ブログトップ >> 個別記事

たった100円で願望実現! A6ノートで思考を地図化しなさい マインドマップを超える超簡単ノート術「シンプルマッピング」

amazonでチェック

たった100円で願望実現! A6ノートで思考を地図化しなさい マインドマップを超える超簡単ノート術「シンプルマッピング」

A6ノートではなく、A5サイズのドット方眼がお勧め
マインドマップ本を読んだことがなく、メモ術として良いとこ取りをしたいと思ってい
る人にはお勧めできると思います。
特に、マーケティングや読書メモなどのテンプレートが数種類ついているので、初めの
一歩を踏み出しやすいのではないでしょうか。

ただし、マインドマップを学び、良いとこ取りで実践している人にとっては特別目新しい
内容では無いと思います。おそらく自然にこのスタイルに近づくのではないでしょうか。
他の方が「買う価値なし」と評価しているのもわかるような気がします。

私もマインドマップに出会い、実践を始めてから10年近くが経ちますが、この本のよう
なスタイルになっています。そしてとても役に立っていると感じてます。
会社などでいろいろな人に勧めてみましたが、割りと評判は良いです。

ノートについて、著者はA6ノートを進めていますが、私はA5サイズで表紙が硬めの
リングノート、ドット方眼もしくは方眼を使用しています。
1ページごとで使用しているので、A6サイズの見開きと紙面のサイズは同じです。
表紙の硬いリングノートは、表紙が台紙の役目をしてくれるので、立っている時な
どでもメモが取りやすい。思いついたときにすぐにメモを取るのに最適です。
また、横罫線はマインドマップを描くときに目障りな感じします。
ドット方眼もしくは方眼の場合、曲線や斜め線を描いても違和感がなく、また縦横の
直線を描く場合も目印になりきれいに描きやすい。

このほかにも7cm×7cm程度の正方形ポストイットも使ってます。
通勤中に電車の中などでメモするときにはとても便利です。

はっきり言って買う価値ナシ!
私自身否定的なレビューは書かないようにしているがこの本にはひとこと言わせてもらう。
書店で立ち読みして中身を確認できるなら、ぜひそうしてから購入決定をおススメする。

だいたいにして書かれていることはマインドマップのことであり、この程度の簡略化はちょっと応用の効くビジネスマンなら誰でもやっている。100円のA5ノートを使う必然性がない。本書の中にはそれなりの理由付けがされているが、テクニックに対しての特徴づけでしかない。単なるメモの手法である。本の随所に出てくるが著者自身がビジネスの現場で活かしているのはマインドマップである。わざわざ本家のマインドマップを「プザン・マインドマップ」自分の手法を「シンプルマッピング」として定義分けをしているのもあざとく映ってしまう。繰り返すがこの程度の簡略化はメモの習慣を持つビジネスマンなら誰でもやっている。

マインドマップを超える「シンプルマッピング」とはよく言ったものである。

本書の半分を費やして紹介されているテクニックはあきらかなページの水増しでしかない。
著者のブランディングのための本に踊らされてはいけない。

マインドマップ「小型化」を予見した驚きの良書です。
本書に書かれていることではなく、本のサブタイトルや帯コピーだけに
反応したとおぼしきレビューが、ちらほら見受けられますが(笑)。

しかし、マインドマップ≠シンプルマッピングでしょう。
両者の優劣を云々するのは、まったくの筋違いです。
強いて言うなら、南蛮渡来で舶来の欧米流マインドマップを、
日本人として「初めてカスタマイズした努力の成果」である点に一票です。

使えるか、使えないかが、こういう本の決め手。結論を言えば、とんでもなく使えます。

「ある場面」や「ある条件の下で」マッピングすると、シンプルになる
ということを徹底的に述べている本ですし、
時間のあるときは「色も使って」、と書かれた謙虚な姿勢にも一票。

そして、12月に発売になったばかりの「マインドマップ公式手帳2009」のサイズは、
「A6ノート」です。
マインドマップの「小型化」に先駆けて、
「小型化」のメリットを、日本で最初に提案した本として、一票。

しかも、この本が提唱するA6ノートの使い方は、単なる「小型化」じゃないです。
「見開き単位でページをめくる」ことを活かした書き方は画期的です。

いろんな意味で、なかなか良く出来た本だと思いますよ。

素朴な疑問
いわゆる「マインドマップ」を、「黒一色で」「イラストを添えずに」「A5版横置きに」描くような感じでしょうか?その時点で厳密にはマインドマップとは呼べないのかも知れませんが…。そこから更に「キーワードを枠で囲む」と、シンプルマップになるということで良いのかな?

ものごとの本質は常にシンプル
アイデアを体系的にまとめたり、読んだ本の内容をまとめるのに最適な方法だと思いました。場所を選ばない、いつでも簡単にできる。そして大事なことをシンプルにまとめることができるから、あとで見てもわかり易いし記憶にも残りやすい。ものごとの本質をシンプルにとらえるうえで、うってつけの本ですね。

amazonでチェック


関連する本

読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング
読書は1冊のノートにまとめなさい 100円ノートで確実に頭に落とすインストール・リーディング

-1063人の収入を60日で41%アップさせた-目標達成する技術 ~どんな目標も達成できる「成功の心理学」~
-1063人の収入を60日で41%アップさせた-目標達成する技術 ~どんな目標も達成できる「成功の心理学」~

寝ている間に全自動で副収入が月8万円儲かるしくみ【CD-ROM付き】
寝ている間に全自動で副収入が月8万円儲かるしくみ【CD-ROM付き】

レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ【CD-ROM付き】
レバレッジでさらに増える!副収入が月16万円入ってくるしくみ【CD-ROM付き】

相手を洗脳する文章テクニック
相手を洗脳する文章テクニック


« 俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫) 

ホーム |

 よるくま »