ブログトップ >> 月別[ 2007年04月 ]

我謳(ガオオーー)!!―人生に喝(勝つ)!経営に喝(勝つ)!生きる勇気が湧いてくる本

amazonでチェック

我謳(ガオオーー)!!―人生に喝(勝つ)!経営に喝(勝つ)!生きる勇気が湧いてくる本

読むたびに味わい
自分自身に渇を入れるにはもってこいの本だ。
内容自体も決して説教がましいものではないし生きる勇気がわいてきます。
私も何度も読み返しているが、読み込むたびに味わいが深くなる・・・この本はそういう本だ。

すばらしい
まず、章がどこから読んでもいいことになっており、読みやすい。且つ、その内容が心に染みこむ感じで、大変元気にさせられた。何度も今読み返しているところです。

人は逆境に遭遇して強くなるものだ
この本を読んで人は逆境に遭遇して強くなるものだと実感した。
逆境との遭遇、それは真に自分の真価を問われるときじゃないのか?
理屈なしに「ガオオオ〜!」と叫び、己にカツを入れる。こんな本がこの国を救う!

己に喝!を入れました
「笑う角には福がくる」簡単にそういいますが、私は笑うしかない状況まで追い込まれたことが無いので分かりませんが、著者の市川氏はそれほどまでの苦労をされたのですね!
死ぬまでに「我謳!!」「あほ〜」の境地に達することができるのか?.....


タイトル、評判に偽りなし
あまりの高評価に「本当かな?」と思ったが、読んだ後、思わず「ガオオーー!!」と叫びたくなった。それくらい凄い勢いとパワーに溢れている本である。著者の行動やそこから得た論理展開には時々「???」と驚き、疑問を抱くことも少なくないが、それ以上に著者からの強い愛情と激励がこれでもかというくらいに伝わってくる。専門分野が違えど、自己啓発本にまず求められるのは読者に勇気を与えることが第一のはず。そのコアの部分がここまで充実した本はなかなかない。
普通、こういう生きる強さを教える本には大体世間知的な狡猾さを身につけることを暗に奨励する内容が多いが、本書にはそういう部分がなく、正しい心と情けを以って正々堂々と生きていくことを奨励している。それでいて辛気臭くない。そういうところもいい。

本書の発想法について。著者の言動には色々意見があると思うが、本書中で説明している考え方は参考になること大である。心が疲れた人も悩みがある人も、自分の許容範囲で受け止めて話「半分」で読むだけで充分効く。一見気合を入れるような内容のようで、余裕の持ち方や冷静さを養ってくれるという、なかなか味わい深い効能がある。上のパラグラフと矛盾しているようだが、読んだ後の行動にはそう表れてくるから面白い。

amazonでチェック


関連する本

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~

言葉と声の磨き方

「続ける」技術

自分の小さな「箱」から脱出する方法


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓

ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」

amazonでチェック

ワイド版 風の谷のナウシカ7巻セット「トルメキア戦役バージョン」

奥が深いナウシカ・・・
 映画のナウシカは・・・あれで終わりではなかった!!!続きがあった!!!
しかも、漫画といえど、かなり深いです。環境破壊、戦争、信仰宗教の違い等・・・。
私が10年若くして読んでいたら、チンプンカンプンだったかもしれない・・・。
さらに、え?!オウム・・・こうだったの?!?!なんでオウムがいたのか、なんであの森が出来たのか、なんで戦争になったのか・・・これらの謎が解ける!!!
これを読んで・・・映画だけじゃぁ、ナウシカは語れないなぁ・・・と思いました。
しかし・・宮崎駿は10年以上前から、環境破壊や戦争等の愚考を示唆していたというのに、相変わらず、戦争は止まず、環境破壊も進み・・・切ないですね。

人と自然
山林を伐り崩しコンクリートやアスファルトで固める。
排気ガス、水質汚染、人以外の動植物が追い詰められていく事。
木が林があって鳥がいて虫がいる土地を見て
「あ、空き地がある。ここにビルでも建てりゃ金になる」
という話があったそうです。
ただ在る自然は人の手からのただ受身の存在でなすがまま壊れる。
人間一方の意思次第だけって..言いようも無い感覚を覚えました。
漫画ナウシカは物語も複雑で難解なんだけれど、
自分はまずそのただなされるままな自然、を前にしてる日常に
「森が動き人を寄せ付けず人間が追い詰められた際にきている世界」
を見て「ははぁすっごいな」と、戦慄が走る様でした。
まるで実情の物質金銭社会にどっぷりな感覚に釘を刺すような
自然・人の生活と暮らし・欲、衝突・醜さ・どうしょうもないやり切れなさ
作り手の怒りや憤りも混じった強い意志を感じます。
話が深層にいくにつれそんな森や虫も人と相対するものではないと
宮崎監督は描き進んでいる。
「人は清浄と汚濁の混沌だ」という作中の言葉が
俗欲もあるし空が気持ち良かったり自然が綺麗だったりが人に同在する中で
自分達が、一人が、できることを考えようと言われている様で。
ナウシカを描いたからものもののけ姫へ繋がりその混沌の中でそれでも
「生きるんだ」と宮崎監督はひとつの言葉を出したのかと思った。
いや、凄まじい作品ですが視線が引き上げられる本です。



ナウシカからもののけへ
内容の凄まじさは読めば分かります。
それより私が注目したのは映画監督宮崎駿の軌跡です。ここに描かれた主題は見事に映画版のナウシカともののけ姫を繋げてくれます。

よく「もののけはナウシカと言っていることが変わらない」などと言われますが、これを読めばその昇華の過程が分かります。

自然を喰らい、壊し、そして自然に脅かされ、その中でも人間同士で互いに争い、呪われ、未来に血を吐くことは分かっている。しかし生きていかなければならない。

映画版では足りない、この漫画版のラストがあったからこそもののけ姫の「生きろ。」は生まれた。
映画監督宮崎駿を知る上では欠かせない本です。

風の神様からの贈り物
初めて映画『風の谷のナウシカ』を見たときの感動は忘れない。
どんな人でも助け、どんなものとも心を通わせるナウシカ。自分の醜さがあらわれるようだった。
原作があることを知って購入してみた。映画に利用されているのは主に二巻までで、原作の本の一部に過ぎなかった。話が長くなるぶん内容も複雑ではあるのだが、それだけの読み応えはある。私自身数時間で大雑把に読んでしまったので、また時間を見つけてじっくり読み返してみたいと思う。
ナウシカの世界は「腐海」という死の森の拡大やそこに住む虫たちにおびえながら人間が生きているという世界だった。人間たちは自分たちの住む世界を取り戻すために意味もない戦いをする。私たちの生きる現代社会もさまざまな問題に直面している。環境問題、少子高齢化、化石燃料の大量消費等。世界は違うものの状況は同じだ。この映画が現代社会を物語っているようでならない。そうだとすれば、私たち人類はそのときが来る前に何が行動しなければならない。
確かにあなた一人が行動したからって何か変わるわけじゃない。人間一人にできることってほんのわずか。でもちょっとずつ広げていく。一人から二人へ、二人から三人へ…
"Think globally! Act locally!
世界的な視野をもって、身近なところで活動せよ

