ブログトップ >> 個別記事

現場のプロから学ぶXHTML+CSS

amazonでチェック

現場のプロから学ぶXHTML+CSS

プログラマにとってのCSSとは
便利だという理由だけで、なんとなくCSSを使っていたプログラマこそ読むべし。

CSSというとデザイナーの領域だと思いがちだが、プログラマこそマークアップの重要性をきちんと理解し、しっかり構造化されたXHTMLを構築しなければならないということが分かるだろう。CSSを作成するのがプログラマであろうとデザイナーであろうとプロセスは同じだ。コーディンクとデザインの分離によって、あらゆるWEBページを効率よく開発することが可能となる。このようなXHTML+CSSのメリットについて、本書では冒頭のページで説明している。7人で執筆しているのにもかかわらずチグハグな感じを受けないのは、この一本筋の通ったポリシーによるところが大きい。

本書には現場で活躍しているプロのワザがぎっしりと詰め込まれているので、即座に実践で活用できそうだ。ポイントを突いた説明と惜しみなく挿入された図表によって、初心者にもとっつきやすい構成となっている。レガシーブラウザへの対応方法はもちろん、さまざまなデバイス(携帯電話、ゲーム機、テレビ画面、iPhone等)のCSSデザインについての解説もある。XHTML+CSSのキホンから応用まで、幅広い知識とナマの技術を習得できるだろう。

まずはこの一冊をマスターし、不足分をインターネットや他の書物で補うことをオススメする。

買って損しない本
xhtml+cssを一通り勉強してみても、いざ作るときの???となってしまいました。
実際作る上で必要な知識を身につけられます。

今全ては理解できなくても、自分のレベルに合った目線で読むことができます。

買って損はしないと思います。

新人教育の教科書におすすめ!
昔、CSSを分かっていない同僚に口伝で教えていたのですが、丸一日しゃべりっぱなしとかで大変でした。
そのときに、この本があったら楽が出来たのにな〜と思います。

良書だが、サポートページ(サンプル)が充実していない
非常に色々な現場の方が素晴らしい記事によりWEB制作の手法について解説して下さっていてオススメです。
しかし、特に四章以降について記載されているXHTML+CSSの記述が省略されており、記事通りに再現することが初心者には難しい。
サポートページもあるが、特に四章前後の実際のサンプルが不足している。
書籍内容については不満が無いが、この部分について満点を付けるには厳しいと感じている。
サポートページまたはCD付属に変更等で全サンプルが参考に出来ることを期待してやまない。

最新のXHTML+CSSを具体的に理解したい人へ
「現場のプロから学ぶ」というのは伊達じゃない。
WEBデザインをするならば、常に携帯しておきたい一冊。

多少なりともWEB制作を行った人であれば初心者でも理解しやすい内容で、
本当に丁寧にXTHMLとCSSの関係&実践的な技術について解説している。

私はページ設計をかなり適当にやっていた方だと思うが、
この本を読んで理想的なツリー構造やCSS記述方法を具体的に学べた。

WEBデザインの技術的な迷いや不安はこの一冊で解消できると思う。
※センスは日々磨くしかない!!

読むとWEB制作がしたくなる良書。


amazonでチェック


関連する本

実践 Web Standards Design ~Web標準の基本とCSSレイアウト&Tips~
実践 Web Standards Design ~Web標準の基本とCSSレイアウト&Tips~

HTML/XHTML&スタイルシートレッスンブック―ステップバイステップ形式でマスターできる
HTML/XHTML&スタイルシートレッスンブック―ステップバイステップ形式でマスターできる

スタイルシート表現デザイン帖 (インプレスムック エムディエヌ・ムック)
スタイルシート表現デザイン帖 (インプレスムック エムディエヌ・ムック)


« 「知の衰退」からいかに脱出するか? 

ホーム |

 1分間目標達成術 »