ブログトップ >> 個別記事

死ぬときに後悔すること25―1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた

amazonでチェック

死ぬときに後悔すること25―1000人の死を見届けた終末期医療の専門家が書いた

少し浅い感じ
著者は緩和医療医であり、たくさんの終末期を診てきた医師。いろいろな患者さんの最期の言葉を書いている。人生の最後で語る後悔。考えさせられる。しかし、著者は若いためか、その言葉からの考察というか洞察というかがまだまだ浅い感じがした。著者自身の人生経験がまだまだ足りない。

やるべきことが見つかる
私は20代ですが、将来やり残したことがないようにと、本書を手に取りました。
本書の中で、後悔することの1つで「タバコをやめなかったこと」「健康に気をつけなかったこと」という項目があります。
ですが、実際は私の周りでは、この2つを守っている人は、ほとんどいません。

将来的に病気になった時に、上記の2つを守らなかったことを後悔しないでしょうか。

本書を読めば、「本当に大切なこと」が見えてくるように思います。
忙しい毎日で、忘れていることを思い出します。

面白いけど一番びっくりしたのが
著者の年齢。
20代に毛の生えた程度の年齢で書くような文体ではないなと。
これはいい意味でも悪い意味でも。
こういう件に関する話題っていうものは、もっとお年を召した方の書く分野だと思います。
現場での経験というよりは、年齢からくる経験を客観的に述べた作品を期待していましたが、
なんせ著者が若すぎる。
それだけで文章の説得力が減ってしまうのは僕の偏見でしょうか。
なんというか、自分が死ぬ間際にでも同じことを後悔するのかどうかを、著者の実体験を
混ぜたものを読みたかったなと思いました。

著者の年齢を知ったのがもう本を読み終えるくらいのところでしたよ。
本の内容は「へぇ〜」っていう感じですね。
後悔することを読んだというよりも、実際にあった話を読んだだけっていう感想を得ました。

出会えてよかった本
死に行く人にあたたかい目線を送る作者の心が感じられる。
人生を終える方々の言葉から、生きた証、周りの人との心のつながり、家族、追いかけた夢について改めて考えさせられる。
人生はまだ長くあるように感じてしまうが、あっという間でもあること、
生きているうちに元気なうちに家族そして自分自身の心身をも大切にしたいと思った。

死ぬときに備えて
人はいつかは死ぬのだが、死ぬ時に後悔するのはある意味仕方ない事だと思う。ここに書かれてる事は必ずしも自分が後悔することには当てはまらない内容もあると思うが、自分が死ぬ時、後悔しないためやっておいた方がいいヒントにはなると思う。

amazonでチェック


関連する本

小さな経営論―人生を経営するヒント
小さな経営論―人生を経営するヒント

本物に学ぶ生き方
本物に学ぶ生き方

安岡正篤 人生信條
安岡正篤 人生信條

幸せになる魅力学―喜び・満足・感動…ing
幸せになる魅力学―喜び・満足・感動…ing


« LOVE LIFE 2 

ホーム |

 日本を貶めた10人の売国政治家 (幻冬舎新書 こ 10-1) »