可能性に満ち、しかし同時に恐ろしい現代社会へ、今もナウシカはメッセージを送っているに違いない。

仮想世界
この本は現実とは程遠い作品です。
主人公のナウシカは完全に"人間"として極められた存在です。
もしこの世界に一人でもナウシカのような人物がいれば、
狭い地球上に少なからず何かしらの影響を与えるでしょう。
宮崎氏の伝えたいことがひしひしと伝わってきます。
描き始められたのは20年以上前になりますが、今でも十分通じます。
全ての生き物への愛、星に対する敬意、そして欲望の愚かさ。
この本を読めば、必ず少しは理解出来ると思います。
とても恐ろしく、しかし美しいナウシカの"仮想世界"に、一度は足を踏み入れてみて下さい。
現実世界では気付きにくいことが色々気付かされます。
思い上がった訳ではないですが、自分はこの本を読んで人間として成長出来たと思います。

amazonでチェック


関連する本

シュナの旅

風の谷のナウシカ

宮崎駿の雑想ノート


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | コミックセット

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

amazonでチェック

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵

個人投資家最終章
マネー本の多くが、ダマシや単なる印税稼ぎが多いのに、この本の主張は真摯。著者の姿勢も誠実で好感をもった。日本がおかれている状況を丁寧に解説し、アマチュアの個人投資家(プロでもセミプロでもない)が、身につけるべき考え方や知識のアウトラインをきちんと指し示している。アクティブファンドの位置づけや、投資の社会的効果にたいする見方にはちょっと不満が残るが、全体としては良書だと言える。「負けない社会」にかんする記述には、とくに啓蒙された。「世界でも類を見ないような高齢化社会を迎える私たちが、今の生活水準を維持するためには、マネーゲームで遊んでいるヒマなどないのです」との指摘には、ドキリとさせられた。本書を読み終えた個人投資家は、すべてのマネー本を閉じて、むしろ自分の仕事に専念すべきなのかもしれない。

生活が変わりました
 猫背で画面に張り付き、チャートに一喜一憂する生活をしていたのですが、
 それを「クオリティ・オブ・ライフの低下」だと評されハッとしました。
 読破した後の私はまるで別人・・・になることを目指して生活を改めています。

 まだ、金銭的な成果は出ていませんがおかげさまで健康的な生活になったので
 感謝しています。

具体的な分散投資の解説本です。
これほどまでに投資の手法を「具体的」に書かれた本はありません。

投資哲学だけでなく、「投資パフォーマンスを上げるのに何をすれば良いか」が非常に分かりやすく書いてある本です。

その基本論理は、「ポートフォリオ理論」に基づいているのですが、ポートフォリオ理論を知らない方でも、分かりやすく解説されているので安心です。

ポートフォリオ理論の解説本は、通常数学の教科書のようなものばかりが多い中、この本に関してはまったくそのようなことがありません。

多少解説に数式が登場しますが、その式を完全に理解できなくとも読み進めることに殆ど問題はありませんので、数学嫌いの方でも読破できると思います。

あえてこの本で不足している部分をあげるとすれば、本に紹介されている「分散投資」を行うにはある程度の自己資金が必要になると思われることです。あくまでも分散投資は「安全」かつ「パフォーマンス」を求める手法であり、自己資金の多い人ほどに有利な投資手法であると思われます。

従って、分散投資を行う資金を稼ぐためにも「レバレッジ」を利用した投資を別に学ぶ必要があるかと思います。

以上を踏まえても、自己資金があろうがなかろうが、この本を読む価値は必ずあると思います。

話の導入部分は、論理展開に必要な年金基金の実績等が解説されており、多少退屈するかも知れませんが、中盤から必ず夢中になれると思うので、導入部分であきらめず最後まで読むことをお勧めします。



でいとれのあやうさ
 わたくしのまわりにも、デイトレにわずかな金額を投資し
遊びならばよいでしようが、かりに生活費のなかの光熱費
くらい稼ごうと、つぎ込んだ金額がすでに光熱費を
こえていて。かえってマイナス。
そんな人もみかけます。
 この本を読んであたまを切り替えてまた。スイス富豪とまではいかなくとも
車のホイールくらいは稼げるのではないかななんて。
負ける事にいこぢになっている方々、ぜひ一読を!!

分かりやすい
分かりやすく、丁寧な語り口は相変わらず。
タイトルと装丁にやや驚かされるが、中身は安心して投資初心者にお薦めできる内容。
(自称も含め)セミプロの読者にも、やや耳が痛い部分も。
類書にはない内容のマジメさを買って、星5つとしておく。


amazonでチェック


関連する本

臆病者のための株入門

お金をふやす本当の常識―シンプルで正しい30のルール

外資ファンド 利回り20%超のからくり

「投資バカ」につける薬

投資ファンドとは何か 知っておきたい仕組みと手法


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 株式投資・投資信託

おおきく振りかぶって (2)

amazonでチェック

おおきく振りかぶって (2)

まだまだ
読み返してみるとなかなか野球漫画らしい展開。カメラ割りや心理描写は凝りすぎると試合の面白さがなくなるからさじ加減が難しいところ。
この練習試合は三橋がこれから西浦の一員になれるかどうか。百枝監督にしてみれば今後の起用法を決める材料集めでもあります。
阿部くんは攻めの捕手。頭グルグル使っていても受け身ではなく打って出ます。扇の要というだあってより正確な判断とコミュニケーション能力が問われるポジション。彼の凄さは更にその先で要求される軌道修正能力に長けてるところ。頭のいい人特有の切り替えの早さが羨ましい。不遜ですけどまだまだ高校生、しかもなりたて。
スイッチの泉君、玄人好みの栄口くん、桁違いの野球センスを持つ田島くん、この巻ではかの有名な水谷くんのエラーも拝めます。 巻を重ねると他の部員の性質もどんどん見えてきます。

思わず何度も読み返してしまう……
癖になる爽快感です。とにかく、一度呼んで見てください。
私の中ではSLAMDANK以来のヒット作品です。
(ただ、こちらは月刊誌掲載ということで、次回作品のお預け期間が長すぎて毎月やきもきしています)

好みは分かれても
確かに他の方も書いているように、登場人物が女々しかったり、やおいっぽい雰囲気を感じさせるシーンもあります。
少女漫画っぽい絵や、くどい独白などが余計にそう感じさせるのかもしれません。
ですがそれは作風であり、好みの分かれるところです。べたべたしていると感じるか、細やかな心理描写と感じるかは人によるのでしょう。
私としては、それ以上に作者の心意気や愛がビンビン伝わってくる作品だと思います。
評価の厳しい人は、正統派スポーツ漫画を期待していたのでは?

野球好き
「バッテリー、あさのあつこ」と違って野球好きな人が綿密な取材を
して書いている感じです。
さすが、コミック業界、「バッテリー」みたいな手抜きを許さないん
ですね。けっこう比べられる両者ですがレベルが違う、断然、こっち
のほうがおすすめです。
1巻からのってましたが、2巻になってさらに面白くなってきています。

おおきく振りかぶって (2)
 自分はまったく野球が分かりませんが、このマンガが面白いということは分かります。
 このマンガの主人公の三橋廉は、輝かしい実績を持っているわけでもなく、剛速球を持っているでもありません。しかし高校生になり、よい仲間を持って少しずつ成長していきます。読んで燃えて泣くことの出来る素晴らしいマンガです。

amazonでチェック


関連する本

おおきく振りかぶって (3)

おおきく振りかぶって (1)

おおきく振りかぶって (Vol.4)

おおきく振りかぶって (Vol.5)

おおきく振りかぶって (Vol.6)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | アフタヌーンKC

おおきく振りかぶって (Vol.4)

amazonでチェック

おおきく振りかぶって (Vol.4)

