ブログトップ >> 月別[ 2009年03月 ]

イチロー 262のメッセージ

amazonでチェック

イチロー 262のメッセージ

逆境に勝つ
期待されていないときに力が出る。
一番イチロー。フルスイングしてほしい。
できないときに、力は蓄えられる。
アウトになっても、全力でがんばる。
ファンは、みんな応援してます。
プレッシャーをクリーンヒットしてください。



重みのある珠玉の名言集
イチローの考え方、生き方、哲学を知ることができる重みのある本。

本当に1言1言に重みがあり、毎日を大切に、メンタルの重要性を
意識しながら日々成長している姿を垣間見ることができる。



プロフェッショナルの思考
 本書は、イチロー自身が語った262のメッセージを集めたものです。

 イチローと聞くと、私たちとは次元の違う人物だと思われがちです。
確かに彼は天才かも知れません。しかし、本書を読むことによって私は少しイチローを身近に感じることができるようになりました。
 
 だれよりも、悩み、考え、不安と戦いつずけて来たのが天才イチローだったのです。

 天才という一言でかたずけてしまうのはもったいない。
 少しでもイチローの思考を自分の中で生かしていけるよう、何度も読み返そうと思います。

何をイチローは生み出しているのか?
あなたは、
どんなイチローさんの
会話が好きですか?

追伸
わたくしは、
記者からの質問を
相手が予期せぬ会話を・・・

この本は、
ファースト・クラスです!

野球職人イチロー
普段は多くを語らないイチローさんの語録を集めた本。
イチローさんの野球に対する考え方やこだわりがぎっしり詰まっていて面白い。
続編もあるので、できれば二冊とも読んでもらいたい。

amazonでチェック


関連する本

未来をかえる イチロー262のNextメッセージ
未来をかえる イチロー262のNextメッセージ

イチロー思考―孤高を貫き、成功をつかむ77の工夫
イチロー思考―孤高を貫き、成功をつかむ77の工夫

イチローイズム―僕が考えたこと、感じたこと、信じること (集英社文庫)
イチローイズム―僕が考えたこと、感じたこと、信じること (集英社文庫)

イチローUSA語録 (集英社新書)
イチローUSA語録 (集英社新書)

イチローイズム―僕が考えたこと、感じたこと、信じること
イチローイズム―僕が考えたこと、感じたこと、信じること


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | プロ野球・メジャーリーグ

苺ましまろ 6 (6) (電撃コミックス)

amazonでチェック

苺ましまろ 6 (6) (電撃コミックス)

待望の新刊
待望の苺ましまろ6巻、ついに出ました。
今巻は美羽ちゃんメインの話が多かったり、美羽と千佳の新たな一面を見れたりと、
相変わらず期待を裏切らない内容でした。
やっぱり苺ましまろはいいですね。

シリーズ中最高傑作
苺ましまろOVAencore1のAパートの原作話も収録されています。
苺ましまろとしての空気は変わらず、よりギャグ漫画としての色合いが強くなった感じがします。けれどましまろ的なオチやシュールさは健在で変化ではなくより一層の進化であり、かわいいは正義を体現していると言えるでしょう。発刊ペースをあげて欲しいですが、作品に関しては文句なしの最高評価です。

笑える
1ページ目から吹き出しました。ペースは遅いですが飽きさせない漫画です!!

がんばれちぃちゃん!
絵がかわいすぎる…。
気に入ったコマを1コマにつき十秒くらい見ながら読んでました(笑)

この巻では、千佳ちゃんはコントを考えたりツッコミまくったりと大忙し!

ゴキブリの回で、衝撃の事実(美羽の冗談)を聞かされた茉莉ちゃんの表情がツボでした(笑)

ギャグにもイラストにも磨きがかかったこの一冊、買って徳しかありません!(笑)

安定感。
はっきり言って面白いです。どこから読んでも面白いです。本を逆さにして読んでも面白いです。
それぞれのキャラの個性がとても良く、その個性をうまく組み合わせた笑いを生み出しています。
キャラも背景も、絵がとても丁寧で服まで個性的でお洒落。
できるならずっと終わらないで欲しい漫画の一つです。

amazonでチェック


関連する本

ぱにぽに 11 (ガンガンファンタジーコミックス)
ぱにぽに 11 (ガンガンファンタジーコミックス)

デイドリームネイション 2 (2) (MFコミックス アライブシリーズ) (MFコミックス アライブシリーズ)
デイドリームネイション 2 (2) (MFコミックス アライブシリーズ) (MFコミックス アライブシリーズ)

はなまる幼稚園 5 (ヤングガンガンコミックス)
はなまる幼稚園 5 (ヤングガンガンコミックス)

とある科学の超電磁砲 3―とある魔術の禁書目録外伝 (3) (電撃コミックス)
とある科学の超電磁砲 3―とある魔術の禁書目録外伝 (3) (電撃コミックス)

とらドラ! 2 (2) (電撃コミックス)
とらドラ! 2 (2) (電撃コミックス)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 電撃コミックス

光と影の法則

amazonでチェック

光と影の法則

今届いてすぐ読み終わりました
私は心屋さんのセミナーやセッションを受けたので、それと全く同じ流れでした。
でも、再度自分の問題に直面して、冷や汗ものです(笑)

今すぐ解決したいのに、子供がいては感情も吐き出せん、ジレンマに陥ってます(涙

忘れたころ忘れたころ読み返すといいかもしれません

ジレンマがぁ(;`皿')

大切な友達に教えたい本
主人公の女性とは、ぜんぜん似ていないけれど、人間関係や仕事で悩んでいることは、とっても共感を覚えた。私だけでなく、多くの人が悩んでいることだと思う。

原因は目の前の悩みではなく、もっと根っこがあり、その根っこを探し出して掘り起こす方法まで教えてくれました。
壁にあたるたびに、読みかえそうと思いました。

自分を鏡で見る思いで、一気に読みました
いい本です。ワクワクしながら一気に手軽に読めちゃいます。

主人公裕子さんの心の葛藤、やるせなさに打ちひしがれながら、
自己解放していくさま、誰もが自分にも経験あるように思える
変化の連続がスリリングです。

義兄の存在がカギになっており、ストーリーの展開をスムーズ
にしてくれています。これからの自分も、過去の様々な経験や
苦しかったこと、辛かったこと、全てひっくるめて受け止めて
あげよう、前を向いて進むんだ!という勇気をもらいました。

心屋さん、ありがとう!




僕にとってタイムリーな内容でした。
この本を読んで、

何故、僕はあの人に嫉妬するのか、
何故、僕はあの人を好きなのか、
何故、僕はあの人を嫌いなのか、
何故、僕はあの人と別れたのか、
何故、あの人は僕を避けるのか、
何故、あの人は僕に頼るのか、
何故、あの人は僕を好きなのか、
何故、あの人は僕と付き合っているのか、
何故、何故、何故、。。。

沢山の何故が、「!!!」 となりました。

たぶん、これから僕の行動パターンも
少しずつ変わると思います。
ますます「ハピサク」という道が楽しくなりました。

簡単なことなんだけど、
わかっちゃいるんだけど、

でも、できない。。。。行動に移せない。。。

そういう時ってありますよね。

僕にとってタイムリーな内容でした。

人間関係に悩んでいない人以外は、
この本を手に取って、読んでみる事をおすすめします。

ぢんサン !素敵な手紙と素敵な本をありがとう!

多くの方に読んでいただきたい!
この本は、多くの方に読んでいただく義務のある本です。
すばらしい本なので、心からお勧めします。

amazonでチェック


関連する本

性格は捨てられる
性格は捨てられる

ミラーワールドの魔法―たった一日で究極のパートナーと出会える!
ミラーワールドの魔法―たった一日で究極のパートナーと出会える!

あなたの恋愛がうまくいかない本当の理由 ~傷ついた心を癒す恋愛セラピー~
あなたの恋愛がうまくいかない本当の理由 ~傷ついた心を癒す恋愛セラピー~

会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ (マイコミ新書)
会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ (マイコミ新書)

心にズドン!と響く運命の言葉 (王様文庫)
心にズドン!と響く運命の言葉 (王様文庫)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 倫理学入門

キャス・キッドソンへようこそ 2 (2) (e-MOOK)

amazonでチェック

キャス・キッドソンへようこそ 2 (2) (e-MOOK)

かわいいトート♪
思ったよりしっかりした生地できちんと縫製されていました。使えそうでうれしいです(*^_^*)。

付録のバァグがほしくて注文
キャスキッドソンが何かも知らずに、ただ付録のバァグがほしくて注文しました。なぜ、キャスキッドソンを知らないか?実は、私、2年前に定年退職した65歳のシニアだからです。付録のバァグは娘にプレゼントしたところ、翌日から会社に持っていきました。娘に聞いたところ、肩から掛けられるし、手に持つことも出来るし、柄も可愛いので気に入っているとの事です。娘が喜んでくれたので、こちらも満足しています。
 娘が気に入っているので、早速、また、キャスキドソンキャリーオールバァグをインターネット通販で購入しプレゼントしました。こちらも気に入ったようです。

ちょっとがっかり、。
ほんの中身はキャスのカタログ本でした。

バッグは縫製があまりよろしくなくほどけてきてしまいました。
このお値段では。。と言うことでしょうが
キャスデビューする方にはよいスタート本&バッグかもしれませんが、
ワタシはどの商品も目にしたことがあったので新鮮味に欠けました。

