ブログトップ >> 個別記事

短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント

amazonでチェック

短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント

科学的でありプロセスが明確
『「依存する人」を「変化を起こす人」にどう育てるか』の著者である内田氏からの推薦本。
マネジメントにかかわる人は是非とも石田氏の著書を一冊は読んで欲しいと言われました。
そんな内田氏が絶賛する石田氏の最新作が内田氏が最も推薦するダイヤモンド社から出たとなれば買わない理由はありません。
実際に読んでみると科学的であり、それゆえにプロセスが明確であるため実践しやすいです。
私のようにマネージャーとしての経験が浅い人間には特に心強い一冊です。
壁にぶつかるたびに今後も繰り返し読みたいと感じさせる内容でした。
もちろんベテランのマネージャークラスの人たちにもお勧めです。
ダイヤモンド社のビジネス書は本当に外れが少ないと改めて感じさせる一冊でもあります。



応援します
思考錯誤した結果、効果が現れていると思っています。私は机上の空論でないと思っております。
それを体系化している著書ですので、私個人としてはライバル会社にそのノウハウを公開しているようで、
この著書の出版は歓迎できないというのが本音です。ですので★一つ減らしたい気持ちがありますがただ、
ビジネスだけでなく、他の領域にも活用できるという意味で著者が進めたい事業を応援する意味で★を5つにします。

これだと思いました
マネジメントをプロセスで管理したり、人の動きをマニュアルだけで
コントロールするには、現実的なところ無理があると感じておりました。

やはりジェネレーションギャップはあるのです。
どうしても避けられない課題と思っております。

そこにこの一冊は、とても明確な解答を与えてくれました。
行動に焦点をあてることとは?やる気とかモチベーションといった精神論的な
論理展開を避けているところに、新しい活路を見出せました。


う〜ん
他の方の評価があまりにも高いので少し驚いております。「成果に結びつく行動を見つけるのがリーダーの仕事」というくだりなんかは成る程と思うのですが・・・。

本当に短期間で組織が変わるのか?
理論としては納得できる。しかし、この本を読んだからといって、短期間で組織が変わるとは思えない。

できない人にはできない理由がある。
その理由を見つけ出すことが重要であって、この本にはその点が書かれていない。

そして、行動科学マネジメントの紹介でも「科学的マネジメント」と書かれているが、科学とは「体系化された知識や経験の総称」であり、「反証主義に基づく学問体系、およびそれより得られた知識」を指している。

仮説を実証させることにより科学的だと言っている割には、実証データの掲載がないのは残念。

amazonでチェック


関連する本

すごい「実行力」
すごい「実行力」

脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)
脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

コーチングの神様が教える「できる人」の法則
コーチングの神様が教える「できる人」の法則

定量分析実践講座―ケースで学ぶ意思決定の手法
定量分析実践講座―ケースで学ぶ意思決定の手法

カリスマ・コンサルタントの稼ぐ超思考法 ~仕事と人生に効く「問題解決力」が身につく20の方法~
カリスマ・コンサルタントの稼ぐ超思考法 ~仕事と人生に効く「問題解決力」が身につく20の方法~


« 宇宙を味方にしてお金に愛される法則 

ホーム |

 願いを叶える77の扉―大天使とマスターを呼ぶ »