抽選会、そして
会場のざわざわした空気や昴ぶりが伝わってくる抽選会。
臨場感に肌が粟立ちました。
西浦はハードな練習をこなしています。水谷くんがふにゃふにゃしつつも実は本筋を捉える能力があります。泉君はリアリストで俯瞰者のようなところがあり自分で仕切ることはないですね、駄目なら駄目だし是とすれば受け容れる器。花井、栄口くん達は重圧を感じやすいのは気イ遣いだから、主将・副主将にぴったり。田島、阿部くんは負けるつもりで試合へ向かいません。
三橋の捕手やチームメイトに対する怯え、阿部の投手に対する不信感が徐々にですが取り払われていってます。
このバッテリー、これから先は別の問題もでてくるとは思いますが現時点で阿部くんは自分で意識している以上に“尽くして“います。
気苦労の絶えないキャプテン花井くんには合掌。同級生だけのチームを纏めています。
女子マネ篠岡さんもホント高校野球好きで制服マニア…彼女のデータあっての桐青対策はどう出るか?
元訳アリ球児主宰の応援団も発足、賑やかなお母さん達も応援しています。
いよいよ初戦が始まります。

歌うたおうぜ!(若干ネタバレ)
一巻から読み始めてハマりまくりな【おお振り】
今回の四巻は何だか改めて西浦野球部のみんなの一面を垣間見れた気がします。

冒頭の三橋の誕生日お祝いシーンは描き手の愛情はもちろん、西浦のみんなの友情がひしひしと感じられ「三橋良かったな〜、みんな本当良い子だな〜」てかなりじわ…と来ました(笑)

また、新しく応援団や他校等のキャラもぞくぞくと出てき、更に次巻への期待も膨らみます。

カバー裏の三橋家の姿もほのぼのしていて笑えました(笑)

是非いろんな人に読んでほしい。
ひぐち先生の絵は人によって好き嫌いがはっきりするものだと思う。実際僕も苦手だった、友達の中にも「絶対読まない」を断固している人もいる。しかし、それは話の面白さ、登場人物の面白さで充分カバーできる。ここまで登場人物に愛着を感じさせた作品は初めてだろう。その上美形、ブサイク関係なく全員が輝いている。
どれだけ絵がうまくてもストーリーに無理があったり、登場人物のキャラが明らかに美化されすぎていたり有り得ないものもある(僕にとってはテニスの王子様やホイッスルがそれにあたる)
しかしおお振りは違う。実際にこんなヤツいる!というヤツが大勢いる。基本的にキャラに坊主や短髪が多いのもいい。敵校の投手榛名にいたっては少々無理なところも感じるが、ケガや先生に見放されて野球をやめようと思ったりオレ様な性格の中にも人間味が感じられた。
また、誕生日会が行われたりテストがあったり実際の高校生活もちゃんと描いている漫画だ。4巻は基本的に試合シーンはない。しかし退屈させないくらいに彼らが身近に感じられた。
是非、この漫画を多くの人に読んでほしい。本当のスポーツ漫画が分かるはずだ。本当の高校生が分かる。それがおお振りだと思う。

マジメで面白い野球マンガ
 ああ、これすごい面白いです。
野球マンガは数あるけれど、タッチ(あだち充)やルーキーズ(森田まさのり)
読んで、「なんで野球やって数ヶ月のヤツがそんなに強いんだよ!!」
と突っ込まずにはいられなかった私としては
徹底した論理的な練習をこれでもか!と繰り返すこのマンガはすごく説得力を感じます。
巻を進めるごとに選手が成長していく姿がありありと描かれてていい感じです。

 ただ、若干腐女子臭がするのはこの作者のデビュー作と関係あるのでしょうか・・・。

帯に偽りなし!
本当にこんな高校野球マンガ見たことない、といえるほど、面白い作品。アフタヌーンで連載中の「おお振り」第4巻です。

三橋の誕生日の話から、桐青との対戦前までが描かれています。
他校のキャラも次第に増えてきていますが、どの子も魅力的にかかれています。西浦内では、応援団に三橋と泉の幼馴染の浜田が登場。
今回も非常に面白い作品に仕上がっています。
なお、カバー裏を捲るのもわすれずに。

amazonでチェック


関連する本

おおきく振りかぶって (Vol.5)

おおきく振りかぶって (3)

おおきく振りかぶって (Vol.6)

おおきく振りかぶって (1)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | アフタヌーンKC

影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか

amazonでチェック

影響力の武器―なぜ、人は動かされるのか

影響力のウェポン
費用対効果を考えて購入されるので

あれば効果の高い本だと感じます。

たけやり→つるぎ
みたいに

自分の持っている武器をさらに強靱にしないと

戦って倒れそうな方は購入しても良いかもしれません。

一歩前進できると思います。

よくまとめられてるゆえに、買わなきゃよかった
買わなくていいよ、じゃなくてあくまで自分は買わなきゃよかった、です。

クオリティはすげえ高いです。文化社会において誰もが遭遇する心理の本質を、整理された、解説力の高い、また高密度な文章でぐいぐいと読ませてくれます。意味の薄さや未整理さを感じる部分は殆どありませんでした。本の完成度にはただただ感心。

しかしいかんせん、本質的過ぎて既視感が強い。実社会でというより、物語(本・映像メディア等)のギミックでお目にかかった覚えのある心理が多すぎる。偉そうに思われるかもしれませんが、ちゃんとキャラクタを設定して物語を書くと、この本に書かれていることは(本質的であるがゆえに)無意識に描かれます。そして意識的に心理戦として描くとすれば確かにこの本は役に立ちますが、それはそれで使い古された心理戦を拝むことになるでしょう。

とにかく、シナリオ作りのための雑学吸収という、僕が本を読む理由との相性が悪かった。ぶっちゃけると、知ってもどうしようもないゆえに勉強にはなりにくいという本です。

やっぱちょっと値段が問題かも。1000円なら5つ星かな?単純ですんません

まさかこの本が・・・
まさかこの本がランキングに出てくるとは。。。



皆さんお願いだからこの本は読まないでください。

一部の人間だけの秘密にしておきたいのです。


名著です
一見、漠然としていて捉え所のない書名に躊躇する向きもあるかもしれないが、
職種・業種を問わず学ぶことの多い名著と言えるだろう。

いま、どのようなビジネスにおいても
「影響力」を抜きにして
顧客・消費者に自社の製品やサービスをアピールすることはできない。

インターネット登場で、そのアプローチは大きく変わったが、
本質的な所は何も変わっておらず、
本書の指摘が大いに役に立つはず。

人間ってある意味単純だったんだ。
書いてある内容は、自分らもちょっとは使ったことのある小技だが、これを体系的に、実証データをもとに見事に書いてあります。
特に気になったのが、自殺の新聞記事が載ると後追いが出ること。米国では、メディアがこのことを十分理解しているのに対し、日本は連日のように報道して後追いを助長していること。
承諾誘導の仕組みも大事なことに違いはないが、人間の心理学からこのような検証を生かして対応してほしいと感じます。メディアさん、笑いの録音テープを流すだけではなく、深く反省してください。
あと、検閲。ロミオとジュリエットの例はわかり易く、これも注意しないといけないんだと反省しました。
時代の流れが早すぎて、乗り遅れている”人間”というものを感じさせてくれた良い本です。
この本にあるように、偽り、捏造などで騙す人間を排除するためにも、多くの人に読んでほしいです。


amazonでチェック


関連する本

私はどうして販売外交に成功したか

人間性の心理学―モチベーションとパーソナリティ

人を動かす 新装版

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

自分の小さな「箱」から脱出する方法


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 社会心理学

おおきく振りかぶって Vol.7 (7)

amazonでチェック

おおきく振りかぶって Vol.7 (7)

最高
面白い!!!