オススメ度は、、。あまり。

このお値段でエコバッグを購入したほうがもっと使い勝手よさそうです。



付録は期待はずれ、でも本は5つ星
キャスキッドソンのムックを購入するのは今回が初めてなので、1との比較はできませんが、キャスの世界観を眺めてハマれます。
カタログ的な見方でも楽しめますし、インテリアも参考になります。
付録目当てで購入しましたが、肝心の付録はイマイチ。
生地が薄い、サイズが変に大きい(A4サイズの雑誌が入ります)ので安っぽさが目立つ(ワンサイズ小さければランチトートにできるけど)、ビニールコーティングしてないのでむしろ白地は汚れそうで使いたくない、
など不満が募りました。
まあ価格も価格なので贅沢は言えませんが。
ただし本自体は評価できるので、4つ星とさせていただきます。
付録目当ての方いらっしゃると思いますが、付録自体は柄以外いいところありません。
その点踏まえてどうぞ。

必ずあなたもキャスファンになる!!
書店でみかけてあまり考えずに購入してみたら・・・。
即!!キャスの世界へ〜って感じでした。
素敵なご自宅やかわいい愛犬の写真、それから最新のアイテムがいっぱい!!
これはキャスのショップへ行かなくちゃって思わせる本でした。

付録もよかったですが、ただ、残念な事に大きなシミが付いていました。
不良の品があったらという所へお電話したのですが、
今回はたくさんそういう電話があるんです。自然な素材ですので仕方ないんです。
といった内容のお返事にビックリしました。

自然素材だからインクのシミ??って感じでしたが、
とりあえず、代わりの品が届くそうです。

まぁ付録は付録ですが、本自体紅茶を飲みながらゆっくり読むと
心が癒されますよ。

amazonでチェック


関連する本

Make!
Make!

Cath Kidston 2010 Mini Engagement Calendar (Cath Kidston)
Cath Kidston 2010 Mini Engagement Calendar (Cath Kidston)

かわいい生活。 vol.10―プチスイートなインテリアと雑貨のほん (10) (別冊美しい部屋)
かわいい生活。 vol.10―プチスイートなインテリアと雑貨のほん (10) (別冊美しい部屋)

天然生活 2009年 04月号 [雑誌]
天然生活 2009年 04月号 [雑誌]

Cath Kidston Birds Notebook
Cath Kidston Birds Notebook


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 暮らし・健康・子育て

TBS「報道テロ」全記録―反日放送局の事業免許取り消しを! (晋遊舎MOOK)

amazonでチェック

TBS「報道テロ」全記録―反日放送局の事業免許取り消しを! (晋遊舎MOOK)

マスコミ反日共同体
中国に新聞記者が駐在するには、当局に中国に不利なことは書かない旨
一筆入れなければならない。
また書いた内容は当然のように検閲される。
政治・経済問題で中国から情報を貰いたいたいマスコミは反日共同体を作っています。
この本には書かれていませんが、有名検索エンジンも全て同じです。
政府批判記事、民主主義、自由等は一切禁句なのです。
この事実はみんなが知っておくべきでしょう。


是非、続編を
ここまで綿密かつ包括的ににTBSの罪悪を
検証されたのは素晴らしい。

恐ろしいのはこのような偏向に対して新聞・TVは
沈黙無視し、週刊誌や本著のようなメディアでしか
論評されないことである。新聞・TVの自浄能力の
欠如が国益を損ない、政治もおかしくしていると思う。
(唯一、産経新聞は比較的まともである。)

続いてTV朝日と朝日新聞に対しても
同様の検証を望みたい。恐らく本著よりも
内容は濃くなるだろう。

東アジアで起きた事件の責任は誰にあるのか
TBSはチベット問題を「中国による自治権拡大」と報じていたのは有名。
また、02年10月15日には「拉致された人、そして亡くなった人たちに何かの過失が
あればそれは『日本人』に生まれたということ」と報道したとのこと(中宮崇氏)
そして慰安問題の偏向はすさまじかった。
東アジアで何か問題が起きるとすべて日本人に原因があるということで統一されていた。
そろそろ、すべての「事件」について調べなおす必要があると思う。


どこかオウムに似た連中
坂本弁護士一家殺人事件の直後、TBSが誠実で常識的な対応をしていれば、松本サリン事件と地下鉄サリン事件が起こらなかった可能性は極めて高い。いや、まず99.99%未然に防げていただろう。坂本さんの事件にTBSが関わった弱みをオウムに握られていたので、サリン事件当時、TBSはオウムのプロパガンダとしか言いようのない「報道」に終始していた。TBSに出てきた上祐の横柄な態度(局で作ったフリップをブン投げたり。)と、彼に媚びへつらうようなキャスターの態度は、終生忘れられぬ醜悪なものだ。一種の事後従犯といってもよい。その後も「アレは生活情報部のやったことだ。我々、報道部は関係ない。」といった非常識なことを、どうどうと吐く社員もいた。「良心」「正義」「責任」「反省」と全く無縁の会社である。NHKも駄目だが、そのNHKにも入れなかったダボ軍団であり、存在価値はゼロだ。コメンテーターを務める毎日の記者は凡庸の極み。女子アナは他の局には入れそうもない連中のオンパレード。とにかく、坂本事件の件はいつまでもいつまでもいつまでも覚えていよう。この連中だけは、偉そうに朝っぱらから批判口調の番組を流す資格はない。忘れた振りをしているのかね、自分達の大犯罪を。視聴者は、だーーーーーれも忘れていないのだよ。

世界陸上の織田裕二
おそらく世界中探しても、主役である選手を押し退けてタレントを目立たせる
ような中継やるのは日本
ぐらいなもんだろうな。
特にTBSの世界陸上はひどかった。織田裕二で一体
何をしたいのか理解できない。
こんな中継を繰り返すTBSにこそ喝!を入れてもらいたいな大沢親分に張さんには。

amazonでチェック


関連する本

自由と繁栄の弧 (幻冬舎文庫)
自由と繁栄の弧 (幻冬舎文庫)

ネットvsマスコミ!大戦争の真実―不祥事続きのマスコミへNO!ネットの逆襲 (OAK MOOK 142 撃論ムック)
ネットvsマスコミ!大戦争の真実―不祥事続きのマスコミへNO!ネットの逆襲 (OAK MOOK 142 撃論ムック)

とてつもない日本 (新潮新書)
とてつもない日本 (新潮新書)

飛翔する日本
飛翔する日本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ジャーナリズム

いい会社をつくりましょう。

amazonでチェック

いい会社をつくりましょう。

「日本型年功序列制は、経営普遍の極意」に賛成!反対!
どっしりとした重厚さを感じる書籍です。

流行にまどわされず、著者みずからの体験を一つ一つ

積み重ね、見事に会社経営哲学を作り上げたすごさが
一文字一文字から感じられます。

ビジネスライクなアメリカ型経営がもてはやされ、
どんどんそれに移行していく中で、

「人間尊重の日本型年功序列制は、経営普遍の極意」、
「会社の目的は、社員の幸福な理想郷づくり」、
「急成長をしないことも社会貢献」と

言い切っています。すばらしい経営哲学と実績に
裏付けされたことばです。

若者の意識が、すごい速度で
変化して、アメリカナイズされていく中で、

この書籍に書かれていることが、今後どの程度
受け入れられていくかは疑問です。そして、ここに書かれて
いることを表面的にまねをしても、もちろんうまくいかない

でしょう。著者が独自に積み上げてきた、文字とか言葉からは
伺いしれないその人から発するエネルギーのようなものが

大きいと感じるからです。しかし、アメリカ型経営をするにしても、
日本型経営をするにしても、長年すばらしい業績を示している会社は、
すばらしい理念と哲学とストーリーがあることが共通してますね。

大小問わず、経営者である限りは、このような日本本流の経営哲学を
を述べた書籍は読んでおくべきです。

「知恵とは、知識が体験を触媒にして発酵したもの」。
この言葉だけで、
著者がどれだけすごい人かが伺い知れます。

かんてんパパ
かんてんパパのお店に一度行ったことがあります。
どこで覚えたか記憶にありませんが、名前は知っていました。

この本を先に読んでいたら、持って行ってサインをしてもらったかもしれません。
お店の印象としては、食品を扱う普通のお店だと思いました。

その裏には、いろいろな努力があったのだと知ることができました。

大きな視点
会社だけ良くしよう。
なんて本当に小さいことだな。
なんて読み終わった後に感じました。

出来ることから始める。
その結果どのような大きなことになるのか。
考えさせられました。

効率と無駄。
これについても深く考えをめぐらすことが出来る良書ですね。

日本流の経営
当たり前のことをいかに当たり前にするかがとても大切なのだと知る。

著者の塚越会長に一度お会いすることができた。少しの間でもそのお人柄、その経営者としての生き方の真摯さが伝わった。

手本としたい方だ。手本としてい生き方だ。手本としたい会社づくりだ。

さすがですね、、、
小さな会社から大企業へ
しかし、どんなにおおきくなっても、
人がやっているものは、人柄がにじむ。
そーゆうのが大好きなわたくしはちいさな仕事場を
いつもあたたかにしています。
 もちろん温度ではなく人の心が落ち着くということです。
みんながいごこちがよいというのは会社も発展してゆく。

全てにいえる使えることがつまっています。
 一読推薦いたします。

amazonでチェック


関連する本

リストラなしの「年輪経営」
リストラなしの「年輪経営」

幸福への原点回帰
幸福への原点回帰

グレートスモールカンパニー―小さな会社に学ぶ「奇跡の企業哲学」
グレートスモールカンパニー―小さな会社に学ぶ「奇跡の企業哲学」

自分が変われば組織も変わる―コミュニケーション上手になる
自分が変われば組織も変わる―コミュニケーション上手になる

俺は、中小企業のおやじ
俺は、中小企業のおやじ


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 科学・テクノロジー 全般

プリンセス・トヨトミ

amazonでチェック

プリンセス・トヨトミ

ついつい信じちゃう
大阪国って本当にあるんじゃないの!?って信じてしまいそうだし、信じたい!特に大阪国のルールが何か大阪っぽい人情溢れる方法で家族って良いと感じました。大人になると自分のオヤジと2人っきりで話すことなんてないですからね…

