ブログトップ >> 個別記事

とある魔術の禁書目録(インデックス) 6 (ガンガンコミックス)

amazonでチェック

とある魔術の禁書目録(インデックス) 6 (ガンガンコミックス)

6歩目
とある魔術の禁書目録は本当に漫画家に恵まれているとおもいます。

とある科学の超電磁砲もそうなのですが、漫画家さんの画力の進化っぷりが凄すぎます!!

内容についてですが、アニメでは省かれた上条さんが出てきてくれて嬉しかったです^^

他のキャラのファンの方にはごめんなさい
 コミックでは実は禁書目録より超電磁砲の方が好きだったりして。それでも買うのは、一方通行と最終信号がいるから。ヒーローを喰ってしまえる存在感が有ってなおかつ共感出来るダークヒーローって書くのがかなり難しいと思う。古くて申し訳ないが個人的イメージとしてはキカイダーとハカイダーがルーツです。
 さて、今回は丸ごと一冊この2人なのですが、かなり上手く視覚化出来ていると思う。ノベルのイラストとはまた違った表現が有って面白い。ただやっぱり尺が短い感は否めなく、無理なのは承知しているが、二冊使ってじっくり描いたのを読みたいと独りで無いものねだりしています。
 どっから見ても「正しい」上条に対して、自己の存在に悩み足掻き続ける一方通行。苦悩し、打ちのめされ、それでも彼の心に去来するものはきっと自分でも気がつかない程の希望。それは最終信号によってもたらされたものと思います。最後のページにほんの少しの、でもとっても大事な幸せの欠片を感じました。
 これから先も様々な悪意に踏みにじられる偽悪。でも、彼女がいる限り彼は負けない。(原作ではかなりヤバイ目に遭ってますが)

絵が上手くなっていますね
1巻から前巻あたりまでに、だいぶ絵柄が安定してきた感じを受けます。贅沢を言えば展開によって表現に強弱をつくり、メインアクションシーンをより強く表現してほしいところ。能力を使用するシーンは、盛り上がるところなので、その時ちょっと空気を変えたりして、わかりやすい迫力を感じさせてほしいところです。ストーリーとキャラクターに関しては折り紙つきの作品なので、これからも漫画技術の上達に期待したいです。

なるほど納得のクオリティ
前回で完結したレディオノイズ編と称された御坂妹のエピソードを引き継ぎ、加害者側であった一方通行にスポットを当てた後日談が今回のお話。
丁度丸々1巻使い、導入から幕引きまでが描かれている。
上述の通り今回は一方通行がメインとなり、上条及びインデックスには出番なし。
全体としては、彼と新キャラの“打ち止め”(御坂妹の上位個体)の出逢いをきっかけに加害者側の内情をアフターフォローするような流れとなっている。

これがなかなかに読後感の良い話としてまとまっており、好印象。
他メディアとの比較で恐縮なのだが、当初アニメで初めて同様のエピソードを見た際は、(尺の都合もあるのだろうが)底が浅く薄っぺらい描写しかされていないように感じられ、
「どうして原作読者にこんなエピソードが評価されているのか。」
「ちょっと改心して一回善い事をしただけの一方通行がなぜ人気なのか。」
どちらも理解しかねる思いがあったのだが、一方通行の想いや考えをきちんと読み解かせるだけの過程を経ている漫画を読んで納得がいった。
それぐらいに丁寧な描写がなされている。
そのおかげで、ラストページに見開きで描かれている退院後の光景がとても感慨深い。
まさにグッジョブ。

また、作画の方もすっかり板についた印象がある。
少し人物が可愛く(幼めに)見える画風と打ち止めのキャラクター性がマッチしていることも相まって、今回は特に良い感じ。

7巻以降も何の心配もなく楽しみな一作である。

とある科学の一方通行
毎度ながら非常にクオリティの高いコミカライズです。 主な見所としては、 3・4巻では完全に「悪役」だった一方通行の以外な一面、そして打ち止めを助けるために奔走する姿。原作でも度々用いられた表現ですが、それまでの彼をよく知る人間は目を疑わざるを得ないでしょう。 あと打ち止めの豊か過ぎる表情。ロリコンと呼ばれるのを覚悟して言います。可愛いです。 また、加筆・修正が多いので、本誌で既に読んだ人にもオススメです。例を挙げれば、毛布を取られて涙目でカーテンにくるまる打ち止めや、料理が冷めても一方通行の料理が来るのを待つ打ち止め、等。 長文失礼しました。

amazonでチェック


関連する本


« これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学 

ホーム |

 マンガで分かる心療内科 1 (ヤングキングコミックス) »