓航空が一時期、墜落事故が頻発した原因が良くわかった。)

この方の著書は人間の外的側面をひじょうにうまく捉えていて興味深い。内的側面に重きを置
く、自己啓発書の類とは一線を劃す。訳も良く読みやすくて一気に楽しく読めました。

人間社会では誰もが成功者になれるわけでなく、人それぞれ果たすべき役割、個性があり、
地道に目立たず一生を終える人たちの方が遥かに多い。成功したからといって傲慢にならず、
人への感謝忘れないでいたいですね。(とあらためて思わされました。)


読み物としては、とても面白い。
内容はとても面白いです。


天才は才能があっても1万時間そこに打ち込むことがなければ本物にはならない。
天才の生年月日には傾向がある。
などなど天才が醸成される条件を、ビル・ゲイツなど多数の例を用いて仮説検証しています。


さすがマルコム・グラッドウェルといったところでしょうか。
普通では考えられない視点から話を展開させています。

非常に面白かったです。

ただ自分に何か活かせそうかというとちょっと疑問かなと感じました。
成功論としてより、単純に読み物として読む方が楽しく読める気がしました。

機会均等な社会が「天才」を大量生産する
この本の第一章は、山岸俊夫が「安心社会から信頼社会へ」のなかで描いた初期値の
問題を扱っています。キャリアの入口において社会的に高い評価を受ける経験・訓練を
受けられれば、その結果、その後も累積的に高品質の経験・訓練を受けることができます。
そうして、入口ではわずかな差しかなかった人材どうしが、ほんのわずかな初期値の違いで
大きな差がついていくというお話です。
高校卒業時の偏差値と入学する大学、新卒時の就職先などによって、
その後に与えられることのない機会が沢山あることを日本人は知っていると思います。
こうした状況によって、沢山の才能がきっと浪費されているであろうということを
この本は暗示しています。
機会均等とフェアな条件による競争がどれだけ大切かを思い知らせてくれる一冊です。

才能と人生の溝
グラッドウェルの2作目『ブリンク』が非常に面白かったので、3冊目も読んでみました。豊富に紹介されている事例が圧倒的に面白く、読み物としても楽しめました。特に2部より1部が面白かったと思います。

私が強く印象的だったのは、クリス・ランガンの話です。「IQ195」とは、凡人の私には想像もつきませんが、彼は「アメリカいちIQの高いブルーカラー」としてマスコミにも取り上げられたりして、有名な人なのだそうです。その高い知性をもつ彼が、本来なら属してもいいはずの、そして属することを本人や兄弟たちも強く望み、一度は足を踏み入れることができた知的な環境から結局は締めだされ、ひとりで生きてこなければならなかった孤独な半生を思うと、才能と人生の間の深い溝の存在に心が痛みました。

それから「1万時間の法則」はとても興味深く読みました。私にはピアニストの叔母がいます。私が学生のとき、叔母に「才能のすごくある人と、才能はあまりないけれど努力をする人、どっちが強いと思う?」と聞かれたことがありました。私はすぐに「それは才能のある人でしょう?」と答えましたが、叔母がそのとき「努力をする人」だと答えたことを思い出しました。詳しいやりとりは、いまはもう忘れてしまったのですが、叔母が言いたかったのも「1万時間の法則」のようなことだったのかもしれません。

私は、この本は、ビジネスマンや学生だけでなく、現在子育て中の人が読めば有意義なヒントが得られる1冊ではないかと思いました。天才だが環境に恵まれなかったクリス・ランガンより実際的な知恵を得たアレックスのほうが、また同じ天才でもオッペンハイマーのほうが、現代の世の中を渡っていくには絶対的に有利だと言えるでしょうから。

『天才』か…
いきなり誕生月とか、生まれ日がどうのという
内容がきたので、占いか統計学の類かと思った…失礼。

1万時間の法則は良く分かる。

『天才』ですか…
まわりから『天才』に見える人って、
おそらく、自分ではそう思っていないことが多い。

「あなたって天才ね」と褒められるより、
泥臭く『すごく努力したんだね』とか言われた方が、
ひそかに喜んでいると思うけどな…


訳者に関して:

最近、お仕事つまみ食い状態の印象を受ける。
おそらくは『断る力』を発揮して、
厳選しているのであろうが、
いささか、まとまりが感じられない…

そろそろ腰を落ち着けてはいかが?かと…
またまた余計なお世話でした(笑)
すみません。


amazonでチェック


関連する本

勝間和代のお金の学校―サブプライムに負けない金融リテラシー
勝間和代のお金の学校―サブプライムに負けない金融リテラシー

ビジネスで失敗する人の10の法則
ビジネスで失敗する人の10の法則

アインシュタイン・ファクター
アインシュタイン・ファクター

会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く (光文社新書)
会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く (光文社新書)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