明日、空堀商店街に行ってみよう
京都・奈良に続く著者の伝奇(!?)小説の舞台は大阪 。それぞれの場所が持つ歴史的な背景を巧みに活かすスタイルを縦軸に、周囲との関係に悩む主人公的な少年(少女)と周りの友人と大人の繋がりを横糸に、荒唐無稽な「大阪の公然の秘密」を書き綴っていきます。私自身、幼い頃から本作の舞台・空堀商店街とその周辺の雰囲気に馴染んできたこともあってか、読み進める内に、嘗て自分の周りで起きた出来事のような既視感を感じてしまいました。『鴨川〜』や『鹿男〜』の舞台ほどメジャーではないですが、この小説の舞台を一度読まれた方に廻って見ることをお薦めします。『坂を抱いている』商店街や路地(ろじではなく「ろうじ」)を造る長屋達、そして「女の子になりたい」と少年が願掛けをした榎木の巳(みい)さんの祠まで。実際に歩いた上で、改めてこの小説を紐解けば、より愉しめると思います(すみません、思いっきり私情一杯のレヴューになってしまいました)。

はらはらドキドキ
いかにもありそうで、よく考えればありえない物語。
ひさびさに、こころ躍らせて、一日で一気に小説を読み切りました。
会計検査院や大阪の歴史も少し勉強できました。
空堀商店街周辺を散策してみたくなりました。


お好み焼きが食べたいーーーーっ
万城目さんの小説では、何気ない日常の中に、実は大きな仕掛けが隠されてており、歴史の陰で連綿と受け継がれている。それは、ホルモーというオニを鎮める儀式であったり、サンカクを用いた大ナマズを鎮める儀式であったり。仕掛けに支障が出るとおそらく日常生活もままならなくなるような、ばかばかしく見えるんだけれども実は偉大で壮大な仕掛けである。
三都物語勢揃いの大阪を舞台にしたこの物語では、仕掛けが大掛かり過ぎるのか、全体像が見えてくるまでに時間がかかる。主人公に対する暴力の描写も胸が痛い。しかし、三章以降、仕掛けが見えてき始めてから、俄然、面白くなる。そこからは本を置くことが難しくなった。
名前のことはほかのレビュアーさん達も書いているが、当人たちの知らぬ間に、歴史が繰り返されようとしている。そういう物語である。
たとえ名前の由来にぴんと来なくても、主人公大輔の父親の真田幸一のお好み焼き職人としての朴訥とした誠実さ、鬼の松平と異名をとる副長の容赦のない公正さなど、中年男性らの魅力が褪せることはない。両雄引けを取らぬいい男である。そして、女性たちは実に懐深く、大物である。
派手な演出があるわけでもないけれど、何かが大きく変化したわけでもないけれど、やっぱり奇想天外なんだよなぁ。じっくりと味わうような、静かな余韻が残る。
父から息子へ、母から娘へ。数百年間、受け継がれたのは、仕掛けの秘密ではない。秘密に託された気持ちである。その点、親の老いを感じ始めた世代にこそ、お勧めしたい。

いつもの「あったらいいな」の魅力が…
本屋さんで好きな作家の新刊を見つけたときの喜びはたまりません。またその本が分厚いと、うれしさ倍増です。ただし今回はちょっと期待を裏切られてしまいました。他の方も書いておられますが、自分もこれまでの作品のようなグイグイと読者を惹きつける魅力があまり感じられませんでした。話のスケールが大きくなったからか、細かい設定に気を遣いすぎなのか、はっきり言ってテンポが良くありません。
そしてこの作者の最大の魅力とも言えるファンタジーの要素ですが、「京の町にオニがいたら…」「鹿がしゃべったら…」という、もしかしたら本当にあるかも、あったらいいな、と楽しい気分にさせてくれるところが少なかったです。自分が大阪城に向かうところを想像してみても、いまいち感情移入できません。なんだか悪いことばかり書いてしまいましたが、また次の新刊を楽しみに待ちたいと思います。

amazonでチェック


関連する本

恋文の技術
恋文の技術

鴨川ホルモー (角川文庫)
鴨川ホルモー (角川文庫)

鴨川ホルモー (2) (角川コミックス・エース 216-2)
鴨川ホルモー (2) (角川コミックス・エース 216-2)

ザ・万歩計
ザ・万歩計

三匹のおっさん
三匹のおっさん


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ま行の著者

シャングリラ・ダイエット~全米ベストセラー!「食事制限」なし!「運動」なし!の魔法のダイエット~

amazonでチェック

シャングリラ・ダイエット~全米ベストセラー!「食事制限」なし!「運動」なし!の魔法のダイエット~

向き不向きがあります
簡単にできると思っていましたがオリーブオイルをはじめオイルを
飲むのが意外ときつくて挫折しそうになっています。

ただし、オイルを飲むとその地点から胸焼けというか不快感が伴い
ますので確かに食欲は無くなります。

自分では胃腸系は強いと思っていましたがオイル直飲みは意外と
不向きだと自覚しています。

ただ、慣れるかも知れませんのでもう少し頑張ります。
1週間で3キロ落ちましたので効果は期待できますが今までの
数々の失敗体験とリバウンドが頭をよぎるこのごろです。

テレビ番組「ドリームプレス社」で特集
テレビ番組「ドリームプレス社」で特集され、話題になったダイエット本。
なんちいっても、その内容が新しい。
しかも、手軽にできて、食事制限もない。
これなら続くと思い、はじめたら、これが不思議と体重が減っていく。
信じられないなら、ネットで「シャングリラ・ダイエット」を検索してみるといい。
多くの人が結果を出している。

まあまあ
売り込み上手なフォレスト出版のダイエットの翻訳本。メンタル的な部分は、『痩せるNo.1理論』がすぐれています。翻訳本としてはいいできです。バナナよりはいいでしょう。

パタッと音がするほど…
甘いものが超苦手で、砂糖水なんか絶対飲めないので、オイルのほうをやってみました。
飲んだその瞬間から、「パタッ」と音がするほど(笑)、食欲がなくなった!
(単にオイルがマズイからかもしれないが)

確かに食欲はなくなりましたが、これは、大食いで太ったというパターンの人でなければ効果ないですねぇ。
大して食べないが運動不足で太ってしまった…みたいな人には向きません。
食べる量が「中」→「小」に変わっても、さほどの変化はないようです。
「大」→「小」に変わるからこそ、効果が出るのであって。

オイルは、普通にスーパーで売っているオリーブオイルを使いました。

まずはカロリーの入口を制御すること
ダイエット、という程でもないが健康維持のためにジョギングをしている。
基本的に、カロリー消費量よりも摂取量が少なくなければ痩せないと考えているため、ダイエット本の類いには全く興味がない。
そんな本を読む時間があるくらいなら、ジョギングの距離を伸ばしたほうが良い。
と考えていたのだが、この本の監修はなんとあの「百式」の田口さん。
彼が監修する本なら読んでみなければならない。

この方法は考えても見なかった。
カロリー摂取の元となる、食欲自体をコントロールしてしまおうという方法。
しかも科学的に正しさは証明されている。
食欲を元からセーブすることが可能であれば、太ることはない。
そして、その方法とはほとんど(多少はかかるが)コストがかからない。
これは素晴らしい。
使用するアイテムとは「砂糖水」あるいは「オリーブオイル」。
過程で実践する分には何の問題もない。
しかし、サラリーマンが職場で砂糖水やオリーブオイルを飲むことは状況的にやはり難しい。

未だに試すことが出来ていないのが心残りだ。

amazonでチェック


関連する本

「三日ボウズ」では終わらせない!1日12秒お腹ぺったんこダイエット
「三日ボウズ」では終わらせない!1日12秒お腹ぺったんこダイエット

一瞬で人生が変わる!「自分のルール」の作り方 ~ハワイ在住No.1コーチが教えるワークライフバランス25の方法~
一瞬で人生が変わる!「自分のルール」の作り方  ~ハワイ在住No.1コーチが教えるワークライフバランス25の方法~

たまった脂は油で流せ 油摂りダイエット (ワニブックス 美人開花シリーズ)
たまった脂は油で流せ 油摂りダイエット (ワニブックス 美人開花シリーズ)

The Shangri La Diet: The No Hunger Eat Anything Weight-Loss Plan
The Shangri La Diet: The No Hunger Eat Anything Weight-Loss Plan


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ダイエット

サブプライム後の新世界経済~10年先を読む「経済予測力」の磨き方~

amazonでチェック

サブプライム後の新世界経済~10年先を読む「経済予測力」の磨き方~

投資家(初心者)目線が貫かれている好著
経緯評論家や経済学者の本を読んでいると、「理解できる人だけが読めばいい」
というどこか高見から見下ろされている感じを受けるのだが、中原さんの本は
経済に詳しくない人が読んでも親切に書かれていて頭のなかに自然に入ってくる。
経済用語をちょっと知っていればおもしろく読めるし実践的だと思う。

僕はこの本の肝は他の人と違い5章だと思う。
資産運用する上で、いい金融機関と悪い金融機関を見極める方法をこれだけ
明確に書いている本があっただろうか?ないだろう。
金融業界は儲け至上主義から脱却し、お客さん目線でのコンサルティング能力を高め
ていく必要があるという中原さんの主張に、金融業界の人も耳を傾けてほしい。

