ブログトップ >> 個別記事

小惑星探査機 はやぶさの大冒険

amazonでチェック

小惑星探査機 はやぶさの大冒険

宇宙、科学、夢、ロマン、日本の先進技術 これらの言葉が浮かんで来ます
太陽系の起源をさぐるために小惑星「イトカワ」まで到達し地球に戻って来た「はやぶさ」の物語です。こういう開発物語を書かせたら右に出る者がいない山根一眞氏がインタビューをおりまぜて295ページにまとめています。

なぜ小惑星が太陽系の起源をさぐるのに役立つのか。
→質量の大きい地球などは内部にいくと熱により太陽系ができた当時の物質も変化している。したがってそうした熱の影響がない長径500メートルのイトカワが探査の対象として選ばれた
イトカワにはほとんど重力がない
→探査機の脱出速度は秒速20センチ
イトカワは公転している
→秒速30キロの公転速度、時速では10万キロ。はやぶさは加速していってそのスピードになった
はやぶさが小惑星をぴたりととらえるのは東京から二万キロ離れたブラジルのサンパウロ空を飛んでる体長五ミリの虫に弾丸を命中させるようなもの

こういう話が続きます。日本の科学者の夢実現へ向けての努力やアメリカでしか手に入らない衛星の部品の話など興味は尽きません。行方不明になってから電波ををみつけて姿勢制御に成功するまでの話も手に汗を握る話です。

科学、宇宙、夢、ロマン、日本で優れたものを作る、こうした単語とフレーズが頭のなかで繰り返し出てくる本です。



日本の子供たちに是非伝えたい
7年の年月をかけ3億キロかなたの小惑星イトカワを旅してきた惑星探査機はやぶさの記録に感動しました。今年6月にはやぶさが地球に戻ってきたという報道は見てましたが、戻って来たことは奇跡的であり、日本人宇宙科学技術者たちの涙ぐましい努力と根性がそこにはあったことを本書で知りました。世界中が注目する偉業を成し遂げたスタッフの皆さんたちにこれからも頑張って頂きたいと思うと同時に、また日本の子供たちにどれだけすごいことを成し遂げたのか語りたいと思いました。


わかりやすく、面白く、意外とマニアックで・・・メタルカラー健在!
「メタルカラーの時代」の山根さんがはやぶさ本を書かれることを知り、
山根さんのようにうひゃぁ〜と思わず奇声をあげて(^^)/して待っていました。
ざっと読みましたが、山根さんらしい、わかりやすく、対談形式織り込むことで面白く、
しかも担当者たちのいいたいことがたっぷりと聞ける作りになっています。
この本で知ったことも多く、多少マニアックな人にも充分満足できる内容だと思いました。
山根さんのわかりやすい文章と、対談による生の情報による密度の濃さ
(それもインタビュアーの技量しだいですが)が補い合って、とてもいい本だと思います。
挿絵もキーになるものをしっかり押さえている感じで、買って良かった感を覚えます。

はやぶさって何?なんで大騒ぎしているの?という方にもお薦めしたい。
はやぶさの何がすごいのか、マニアがまくし立ててもとても伝えきれないことを
この本はみごとにやさしく正確に伝えていると思います。臨場感もものすごい。
と思ったので、あと1冊買って職場の待合室に置きます(^^)


プロジェクトメンバーの熱い思いに感動しました
2003年に打ち上げられ、この6月に地球に帰還したはやぶさ。そのはやぶさのプロジェクトメンバーの面々へのインタビューを交えながら、その7年間にわたるプロジェクトを感動的に描いたドキュメント。
第9章のプロジェクトリーダーの川口氏がはやぶさに問いかける言葉に、不覚にも涙してしまった。
もちろん、このはやぶさに投入された日本の技術力もスゴイと思うが、さまざまな困難にぶちあたりながらも、それを切り抜けてきたメンバーの努力に頭が下がる思いだ。
どんなプロジェクトでも、第11章で川口氏が述べたように、最後は「根性」なんだなぁ。
このプロジェクトがもたらした功績について語るべき言葉は持たないけれど、日本の宇宙開発の技術力の高さが証明されたのは間違いない。そして、その技術力は、科学者たちがNASAや他の国の技術者には負けられないという技術者としての競争心、誇りに支えられていたのだとも思う。
「二番じゃダメなの?」なんて口が裂けても言うべきではないとも思う。

それにしても、みんなの夢を乗せて散っていったはやぶさの最後の写真は美しい。

おもしろかったから努力して世界一になった
小惑星探査機「はやぶさ」が打ち上げられてから地球に戻ってくるまでの冒険を描いています。はやぶさに襲いかかる、予想を越える試練の数々に対して、知恵を振り絞ってミッションをクリアした、日本のはやぶさのチームの執念の物語です。著者の山根氏が、打ち上げから帰還まで7年の間、はやぶさチームに張り付いて取材を続けてきた、膨大な資料がもとになっており、山根氏の執念の賜物でもあります。

インタビューで開発担当者から聞き出した秘話がたくさん盛り込まれており、ハイテクとローテクの両輪によって「はやぶさ」が支えられ、幾多の困難を乗り越えてきたことがわかりました。特に、開発担当者のヒラメキと日本を支える企業群の持つ底力によって、磨き上げられて絶妙に組み合わされたローテクの数々がとても興味深く感じました。NASAにおいて開発費が25億円を超えてしまい断念した、低重力の小惑星上で活動する小型ロボットをわずか3000万円で作ったそうです。残念ながら小惑星に到達することができませんでしたが・・。

世界トップの経済力を誇るよりも、あるいは世界をリードする政治力を誇るよりも、こんな不可能と思われることにチャレンジして道を切り開いた、凄腕のチームが日本に存在していることを素直に誇りに思います。またこのチームの存在を我々に知らしめてくれた著者の山根氏にも感謝します。

このチームがなぜここまで努力できたのか、中心となった技術者の「とてもおもしろかったから」という言葉が印象的です。結局、おもしろいから頑張れるんですよね。これからもどんどんとおもしろい目標を立てて、どんどんとチャレンジしていく日本でありたい、と思った次第です。結果や評価はあとから付いてきます。

「どうして世界一でなければいけないんですか。2位ではダメなんですか」などと言っていた国会議員には、このようなおもしろさは永久にわからないでしょうが・・。

amazonでチェック


関連する本


« バクマン。 9 (ジャンプコミックス) 

ホーム |

 デトロイト・メタル・シティ 10 (ジェッツコミックス) »