1分間目標達成術

amazonでチェック

1分間目標達成術

整理されています
成功法や目標達成に関する本は、いろいろ読みました。
この本は、具体的な方法が非常によく整理されています。
さっそく使ってみます。
みなさんにも読むだけではなく実践することをお勧めします。

目標達成に希望!
起業コンサルティング、事業コンサルティングを行っています。

クライアントさんの中には、あれこれ悩んでしまったり、失敗ばかりをイメージしてしまったりするために、行動できない、モチベーションが上がらないなどの悩みを抱えている方がいます。

この本を読ませていただいて、行動に対する悩みを抱えているクライアントさんに、活路を見出すことができました。

早速、この方法論を実践してみて、さらにクライアントさんの結果を伸ばしていきたいと思います。

ありがとうございます!

またこの手の本か〜、と思う人ほど、違いがわかる
またこの手の本か〜、と思う人ほど、
違いがわかるって感じの、
今すぐに行動できる本だなって思います。

ただのテクニックじゃなく、
そのマインドを本当によくする方法を
しっかり教えてくれる。

ただのポジティブシンキングとかじゃなく、
基本的に人はマイナスになりがち
だということをしっかり認識した上で、

じゃあ、どうしたらいいの?を
教えてくれる本です^▽^
1分間目標達成術

悩み解決!
悩んで、どうしたらいいか分からない。
ぐるぐると悩み続けて、なんとかしたくて色々な本を読みました。
読んだ時は、そうかな、と思うけど、すぐ元にもどってしまう。

けれど、この本を読んで、悩んでいることを
どうすればいいのか分かりました!
悩みが止まります!

また、今までの自分を変えることもとても大切という、
今までの本にはない内容も書いてあり
大きな気付きとなりました。

挿絵がよりイメージしやすくて
すぐにできそうなことばかりです。

悩んでいる自分を変え、
かなえたいことをかなえていかれる方法を身につけられる本です!

どんな本を読んでも、変われなかった方。
この本を是非お勧めします!




一生ものの実践書です
目標達成コーチ&恋愛セラピスト金沢まゆりです。
この本は私の師匠・日本目標達成協会理事長の海原悠雲が書かれてます。

何がすごいってこの本一冊で人生変わります。
「夢をかなえて幸せに生きる」考え方のスキル、がつまってるからです。

海原先生主催の「目標達成コーチ養成講座」で1000人以上の受講生を
激変させてきたノウハウがぎっしり、つまってるんです!
私も実際に変化した、たくさんの人を見てきました。

そして、私自身も変わりました。
本当の自分に出会えました。

ピアノ講師で稼げなくて自立できなかった自分が
今ではセラピストとして自立して、感謝されて生活しています。

今が一番幸せです。
これからも「今」この瞬間が一番幸せだと思って生きてゆけます。
すべて海原先生に教わった「スキル」のおかげです。

「考え方のスキル」なので誰でも学んで行動すれば、できます。
一人でも多くの人が、最初の一歩を踏み出すことを願ってます!
行動だけが人生を変えることができます(^^)/


amazonでチェック


関連する本

サクッとプチ起業【CD-ROM付き】
サクッとプチ起業【CD-ROM付き】

貿易ビジネスの基本と常識
貿易ビジネスの基本と常識

あなたの仕事がうまくいく12の才能(ギフト)
あなたの仕事がうまくいく12の才能(ギフト)

動機力 仕事力 就職・転職・起業に必携
動機力 仕事力 就職・転職・起業に必携

[図解] 億万長者 専門学校
[図解] 億万長者 専門学校


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則

amazonでチェック

面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則

ビジネス経験が浅い人向き
内容は効率的に成果をあげようとする問題意識を持つベテランビジネスマンであれば、誰でも実行しているようなことが多く、やや当たり前の感があった。
しかしながら、中には惰性に流されている習慣に対して、ずばりと指摘している事もあるため、「気付き」が得られるといった点では一読の価値あり。

入社3年目までの若手社員にはとても参考になると思われるため、お薦めしたい。
1時間程度で完読できる。

当たり前のような考えだが・・・・それが重要。
小さな面倒をやっておくことが、後々の大きな面倒なことを避けることになる。
究極の面倒くさがりの著者が、ここで述べていることは
メモをする、朝5分に一番力をそそぐ、できない理由は考えない、しっかり眠る。
と、当たり前のことばかりである。
ただ、それをしっかり実践していくことが結果として
効率的な行動につながることがよく理解できました。
すぐにでも実践していきたいと思います。