僕たちひとりひとりが賢くならなければならないと改めて感じた一冊だった。
前著と合わせて読むと投資家として大きく成長できると思う。

経済予想力を鍛える本です。
世界経済を学びたい、そう思って、
本書を購入しましたが、
ちょっと思っていた内容とは違いました。

内容は、今後経済が拡大するのか?後退するのか?
その見極め方の極意が書かれている。
題名にもあるとおり、「経済予想力」の磨き方である。
その極意であるが、歴史学、心理学、哲学からアプローチするというものだが、
はっきりいって何を書いてあるのかよくわからない。
もちろん、私の読解力がないのも起因しているとは思うが、
エコノミスト以上の予測力が欲しいという方以外は読まない方が無難。

というのも、本書は国、あたらないエコノミストの批判ばかりが書かれていて、
読んでいて非常に不愉快に感じた。
なぜなら、他者を批判する度に、著者が
サブプライム後の現在の世界経済を当てたことを
自慢に話しているように感じてしまったからだと思う。
私に合わなかっただけだとは思いますが、1つの意見としてお受け取り下さい。

これからの人生のリスクを回避できる!
経済の分析は使う情報によって大きく異なるのだから、使う情報の選択は
間違ってはいけない。本書では、洪水のように氾濫する多くの情報の中から、
重要度の高い情報を取り出す技術を初心者でもわかるように教えてくれている。
そして中原さんの情報に対する感性に触れられたことは意義深い。

途中から話は経済学から歴史学、心理学、哲学へと拡大していくが、これらの学問を
学習する意味は「知識を暗記すること」ではなく、「考え方を学ぶこと」である。
それによって思考力を鍛えることができ、経済の先読みという狭い範疇にとどまらず、
人生でも成功できる秘訣を説明している。

今回の経済危機が「100年に1度の危機」と言われるのは間違いで、米国中心の
グローバル経済の元では今後も10年から20年の間隔で今回と同等の危機が起きる
可能性が高いことは納得できる。世界経済は我々の生活と深く関係している。
これから我々をさまざまなリスクが待ち受けているかもしれない。そんなリスクを
回避する具体策を、本書は指し示している。



5つ星ですが、ノーベル賞を受賞した経済学者まで批判するのは・・・
かなり簡素に書かれているので、読みやすい本ではありますが、
内容はそんな簡単なものでもなく、ある程度の経済的、金融的知識は
必要と思われるが、中原さんの言い方だと一般教養が必要ということ
でした。共感できる面も多い反面、褒められているのが、
あの世界第2位の投資のバフェットさんのみで、他は完全に貶されている
ので、関係者は非常に頭にくる内容でもあります。

僕は総合的には読んで損はないと思います。

マクロ経済学を教える立場からの感想
私は大学でマクロ経済学を教えております。あと3年で定年退職となりますが、

マクロ経済学を教えていて実際の経済との間にずっと齟齬を感じておりました。

特に今回の世界的な金融危機では、マクロ経済理論の無力さを思い知らされました。

これまで著名な経済評論家や同業の経済学者の著書を数多く読んできましたが、

私なりに納得できる著書に出遭ったことがありませんでした。しかしこの著書と出遭い、

本物の経済評論家の分析に触れることができ、私が求めていたものがここにありと

感じられました。著書の最初から最後まですべての文章に賛成です。やっと視野の広い

見識と歴史的な知見をもつ、本物の経済評論家に出遭えた感じがしております。

達観という言葉はこの書のためにあると思います。とても嬉しくて感想を書きました。

感謝しております。


amazonでチェック


関連する本

サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践
サブプライム後の新資産運用―10年後に幸せになる新金融リテラシーの実践

プライベートバンカーが書いた!日経平均3000円でも資産が守れる方法
プライベートバンカーが書いた!日経平均3000円でも資産が守れる方法

大恐慌でもあなたの資産を3倍にする投資術
大恐慌でもあなたの資産を3倍にする投資術

同時に2つのことをやりなさい! 【CD付】~脳神経外科教授が教える!仕事のスピード・記憶力・頭の回転が高まる脳と耳の習慣~
同時に2つのことをやりなさい! 【CD付】~脳神経外科教授が教える!仕事のスピード・記憶力・頭の回転が高まる脳と耳の習慣~


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 世界

銭ゲバ 下 (2) (幻冬舎文庫 し 20-5)

amazonでチェック

銭ゲバ 下 (2) (幻冬舎文庫 し 20-5)

金って。。。
この作品はお金を通じて何事もほどほどにというメッセージを発しているので
はないでしょうか?
お金だけに言える事ではないですが行き過ぎは毒ですね。
ひとつの事にこだわり過ぎるとそのものに振り回されて
人生台無しになります。
まぁこだわりって誰でもありますがほどほどにと。。。

「そうだ! てめえたちゃ みんな銭ゲバと同じだ もっとくさってるかもしれねえな」
 漫画界の重鎮・ジョージ秋山氏が弱冠27歳の頃に『週刊少年サンデー』誌上(1970・13号〜71・6号)において発表され、その内容から当時社会的物議を醸し、一部の都道府県から有害図書として扱われた幻の問題作『銭ゲバ』!
 連載当時映画化(1970・10・31公開、監督:和田嘉訓、主演:唐十郎)され、現在も松山ケンイチ主演でドラマ化され、話題となった原作本である。

 本篇は一流企業の社長の座まで上りつめた風太郎が、今度は金の力を使って政界進出を目論み権謀術数をめぐらす攻防が描かれている。
 風太郎の後見人である金権代議士・神清行、神代議士の一人娘で金と権力に魅かれる女・さおり、神代議士の甥でクールに物事を見つめる男・鮫島勝利、風太郎の失脚を目論む選挙戦対抗馬・奥田鬼久丸、奥田の配下で裏稼業を営む樋口組長と父親の復讐を果たすために風太郎を付け狙う男・田所ヨシオ、奥田の後見人で政界との癒着を目論む男・大学伸一郎…といった一癖も二癖もある連中が物語を錯綜する。

 子どもの頃、金の絶対的な力を見せつけられ、「金のためならなんでもする」という信念のもとにあらゆる悪事や殺戮に手を染め、「銭ゲバッ!」と罵られながらも伸し上がった風太郎。
「銭が全て」という根底のもとに突き進み、欲しいものをすべて手にいれたはずの風太郎だったが、彼が本当に欲しかったものは……。

 特に終章の「その三」「その四」の挿話は秀逸で彼が本当に手に入れたかったものとは何かを考えさせられ、葛藤する姿は印象的であり、その結果、彼が取った行動は衝撃の結末でした。そして風太郎の遺した最後の言葉も…。


 「そうだ
  てめえたちゃ みんな銭ゲバと同じだ
  もっとくさってるかもしれねえな
  それを証拠にゃ
  いけしゃあしゃあと
  生きてられるじゃねえか」


××××
なるほど、こういう結末であったのか。
社会人と個人、自分ともう一人の自分、建て前と本音、
表と裏、意識と潜在意識。
その葛藤に表出する自分の姿。
何とも重い内容。

ドラマから入ったわけですが
一番印象に残ったのが「終章 その四」
なぜかここと最後ばかり読んでしまっています。

もう少し年を重ねて読んだらもっと見方も変わるのかな、と思っています。
ちょっと若造には早い作品でしょうか?


あと、絵が古臭いからって毛嫌いするのはいけませんね。
もったいないです。

時代性の違和感は否めない
他のレビューにあります通り、本作品の根幹(というかほぼそれだけなので、ほぼ全てと言い切って良い)に流れる人間のエゴ、そこから来る拝金主義や極端な利己主義の醜さを見事に描いています。
但し、時代性から来る漫画としての作品完成度には期待しない方が良いでしょう(それを期待して購入する人は稀でしょうけど)
買って、損はしません。ただ、受け取り方によっては微妙な感じは受けるかもしれません。

amazonでチェック


関連する本

アシュラ (下) (幻冬舎文庫 (し-20-3))
アシュラ (下) (幻冬舎文庫 (し-20-3))

アシュラ (上) (幻冬舎文庫 (し-20-2))
アシュラ (上) (幻冬舎文庫 (し-20-2))

武士道というは死ぬことと見つけたり (幻冬舎文庫)
武士道というは死ぬことと見つけたり (幻冬舎文庫)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | コミック・アニメ・BL 全般

反日マスコミの真実 2009−メディアの情報支配へ反乱が始まった! (OAK MOOK 264 撃論ムック)

amazonでチェック

反日マスコミの真実 2009−メディアの情報支配へ反乱が始まった! (OAK MOOK 264 撃論ムック)

日本の中国の属国化に手を貸すマスゴミを、今こそ潰そう!マスゴミの上層部は中国・朝鮮系と反日サヨクに支配されています!
冒頭、西村幸祐氏の

『現在の反日メディアは、日本を客観的な敵と規定する全体主義である反日ファシズムのプロパガンダ機関に過ぎない。

反日ファシズムとは、マルクス主義崩壊後も、東アジアで・・・日本という国家の枠組みを破壊する全体主義と定義できる。

かくて、日本を愛する人々や日本そのものに日夜報道テロが行われることになるのである。』

が衝撃的であった!マスゴミよ!早くくたばれ!!


今、日本は中国の属国になってしまうかどうかの正念場だと思っています。その最大の後ろ盾が実はマスゴミだと思います。

マスゴミを浄化する数々の対策ももちろん、必要ですが、とにかく、マスゴミが反日・売国・情報操作〜偏向集団である事実を、多くの国民に一言でいいから知らしめることが一番大切です。 一人でも多くの国民に、できればすべての国民に、マスコミは偏向報道をしている実態を国民に知らしめる事です!

