ブログトップ >> 個別記事

社員をバーベキューに行かせよう! ―結束と成果はこうすれば生まれる

amazonでチェック

社員をバーベキューに行かせよう! ―結束と成果はこうすれば生まれる

既に伝説級の会社なのでは?
地方の元気な会社は何が違うのか?知人より噂に聞いていた会社のことが分かるかと思い、読みました。社員が生き生きと働ける場所を創り、地域のお客様に心から満足して貰えるサービスを提供し、適正な利益をあげて配分するための器。会社の在り方の理想形として、都田建設は特筆に値する存在ではないかと思います。社長の考えを深いところで共感して受け入れ実践するのは並大抵のことではないでしょうが、社員さんも相当モチベーションが高いのでしょうね。やはり仕事や会社が楽しいからでしょうか。

会社とは何か?何のためにあるのか?社員と地域とお客様のためにあるのが本来では?
若くしてそこに気付いて経営の舵をとられている蓬台社長の今後に期待します。「会社を美しく大きく成長させながら、小さな会社のスタイルのままでいる」。そこに関わる全員が幸せを約束されたようなものですね。伝説級の会社をまた一社、見つけた気がします。

サーフィンよりもバーベキューが現実的!
 私はパタゴニアが好きなので、かつて「社員をサーフィンに行かせよう!」を
読んで会社の雰囲気作りや経営の神髄、さらには、社員たちがいかにイキイキ
と働ける職場をつくれるのだろうか?と考えてきました。

 しかし、私たち日本人にはパタゴニア的な経営は憧れるけれど、
現実的には、なかなか難しい。

 ところが、この本では、身近な話題をわかりやすく紹介されて
おり、しかもすべて著者が実践してきた泣かせる話題が満載!

『サービスはかけ算!』でブレイクした著者が経営する都田建設さんが
試行錯誤の結果、だどりついた数々のエッセンスはとても現実的で
役に立ちました。

 特に 社風づくりや素敵な社員の働き方、さらには会社と
お客さんとの関係まで詳細に紹介されているので、
ヒントをもらえるのは、お得です!

モチベーションが上がります
友人からすすめられ「さーびすはかけ算」を読みました。
今回、新に都田建設から本が出ると言う事で早速購入してみました。
都田建設のリーダーの考えかた、スタッフの考え方がとっても参考になり、羨ましくも思いました。
今後も都田建設が発信する事が楽しみです。

社風の作り方
「サービスはかけ算」がとても参考になったので
こちらも購入してみました。

なぜバーベキューをする事で結束力のある
組織ができるのか、また「社風」の大切さが
よくわかりました。

都田建設さんの本を読むと「この会社で働きたい」
と感じさせてくれます。社員さんが羨ましいです。

おもしろいタイトルなんで
「社員をバーべキューに行かせよう!」変わったタイトルだったので購入!中間管理職におすすめ!部下や仲間やお客様に応援されるコツ(魔法みたいな仕組み)わかりますよ、とても読みやすいですし!

amazonでチェック


関連する本


« 少年ガンガン 2010年 07月号 

ホーム |

 生徒会の八方 碧陽学園生徒会議事録8 (富士見ファンタジア文庫) »