ブログトップ >> 個別記事

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

amazonでチェック

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

つまらない
悪い意味でリアリティがない。曖昧で中途半端な世界観。ゲームの脚本じゃないんだからこれは痛い。

ゼロ年代SFの最高峰の一つ。
9・11事件以降、世界の先進諸国は個人情報認証による厳格な管理体制を整え、
後進諸国にはテロの更なる泥沼化を引き起こし、巨大な溝を生み出した。
米国情報軍、特殊検索群i分遣隊に所属するクラヴィス・シェパード大尉は
他国の戦争を介しながら世界の罪と罰、自分の存在意義を探し始める。

9.11事件以降の国家の在り様とテロとの戦い。
それに伴う国軍の変質と傭兵派遣会社のPMFの台頭、経済成長。
近未来の世界をリアルに描いた作品です。

SFでありながらミステリ要素も含まれており非常に読み応えがあります。
政治、経済、戦争、世界情勢等、広い視野と知識が無ければ書けない一冊。

伊藤 計劃氏の筆力に敬意を抱くと共に、氏の早世を惜しまずにはいられない。

圧倒的なリアリティー
まず著者が、すでに故人であることは非常に残念です。これからもっと成熟した、完全度の高い作品が世に出る筈だったのは間違いないでしょう。

作品の感想は、知識の浅い自分にはちょっと難しい箇所がいくつもあった。本当の事か想像か、判断つかない知識が随所に見られた。
裏を返せば、それほどのリアリティーがあるんです。アクションにしてもテンポ良く、最近観た映画「グリーン・ゾーン」よりもリアルな戦場を感じるほど、緊張感とリアリティーがあった。
しかし、随所にあるトリビア的な知識が、良いテンポを止めちゃってるのは残念でした。それでも難しい小説が苦手なバカな自分に、最後まで飽きさせず読ませる文章力は魅力的です。

著者の作品は少ないですが、他の作品も手にしたくなりました。解説で少し著者について知りましたが、本当に無念だったでしょうね。ご冥福をお祈りします。

近未来の人類に対する痛烈なアイロニー
(おそらく)22世紀、民族紛争、戦争が絶えない地球。
サラエボに原子爆弾が投下され、「唯一の」被爆国、日本は過去の出来事となった。
主人公はアメリカの暗殺専門戦闘員。言語による無意識下での洗脳で、各地で内紛を頻発させている研究員の暗殺を命じられる。
近未来の情景、科学技術、情報管理社会などがかなり具体的に描かれており、著者の知識の豊富さがうかがえる。
これはSF作品であるが、同時に著者の思索、哲学が投影された作品であり、近未来の人類に対する痛烈なアイロニーでもある。
かなりの話題作となったようだが、ストーリー構成の秀逸さ、完成度の高い作品であることは、間違いない。

早く出会いたかった。
たまたま見つけた本書。
なんとなくその装丁とタイトルに惹かれて購入。
予想外に読み始めたら、まったくもって止まらない。
あっという間に読んでしまいました。

こんなに面白い近未来を、ありありと無理のない範囲で表現し、
また今に生きる私の生き方を顧みるきっかけも与えてくれました。

また、読みながら、生体材料のイメージが完全にMGSだったので、
著者の作品にMGS4があって驚きました。
さらに、著者のプロフィールを見たら、すでに亡くなっていることを知り愕然。

本当に残念。でも、そのときにそうだったからこれが書けたんや。
と思うことにして、残された作品を味わうことにします。

ぜひ、ご一読を。

amazonでチェック


関連する本


« ヒストリエ(6) (アフタヌーンKC) 

ホーム |

 神様のカルテ »