実は津川雅彦さんの勇気 http://www.santanokakurega.com/2009/03/post-120.htmlにも触発されて、首相官邸にも、麻生総理と自民党の、特に真正保守の先生方宛にメール致しました。http://www.kantei.go.jp/jp/forms/dokusha.html
『麻生総理と自民党の支持率が低い原因は、偏向・印象操作〜売国報道ばかりしているマスコミが主因であり、予算委員会等、国会の場で、その旨をどんどん質疑追求し、国益に反することばかりしているマスコミへの対策を具体的に考えると共に、その前に、テレビしか見ない多くの国民に、マスコミと背後の民主は、実はそのような恐ろしい集団である事実を知らしめるべきです!マスコミに自分らのイデオロギーや利権の為に、あまたのニュースソースから順位付けをして、隠蔽し、偏向報道して国民を操作する権利などないはずです!まずは、マスコミがそのようにしている事実を、全国民に、知らしめたいのです。決して私だけではなく、マスコミのあまりの売国〜偏向報道に完全に頭にきている国民がかなり増えてきております。自民にとっても、もう民主べったりのマスコミは、完全に敵であり、決して損ではないはずです。自民の先生方に知って頂きたいのは、自民や麻生さんの支持率が低いのは、基本的にはすべてマスコミのせいなのです!今回の小沢事件に関しても、国策操作とか連呼し、政府高官の何でもないような言葉尻の揚げ足を取るなどして、犯罪事件でさえ、国民への印象操作や捏造に近い報道をすることに、正直、驚きを感じました。』と。

どんなによい政治家が出てきても、いや、よい政治家ほど、今のマスコミが存続する限り、潰されてしまう構造がはっきりしたと思っています。

マスコミを支持するか?のネットの世論調査でも95%が不支持です!http://www.yoronchousa.net/
(マスゴミから横やりが入ったせいか、今月初めからストップ状態になっていますが。)
今や第2の椿事件もどきの事が平然と行われている事は明らかです。

マスゴミの非道の事実に気付いた良識ある皆さん、マスゴミを潰すまで、お互い頑張りましょう!!





日本はよい国という人がつぶされかねない
日本が悪い国といっている人が優遇され、
よい国といっている人が非難される、自国をばかるにする内容ばかり
取り上げるマスコミは間違っていると思います。

他国への配慮が必要なのはわかりますが、
歴史(事実)と歴史学(解釈)は異なります。

皆TV依存で、何も考えず従う人が多くなった為、
マスコミでの情報操作はさらに危険を増しています。

その警鐘として、私もこの本を購入しました。

そろそろ
少し違った話になってしまって恐縮なのですが
音楽業界では2000年代に入りミリオンセラーが激減したと言われます。
楽曲の質が落ちた、ファイル交換ソフトの蔓延のせいだなどと煽られますが、
実際はネットの台頭によりリスナーがメディアの広告に左右されない価値観を得て
趣味嗜好が多様化したからだと思うのです。

"上からの大量投下"的にマスコミから伝えられるものしか知りえなかった昔に比べ、
国民の殆んどがインターネットの環境を整備でき、
自ら情報を検索し、取捨選択して情報を得られるようになった現在こそ
メディアリテラシーを磨き、自身の確固たる主張ができるようになるべきでしょう。

漢字の読み間違いに関する話ばかりピックアップするニュース番組に
違和感は感じませんか?

真実の報道が望まれる
私も西村さんのムック毎回購入してます。
昨年末、国籍法改正の参議院委員会に於いて弁護士代議士の発言をオフレコ扱いした
女性民主党委員長の様に、この件もネグるつもりなのでしょうか?
だから、必要なんです。こういう真実の本が

あまりに酷い放送業界へのささやかな抵抗
昨今のマスメディアの論調というのは国民の声を直接本音で聞けるネット上のそれとは大きく異なっています。
ネットで情報を収集している方ならどうもTVで展開される流れに違和感がある事は共感して頂けるのではないでしょうか。
この本自体もマスメディアの長所を無視した偏向だと言われるかもしれませんが、今のマスコミ業界の堂々とやらかしていることに比べたら本当に些細なものです。
とにかく世論操作と言葉狩りに勤しんで都合の悪い情報は一切無視。出すとしても小さな扱いで報道しましたが?と開き直る始末。
自分から積極的に知恵を付けようとする方や疑いを持てる方以外は必ず今のTVに呑み込まれてしまいます。
残念ながらそういう方が多数派なのは事実で、良くも悪くもお人よしの国民性なのでしょう。
その様な方にこそこの本を読んでいただきたい。
馬鹿にしながらでも対立する意見がどういうものか是非知っていただきたい。
多少の読みにくさ、私達が忌避するマスコミの体質に相通ずる文章も見受けられるという欠点はありますが、概ね説得力のある形になっています。
さぁどうぞこの少数派の論理を馬鹿にしてみてください。
その過程でTVに流されているだけというおかしさに気付いていただければ幸いです。

amazonでチェック


関連する本

とてつもない日本 (新潮新書)
とてつもない日本 (新潮新書)

自由と繁栄の弧 (幻冬舎文庫)
自由と繁栄の弧 (幻冬舎文庫)

南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった
南京の実相―国際連盟は「南京2万人虐殺」すら認めなかった

自らの身は顧みず
自らの身は顧みず


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | メディアと社会

運を良くする

amazonでチェック

運を良くする

運を知る
 この本は驚きの的中率を誇る六爻占術とその創始者トラさん(王虎応)について深く知るための本です。
 トラさんの真の姿に迫るため不思議研究所所長の森田健さん、アメーバーブック新社編集長の山川健一さんが読者に代わってインタビューしています。六爻占術を提唱している森田さん、宗教・精神世界に詳しい山川さんが独自の切り口から対談型式で話が進んでいきます。
 内容は、トラさんの幼少時代の不思議体験談や専門分野である考古学研究、道教、チベット密教から六爻占術に至まで幅広い分野が書かれています。また専門分野を分かりやすく伝えるために「山川健一ノート」や「森田健ノート」が各所にあり、巻末には森田さんの解説があるので、その分野に詳しくなくても楽に読むことができます。
 この本は第12章から構成されていますが、一つの章だけでも一冊の本ができるくらい十分に深い内容となっています。本のタイトルのとおり「運を良くする」ことは誰もが気になるところです。運を良くするためには、まず自分の運も知ることも大切だと思います。
 本の最後には特典として無料で六爻占術を体験することができます。
 まだ六爻占術をしたことがない人もコインを3枚用意し、携帯サイトにアクセスするだけ実際に六爻占術を体験できます。
 すでに六爻占術を始めたひとには指南書として、まだ初めていない人には入門書としてとても最適な本だと思います。


運を良くする秘訣
六爻占術に、魅了されている者には、お宝本であるという意見に賛成なのでその意見は省略する。

この数年、いきなり月収数百万円の収入を得て、成功を収めたネット起業家たちの一部の内輪で語られる都市伝説がある。それは、金運が一気に飛躍すると、「親が、病気や事故に遇う」というものだ。六爻占術でみると、金運が強すぎる状態は、父母が弱い状態といえる。面白い(?)偶然の一致だと思う。

ネット界で、成功を収める者は、わずか5%。その中でも大成功を収める者は、1%にすぎない。その1%の人たちに、共通しているのが「強烈で具体的な、問いを発し、行動に移す」ということである。

彼らに、悩んで手を止めている余裕はない。そんなことで行き詰っていると破綻しかねない。
本質的な問いは、ピンポイントでありなが、視点は、多角的でトータル的でもある。また、完璧など無いと知ってるので、1〜2つの情報で検証しつつ動き、行動の中で「ピンポイントの問い」を発する。おもいろいもので、同じレベルの問いを持つもの同士は、偶然的な確率で引き付け合い、正のスパイラルに乗るものらしい現象も目にする。


一見、上記の内容は、本書と無関係に思う人が多いと想像できるが、実は、「運を良くする」の全編を通して、断片的に語られる「運を良くする」コツに合致していると思う。内容が、奇抜なだけに、具体的な開運法を求めて購入する人には、読み飛ばして気付かない人が多いかと思い、老婆心から、本書から連想したことを書いてみた。(傲慢で独善的ではあるが・・・)


「六爻占術無料サービス」について。
六爻占術を、かじっていても数字化するサービスは大変ありがたい。
ただ、初歩的というだけあって、ラッキーアイテムだけでは、改善できないケースも存在するが、インタビュアーの山川氏とトラさんの「問い」についての対談を読むことで開運効果が倍増するかもしれない。

六爻占術自体も、「問い」がないと機能(厳密には違う)しないのと同じように、「問い」の可能性を説いた対談本だと思う。悩み、願望、祈りと「問い」の違いを理解するための入門書の性質も併せ持っていると思う。これが理解できると好転するのではないかと思う。


この世で生きていくための実践書のような、読み終わってアッチの世界とつながったようなミラクル本でした!
最初のページの鮮やかな青色と虎とたぶんお豆腐や宇宙と思われるイラストが、ポップな感じで楽しそうで、重圧感がなくてリラックスして本の世界に入れました。
古代の占いや密教や霊や、ハード本の文献の中身を三人の余裕を感じる対談で、親近感と日常目線でぐっと伝わってきました。

トラさんの幼少からのお話は、今までロッコウの添削のメールや、画像で見たり、もりけんのホームページでのトラさんとの様子から、堅実で明晰で優しそうなイメージがあったので、追体験出来て、お墓のお話のときは固まってしまいました。
この社会で経営者や作家のもりけんさんや山川さんや、考古学者だったトラさんが、フツーに話している中身だから、安心してイッテル世界の話も聞けるのかもと思いました。
文中の山川健一ノートや森田健ノートの演出がつぼりました。
サイトの肌色部屋の雰囲気で、楽しくてぐっとせまって密着を感じました。
トラさんの密教の修行が聞けて良かったです。
実践セミナーとかあったら参加してみたくなりました。
最後の、卦のていねいな説明が至福で、単独本でトラさんやもりけんさん著をシリーズで出してもらえたら、おバカな自分にも力強いです。
興奮が覚めずまとまりませんが、あとは葉書に書きます。
場のお話がありましたが、ばっちり元気キてます!
山川さんの著書もさっそくゲットします。

