ブログトップ >> 個別記事

らき☆すた (5)

amazonでチェック

らき☆すた (5)

相変わらずと思いきや
毎度おなじみのお気楽4コマ。
だが、今回の5巻には、2つの特徴がある。

1つが、フルカラーで掲載されている「ここにある彼方」。
そしてもう1つが、「角川Hot Line」に掲載されていた4コマ漫画。

特に「Hot Line」のほうは、書店の販促用に配布される物なので、その存在自体、知らなかった自分
には、結構嬉しいおまけだった。

余談だが、巻頭のおまけ4コマの1つで、あきらが「不覚にも白石が(以下、一応自粛)」と言って
いたのは、本誌でリアル白石が女装したのが元ネタ。
本誌を買っていない人には、まるでわからないネタだと思うので、一応、書いておく。

人によって好みの分かれる内容です
評判を小耳に挟んで、アニメを見る前にと全巻読んでみました。
簡潔に申しますと「四コマ(やギャグ)漫画は腹が捩れる位に笑えるものでないと!!」が信条の人には向かないと思います。
可愛らしい絵、ほのぼのした会話の味わいは素晴らしいのですが…。漫画としては物足りない。

やっぱりつかさちゃんが…
彼女が夜眠くて「どちらにしようかな…」でノートに「ねちゃう」と「ガンバる」(だったかな?)って書くんですけど、「ねちゃう」って書くあたり、つかさちゃんらしくてとても気に入ってます。
神〇あ〇り好きにはたまらないです。
4コマ漫画って一冊にひとつでも、来るネタがあればいいと思います。
この調子でサザエさんバリに続いてほしいものです。

アベレージ
今まで読んでる方ならいつも通り楽しめるはず
多分5巻だけ買うって人はそんなにいないと思いますし ファンなら今巻でも不満は無いでしょう
ネタも大笑いするほどでも無いですが はずしまくりというワケでもありません
まぁ相変わらずです
1〜4巻までの雰囲気と世界観を上手く維持しており、さほど重要な設定や事件もなくただゆる〜い状態のままページが進みます
今巻だけ特別良い、とかいうのは無いですが「『らき☆すた』らしさ」という意味でなら高水準を保っているのでは無いでしょうか

あきら様がアニメ版みたいに…w
アニメがやってるうちに発売するために
2日後に発売のコンプ用の原稿までのせたり
レイアウトをスペースかせげるような構成にしたり
色々な事がされてますが出て嬉しいです。
また、Hot Lineは以前から読みたいと思っていましたので
収録は有り難かったです。
中身はあいかわらずいい感じですね。
アニメらき☆すたのネタもちらほらありますが、
とうとうコミックにまで白石の名が…。
6巻では表紙まで実写白石にならないかと心配ですw

昔はこなたのクラスにかがみが来まくる感じでしたが
最近はみさおのクラスにこなたが行く感じになってますね。
かがみとみさおは名字で呼び合う仲の状態なままな中で
みさおとこなたは既に「みさきち」「ちびっこ」とまで呼び合う状態に。
すげぇ。。

おきらくカーニバルに掲載された「ここにある彼方」も
カラーのまま収録されています。


amazonでチェック


関連する本

らき☆すた 4 (4)
らき☆すた 4 (4)

らき☆すた (3)
らき☆すた (3)

らき☆すた (2)
らき☆すた (2)

らき☆すた (1)
らき☆すた (1)

みなみけ 4 (4) (ヤングマガジンコミックス)
みなみけ 4 (4) (ヤングマガジンコミックス)


« いけちゃんとぼく 

ホーム |

 実践イラスト版 スローセックス 完全マニュアル »