ブログトップ >> 個別記事

小説・秒速5センチメートル (ダ・ヴィンチブックス)

amazonでチェック

小説・秒速5センチメートル (ダ・ヴィンチブックス)

読んでる途中に例の曲が頭の中で流れます
私も他のレビューの方の例にもれず劇場で『秒速5センチメートル』を
見た後に、本書を読んだ。

小説版も映画版と構成はまったく同じで
  第一話「桜花抄」
  第二話「コスモナウト」
  第三話「秒速5センチメートル」
の三話からなっている。ただ大きく違うのは第三話で、映画は簡単に
働きだしてからの主人公の生活・明里の様子が描かれ、後半は山崎ま
さよしの「One more time, One more chance」が流れる中、ほとんど
台詞がはさまれず映像だけで進んでいきます。小説版は詳しく主人公
・遠野貴樹のその後の生活が描かれている。たぶん、劇場版ではここ
までくるともう細かな話はいらないということで、引き算をして効果
的な演出にしたのだろう。
どちらが良いかというよりも個人的には小説版の話を全部知っておい
て劇場版を見るのがいいのではないかと思う。

すごく良いなと思ったのは、主人公視点で話が進む第一話、澄田花苗
の視点で話が進む第二話、そして、主人公視点を中心としながらとこ
ろどころに篠原明里視点が挿入されている第三話、この構成である。
主人公の心理描写でやや重い(堅い?)言葉が使われているので、第
二話の篠原明里の素朴な心理描写との対比が素晴らしい。
170ページ弱の量とはいえ、おそらく全部が主人公視点だったらきっと
重くて読めなかっただろう。

最初に映画をみたときに、本作のキーワードは「別れ」だと感じた。
だが、小説版を読むとむしろ「出会い」や「新たな始まり」といった
言葉が思いついた。

読んでもらいたい、そして映像をもう一度みてもらいたい
最初は映画館で映像を見ました。
それから、一年程もたってから、この小説を読みました。
そして、DVDでもう一度映像を見ました。

映画館で映像を見たとき、
期待通りの映像美に感動し、
胸を締め付けられるような気持ちを抱いた
今思えば、何か心に引っかかるような、そんな感情を抱いたことが思い出されます。
それは、作品に共感してしまった部分と
なにか映像作品から読み取りきれなかった部分があったような思いがあったんだと思います。

時間を置いて、小説を手に取りました。
文章だからこそ、描けるものが丁寧に描かれていると思います。
映像で描かれていない部分も描かれています。
特に短編としての『秒速5センチメートル』は、
映像では極短い時間で描かれていますが、
就職から映像で描かれるまでの貴樹の歩みや感じていたことがたくさん描かれています。
最後のメールの内容があります。
花苗との最後の別れが描かれています。
明里と貴樹が渡そうとしていた手紙の内容(おそらくはその一部)があります。

小説を読んだ後、
なぜか発売日に購入をしながら、置いておいてしまっていたDVDを見ました。
自分の周囲の状況の変化もあると思いますが、
映画館で見たときとは、大分違った印象を持ちました。
きっと、読み取れなかったと思った部分を補完できたのだと思います。
なにか、貴樹の心にずっとあったものとか、
そういったものが、すっきりとした形で感じられたのだと思います。
やっぱり切ない気持ちは抱いてしまいましたが・・。

自分の感じたものをつらつらと書いてしまいましたが、
本作品は、映像の小説版ですが、
お互いを補完する位置づけに成っていると思います。
また、少し違った視点で描かれた物になっていると思います。
私のように、映像を初めに見た方が多いと思います。
そういったかたに、是非呼んでいただきたい。
映像をみて、どのような感想をもったとしても・・。
そして映像をもう一度見ていただきたい。
きっと違った見方ができると思います。
きっと違った印象をもてると思います。
それは、きっとより良いもの、糧のようなものになると思います。


心に不思議な感覚を抱きます
映画を観た後に読む事を勧めます。
そしてボロボロ涙がこぼれ落ちる[お涙頂戴]物ではありません。
しかし涙がこぼれる以上の感動を心に感じる作品です。
特に第2話のヒロインの想い。
あまりにも切なく強く、
此処まで[一人]を好きになれた事があるかどうか考えさせられます。
そして最後のささやかな奇跡。
ハッピーエンドかどうかは
解りませんが、
2人にとっての
ハッピーエンドである事を
願いたくなります。

欲を言えば第2話のヒロインのその後が知りたいですが、多分、それは
聞いてはいけない事
なんでしょうね…(笑)

彼女も新たな一歩を
しっかりと踏み出せて
いますように…、

心に穏やかな感情変化が欲しい人は是非、読んでみて下さい。
少し自分が変われるかも知れません。


小説も書ける新海誠
新海誠を知らない方は映画「秒速5センチメートル」を観てください。
映画は僕のオールタイムベスト1です。
新海さんはあとがきで、映画から入ってもらっても、小説から入ってもらってもどちらでもかまわないと書いておりましたが、僕は断然、映画から入る方をオススメします。
この人、多才ですね。あれだけクオリティーの高い映画も作れて、小説も書ける。
ただ、おしむらくは描写に力を入れすぎという点。まだ、バランス感覚が洗練されていないかなという印象は受けました。
でもですね、はっきり言って、「世界の中心で、愛をさけぶ」なんか比べ物にならない感動があるわけですよ。
映画と小説が補完関係になっていて、新海さんが意図的に違和感をかもし出したらしくて、またそこが上手い。深い。何度でも読めます。
新海さんがもっと有名になれば、10万部売れてもおかしくない作品だと思います。
ホントに、ジブリも良いと思いますけど、なんで、この人がこの程度しか評価されていないのか。いや、評価はされているのに認知されていないのか。
全国規模で上映すればいいのに。社会現象巻き起こす映像ですよ、あれは。
とにかく、騙されたと思って映画観てください。60分間、鳥肌立ちっぱなしのすごい映画です。

“奇跡”を踏み台にして
受験生だったためこの本を読むのが3月になってしまいましたが季節的にはドンピシャになりました。

最初は正直不安でした。映像で表現できることと文字で表現できることは違います。あの映像での演出があるからこそ踏切での諦めのような、そして前に向いて歩いていく決意のような笑顔が活きてくるのではと思っていました。

しかしその不安はいい方向に裏切られました。文字だからでる生々しさ、切なさそのすべてが胸に突き刺さります。

安易なハッピーエンドの作品では“いい作品”程度ですぐに忘れてしまう。

この作品は読者に媚びることなく淡々と生きる人間の生々しさを綴っている。ラストの“奇跡”は他の作品では安っぽい方向に持っていってしまう傾向が強いが、この作品はその“奇跡”を踏み台にして歩きだす主人公を巧く描写しています。

映画の理解を深める作品でもあり、映像との相互補完だけではない作品でもある秀逸な作品です。

amazonでチェック


関連する本

雲のむこう、約束の場所
雲のむこう、約束の場所

ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる
ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる

One more time,One more chance 「秒速5センチメートル」Special Edition
One more time,One more chance 「秒速5センチメートル」Special Edition

きみを守るためにぼくは夢をみる
きみを守るためにぼくは夢をみる

秒速5センチメートル 通常版
秒速5センチメートル 通常版


« 人類は衰退しました 2 (ガガガ文庫 た 1-2) 

ホーム |

 マインドマップ(R)for kids勉強が楽しくなるノート術 »