現実的な高校野球漫画は良い(某100マイルジャイロや某アンダースローなど非現実的な投手が主役よりドキドキ感がある

ただ個人的には三橋たちの日常や練習風景なんかのが好き。

アフタヌーンを購読してない自分にとってはにしうらーぜVS桐青の結果を言うやつは害悪でしかない。

いよいよ
試合も大詰め。
今回で試合は終わるのかと思いきやまだ終わらず。
まだ次巻までドキドキワクワクしながら毎日を過ごすみたいです。

今巻は西浦バッテリーに注目ですね。
やっぱり、三橋は阿部じゃなじゃ駄目みたいですね。
そんな二人が可愛くて仕方ありません。
プロフィールは西浦のママさん達でちょっと笑えました。

盛り上がる、盛り上がる
やっとというか、なんというか
桐青戦も終盤まで来ました。

この作品読んでて思うのは
非常に月並みですけど、先が読めないことですよね。
主人公のいるチームが十分負けることもありうる。
作品の書かれ方に‘負け’という要素がしっかり組み込まれている。
だから、ハラハラするし、続きがとても気になる。

特にこの7巻ではそういった要素が
最たる形で現れてます。
とてもじゃないけど、漫画にありがちな主人公側のチームが
最後にはどうせ勝つんだろうなあ的感覚は
微塵も脳裏をよぎりません。

だから、だから・・・早く9巻読みたい!!!
コミック派の私はこれに尽きます。




ファン以上に作者の方がこわいですよね。
でもやっぱりファンだってこわいんです『アニメ化』。
特に最近は好きな漫画等がめためたな出来になってたりで……。
でもアフタヌーンは『蟲師』という素晴らしい先達がいるので期待してます。

さて、そんなアニメ化も決定し人気は止まるところを知りません。
『おおきく振りかぶって』、7巻です。

コレほどまでに、題材としたスポーツの“奥深さ”をこんなにも惜しげなく
出し切れている漫画は、本当に珍しいと思います。

何か起きるかもしれないし、何も起きないかもしれない。
現実の通りたんたんとしているんだけど、それ故に出来事のどれ一つとっても
そこにはちゃんとした話があり、ドラマがある。

まるでそこで試合を観ているかのような臨場感。
まるで同じ場所に立っているかのような緊張感。
選手にも、監督にも、観客にさえ感情移入出来てしまうほどの確かな空気。

そしてれらを生み出す、ひぐちアサさんの野球と漫画に対する愛情。
全てに、深い敬意と感謝の念をはらって。

星、5つ。
更に更に多くの方が、この本に出逢えますように。

さらりと読めて奥は深い
ふにゃふにゃ主人公の直球青春漫画・第7巻
楽しみに待ってました。

西浦対桐青戦のクライマックスです。
ここまで手が出せなかった三橋のストレートですが、桐青ナインは徐々にその性質を見極めていきます。
どこまでも頼りない(性格的に)主人公のピッチングにハラハラ(笑) 頑張れ三橋!

どうすれば得点できるか。どうすれば打たせないか。
ひとりひとりの工夫が試合を動かしていきます。後付の知識ではなく、現在進行形で起こる戦略を読者は浸れるから、こんなに分かりやすくて、面白いのかもしれません。
敷居は低いが、奥は深い。野球をやらない人でも白熱して読める「おおきく振りかぶって」 お勧めです☆

amazonでチェック


関連する本

おおきく振りかぶって (Vol.6)

おおきく振りかぶって (Vol.5)

おおきく振りかぶって (Vol.4)

おおきく振りかぶって (3)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | アフタヌーンKC

少しのイーストでゆっくり発酵パン—こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!

amazonでチェック

少しのイーストでゆっくり発酵パン—こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!

重宝
天然酵母でパンを作ってみたいけど…材料をそろえるのも大変だし
毎日は作れないかもなぁ…
なんて考えてドライイーストで日々パンを作っていた私。
イーストだと独特のにおいがするので困ったりもしていたのですが、こちらの本の作り方で作ると、イーストのにおいも気になりませんでした。
それにおいしいパンをとても手軽につくることができるのです。
いろいろなパンの本を買ってみたのですが、今のところ、この本を一番重宝しているかもしれません。

ほんとに、膨らみました。
普通、私は1斤のパンを焼くのに小さじ1のドライイーストを使っていましたが、
この本はもっと使用しないです。
半信半疑、作ってみたら膨らみました。
焼いてる時には、イーストの匂いは、ほとんどしませんでした。
基本を覚えると、HBでの応用も可能でした。
パン作りをしてる方は、1冊持っていて損のなく、新たなパンライフを
発見できると思います。

お店の味と風味。
気持ちにゆとりがあって、お家でパンを焼くのが大好きになるかも。
少しのイーストで夜から始めるパン作りです。
ちょっとプロテクニックも紹介されてます。
とにかく風味は最高に良い!家庭の味から少しプロの味を望んでいる方向き。

長時間発酵の魔法
パン作りが好きで、毎日パンを焼いていますが、この本のとおりに作ったら、間違いなくうまいパンが焼けると思います。

パンはもともとじっくり発酵させた方が、粉のうまみや素材のうまみが生きて、おいしくなります。
でも、イーストは発酵力が強いので、常温では過発酵になってしまいます。
そこで、冷蔵庫などで低温発酵させるのですが、そのレシピを載せている本って、なかなかない!というか、私はこの本が初めてです。
イーストの匂いが嫌いで天然酵母を使って焼いていた私ですが、この本のレシピで作ると匂いもない!ふっくらおいしく焼けますよ。
著者のメッセージの中にもあるように、イーストのパンのおいしさを再発見できた本です。
超オススメ!!

おいしいパンができました。
色々な本でパンを作ってきましたが、一番簡単でおいしくできる本だと思います。
夜捏ねて、寝ている間に発酵させて、朝焼き上げる。時間を有効活用でき、しかもおいしいです。最近毎日焼いています。


amazonでチェック


関連する本

「自家製酵母」のパン教室―こんなに簡単だったんだ!マイペースで楽しく続けられる

おうちでのーんびりたのしむ『自家製酵母パン』の本

知りたがりの、お菓子レシピ―小さなこつも、大きなポイント

徳永久美子のパンを楽しむ生活―おいしいおはなし

簡単だからおいしい!お菓子―シンプルがこつの、冷たいお菓子から焼き菓子まで


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | パン

孤独のグルメ

amazonでチェック

孤独のグルメ

ただ食べる。
グルメ・料理漫画は数あれども、これ程異色の作品はないだろう。定食屋の生姜焼き、回転寿司、球場スタンドで食う魚肉ソーセージカレー・・・どれも偶然に口にしたものであり、逆に目当てのハヤシライスにはありつけなかったりする。蘊蓄や美食珍味の垂れ流しではなく、かといって、日常の生き延びる食というような重い作品でもないし、漫画家はハードボイルド系だけあってサブカルチャー臭も無い。食べる事の中に主人公の生き方がほのかに漂うのが良い。巻末の原作者あとがきも傑作。野武士になるのは難しいのだ。

純粋に食を楽しむ
どうと言う事のない、普段喰ってる物の話で、特にあそこの何が美味いとか、あそこのシェフはこういう工夫をしてるぞ、とかいうウンチクグルメの話ではない。

ふらりと立ち寄った店、買った駅弁、デパートの屋上のうどん。
たった一人でする外食。
わびしいか?寂しいか?