「面倒くさいから、英語を勉強する」と言われても
私には1200000%無理な話でした。

この本では「パソコンが15年の間に必要になったのだから、英語もあと10年で必要になる」との述べてられてます。
パソコンはWINDOWS95とIE2.0で画期的に使いやすくなりましたが、英語は昔から英語なのに。10年後に今よりさらに重要になるとは、思えません。
日本に入ってくる『外国資本』『外国人労働者』、進出先としての『外国』とのコミュニケーションが増えるとの考えは、筆者と同感です。
しかし、それが英語圏だとは、私には思えません。




「何個か試してみるか」と思えば買い
55個のコツが同じ体裁で掲載されています。

著者にとって何がポイントなのかを知るには、1日もあれば理解できます。
「最初から順に」ではなく、それぞれが独立しているので自分が気に入ったものを何個か選び実行して効果が出れば続けるというスタンスで良いかなと思います。

ただ、「法則」のなかにはとても短期間でできるものではないものもあるので(行動の無意識化など)、自分のペースで進めていきましょう。

あと、著者の今までの本を読んで共感がわかない方にとっては、あまり効果がないと思います。コンセプトは前書までと同じです。

レバレッジシリーズのおさらい
レバレッジシリーズのおさらいのような本です。著者の本を読む人には入門書としてもよいのでは。個人的な新たな気づきとしては、「やらないことリストをつくる」がよかったです。普通のサラリーマンにはできること、できないことがありそう(やりたくなくても、やらざるを得ない・・・)ですが、それでも定期的にチェックしていくことで現在地を見直していけそうです。

amazonでチェック


関連する本

レバレッジ・マネジメント―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』
レバレッジ・マネジメント―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』

どこの会社でも通用する、ポータブル・スキルを身につけろ!
どこの会社でも通用する、ポータブル・スキルを身につけろ!

成功ハックス
成功ハックス


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版

amazonでチェック

最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版

■心に響きますね■
・ある身近な人の死をきっかけに
 「余命あと1ヶ月と言われたら自分は何をするだろうか?」と考えていた。
 良い答えが見つからないままであったがこの本は重要なヒントが書いてあった。
・最後の授業のテーマを何にするか、著者は悩んだ。
 結果、「自分だけの体験」を話すことに決めた。
 ガンは自分だけのものではないから。
 なるほど、シンプルで説得力がある。
・一つ一つのアドバイスは言い古されているものが多いが説得力がある。
 不満を口にする時間の1/10でも「どうやったら解決するか考えろ」
 などなど。 
・この言葉も好きです。
 「夢を叶える道のりに障害が立ちはだかったとき、僕はいつも自分にこう言い聞かせてきた。レンガの壁は、僕の行く手を阻むためにあるんじゃない。その壁の向こうにある何かを自分がどれほど真剣に望んでいるか、証明するチャンスを与えているんだ」と。
・英語は全く聞き取れませんがDVDを字幕を見ずに聞いてみようと思っています。

メッセージを受け止め、歩き出す
亡くなったと知って何日か経った。
何度かレビューを書こうと思ったのに、どうしても書けなかった。
とっても身近な人が旅立ったようで…悔しさがこみ上げる。

明るく楽しく、夢をかなえてきたことを語るランディ。
子供っぽいまなざしは本当に魅力的。
死ぬことを間際に控えても、楽しめる気持ちが素晴らしい。

そのメッセージを強く受け止めた。
バトンをもらった気持ちでいっぱいだ。
ランディが遺した大きなものを、受け継いでいこう!と、読んでいる者、観ている者に強く思わせてくれる。

こんなにたくさんの人に、勇気と希望を与えてくれるランディ。
天国でも神様にぜひともお願いしてほしい。
「すぐにもう一度下界に下りたいんだけど?」
きっとどうにかして、また舞い戻ってくるに違いない。

ありがとうランディ。また今度。


子供に遺したい一冊
残念なニュースが入りました。
7月25日Randy Pausch氏がお亡くなりなったそうです。

人は二度死ぬといわれるけれど、彼の肉体は亡くなってしまったけれど、
彼の記憶はこの本と共に、永遠に生き続けてくれると思います。

彼の生きる姿勢、本当に感銘を受けました。
Randy Pausch氏のご冥福を心よりお祈りしています。



彼の生き様が好きだから
ただ、この本を読んで感じてくれれば嬉しい。

無理をしてまで彼が伝えたかったことは何だったのか?
彼の生き様が私たちに残してくれたものは何なのか?
そして、私たちは彼という存在から何を感じたのか?

