ブログトップ >> 個別記事

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

amazonでチェック

蟹工船・党生活者 (新潮文庫)

さすがプロレタリア文学の名著!
 さすがプロレタリア文学の名著ですね。とても80年前の作品とは思えないリアリティーがあります。また、読む者をグイグイと作品の中に引き込んでいく力があります。

 派遣労働者の差別や貧困、過労死の問題等に見られるように、確かに、この作品が多くの若者や厳しい労働環境の中にある人々に受け入れられる社会的環境が今の日本にあります。
 しかし、それだけでなく、小林多喜二の『蟹工船』が、現代の若者にこれほどまでに読まれている理由としては、やはり、『蟹工船』という作品の文学作品としての優秀性があるのだと思います。小林多喜二は、格差社会と貧困を生み出す本質を鋭く見抜くと共に、そうした現実と人間はいかに向き合うべきかということを、まさに優れた文学作品として描いたのです。だからこそ、『蟹工船』は80年という時代を超えて、現代にまで読み次がれているのではないでしょうか。

 余談ですが、新潮文庫の『蟹工船』は、昔の版よりも、活字も大きく、とても読みやすいと思います。また、文庫の表紙も、とてもインパクトがあります。

時代は繰り返す
プロレタリアとか共産主義という言葉に憧れをもったことはありませんが、組合がない職場でのフリーター、強者のための規制緩和によるジニ係数0.5超え、などの現在の社会問題を考えるとき、良き参考になる本です。ハラハラして吸い込まれるような文体は、文章を書く者にとって参考にしたいものです。小樽の町を文学としての視点から旅をしたら面白いでしょう。

現在も搾取はあるなー
共産主義を信じるわけではないが、資本主義はいつでも労働者につらいものだと思わされる一遍。現在のワーキングプアにも通じる作品。

文体が古くて読みにくい。内容は良かった。
オホーツク海に浮かぶ船の中… そんな密室で行われたパワハラと、それに団結して立ち向かう労働者の話。読み慣れない古い文体で、情景が描かれた最初の数ページを読むのが苦痛でした。で、修羅場にさしかかった真ん中編から読むと、すんなり入れました。後から「マンガ蟹工船」という本が出ている事を知って、そっちにしとけば良かった…とも思いました。

現在も繰り返す「蟹工船」の世界
 過去に何回か読もうと本書に挑戦したが、船上での暴力を伴う過酷で劣悪な労働条件の下で働く者の血と汗と、船内のリアルな描写による不潔で、悪臭がただよってきそうな気配に、読書欲がそがれて、挫折を繰り返した。

 本書の内容は、カムチャツカ沖で操業する蟹工船上を舞台に、貧しい出稼ぎ労働者たちが、常識を超える悪条件の下で労働を強いられ、かつその彼らに暴力を振るう現場監督の労務政策の耐え難い限界に抗して、なかば自然発生的なストライキに立ち上がる物語である。
  
 暴力的な労務政策は別として、今日の低賃金と無権利状態の派遣労働者・アルバイト社員などは「蟹工船」に近いか、類似した職場環境で働いていると思われる。

 長時間労働や成果主義が広がる中で過労死・過労自殺が後を絶たないのが現状であることが、それを物語っている。つまり、本質的には80年前の日本の資本主義と今日の資本主義の真髄は変わっていないといわざるをえない。

 本書は80年以上も前の古典だ。しかも用語解説も付されていないし、当て字も多く読みづらいと思うのだが、それでもこの古典を読み、いまの厳しい労働環境を変革しようとする若者が大勢いることは心強い限りだ。

 今回は彼らのエネルギーに勇気づけられて、私もやっと読み終えて、名作だと実感した。


amazonでチェック


関連する本

マンガ蟹工船―30分で読める…大学生のための
マンガ蟹工船―30分で読める…大学生のための

破戒 (新潮文庫)
破戒 (新潮文庫)

超訳『資本論』 (祥伝社新書 111) (祥伝社新書 111)
超訳『資本論』 (祥伝社新書 111) (祥伝社新書 111)

蟹工船
蟹工船

蟹工船 一九二八・三・一五 (岩波文庫)
蟹工船 一九二八・三・一五 (岩波文庫)


« テニスの王子様 42 (42) (ジャンプコミックス) 

ホーム |

 「心の翼」の見つけ方 »