とても深い本です
「ちょっと待っててください」というトラさんのリアクションから始まり、そしていきなり山川さんへの判断。登場の仕方がとてもカッコいい・・と思いました。対談式の本ってこんなにも想像力をかきたてるものかと思いました。山川さんもかなり研究なさっている方なのですごくいいテンポでお話を進めてくれています。トラさんの体験話が面白く、とても興味深い話でした。
不思議体験と言っても半端でなく、深い体験をなさっているんだなと思いました。不思議な能力を身に付けたいとか、神秘的な修行したり誰もが特別になりたいって思いますが、トラさんはご自分を実験体として、不思議現象を解明したいという問いから進まれていったんだなという事が伝わってきます。そういう視点からなのでトラさんの解釈や仮説などがとても新鮮でわくわくするお話でした。
特に魂の分家という概念は、今まで考えたこともなかったので、魂を個ではなく情報として捉えると確かにそうなんだと思いました。私という魂も情報としての塊が個になっているように錯覚しますがこの情報を失ったら、何一つ自分と思えるものはないって思いました。
六爻占術の話も深海に入っていくようで、情報は個人ということではなくて、全体に張り巡らされている網目のように感じました。今までいろいろなことをやってもパッとしないのは何故だったのか。そういう素朴な疑問を持っている人にとっては最高の書となると思いました。


占いとしては5点、本のタイトルや帯としては1点
タイトルの通りです。
占いは非常に素晴らしく、是非とも自分を占って欲しいと思います。しかも思った時に携帯と本を使って出来る占いが付いているのでなんとも素晴らしい!
しかし
タイトルに書かれている「運を良くする」のは占いに従うのみで
帯には「夜型の方が成功する」「豆腐で金運アップ」みたいな歌い文句(今、本が手元になく売る覚えです)がありますが自分には応用不可能なことだったりした。本の内容はインタビューを参考としており、完全に読者を置いて独走状態ともいえる。
王さんの占いが気になる、受けてみたい方は王さんを知るために良いと思います。
単純に「開運」を目指してこの本を手に取るのであれば、しっくりこないかもしれません。
正直な話、開運をしたいなら実際に王さんなりに占ってもらうべきだと本を読んでいて感じました。

amazonでチェック


関連する本

あの世はどこにあるのか
あの世はどこにあるのか

分裂する未来 ―ダークサイドとの抗争―
分裂する未来 ―ダークサイドとの抗争―

リアルファンタジア 2012年以降の世界
リアルファンタジア 2012年以降の世界


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 現代思想

STEEL BALL RUN vol.17―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (17) (ジャンプコミックス)

amazonでチェック

STEEL BALL RUN vol.17―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (17) (ジャンプコミックス)

both sides nowから
最終局面への突入を感じさせて約半年、コミック派の自分には待ちかねた最新巻。
帯の文句は「不可解の連鎖!」
その通り一回読んですぐ巻頭に戻りもう一回読む事必至の展開。
前巻のルーシー、ウェカピポ、双岸の戦いから更に今回はジャイロ、DIO、
ウェカピポ、三つの視点が大統領に向けて集束されていく。
ジョニィの安否は?大統領のスタンド能力の正体は?何より遺体を集めた時に
何が起こるのか。いよいよ明確に始まった終わりの始まり。
しかし改めて絵が変化してるというか進化してるというか・・。
見開きで見辛い所が無い様にもう横幅2倍にして2P分を1Pに収めて製本して欲しい
位に良いです。一つ気になる事といえば大統領が美しすぎる事でしょうか(笑)
ここまで変貌するなら初期からこのデザインで来て欲しかったかも。
前巻のルーシーとスティールの出会いの描写の変化に比べれば自分の中では
些細な問題ではありますが。
次巻がとても待ち遠しいです。

SBRの主人公はだれだ?
この巻は超絶である。
ジャイロのセリフ「オレらの敵は全部で何人だ?」
この言葉がこの巻のキーワード。

大統領vsジャイロ・ジョニー・DIO・ウェカピポの共闘へと向かうの展開は
「なるべくしてなった」のかもしれないが、
DIO・ウェカピポのチームタッグは感動・興奮の域を超える。
3部のポルナレフ・アブドゥル、ポルナレフ・イギーの屋敷の中でのタッグを髣髴とさせるものがある。

ウェカピポの家族への思い・故郷への思いが交錯するであろう中での
大統領との戦いは身震いするくらい響く。



ゾクゾクするッ!!
荒木ワールド炸裂。タダ者じゃあない。

やはりボスのスタンドはこうでないと。(大統領は真のボスではない可能性もあるのかな?)

先が気になって仕方ない。

18巻は露伴の読切を収録して早めに出してくんないかなぁ?

並ではないッ!
1コマ1コマのこだわり・表現が更に幅広くパワーアップしており、
ついついじっくり魅入ってしまう・・・。

ストーリーは往年の「羅生門」を彷彿とさせられる展開で、
「荒木氏にしか描き切れない」と言っていいくらい
スリリングかつ、濃厚に練られた奇妙な展開になっている。

この作品を好きで良かったと心から思える。
荒木氏には心底感謝する。
グッとくる「感動」をありがとう!

何が起こるのかわからない世界
正直にいうとこの巻だけをみるとさっぱり内容がわからないです。
やけにあっさりと終わったチョコレート・ディスコとの対決。
と、同時に始まっていたD4Cの巻。

同時並列的に沸き起こった謎に、一読者としてはいろいろと勘繰ってしまう。

普通の作品であれば、ばこんな作品なんじゃいと投げ出してしまうところですが、
次巻が気になってしまう。その魅力が堪らないんだろうなぁ。

amazonでチェック


関連する本

ONE PIECE 巻53 (53) (ジャンプコミックス)
ONE PIECE 巻53 (53) (ジャンプコミックス)

バクマン。 2 (2) (ジャンプコミックス)
バクマン。 2 (2) (ジャンプコミックス)

STEEL BALL RUN vol.16―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (16) (ジャンプコミックス)
STEEL BALL RUN vol.16―ジョジョの奇妙な冒険Part7 (16) (ジャンプコミックス)

蒼天の拳 20 (20) (BUNCH COMICS)
蒼天の拳 20 (20) (BUNCH COMICS)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ジャンプコミックス

徹底抗戦

amazonでチェック

徹底抗戦

「熱かった」あの日々の思い出・・・
実際、この人がまだ係争中、って認識している人がどれくらいいることやら。
著者本人が書いているように「虎の尾を踏んだ」がゆえに完全に「殺されて」しまった。

事の善悪は検察の胸三寸。読んでてけっこう怖くなります。法治国家、なんて所詮は幻想だってこと。

敗戦の将、不平を語る
後からつけた理由と感じるものが多く、私は共感できませんでした。
ある面では「世論を味方につけよう」なんて全く感じさせない潔い文章。
徹底抗戦という表題とは程遠く、ただの「負け犬の遠吠え」であり、
すべてを知っているかのような発言はとても感じが悪いです。

例えば、p165 にはこうあります。
「細かく見ていけば、不正をしていない企業などは、ほんのわずかだ」

著者は、日本の会社すべての細かい不正を知っているのでしょうか?
もし他の会社がやっていれば、自分達もやってよいのでしょうか?
「なぜ自分だけが...」という自己中心的な考え方が伺えます。
またこの文章から、間接的に自分達の不正を認めています。

「不自然な急成長の裏には不正があるのではないか?」という疑いを
持たれることも、社長を中心に調査が入ることも自然な成り行きです。
そこで不正が見つかれば逮捕される、という単純な事件であったことが
よくわかりました。

とにもかくにも面白い
やっぱり、ホリエモンはとにもかくにも面白い。
読んでみると彼の言うことにも、もっともな点があるということが分かる。
先に、ホリエモン報道を軽くおさらいしてから、この本を読むといいでしょう。

ホリエモン吠える! やはり、国策捜査はあるのか? 一読の価値あり!
 まず、本書の中心である、ライブドア事件とは一体、何だったのか。
事件の容疑はすべて「証券取引法違反」である。

 この容疑について、ホリエモンは「これらをすべて、私が先導して計画的に
行ったというのが、検察の描いたストーリーだった」と述べ、国策捜査だとの
抗議の意思を訴えている。

 本書の読みどころは、意外ににも事件以外のところにも、ある。
それは、時代の寵児だったホリエモンにまつわるエピソードの数々を
明らかにしていることである。

 ニッポン放送株買収合戦の最中、産経新聞の幹部が重要なポストを条件に
「ホリエモンの味方になってもいい」と言って近づいてきた話、選挙で戦った相手の
亀井静香代議士から国民新党からの出馬を持ちかけられた話、拘置所では、まだ、
粉歯磨きが使われている話など豊富なエピソードにことかかない。
ホリエモンが好きな人も嫌いな人も、一読の価値はある本だと思います。



ホリエモン風、「塀の中の懲りない面々」‥。
 現在、最高裁上告中の堀江氏が語る、あの事件についての独白。
 逮捕に至るまでの経緯、拘置所や取調べの様子、そして、起訴
事実と訴因について、堀江氏の言い分が述べられている。
 いろいろ言いたいことはあるだろうし、この種のものは散漫に
なりがちなところだが、塀の中での経験と事実、あとは自分の理念
など、テーマを絞って書かれているので読みやすい。

