ブログトップ >> 個別記事

NARUTO 巻ノ45 (45) (ジャンプコミックス)

amazonでチェック

NARUTO 巻ノ45 (45) (ジャンプコミックス)

伏線をどう拾い集めるか

連載当初から比べ画力も上がり、とても見やすいマンガとなった。前巻に引き続き戦闘シーンは素晴らしい。

ナルトの修行や八尾との戦いを非常にテンポよく描いているが、新たに現れたキャラによってこの先、テンポよく進むかが決まるだろう。実際、チヨ婆が出てきた巻では、お年よりさがリアルに描かれていたが、そのせいであまりテンポはよくなかった。今回出てきたキャラも個性が強いので、そのへんをよく考えて話を進めるのがいいのではないか。

この巻で事態が急変しているので、これから今まで残してきた伏線を、上手く拾って感動を呼んで欲しい。

全体的にこの45巻は良い出来栄えだろう。これからも読者の期待を裏切らない作品を作って欲しいと思う。大人のナルト(に似ているだけのキャラ)も見られるので興味のある方は読んでみるべきだろう。



恐ろしい…
かつて32巻まで集めて読むに堪えられなくなって手放したが
某美麗なイラストを目にしてから読み返したくなって
再購入を考えているが…
ここで低評価をしている人の内容が自分がかつて感じたことと同じで呆然。

作者の画力は45巻にもなってほとんど上がっていないのに
ストーリーの陳腐さは遥かにレベルアップ。
一生分の収入を得られたら作品を創ることはどうでも良くなるのだろうか。

連載が始まった当時は作品と作者の将来が楽しみでもあったけど
週刊ジャンプ連載ゆえに先行き不安でもあった。
完全に駄作道を歩まされてしまったようで不憫にも思う。
連載時の雰囲気を愛していた自分としては痛恨に残念な作品。

軌道修正はもう出来ないのか。

おもしろい
スピーディーな展開で読み応えのある巻です。

個人的には(数ページしかないのですが)ナルトの自来也の回想にジーンときました。
どうにもドタバタ子弟コンビのイメージが強かった二人ですが、
この巻にある「もっと大切なもん、もらってっからよ」というナルトの言葉に、
私が今まで抱いていた「ドタバタ」というイメージが一気に払拭されました。

ナルトの漫画では横のつながりである「友情」(少年漫画にありがちな)というキーワードを
大切にすると同時に、縦のつながりである「次世代へ」というキーワードにも重要性を置いているので
登場人物たちに、より深い人間関係が生まれ、また読者としてもより一層、それぞれのキャラに
感情移入してしまうのではないでしょうか。

師、兄を失ったナルトとサスケですが、向かう方向がこれまた対照的。
今後、どこでまた、どのようにしてお互いが交わるのか楽しみです。

すばらしい
すばらしい漫画
少年誌でのトップ
つまらない訳がない

これからどうなるんだろう…??
NARUTOは一時期、あまりのスローテンポに話も面白くなかったんで興味が薄れてたんですけど、43巻ぐらいからテンポもよく久しぶりに続きが読みたいと感じました。
この45巻は怒涛の展開で夢中で読み、早く次の巻が読みたいです!
主人公のナルトも2部はただの自己中にしか感じなかったけどこの巻は何故か好感を持てました。
そろそろNARUTOも終盤に差し掛かってますね…。
なんだかんだ言ってNARUTOが一番好きな漫画なので終わると寂しいな〜

amazonでチェック


関連する本


« チャンネルはそのまま! 1―HHTV北海道★テレビ (1) (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL) 

ホーム |

 夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) »