ブログトップ >> 個別記事

乙嫁語り 2巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)

amazonでチェック

乙嫁語り 2巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)

アミルが恋に目覚めます!
ゆったりとしたテンポのマンガだからこその恋の目覚めの清清しさよ!!!
なんとも贅沢なマンガじゃないですか。
マンガ喫茶で一気読みなんかじゃなく自分だけの一冊でじっくり堪能しましょう!!!

見て良し読んで良し
中央アジアを舞台に、そこに暮らす人々特有の文化を描く力作。
2巻目となる今回は、前回火種がまかれていたアミルの実家問題が山場を迎える。

さて、待望の2巻。
上述のように今回は件の問題が最大の山場として腰を据えている。
詳しくは読んでのお楽しみだが、「あの村らしい」対応でもって事なきを得ている。
しかし、これで完全決着かというとそうとは確信できない側面がある。
この燻った火がいつかまた次に炎を上げた時はもっと大変なことになるのではないか、と一抹の不安も残る。
その他では、研究者のスミス氏が村を離れるというのが今回のもうひとつの柱だろうか。

それにしても相変わらず作画がすごい。
精緻な描き込みの量が尋常ではない。
よくもまあ連載の漫画でここまで描けるものだと感心する領域である。
見るにも読むにも充実した読み応えのある一作として、2巻も引き続き好調ぶりが窺えるクオリティだった。
満足満足。

しかしアミルはいい嫁だ(笑)
乙嫁物語の1巻、あるいは森薫先生の作風が好きだったら、迷わず買いですね
満足すること請け合い

今回は前作でほのめかしててたよーにちょっとスリリングな展開もあり、ドキドキ
それ以外はさらに進化した森薫節全開、 てなカンジで

エマもそうでしたが、読後こんなに爽やかなキブンになれるマンガはそうはないでしょう

そして相変わらず絵の描き込みっぷりがスゴイ
セリフでなしに絵で読ませます
でもマンガって本来そーゆーものだったんですがね…

個人的には、布の刺繍の柄が家系図のよーになってるというエピソードが好き
なんて豊かな文化なんだろう

しかしアミルはいい嫁ですな
ホレました(笑)

読んでいてドキドキしてくる。とても素敵な作品ですね。
 第十話「布支度」に描かれている刺繍、その刺繍を彩る文様の数々、素敵でしたねぇ。思わず、ほうっと見とれてしまいました。布をまとったティレケが話の扉に描かれた見開き二頁がとりわけ見事で、うっとりしてしまった。

 カルルクとアミルのおしどり夫婦ぶりも、読んでいてドキドキしてしまう。カルルクを見つめて頬を染めるアミルの新妻ぶりの初々しいこと。第九話「嫁心」の中、無邪気に戯れるふたりの姿に、見ているこちらまで泣き笑いしたくなりましたよ。

 颯爽、ひゅっと駆け抜ける風の気配も素敵。例えば、第七話「争い(前編)」の中、45〜46頁にかけて。馬を走らせるカルルクが、駆けてくるアミルの手を引いて、馬上に引き上げるシーンがあります。アミルのひるがえる衣装のすそ。跳んだ瞬間のアミルの靴裏。そして、「ブワッ」と風を起こし、くるりと回転するアミルを描いたひとコマ。本の中から風が吹いてくるみたい。こういうところは素晴らしい描写力だなあと、わくわくしちゃいますね。

 あと、本巻での新キャラ、アミルの友達になる娘、パリヤの人柄もいいですね。アミルと話してて、正直に言いにくいことを最初はウソついてごまかそうとするんだけれど、思い直して正直に打ち明けて、打ち明けてる最中、ちょっと興奮してワアッとぶちまけてしまうところ。136〜137頁にかけてのワン・シーン。くすりとさせられました。パリヤにも、アミルにとってのカルルクのようないい伴侶ができて、春が訪れるとよいなあ、なんて。

 ユーラシア大陸、オリエントの風を感じる素敵な作品ですね。登場人物がまとう魅力的な衣装、彼らの表情の生き生きとしていること、ちょっとした話のエピソードに味わいがあることなど、実に読みごたえのある漫画。第3巻を手にするのが、今から待ち遠しいです。

読んだり、眺めたり
皆さんのレビューでももっとも評価されている作画の部分が本当に素晴らしい。
表紙、背表紙、中身、そしてアンケートハガキにまで丁寧に作られており
作者の作品に対する意気込みや愛情がひしひしと伝わってくる。
実力のある作者が本気で書いた作品が面白くないワケがない!

1巻ではキャラクターの顔見せ的な事もあり、なかなか物語の方まで小慣れてなかったですが
2巻になったらグッと読み物らしくなってきた。
オリエンタルな雰囲気の「絵だけ漫画」ではない、読んでいて楽しい漫画になりました。

また全体の構成のバランスが良く、文化的な描写が多く見られる日常パートと
緊張感のある荒事パートなんかもあり、読んでいてダレる事が無いですね。
次巻への布石のようなものも描かれており、全くもって目が離せない。
徐々に個人のキャラクターが発揮されてきてるのも良い感じですネ。

相変わらずアミルさんが素敵すぎてたまらないのですが、残念ながら彼女は人妻なんですね。
だがそれが良いとは言いませんよ?言いませんけどね…

amazonでチェック


関連する本


« 現代萌衛星図鑑 

ホーム |

 少年ガンガン 2010年 07月号 »