主人公の台詞が帯になっている
「モノを食べる時にはね 誰にも邪魔されず 自由で
 なんていうか救われてなきゃあ ダメなんだ
 独りで 静かで 豊かで・・」

たくさんの人間で囲む食卓の楽しさは格別だが、独りで静かに食う飯には「癒し」があるのだ、とまあ大げさに言えばこういうことらしい。

独り月下を散歩するような、静かなドラマに溢れているこの作品は、何ともいえない風情で、グルメ漫画というカテゴリからはみ出している。

外食時間は哲学する
本書に登場する外食屋のうち、4店に行ったことがある。勿論、本書で知ってからのこと。
赤羽、石神井公園、池袋西武百貨店屋上、秋葉原の万世橋である。いずれも、漫画に描かれるとおり! 周りの風景から、空気の色、食事している客までが漫画と同じだと思われた。ある知人によると、店の人までがリアリズムだったとのこと。
これは「食い物屋」の話であって、さにあらず。外回りの営業マンの話である。労働時間の大半を外で過ごす営業マンにとって、食事の時間は「拘束中の自由時間」である。得意先と一緒に食べたり、それこそ酒を飲みに行ったりすることも少なくないが、昼時の一人の食事は、ある種独特の時間の流れが存在する。これはやってみないとわからないけど、経験者であっても、この時間を上手く説明することができない。いや、説明する必要もないのだが、あえていうと、この時間にこそ営業マンの精神現象が、その一端を垣間見せると言えようか。
その精神現象をうまく掬い取っているのが、本書の手柄である。
本書に営業活動そのものの描写は僅かしかない。営業活動そのものは、一般の会社員営業マンの場合、「営業日報」というもののうえに無味乾燥な文体で定着される。しかし、移動時間こそ交通費精算書にその足跡が刻印されるが、食事時間、徒歩での移動時間はどこにも記録されない。振り返って、営業活動でおぼろに思い出されるのは、営業そのものよりも、食事や各種の妄想じみた存念に彩られた徒歩の時間、あるいは電車の中での多分に曲折した想念、タクシーでの運転手との世間話なのだ。いや、人間の過去の生活など、概ねそういうものかもしれない。しかし、ひょっとすると、そんなことだからトップセールスに名を連ねられなかったのかも、との思いは残る。
そんなことまで思わせる沈思をいざなう1冊である。一つの時間論の趣きさえ漂っている。

静かに読める/行きたくなる
某グルメブーム火付け役漫画の如くに、「口の中でプチュプチュと○○が××した所に△△がくしゅくしゅっと溶け出てそれを□□がトロトロッと包み込み云々・・」等というような、口の中で咀嚼した物を一度掌に総て吐き出し、丹念にこと細かく選り分けて見せるような描写はありません。食べる人の表情。感嘆の言葉。実際に店探して食べに行きたくなる、誘われる作品です!!

素晴らしいの一言
モノを食べる時にはね、誰にも邪魔されず
自由で、なんというか救われてなきゃあダメなんだ
独りで静かで豊かで…

このセリフ!まさに期待通りの久住昌之。
私は「芸能グルメストーカー」から流れ込むようにこの作品に触れた口なのですが、
06年10月時点で実に第14版、作品の息の長さが伺えます。

「ダンドリくん」「かっこいいスキヤキ」等、日常性の中に潜むおかしみを
ダンディズムを交えて語ってきた久住昌之氏と、
狩撫麻礼・メビウス・夢枕獏など錚々たる面々の原作を手がけてきた
職人・谷口ジロー氏の(一部漫画好きにとっての)夢の邂逅。

明確なオチやストーリーなどはありません。
盛り上がるでもなく、しかし決して退屈にもならず、
久住氏の重箱の隅を突くようなこだわりと谷口氏の超精密な絵でもって流れていきます。

それがもう、どうしようもなく、いい。こんな贅沢な漫画もそうそうありません。

ただし、「一家に一冊」という類の本ではないですね。
男がひっそりと独りで読むような、ある種の隠れ家的愉しさに満ちています。
男の本棚に、静かに一冊。

amazonでチェック


関連する本

かっこいいスキヤキ

散歩もの

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)

デトロイト・メタル・シティ 2 (2)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | グルメエッセー

佐賀のがばいばあちゃん

amazonでチェック

佐賀のがばいばあちゃん

昭和の良き記憶
昭和は今では、完全に過去の時代。
バブルとともに平成に移った。

昭和の良き生活をこの本は再現している。パソコンに囲まれて気ぜわしく働いている平成の人にとっては、今を振り返る良い材料。
立ち止まって、過去を考えるのも悪いことではない。

間違ったことはしちゃならん、お天道様が見ているから。
ホリエモンとは真逆の発想(法律に反していなければ、多少ずるいことやってもいいでしょう。)がここにはある。
お薦めです。

よかった!
島田洋七さんの佐賀で過ごした幼少時代が描かれてます。
人間のあたたかさ。
本音。
綺麗な心。
本心。
純粋さ。
そんなものを感じました。ぜんぜん気取って書かれていない。そのくせ、じーんとくる。うんうんってうなずいてしまう。人間らしい。読んでいて、うれしくなりました。

あっという間に読めます。
さらっとしてるのに、心に届きます。
ただのエンターテイメント小説でもないし、お涙頂戴のコテコテ感動ストーリーでもない、そういう意味でとっても読みやすい本だと思います。
人は、一人で生きているのではないんですね。

オススメします。
これは、手元において何度も読み返したい本かもしれません。

読みやすい
 おもしろかったですね。なんと言うか、どこまでも元気で愉快・痛快ながばいばあちゃんが素敵すぎです。主人公との掛け合いには何度も吹き出しました。それでいて、読み終えるとどこかほのぼのした雰囲気に包まれています。この読後感も好きです。
 小説としては、かなり読みやすい部類に入るかと思います。文章が短いので。

泣けた!!
本当に感動します!なんだか昭和初期に生まれたかった!便利で発展した分、心の豊かさがなくなってしまったんだなと思います。当時の洋七さんや周りの人の温かさがスゴく伝わり、いろんな場面で泣いてしまいました。本当に感動します。小学校の道徳の教科書に載せるべきです!!!!

豊かさ。
立て続けに二回読みました。
「幸せは、お金が決めるものじゃない。
自分自身の、心のあり方で決まるんだ。」
という、最初の章のさいごの二行が全体を通しての著者のメッセージだと思いますが、
読めば読むほど簡単な生活ではなかったと、思います。
ほとんど初対面に近い小学二年生の孫にがばいばあちゃんがしたことは、薪で米を炊くことと炊きたてのご飯さんを仏さんにお供えすることでした。朝の四時から勤めに出る自分が孫にひもじい思いをさせないための苦策だったと思います。ガスコンロも冷蔵庫もない生活を私はそれほど不幸だとは思わないけど、仕方ないとは言え、低学年の子供におくどさん(死語ですね。苦笑)の世話を任せたおばあちゃんの勇気とおおらかさと、そして覚悟のようなものに、感銘をうけました。実はかく申す私は生まれたとき実家がおくどさんのある藁葺き屋根でした。あまりに、さらりと書かれているため、今の人には分かりにくいと思いますが、おくどさんの火の管理はとても難しいです。そのかわりに、藁葺き屋根の家屋は隙間だらけなので、まかり間違っても今流行の一酸化炭素中毒には無縁です(笑)が。。。。
いらないことを、書いて済みません。
私は本書を若い人や若い親御さんだけでなく、孫にたいしてねだられもしないのに何でもモノや贅沢な経験を買い与えてしまっているじいさんばあさん世代にこそ読んでほしいです。その年代なら、情景を思い浮かべることが出来る人もなかにはいるかもしれません。
続編も全部読んでみたいと思っています。

amazonでチェック


関連する本

がばいばあちゃんの笑顔で生きんしゃい!