僕は彼の生き様が好きだから、
この本をみんなにもオススメしたいと思う。
DVD付きの方が絶対にいいと思います!

最後に残したいもの
もう残り少ない時間、いかに過ごすのか?
それは当事者になってみないと計り知れない。

なんのためにこの本を読んだのか自分でもわからないが、そんな境遇の人を感じて、生きるって事の本当の意味を知りたかったような気がする。
あともう少しでこの世から居なくなるということがわかったら、どう残りを生きていくだろうか。
真剣に、その意味を知ろうとするか。
それとも、あたふたするだけか。

想像できない。

それが克明に記されている。
残すってことで安心するのもあるかもしれない。

この大学教授は、残されていく家族に対してのメッセージを最後の授業でつづる。

やはり、人間の本能なのか。
家族や子供に、いろんなことを伝えること、そして、この世の中を生き抜いていけるようにサポートすること。
いまのおいらにそんな気丈で、芯のある信念があるだろうか。
これを見て(DVDが付いてある)、そして読んで、自分と重ね合わせてみる。

でも、きっと、そうかもしれない。
いや、そうでありたい。

いまをなんとなく生きてはいないか。
なんのために存在し、生きながらいでいるのだろうか。

生きていくうちに一番大事なことが薄れていく。
永遠のテーマであるその意味を考えずにはいられなくなる。

amazonでチェック


関連する本

The Last Lecture
The Last Lecture

3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術
3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術

ラクをしないと成果は出ない
ラクをしないと成果は出ない

「残業ゼロ」の人生力
「残業ゼロ」の人生力


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

我謳(ガオオーー)!!―人生に喝(勝つ)!経営に喝(勝つ)!生きる勇気が湧いてくる本

amazonでチェック

我謳(ガオオーー)!!―人生に喝(勝つ)!経営に喝(勝つ)!生きる勇気が湧いてくる本

読むたびに味わい
自分自身に渇を入れるにはもってこいの本だ。
内容自体も決して説教がましいものではないし生きる勇気がわいてきます。
私も何度も読み返しているが、読み込むたびに味わいが深くなる・・・この本はそういう本だ。

すばらしい
まず、章がどこから読んでもいいことになっており、読みやすい。且つ、その内容が心に染みこむ感じで、大変元気にさせられた。何度も今読み返しているところです。

人は逆境に遭遇して強くなるものだ
この本を読んで人は逆境に遭遇して強くなるものだと実感した。
逆境との遭遇、それは真に自分の真価を問われるときじゃないのか?
理屈なしに「ガオオオ〜!」と叫び、己にカツを入れる。こんな本がこの国を救う!

己に喝!を入れました
「笑う角には福がくる」簡単にそういいますが、私は笑うしかない状況まで追い込まれたことが無いので分かりませんが、著者の市川氏はそれほどまでの苦労をされたのですね!
死ぬまでに「我謳!!」「あほ〜」の境地に達することができるのか?.....


タイトル、評判に偽りなし
あまりの高評価に「本当かな?」と思ったが、読んだ後、思わず「ガオオーー!!」と叫びたくなった。それくらい凄い勢いとパワーに溢れている本である。著者の行動やそこから得た論理展開には時々「???」と驚き、疑問を抱くことも少なくないが、それ以上に著者からの強い愛情と激励がこれでもかというくらいに伝わってくる。専門分野が違えど、自己啓発本にまず求められるのは読者に勇気を与えることが第一のはず。そのコアの部分がここまで充実した本はなかなかない。
普通、こういう生きる強さを教える本には大体世間知的な狡猾さを身につけることを暗に奨励する内容が多いが、本書にはそういう部分がなく、正しい心と情けを以って正々堂々と生きていくことを奨励している。それでいて辛気臭くない。そういうところもいい。

本書の発想法について。著者の言動には色々意見があると思うが、本書中で説明している考え方は参考になること大である。心が疲れた人も悩みがある人も、自分の許容範囲で受け止めて話「半分」で読むだけで充分効く。一見気合を入れるような内容のようで、余裕の持ち方や冷静さを養ってくれるという、なかなか味わい深い効能がある。上のパラグラフと矛盾しているようだが、読んだ後の行動にはそう表れてくるから面白い。

amazonでチェック


関連する本

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~

言葉と声の磨き方

「続ける」技術

自分の小さな「箱」から脱出する方法


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