ブログトップ >> 個別記事

少年ガンガン 2010年 07月号

amazonでチェック

少年ガンガン 2010年 07月号

ありがとう鋼の錬金術師
鋼の錬金術師最終回の感想を多くのブログやサイトで見ていますが、
“楽しかった”“おもしろかった”というコメントよりも、
“ありがとう”という感謝の言葉が溢れていることに感動しました。
主人公達はどんなに困難な状況でも決して諦めることはせず、
最後はそれぞれが希望に満ちた答えを見つけてくれて、
読了後はみんな同じ気持ちになるんだなぁと嬉しく思います。

妊娠中も出産後も一度も休載せず最後まで書ききった荒川弘先生、
こんなに素晴らしい作品を生み出してくれてありがとう、お疲れ様でした!

鋼の錬金術師 最終回
やっぱりメインはハガレンです。9年間の有終の美を飾るに相応しい、非常にきれいな終わり方だったと思います。
ハガレンを読みつづけ、追いかけてきた9年間に悔い無し、というかんじです。
私は普段は単行本派ですが、ハガレンが最終回と聞いて、初めてガンガン本誌を買いました。値段が通常より少し高いし、すごく重かったけど、ハガレンファンは持っていて損はないと思います。(付録の時計や、カラーページのインタビュー等、内容が充実しているので)

ガンガン本誌のレビューなのに、ハガレンの内容や付録等のみで星5つつけさせるなんて(つけたの自分だけど)、やはり「鋼の錬金術師」は素晴らしくスゲー漫画だ。

最後に、9年間「鋼の錬金術師」という素晴らしいものを錬成し続けて下さった荒川先生、本当にありがとうございました。

目玉はやはりハガレン最終話ですが
本編だけで無く、カラーページに掲載されている鋼特集も充実しています。
マスタング一派と北方軍のクーデターから、最終章のホムンクルス戦を名シーンと共に振り返り、更に第4回キャラクター人気投票の結果発表、読者イラストによる名シーン・名言集と非常に読み応えがありました。
中でも作者の荒川弘先生と、エドワード役の朴ろ美さん、アルフォンス役の釘宮理恵さんのインタビューは必見です。
付録のメモリアルクロックは日付の設定と、写真の入れ替えも出来るのでなかなか機能的です。使い始めて4日経ちますが時間のズレもありません。
最終話の効果で品薄の為か、ここやオークションで倍以上の値が付いていますが、ガンガンにはバックナンバー販売があるので少し待てば増刷されると思います。
(6/19追記)
ガンガン.NETより
6月11日に発売いたしました少年ガンガン7月号ですが、予測を遙かに上回るご好評を頂き、
多くのお店様で完売状態となり、お客様には多大なるご不便とご迷惑をおかけしております。
心より深くお詫び申し上げます。
現在多くのお客様からお問い合わせを頂いておりますが、誠に申し訳ございませんが、
既に弊社でも品切れとなり、追加出荷のご要望にもお応え出来ない状況です。
お客様にご迷惑をお掛けしている事を真摯に受け止め、今後このようなことが無いよう、
努力をしてまいります。何卒末永くご愛顧賜りますようお願い申し上げます。
増刷は無いようです…非常に残念です。

まだあった!
いつもの店になかったので、少し足を伸ばしてアニメイトへ。やっぱり専門店は違いますね。山積みになってました。探せば、まだ定価で買えると思います。

忘れられない夏
鋼の錬金術師が、9年間の連載を終えてこの号でフィナーレを迎えました。
連載当時からずっとコンスタントに50ページ掲載だったのが、途中36ページ位に減り、
疑問に思っていた2年後、荒川先生がご出産と育児でペースダウンしたのだと知りました。

最終号は100ページを超える大作です。
バトルの最後、生き延びた人たちを描いた部分がページ全体の1/2、
それからすぐ(1,2カ月後まで)の動きとさらに2年後の兄弟とウインリィたちの物語が描かれています。
さらに最後の3ページは写真風に沢山のキャラが登場し、
全員が、それぞれに、それぞれの時を生きていく、その後の物語を読者に示しています。

最後の方で、ウインリィに「俺の人生半分やるから、おまえの人生半分くれ」とプロポーズしたエドは、
幸せそうな顔でアルフォンスとメイと、ウインリィと2人の子どもたちとともに写っています。
最後は、汽車で旅立つ時の、エドの笑顔。

忘れられない夏になりました。

物語は終わりましたが、これから先の彼らがどうなっていくかは、ファン一人ひとりの胸の中で
そっと考えていくことにすればいいのかもしれません。

荒川先生、今までありがとうございました。

amazonでチェック


関連する本


« 乙嫁語り 2巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX) 

ホーム |

 社員をバーベキューに行かせよう! ―結束と成果はこうすれば生まれる »