ブログトップ >> 個別記事

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫

amazonでチェック

スマイルズの世界的名著 自助論 知的生きかた文庫

こころの肥やしです
テクニックではない自己啓発とは何であるかを、本書以上にこころに強く語りかけてくれる本もあまり無いでしょう。
内容的には、同じような事を書いている本はたくさんあります。
それをちらっとめくって、分かった気になる事も簡単に出来ます。

しかし、これを実践するとなると、生半可な事ではできません。
人間は弱い生き物です。だからこそ、本書のような良書を、定期的に読み返し、こころに肥やしをやらないと、強い根は生えてこないのだろうと感じました。

この内容でこの値段はまさに破格です。


自己啓発本の原点
この「自助論」というのが、
福沢諭吉の「西国立志編」の現代語訳版とは知りませんでした。
もう、150年も前の本が、
いまでもこんなに支持を集めていることに、
驚くと同時に、読んでみて、その理由が納得できました。
これまで様々なビジネス啓発本を読んできましたが、
はっきり言って、
すべてこの本に書かれていることと言っても過言でないと思います。
「当たり前のことばかり」と思う方もいらっしゃると思いますが、
しかし、いまこそ、もう一度自覚されなければならないことばかりだと思います。

人生最高の一冊であり、究極の書。そして、座右の書。
究極の一冊。人生で一番大切な本をあげよと言われたら、真っ先にこの本を私はあげるでしょう。それぐらい良い本です。そして、これ一冊あれば、他の本など取るに足りない存在であり、大げさに言えば、これ一冊以外は、焼却しても問題無いのではないか?と思わされる本です。

名著中の名著と言われるゆえんは、この本を読んで頂ければわかります。閉塞感があり、行き詰まりの日本を救うには、皆が、この本を読み、この本に書かれてある内容を、心底納得して実践するしかないのではないか?と感じる本でもあります。

それくらい重要で、大切なことが、この本の中に書かれてあります。幸せになりたい人、経営者になりたい方、お金持ちになりたい人のための””心がけ””が、この本の中にあります。私がお金持ちならば、自腹をきってでも、皆さん一人一人に配って歩きたいと思わせてくれるぐらい、力のある一冊です。

是非、一読されてみて下さい。 <(_ _)>





先人の努力に勇気をもらえます
名著だと聞いてましたが、読んでよかったです。偉人として今言われている人たちがどんな苦難を乗り越えて、事を成してきたことがひたすら紹介されています。ひたすら紹介されているが、全然飽きません。困難に立ち向かって事を成していく姿、勇気を与えてくれる本だと思います。オススメです!

素晴らしい…
言わずと知れた啓蒙本の元祖。白眉といってよいだろう。周知の通り、自助論はいまから遡ること明治時代に中村正直により翻訳されて、ヒットした著作である。今でも英国でも読まれている。内容そのものは当たり前のことだが、常識や正しい習慣を確認するだけでも意義がある。内容は偉人のエピソードと格言などを引用しつつ、スマイルズの説教話が続く。努力、高い意志、節制など高邁な精神をとく。そして成功と失敗の例を挙げている。ただし説教を聞いたり読んだりするのは簡単である。タイトルの「自助」という通り、自分こそが教師でなければならない。これはブッタもいっていることだ。その意味で言えば「修身」的な啓蒙書だろう。宗教や思想のいかんを問わず、幅広く読める内容だと思う。なお内容は原書とは若干違うことを申し添えておく。

amazonでチェック


関連する本

西国立志編
西国立志編

「困った人たち」とのつきあい方 (河出文庫)
「困った人たち」とのつきあい方 (河出文庫)

心が軽くなる本―「不安」を「安らぎ」に変える57のヒント (PHP文庫)
心が軽くなる本―「不安」を「安らぎ」に変える57のヒント (PHP文庫)

学問のすゝめ―人は、学び続けなければならない
学問のすゝめ―人は、学び続けなければならない

知的生産の技術 (岩波新書)
知的生産の技術 (岩波新書)


« 図書館戦争 

ホーム |

 モテ脚骨盤ストレッチDVDレッスン (主婦と生活生活シリーズ) »