がばいばあちゃんの幸せのトランク

かあちゃんに会いたい―がばいばあちゃんスペシャル

がばいばあちゃんの贈る言葉

がばいばあちゃん佐賀から広島へ めざせ甲子園


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 落語・寄席・演芸

成功はゴミ箱の中に―レイ・クロック自伝 世界一、億万長者を生んだ男-マクドナルド創業者

amazonでチェック

成功はゴミ箱の中に―レイ・クロック自伝 世界一、億万長者を生んだ男-マクドナルド創業者

すらすらと読みやすい
ペーパーカップやミキサーのセールスマンとして働く中で、52歳のときにマクドナルドのフランチャイズ権を獲得、以来、現在に渡るまで、事業拡大にむけた努力が描かれています。

小難しいことは何もかかれていらず、言ってることすべてがシンプルで分かりやすいです。また、邦訳も非常に読みやすく、立ち止まることなくすらすらと楽に読めて楽しめます。ビジネスとして学び取ろうという人にも、気軽に読んでみようという人にも、皆さんにお勧めの書です。

マクドナルド成功の秘密とは?
友人から勧められて読みました。面白かったです。★5つ!(^_^y

レイ・クロックはマクドナルドの創業者。
彼は業務用ミキサーの営業マンをしていた52歳(!)のとき、マクドナルド兄弟のハンバーガーショップと出会います。

そこでオペレーションに感動し、このハンバーガーショップを全米に展開するビジョンを持ちました。

舞台は1960年代のアメリカ。日本で言えば1980年代かな。
レイ・クロックはフランチャイズシステムを使ってマクドナルドを発展させていきます。
外食やフランチャイズシステムが当時の最先端だったのでしょうね。

いつの時代も起業家というのは強烈なものです。(^^;)
レイのマクドナルドへの情熱はただごとではありません。この情熱が成功の秘密なのでしょう!

この本は、ユニクロの柳井正さんが若き日に読んで感銘を受け、再出版に尽力したそうです。
巻末には、柳井さんの解説が載っています〜


「読書百遍」に資する「自伝」
素直に、マクドナルド創業者ってどんな人なんだろう?
ということで手にとって読み始めた。

具体的な内容については実際に読んでもらうとして、
この本は「何回も繰り返し読んでこそ価値があるもの」
である。

推薦者の二人が「バイブル」と言ったのも、
一回やそこらじゃ内容がとてもじゃないけど消化しきれない
という意味している。

数年に一冊、後世に残っていくであろう自伝が出版される。
それはまた何世代にもわたって読み継がれていく。
本書は、もしかするとその一冊となるのではないでしょうか?

継続と信念
どうも最近、自分の信念が確固たるものなりつつあり、それに反することに対しては、非常に感情的になってしまい、時に人を傷つけてしまうのである。論理的になろうとすればするほど、感情を殺さないと、脳が感情の奴隷になる、と経験し、『EQ』で再認識し、感情を抑えることができるようになってはいるのだが・・・。上のような自分にとって、本書は、間違いなく一つの勇気を与えてくれた。

五十二歳からのアメリカンドリーム
→五十二歳からのアメリカンドリーム 
 しかも自分だけではなく、周りの多くの人間とともに
 億万長者になっていく過程は、希望と勇気を与えてくれます

→「愚直なほどに簡潔に」(P35)の言葉で、成功の構造を
 「質の高い睡眠」(P102)の言葉で、成功の生活習慣を
 そして
 「経営者とは、そもそも失敗を犯さない人がなるべき職業だ」
 (P135)という言葉で、成功者の職業観を学びました

→結びに、ユニクロの会長兼社長の柳井氏がこの本の総評を
 書いているのですが、これがまた秀逸! ぜひ、ご一読を!

amazonでチェック


関連する本

年俸5億円の社長が書いた 儲かる会社のすごい裏ワザ

レバレッジ・リーディング

打つ手は無限 ~変貌する社長業

アメーバ経営―ひとりひとりの社員が主役


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ノンフィクション

涼宮ハルヒの消失

amazonでチェック

あまりにも感動的。
感情を覚えた長門。
キョンの目の届かない違う学校にハルヒと古泉を移動させ、朝比奈さんは手の届かない存在に…

それでも最終的に五人が集まり、最終判断をキョンに委ねたのは、感情を覚えはじめた長門の葛藤の末か。

いや〜余計な想像力を働かさせてくれる作品なので頭が忙しいです(笑)


そうそう、これからこのシリーズを読む人は、取りあえず一巻から順番に読んで行って下さい。絶対です。てか四巻でたった二千円です。内容考えたら安いもんです。

最後に、これ読んだ後、皆さん長門に恋しないように!

シリーズ最高傑作!
別の世界にきてしまったキョンが元の世界に戻るまでの冒険を息もつかせぬテンポでどんどん展開させていく。またその過程には謎解きあり、過去の伏線回収ありでサスペンスドラマのよう。
既刊シリーズは8巻まで全部読んだが、これが一番面白い。
最後は、また続編に続く伏線が張られて終わる。

ただSOS団の消失を経験してしまったキョンが、このシリーズ以降、やたらSOS団にこだわりすぎるというか、SOS団ラブになってしまったのはちょっと残念だったかも。

今まで私が評価した星5つがかすんで見えます。
50ページ過ぎたあたりから読み終えるまでずっと心臓が鳴りっぱなしでした。

1〜3巻までのそんな些細なところまで伏線になっているのか…作者には、本当にしてやられたって感じです。というか、なぜここまで完璧に作りこめるのか、このつながりは絶対に予測できません。有無を言わさない完璧な1話でした。

鍵の下りの臨場感はすさまじいものでした。
そこからのキョンの心情の描き方も、私達読み手をぐいぐい引き込んでいきます!

最高傑作の名に相応しい1冊です。仮に、前3作が面白くない、どうしようもない小説だったとしましょう(実際はとても面白いのですが)。ですが、この4作目のにつながる伏線を確認する、たったそれだけの為に読んだとしても、その3作分の価値を取り戻す、超越するクオリティがこの4作目にはあります。絶対オススメの1冊です。

我は未来人ジョン・スミス。今後ともヨロシク
SOS団の活動内容:クリスマスパーティー → 何も起きない、へ変更

クリスマスパーティーを開くにあたって一応団員の予定を聞くハルヒですが、本当に聞いただけ。
「たずねるのが予定ではなくて意思だったらよかったのにな」とぼやくキョン。
そうして何かが起こってしまいそうなパーティーの当日までの何事も無い平和な日々を、
大切にかみ締めながら過ごし当日を待つキョンでしたが、
その日を待たずして起きたとんでもない出来事。

今や普通じゃない事がデフォルトになってしまったSOS団の在籍生活。
それがある日突然に終わりを告げます。
そう、一般的な普通の何でもない生活の到来、「何も起きない」が起きてしまったのです。

当たり前だった日常から突然の締め出しを食った心細さ、焦燥感。
胸だけデカい小さい娘朝比奈、転校生古泉、眼鏡っ娘長門、
ハルヒを巻き込んだそれは、キョンも例外ではありませんでした。
不思議な出来事の主役ではなくとも脇役でありたいと思っていたキョンに
突如として降りかかる部外者への配置転換の恐れ………


何が起こるのか毎度楽しみにしているこのシリーズ。
まさかそこで何も起きない、なんて事が起きるとは完全に意表を突かれました。
本作ではキョンのSOS団への思いの再認識、巻き込まれる受身からの脱却、
ほのかな仲間意識の芽生え、今、ただこうして在る(環境や人)事の大切さとありがたみ、
そういった真に迫った気持ちが垣間見られ、読後は妙に心温かになれる作品になっています。

力作です!
 知人が消えてしまうという設定に洋画の「フライトプラン」を思い出しましたw
 消えてしまったヒロイン、クラスメイトのハルヒを探す主人公のキョンの姿はその映画の主人公と同じくらいの焦り具合で読んでいて非常に楽しかったですw
 いくらうるさい友達や恋人でも突発的に消失してしまうときっとどうにもならない不安が押押し寄せてくるんでしょうね…。その感情には普段意識していない愛情が隠れているんだと思います。
 僕はこの本を読んで人にはうんと優しくしようと思いました。

amazonでチェック


関連する本

涼宮ハルヒの退屈

涼宮ハルヒの暴走

涼宮ハルヒの溜息

涼宮ハルヒの動揺

涼宮ハルヒの陰謀


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | た行の著者

言葉と声の磨き方

amazonでチェック

素晴らしい
私は演劇、声楽を習ってきました。
なのでこの本の「一瞬で」というコピーは半信半疑だったのですが、
実際読んでみて驚きました。

誰にもわかりやすく実に明瞭明確に方法が書いてあります。
簡単な言葉をつかっていますが、実に要点を得ているなと思いました。
CDの内容も一日に5分を見つければ練習できます。

私も毎日の習慣にしています。

声の出し方が意識できました
英語の発音法について、勉強したことはありましたが、
まさか日本語で自分が出せない音(だぢづでど)があるなんて
この本のエクササイズをするまで、わかりませんでした!
皆さんも、是非この本で声の出し方を一度試してみては?
音楽での発声を教わっていたためか、リラックスすることの
大切さには「ああ、やっぱりそうか!」と納得。
とても楽しく練習できます。よかったです。

楽〜!!
頑張るのが苦手な私でも楽しくCDと一緒にエクササイズできます。
楽しくやれるから効果も出ます。
最近友人から「話し方の印象が変わった。はきはきして聞きやすくなった。」と言われました!