 著者の感じている怒りや戸惑いは、よく理解できる。
 そもそも彼を嫌いであればともかく、先入観を排せば、共感さえ
覚えることだろう。
 自己弁護に終始するような本とは違い、嫌な読後感はまったく
感じなかった。
 却って、財を成した人に有りがちなアクの強さを感じさせない
内容で、著者に対する興味が増した。

amazonでチェック


関連する本

本人 vol.09
本人 vol.09

経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)
経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)

コミック 銭 1巻 (Beam comix)
コミック 銭 1巻 (Beam comix)

小飼弾の 「仕組み」進化論
小飼弾の 「仕組み」進化論

借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記
借金の底なし沼で知ったお金の味 25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 社会学概論

「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った? ~世界一わかりやすい経済の本~ (扶桑社新書)

amazonでチェック

「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った? ~世界一わかりやすい経済の本~ (扶桑社新書)

まずは国民全員が国の制度を正しく理解することから始まる
最初に言っておくと、この本の第1章、第2章、第3章の内容は非常に満足だ。これだけでも読む価値が十分だ。だが、第4章があまりに衝撃だったから、敢えて第4章について記す。
麻生太郎氏の『とてつもない日本』も読んだが、そこでも実感したのは、いかに我々に届く情報が歪められて伝えられていたのかということ。我々も否定的な報道ばかりで、いつの間にか否定的にしか国に対して考えられないようになっていた。麻生氏の理念などは聞く耳をもたなくなっていた。
年金問題だってそうだ。はっきり言って年金の仕組みを理解している人なんて殆んどいないはずだ。だが、年金を信じたくても信じられなくなっていた。我々には不信を煽る情報しか伝わってこないからだ。まずは誰もが理解できるこの解説書で年金の仕組みを根本から学ぶべきだ。
仕組みを知らないと議論すらできない。国民が知識をもってニュートラルになって初めて本物の民主主義が機能する。批判ばかりのマスコミ情報を自分の頭で判断できるようになれるための必読書!!



サブプライムローン・年金未納問題に限って、丁寧に解説しています

ほぼ、この2つの問題に限定して
丁寧に解説をされていると思います。

この2つの問題に関して分かりやすく背景を知りたい人には
良い内容と思われます。


前書きやあとがきにもあるように、

「数学的思考」の応用編であり
学んだことを身につけるための復習が必要、

ということも
この本を語る上でのポイントではないかと思います。

いま日本人が一番知っておかなければならないこと
この本を読んで、いつの間にか、わからないことがあればネットで検索するようになった
ため、自分に興味のある事柄しか自分の頭の中で考えることをしていなかったことに
気がつきました。毎月厚生年金は給料から天引きされていたのに、年金制度を自分の
こととして考えることができていなかったのです。それは「年金が複雑怪奇」と
いつのまにかマスコミ情報からすり込まれてしまっていて年金について考えるきっかけを
つかめずに、本来知っておくべき情報から遠ざかっていたからです。
そのためいつの間にか、断片的な情報しか得ることができず、バイアス(偏向)の
かかったマスコミが面白くおかしく取り上げる内容しかキャッチできず、それ以上に
調べることもせずに年金の報道を悲観的にしか見られなくなってしまっていました…。
「未納が増えると年金が破綻してしまう」「世界経済はこのまま世界恐慌になってしまう」
などと、不安に思っているひとは必読です!
私を含めてほとんどの日本人は「年金は難しいから」と思考停止をしていたはずです。
このまま誤解したままだと将来不安が大きくなるばかりです。不安ばかり大きくなって
みんなが自信を無くしていれば、私たちの将来は本当に危なくなってしまいます!
それを多くの人に気がついてほしいです。この本で年金の全体像がわかるので、自分の
問題として年金問題を考えることができるようになります。思考停止からの解放です!
この安さでこの充実した内容。ぜひお勧めです!


内容は分かりやすいが、取り上げられていない不安要素もある。
とても読みやすい平易な文で書かれており、概ね首肯できる内容です。
しかし、主に以下の4点の理由で年金の不安がこれで全て解決するとは言えません。

1.物価上昇と賃金の低下について
144頁に「物価と共に『給料』も増えていく」とありますが、2008年度の物価上昇は前年比1.4%(統計局のH21.1.30公表のCPIより)。賃金は不況を理由に賃下げに向かっています。「マクロ経済スライド」により給付額が下がる可能性があるだけでなく、「仕送り方式」である年金の財源が減ることになります。前提条件が崩れる場合があるということです。

2.年金積立金の運用方法について
その不足分の為に年金積立金があるのですが、運用は株安・円高の影響を極めて受けやすい(H20年度 第3四半期で8.4兆円の赤字【マイナス9.1%の利回り】)。パッシブ運用は長期運用に有利ではあるが、厚生労働省の「向こう百年平均利回り4.1%」は難しいと思います。元本保証が無いことも良く考えるべきでしょう。

3.二分の一の国庫負担分の財源問題について
179頁にある「国民年金における国の負担が二分の一」については、平成22年度までの2年間は財政投融資特別会計から賄うことになっています。しかし、それ以降の財源はまだ決まっていません。麻生総理は消費税増税を示唆しましたが、与党の反発で実施されるかは不透明です。毎年2.3兆円を消費税で負担できるかどうか今の段階では(政権交代の可能性もあり)全く分かりません。

4.実際の給付金額が書いてない
年金制度が破綻しないことが分かっても、実際いくらの年金が貰えるかせめて現行のモデル年金額くらいは載せておくべきだと思います。
国民年金のみの場合、6.7万円(単身者)、厚生年金の場合は17.1万円(単身者かつ平均月額報酬が約36万円、勤続40年)です。
大卒22歳で就職できたとしても勤続は38年、生涯の平均年収が400万円超というのは該当する人間は少ないのでは。手厚いと言われる「厚生年金」は報酬比例ですので、これより給料が少なければ年金も減ります。相応の貯蓄がないと、年金制度は破綻しなくても年金生活が破綻する可能性があります。

その他にも生活保護費の増大や膨大な国債残高など、年金制度に影響を与えかねない要素はいくつもあります。
それでも年金を払うべきことには間違いありません。消費税の引き上げの提案も概ね妥当です。
ただ、将来の不安が解決されるかどうか別問題でしょう。

テレビニュースが理解できるようになる本
細野真宏さんによるやさしい経済解説の最新刊です。1・2章で「論理的思考」の大切さを説き簡単な実践例を紹介、3章で世界金融不況と家計の関係を読み解き、4章で日本の年金の仕組みを解説します。

既刊の細野本は(ほぼ)テレビニュースだけを情報源としていましたが、本書の年金編は細野さんが参加した社会保障国民会議の資料も参考に書かれています。しかし本書で扱う内容は新聞の経済面等で概要が紹介された範囲にとどまり、「一般市民が常識として理解しておきたい」範囲を逸脱しません。この思い切った「到達レベルの低さ」が細野本の魅力です。

2004年の年金制度改革で永久均衡方式から有限均衡方式へ転換した経緯、マクロ経済スライドの解説で保険料水準の上限を定めつつ各世代の85歳時点の所得代替率が揃うカラクリの説明がないこと、などに現行の年金制度を批判する向きからは不満もあるでしょう。

結局、「少子高齢化が進んでも年金は大丈夫なのか」という根本の疑問は、本書を読んでも解消されません。ごく簡単に書けば、日本経済が拡大していけば緩やかな調整で済み、そうでなければ大胆な調整が必要になります。しかし将来予測は困難なので、現行制度に沿って穏当な解説をした判断は支持できます。

経済に詳しい人は、一般市民であっても、もっと多くのことを知るべきだ、と考えるかもしれません。しかし私は、「原油価格の上昇で鶏卵の値段が上がる理由を誰もが説明できる社会を実現する」というのは、十分に高度なミッションだと思います。本書が多くの方に読まれることを期待します。

amazonでチェック


関連する本

サブプライム後の新世界経済~10年先を読む「経済予測力」の磨き方~
サブプライム後の新世界経済~10年先を読む「経済予測力」の磨き方~

コンサルタントの習慣術 頭を鍛える「仕組み」をつくれ (朝日新書)
コンサルタントの習慣術 頭を鍛える「仕組み」をつくれ (朝日新書)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 社会学概論

ネットで5億稼ぐ! バカ売れサイト7つの法則−超衝撃SEO対策で検索エンジン市場を支配せよ!

amazonでチェック

ネットで5億稼ぐ! バカ売れサイト7つの法則−超衝撃SEO対策で検索エンジン市場を支配せよ!

