ブログトップ >> 個別記事

機動戦士ガンダムUC 3 (3) (角川コミックス・エース 189-3)

amazonでチェック

機動戦士ガンダムUC 3 (3) (角川コミックス・エース 189-3)

盛り上がってきました!
シャアの再来、フル・フロンタルの登場でいやがおうにも盛り上がる展開になってきました!
たしかに「3倍のスピードで・・・」「当たらなければどうということはない」
などのシャアの名シーン、名セリフを連発するあたり、
少々(というよりかなり)わざとらしい。
しかし読んでいると盛り上がってしまう自分に気付きました(笑)。
これが少年時代にシャアの登場に盛り上がった世代の性なんですかね・・・
フル・フロンタルの今後のエピソードが我々ガンダム世代への受け狙いになってしまうのか、
それとも新たな仕掛けが出てくるのか、この辺りに興味が尽きません。

シャアの再来と言われても…
当時あった設定をより現代的にして、宇宙世紀社会の仕組み
宇宙空間での人間の活動を緻密に書き出すところは、臨場感があると思います。
これは、アニメでは説明しづらいことだし、小説で強調してやるべきことができている、プロの仕事を感じます。
特にコロニーの構造についての描写は、読んでいて思い描き切れないほど、細かいです。
実際に見たことのないものなので、挿絵よりアーガマやコロニーを俯瞰した断片図があれば、親切でわかりやすいと思いました。

見方を変えて、キャラクターを意識した時、
この展開の遅さにやきもきしてしまう部分もあります。
富野監督のガンダムにあったあの目くるめく人間ドラマに釘付けになった人は、
まだ話は序盤ということもありますけれど、時間をかけて読んだ割には、ただただ謎、謎
謎ばかりで、物足りない気持ちになるのではないでしょうか?


少々あざとい
久々の正統派ガンダム。外伝ではなく、本道に据えられるであろうガンダムで期待値は大きい。
福井晴敏氏の作風、妙に「漢」が多いのが個人的には少々うっとうしいが、
他の外伝的小説に比べれば、真っ当なガンダム世界が構築されている。安彦良和の挿絵も非常に嬉しい。

ただ、本作で登場する「シャアの再来」たるフル・フロンタルの言動はやりすぎだと思う。
赤いMSとか、ノーマルスーツ着ないとか、交渉の会話とかで充分シャアらしさは出せているのに
「3倍の速度で〜」「見せてもらおうか。〜」「当たらなければ、どうということはない!」等
言わなくて良いことまで言わせている。
作者の自己満足かサービスか。他の方にはウケが良いようだが、個人的には「あざとい」と感じる。
「シャアへのリスペクト」だなんて思えない。
次巻以降の修正に期待。


赤い彗星、再び
「赤い彗星」の再来、フル・フロンタル。
主人公のライバルとなるべき人物がこの巻で初登場します。
その出で立ち、喋り方、どれをとってもあのシャア・アズナブル本人としか思えない伏線の張り方がされています。

この物語の三年前、アムロとの戦いによって行方不明となったはずのシャア・アズナブル。
彼の再登場ともなれば旧来のファンからは賛否両論分かれるところでしょう。
僕の個人的な感想で言えば、フル・フロンタルはシャアであってほしくないな…、と。
やはり彼の最後の戦いは、アムロとの戦いであって欲しかった。
しかも、仮に彼が生きていたとすれば、36歳になっているはずです。
36歳にして長髪に仮面のこの格好はないな…と笑

しかし、ここまであからさまにシャアであることを匂わせすぎるとかえって裏があるのではないかと、僕は勘ぐっています。
どちらにしろ、今後の展開に目が離せなくなったのは事実ですね。


ファーストのオマージュとは、こうやるのだよ!
タイトルのような気概が伝わってきます。
作品を通して、初代ガンダムのパロディが度々登場するのですが、苦笑いと腹立ちしか湧いてこなかったあの作品のオマージュと比べて全然洗練されていて好印象です。

企画の方向性もあるし、結局宇宙世紀ガンダムに乗っかった作品ではありますが、正直SEEDのようなモノより、こちらを映像化して欲しかった。
ガンダムってまだまだ面白いものが作れるんだな、と感じました。

amazonでチェック


関連する本

機動戦士ガンダムUC 2 ユニコーンの日(下) (角川コミックス・エース 189-2)
機動戦士ガンダムUC 2 ユニコーンの日(下) (角川コミックス・エース 189-2)

機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上) (角川コミックス・エース 189-1)
機動戦士ガンダムUC 1 ユニコーンの日(上) (角川コミックス・エース 189-1)

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 16 オデッサ編・後 (16) (角川コミックス・エース 80-19)
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 16 オデッサ編・後 (16) (角川コミックス・エース 80-19)

機動戦士ガンダムC.D.A.若き彗星の肖像 10 (10) (角川コミックス・エース 90-10)
機動戦士ガンダムC.D.A.若き彗星の肖像 10 (10) (角川コミックス・エース 90-10)


« 聖☆おにいさん (モーニングKC) 

ホーム |

 「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字〈下〉 (光文社新書) »