超カンタン!
本で声の大切さと発声法を確認し、CDで実践しています。
繰り返していると自分の声が変わってくるのがわかります!
声を出すのが楽しくなってきます。

評判通り、CDだけでも充分お得
今までCD付きのボイストレーニング本を何冊か買ったけど、CDは全部英会話の教材みたいで途中で眠くなった。
その点、このCDはレッスンの熱気が感じられて、一緒に頑張ろうという気になった。
それがヴォイスティーチャーたるゆえんか。

amazonでチェック


関連する本

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~

自分の小さな「箱」から脱出する方法

「続ける」技術

コミュニケーションのための催眠誘導 「何となく」が行動を左右する

さようなら!「あがり症」―10人から100人の前でラクに話せる


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ビジネス交渉・心理学

年俸5億円の社長が書いた 儲かる会社のすごい裏ワザ

amazonでチェック

在日<ピー>ビッチ対策室からのメッセージが1件あります。
産業廃棄物以前の存在者に何ごとかを言い立てる資格はないのである。
早々にこの世界から退場せよ。

即実践できるノウハウ本
読むだけでなく、即行動に移せ、という著者の熱い心意気が感じられる一冊。
他の「凡人…」2冊に比べより実践的な内容。
ただし詳しく書かれている箇所と浅く書かれている箇所があった。
「次の本までこの部分はお預け」なのだろう、と受け取った。

珠玉のノウハウが53項目も!
タイトルに釣られて買いましたが、一気に読んでしまいました。
マーケティングの基本が53項目も載っています。どれも基本
として身に付けておくべき項目です。使用にあたって自分なり
のひねりを加えれば、さらにパワーアップし、まさに鬼に金棒
でしょう。
著者のノウハウはこれにとどまらないと思います。第2弾の公開
を心待ちにしています。

そうは言っても、、、
 5億の社長ばかりでない世の中
だからこの本読んでよ。
という仕掛けだからつまり
裏なのね。

表だけではだめだと人様に伝えてどうどうとしている。
それが技ばやりの裏ワザということか。

読むにはよいが本当に儲かってしまう気にさせるのが
危うい。 まー一読お薦め。

おもしろい
本当に面白いです。
そして読みやすいです。
平さんの本は本当に勉強していないと分からないものも多いですが、
今回の本は原点に返ったようなすばらしい本です。
あっという間に読み終わってしまいます。

確かに裏技ですが、これを実践できるかどうかは
あなたしだいです。

amazonでチェック


関連する本

凡人の野望

お客が集まる!ワルのしかけ

究極のセールスレター シンプルだけど、一生役に立つ!お客様の心をわしづかみにするためのバイブル

究極のマーケティングプラン シンプルだけど、一生役に立つ!お客様をトリコにするためのバイブル


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 社会・政治

人を動かす 新装版

amazonでチェック

一応レビュアーとしての仁義
 まーこの人をかたると夜も日も空けぬ
時代がありました。
題材がシンプル
過去大ヒットをとばす本というのはタイトルが
みな分かりやすい
私達はみな良い人間になりたがっている人のほうが多い。

とのこのようなリクツになりますか。
カーネギーはその後本当の人間のエゴイズムとともに
真実の友情もつたえていきます。

 なんとなく日本人に近い考えが受け入れられたのではないでしょうか。
カーネーギーはとおくなりにけり、されどカーネーギーに得るところは
まだまだあったわけです。

一読推奨!!


動かされた
人を動かすためのことに書かれた著書を読んで動かされました。

人に対して、何事も認める、否定しない、悪く言わない、心から誉めるなど
この著書に書かれていること、全てを直ぐには実践できなくとも、
少しずつでも出来るようになり、人間として成長したい、
その様に、自分を高めようと思わせてくれる素晴らしい著書です。

より良く生きるための知恵と洞察とヒントと・・。一生ものの本。
出会うことができて良かった、一生ものの本。

「人を動かす」。このタイトルに胡散臭さを感じて、これまで、目に入ったとしても、手にとることは無かった。が、「100人100冊100%」のおかげで、紹介文を読んで、それまでのタイトルに対する偏見を捨てて、素直に、自分も読んでみようかなと思った。


相手に納得して動いていただくことが、どれほど素晴らしいことか。そのために、自分がどういう心持ちで臨み、何をどのように語りかけるべきか。

そのような一生ものの課題に対する洞察と指針がつまっていた。自分がこれからの人生で、マスターできるかどうかはわからない。けれども、本書はいつも気になるところに置いておいて、おりにふれ、反省のきっかけと助言、ヒントをもらいながら生きる。

そうすることで、そうしないよりもずいぶんとよく生きることにつながると思う。

そういう一冊だ。


やっぱり読まなくちゃ!
どんな人間でも心を持っている。でも、自分から人を変えるって難しい。まず、無理。そんなときに「人を動かす」動かすって、絶対に指図したりして無理やりさせるわけじゃないですよね。カーネギー氏が言ってるのは、簡単に自分にできることで人々の心を変えていただくってことだと私はこの本をよんでおもいました。簡単な対人関係の心理学としても役にたちます。何せ半世紀を生き延びた大ベストセラーなのですから。たいしたことあります。

人間関係を円滑にして心安らかに生活する秘訣
人として生きる限り、家庭、ご近所、学校、職場、地域社会などに、あらゆる人間関係が存在しています。
人間関係がうまく行かないと、その人の人生は生きにくく、苦悩に満ちたものになります。逆に人間関係がうまく行くと、思いやりに満ちた、やりがいのある明るい人生となります。
本書には人間関係を円滑にする為の考え方、行動指針、アイデア、事例がたくさん解説されています。
ポイントは以下の点です。

1.相手に重要感を与えること。
2.相手を尊重すること。
3.相手の立場に立って考えること。
4.相手の話をよく聞くこと。
5.相手の言い分を認めること。
6.自分がしてもらいたいようなことを相手にすること。
7.自分がしてほしくないようなことは相手にもしないこと。

20代の頃には分からなかった人間関係の機微が、年を取るに従って分かって来ることがあります。
本書は年月を経ても内容が廃れることが無く、再読する度に新たな気付きがあります。本書を再読し、日々の生活の中で適用し、応用することで、その驚くべき効果を確認することが出来ます。
老若男女を問わず、あらゆる職業、あらゆる境遇の方が本書「人を動かす」を読まれることを強くお勧めします。

amazonでチェック


関連する本

道は開ける 新装版

話し方入門 新装版

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

7つの習慣―成功には原則があった!


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・生き方

フルーツバスケット 23 (23)

amazonでチェック

とてもうれしかったよ
君が笑いかけてた すべてを溶かす微笑みで……
(アニメ版OPより)

とうとう最終巻。前巻のテーマが『解放』だとすれば、今巻は『飛躍』だろう。
ひょんなことから草摩家へ転がり込んでから、関わる人間に変化をもたらし、
自身もまたトラウマとも言える母との死別を乗り越えここまでの成長を遂げるなど、
恐らくは透本人も予想してはいなかっただろう。

これほどマイペースで、ある意味天真爛漫なヒロインがいるのだろうかと思うほど、
透は笑顔をふりまき、時には涙し、本音を一生懸命ぶつけ、無垢な天使のように振る舞う。
その透もまた、自ら抱える想いを乗り越え、叶え、掴んだ道を歩いてゆく……

最終巻だけに、登場人物総動員で、とてもにぎやか。
それだけに、さまざまな人間模様が見られるが、皆、ほどけた蕾のようにどこかあたたかい。
様々な節目を考えると、今の時期の発売がピッタリだったように思う。

ひとつのちいさな出会いが、後の人生に大きな変化をもたらすことがある。
この作品はフィクションのコミックスだけれど、そんなことを思わずにはいられない。
長年草摩の人間を縛ってきた『呪い』でさえ、ごく少数の人間にわだかまりを残すのみで、
非常に最終巻らしい最終巻だった。

結局『呪い』ってどういう力が働いていたの? 何故『呪い』をかけることができたの?
どうしてそれが十二支で、猫だけ酷いものだったの? と、やはりどうしても
突っ込みたくなってしまうところがあるが(笑)、作品の根本を疑うことになってしまうから、
そういう疑問は野暮なのだろう。

今はただ、「おめでとう」。とだけ送りたい。

感動☆
このマンガ、始めから読みましたが感動しました。
ありきたりの言葉でも、言って欲しいのが人だとおもうので、それを教えてくれる、言ってくれるマンガでしたね・・・

素直にアキトを許せないリン・・・それって当たり前だと思います。それを書けてる高屋先生は考えてるなぁ・・・って思いました。

疲れてる方にオススメ!最後も途中も、涙無しでは読めないです。読めば読むだけ深い感情が詰まってる。
終わり方も、ずっと、と言うことが強調されてる気がしました。これももう永遠って感じでいい!



スイマセンでした
正直18巻から読むのやめて手放してました。
しかし最終巻が発売されたのを期にまた全巻大人買いしました。
アニメでこの作品をしり結末がとても気になり集めてましたけど後半は読み辛かったですね。伏線の波状もありましたし…


しかし、最後まで読んでみればとても素晴らしい作品だったと思いました。

特に最後の数ページで、読み始めは透達と同じ歳だったのにいつの間にか彼等の年齢を追い越しそして追い越された感慨に浸らされ、置いて行かれた寂しさに陥りました。

まさに十二支の呪いが解けて居なくなったらなったで寂しくなった様に感じました。

あと自分は男なので恥を忍んで買っていた唯一の少女漫画でした(笑)

それぞれのその後も是非みたいですね(透と夾の生活とか)
でも高屋先生まずはお疲れ様でした


「絆」の意味
とうとう終わってしまいましたね。涙なしには読めない話がたくさんあったフルバですが、この最終巻もやはり泣いてしまいました。
私が個人的に共感したのはリンの思い。「呪いが解けたからといって、アキトを許すことはできない」と苦しむリンの姿は、ある人から受けた仕打ちを決して許せない自分と重なってしまいます。そしてその苦しみを受け止め、「痛みは簡単には消えない。きっとたくさんの時間が必要なのだ」と寄り添ってくれる透くんのような人がそばにいてくれたら、と切実に感じて涙が止まりませんでした。
フルバ世界では「絆」がいつしか「呪い」となってしまった訳ですが、現実の社会でも、「絆」から始まった人間関係がいつしか「窮屈さ」や「束縛」へと変わってしまうことはたくさんありますよね。こうした困難に直面したとき、透くんのような温かさやしなやかさを持ちたいと心から思います。

春。
とても温かく、よい終わりを迎えられたと思います。
透との関わり、昔を振り返りながら、それぞれが幸せを願って。
高屋先生のご病気など、一時はどうなることかと思いましたが、
素敵な物語を、本当にありがとうございます。

誰もが暗くてドロドロした感情を持っているもの。
それをも許してくれるのが、フルーツバスケット、という作品だと私は思います。

amazonでチェック


関連する本

フルーツバスケット 22 (22)

フルーツバスケットファンブック宴

フルーツバスケット (21)

鋼の錬金術師 16 (16)

フルーツバスケット (20)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 花とゆめコミックス

田中宥久子の造顔マッサージ (DVD付)

amazonでチェック

十数歳若く見られた??
今、始めて3ヶ月ぐらいです。以前はおでこに薄いシワと赤いまだらのようなものがあって、額を出す髪型を躊躇していたのですが、最近できるようになっていました。あるとき前髪を全部あげる髪型をしてみて、「あれ、どうして今までこうしなかったんだっけ? あ、そう言えば、造顔マッサージ!」と思い出しました。
私はジェル式の化粧水を使ってマッサージしています。朝は一番最初と最後のと、その他2・3個しかしていませんが、それでも効果があるようです。夜は全部やっています。
私は今40代前半ですが、先日、久しぶりに会った友人に、「ええっ、若くなってる。20代に見える!」と言われました(笑) この友人のお世辞は大げさすぎるとは思いますが、マッサージ効果は本当だと感じます(さっそく友人にも教えました)。試してみる価値はあります。

これはすごい
 本屋で見つけて半信半疑で購入しました。

 マッサージクリームのチョイスが難しいですが、マッサージそのものはそれほど難しくはなく、何度かDVDを見ながら実践すれば覚えられる程度です。
 正直なところ、くまや毛穴にどの程度効いているかは分かりません。
 自分でマッサージ前後の写真を撮っているわけではないので、顔やせ効果もあんの?と思っていました。
 が、最近、体重は減っていない(むしろ微増だった)のに、何人かの人から「痩せた?」と聞かれました。
 心当たりはこのマッサージしかありません。
 そうやって見てみると、確かにあごのあたりがすっきりして、ほうれい線も目立たなくなったかも。
 すげぇ!効くじゃん!!
 ということで星5つです。

本当に違いがわかります

そろそろ肌が引力に負けてきて
頬のタルミが気になってきて
でも老化を認めたくなくて
なんとかしたくて探して出会った本

買ったその日からずっと
朝晩続けて3ヶ月以上になりますが
先日本当に20代に間違えられました

肌のコリが取れるマッサージなので
朝起きた時にむくんでいたとしても
たった3分で解消!というのもうれしいです


女性だけに独占させない!
妻がテレビの前でやっているのを見て笑っていましたが、
半ば無理矢理やらされてビックリ。とにかくまず、気持ちがいい。
自分の顔はこんなに強張っていたのかと実感しました。
妻は私を見て「顔が若返った」と言いますが自分で見る限りまだわかりません。(3日目ですから)
ですが今日、職場で同僚に「明るい顔をしている」と言われました。
難しい小手先の技ではないので、毎朝髭剃り後にクリームを塗るついでにできそうです。
シンプルで美しい映像はユニセックスな雰囲気で、男から見ても違和感がありません。

すごくわかりやすい
本とDVDで構成された本書は、すごくよくできています。

まず、本を読んで注意点などを深く理解。
次にDVDをみて、手つきや手順を確認。
間違えやすい注意点なども映像で説明されていて、効果が期待できます。

実際、施術前/後の比較写真はびっくり。
ほんとうに違いが出ています。
これをみると、「さあ、がんばるぞー」と気合が入りますね。

amazonでチェック


関連する本

田中宥久子の体整形マッサージ

インスパイリング・エクササイズ(DVD付)

田中宥久子 美の法則

高橋ミカのDVD de 毒出し セルフマッサージ

美乳教室


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | メイクアップ