タイトルに惑わされないように
SEOの知識がまったくない超素人向けの本です。

SEOの法則なんかを勉強するよりインターネットで稼ぐための
本質を勉強したらどうでしょうか。

細野真宏さんの「数学的思考法」でどうしたら
ネットで5億円稼げるか徹底的に考えて見てください。

本で得た知識を血肉とするには、結局自分で考えて体験して
知識を知恵にするしかないんです。



中途半端かな
ちょっと期待はずれかな。
誰かがレビューで書いているが、中級以上の人にはまったく必要ない。

反対に超初心者では言葉の意味も分からないだろう。
どんな人に向くかといえば、ブログやホームページを何個か作ってみた人かな。

まだ何も行動していない超初心者には、言葉の意味を理解するのも大変だろうと思うので、
できるシリーズなどで勉強したほうがはるかに良いと思う。

初心者向けです
キャッチコピー、表紙、帯には煽動的な宣伝文句が並んでいますが、特に目新しい情報やノウハウは載っていませんでした。

初心者の方は勉強になると思いますが、中級以上の方は書店などでざっと内容を確認してから購入した方が良いと思います。

これでSEOを難しく考えなくてもいいかな?
この本のお陰で今までSEOに対して難しく考えていた自分の考えが180度変わりました。
特に初心者にはお勧めですし、SEOで悩んでいた人も自身の対策を見直せると思います。

わかりやすいと思います。SEO初心者におすすめ
タイトルが煽り気味になってますが中身はしっかりとしています。

ネットビジネス初心者、SEO初心者にとっては、わかりやすく書いてあるし勉強になると思います。

以前からSEOをやっている人にとっては、目新しい情報はないかも知れませんが、私は、知らなかったことがいくつかありましたので、買って良かったです。

ただ、この本だけではタイトル通りには稼げません。
ネットで稼ぐ為には、更にコピーライティングやマーケティングなどの能力が必要だと思います。


amazonでチェック


関連する本

SEO SEM Technique Vol.6
SEO SEM Technique Vol.6

サクッとプチ起業【CD-ROM付き】
サクッとプチ起業【CD-ROM付き】

docomo au SoftBank 各キャリアからのアクセスアップ! モバイルSEO完全計画
docomo au SoftBank 各キャリアからのアクセスアップ! モバイルSEO完全計画

ネット副業入門―今から始める22の方法
ネット副業入門―今から始める22の方法

稼げる「キーワード」
稼げる「キーワード」


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 起業家

納棺夫日記 (文春文庫)

amazonでチェック

納棺夫日記 (文春文庫)

最後の前の仕事
火葬にする日本においては、最後の前の仕事だ。
これは綺麗なままなだけではない遺体に向き合うというのは、自分には考えられない仕事だ。
その静謐な世界が、淡々と流れてくるのだ。
映像では表現しきれない世界がここにはある。
現実は美しいだけではなく、過酷な状況下にもあるのだ。

第三章がメイン
第三章 ひかりといのちが青木新門さんが、納棺夫の体験を
通して言いたかったことでしょう。
何かしらこういう体験をした事のある人にはとてもよくわかるし
「あーそうそう」ってなるんだけど、頭で考えてる範囲ではなんのことかさっぱり
そんな作品だと思います。
その体験から親鸞聖人まで踏み込んで解説する著書の分析力はすばらしい作品。
そういう意味では「おくりびと」とは主旨の異なる作品でしょう。
現実はドラマティックでもないし、お涙頂戴ではない。
淡々とした日常の中から光耀く世界があるんですよね〜。


仕事選びをする学生に推薦したい1冊
「おくりびと」の単行本も読みましたが、本書は原作と言っても良いくらい、作品の雰囲気、主人公の性格に影響を与えている。世の中には様々な仕事がありますが、死者を送りだすことを生業としてきた著者が語るメッセージは、若者が仕事を選びをする際に是非読んで欲しい1冊です。どのような仕事にもやりがい、そして意味があることが分かるはずです。

死についての深い思索
映画の「おくりびと」も見たが、映画は原作に比べると単に納棺夫という職業の表面を
なでた薄っぺらな作品にすぎない。原作をよんだら死についての深い思索がなされた作品で驚きました。昨今の芥川賞作品など及びもつかないレベルの高い作品です。読んでよかったと思いました。

「死」に向き合ったときに心をこめておくりだすことができる本です
一般的に日常で「死」に直面している人は身近にもなかなかおらず、
現実に「死」に向き合ったとき、
自分の心の中で整理がでできずにいました。
そんなときにこの本の存在を知りました。

納棺夫の仕事は茶道などにも通じる一種の芸術でもあります。
実際に故人をおくりだすときは、
知識がなかったので
何のことなのかさっぱり分かりませんでした。
もしも次に誰かをおくりだす立場になったときには、
心をこめておくりだすことができる自信をこの本からいただきました。

子供の職業体験型のテーマパークがありますが、
それはあくまで疑似体験であって、
仕事をする人々の気持ちや歴史を感じることはできません。
この本では納棺夫の仕事については勿論のこと、
人間の生死観を考えさせてくれるきっかけも与えてくれます。
娘がもう少し成長したら、ぜひ読ませたい一冊です。



amazonでチェック


関連する本

おくりびと (小学館文庫)
おくりびと (小学館文庫)

死体とご遺体 夫婦湯灌師と4000体の出会い (平凡社新書)
死体とご遺体 夫婦湯灌師と4000体の出会い (平凡社新書)

おくりびと [DVD]
おくりびと [DVD]

おくりびと (ビッグコミックススペシャル)
おくりびと (ビッグコミックススペシャル)

死化粧(エンゼルメイク) 最期の看取り (宝島社文庫)
死化粧(エンゼルメイク) 最期の看取り (宝島社文庫)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 文学・評論 全般

日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001) (晋遊舎新書)

amazonでチェック

日本人が知らない恐るべき真実 〜マネーがわかれば世界がわかる〜(晋遊舎新書 001) (晋遊舎新書)

多くの人に読んで考えてほしい
前半は衝撃的な内容から始まります。
・日本の財政は深刻な多重債務状態であり、このままでは2020年までに破産する。
・毎年国会で審議されている国家予算である80兆の「一般会計」は実は見せかけの予算であり、
 国会で審議不要の裏予算、300兆に上る「特別会計」が本丸である。
・税金の決算(使い道の申告)が4年も遅れたまま、翌年の予算審議が平然と行われている。
・それら一般人が知り得ない情報を、書籍に記し告発した元国会議員は刺殺されている。
・先進国が途上国を搾取し続けているのは、搾取をしないことには成立できない現在の貨幣システムに構造的な欠陥があるからである。
・金融の話になると必ず登場するユダヤ人。なぜ彼らが金融・経済において優位にたっていったのか、その歴史的背景。

後半はお金自体の存在意義とその利点と欠点、今後世界が存続していくために必要なあり方に対する提言がなされています。
・お金の歴史と新しいお金のあり方。
・本当に豊かで住みやすい社会を実現するための経済システムとはなにか。

数字を動かすだけで、現実にはなにも生み出さない銀行や金融業者が一番の富と利益を得ているという現在の仕組みはそもそもに無理があり、存在すらしない巨額のマネーを実社会が支えるのはもう限界にきています。
現実の価値と乖離して数字ばかりが巨大化していく現代の金融システムでは、この経済危機はある意味必然であったとすら思えました。
新しい概念と本当に価値のあるものにきちんと一致している貨幣システムの再構築は今すぐにでも議論し、考えていかなければならない課題だと強く感じました。

面白さ満点
非常によくまとまっていて、著者の努力が伺える。金融市場の問題、自由経済の問題、日本の財政の問題などを分かりやすく面白く説明している。著者が参考文献に挙げているジョン・コールマンの著書などをあたってみると更に一歩進んで自分なりの理解を深めることが出来るだろう。敢えて苦言を呈すると、著者は自分自身の特別な情報源を持っている訳ではないようだ。ジョン・コールマンの著作などを全面的に信用しており、原典にあたってみると「うーん、どうだろう。。。」と思える点もある。しかしながら、読み物として文章を纏め上げる著者の力はなかなかのものである。一読の価値あり。

陰陽経済のすすめ
現在、日本の借金は1000兆円弱と、個人金融資産の1500兆円を超える勢いです。
これを超えてしまうと、日本国の破産⇒ハイパーインフレ⇒食料危機⇒戦争への突入と、
最悪のシナリオも考えられると思います。今は、その瀬戸際に立っているのだと思います。

会社や個人では破産申請すれば、借金は帳消しになりますが、国際法ではそういった手法は
不可能です。回避する方法としては、

1.ハイパーインフレを起こして、お金を紙にする。
2.消費税を上げる。
3.地方を活性化させ、地道に内需拡大を目指す。

のいずれかになりそうです。
3番目と、農業・再生可能エネルギー開発の組み合わせで行くのが、最良の策と言えそうです。

地方を活性化させるには、道州制を導入し、かつその道州内にのみ通用する通貨の発行が
有効なようです。織田信長が進めた、楽市楽座以前の時代に戻っていく感覚ですね。

一極集中、弱肉強食の資本主義(陽経済)と、地方の活性化、弱者でも十分生きられる
社会主義(陰経済)との併用経済が、今後日本と世界を救うことになると思います。

最後に、ガンジーが言った「7つの社会的罪」をご紹介します。

・理念なき政治
・労働なき富
・良心なき快楽
・人格なき学識
・道徳なき商業
・人間性なき科学
・献身なき信仰

現在の世間の常識で言うと、ほぼ全て当てはまっているような気がします。

凄い影響力だ。
この手の本は、昔から存在していたし、世の中の事に少しでも関心のある人なら一度は聞いたことのある内容である。しかし、私は普段こういった危機的状況をあまり意識せずに、のほほんと生きている。会社が一生を保障してくれる時代ではないとは頭では解っていても、団塊の世代の様に、まじめに働いていれば嫁に子供二人、一戸建てで幸せな生活が送れるはずだと、やはり期待している。

しかし、この本はそんな甘い夢を打ち砕くとんでもない本だ。(たまたま、100年に1度の不況時に読んだからなのかもしれない)

人生設計を今一度、真剣に考え直す必要があると気づかせてくれる説得力のある本だ。

もし、予定通りXデーがやって来たときに、この本を読んでいて良かったと思えるように、今から準備をはじめようと思った。

素晴らしい内容・・・世界中で読んで欲しい本
前作の「金融の仕組み・・・」も、大変素晴らしい本でしたが、こちらは更に素晴らしい本だと思います。
毎日使い、知らないことなど無いと思っているお金・・・・しかし、本当のところは、ほとんどの人が知らない。
知らない・・・この無知にも、実は理由があるのですが、その告発には力点がまったく置かれておらず、解決する方策を明示してある点は、他の告発系の本とは一線を画し、圧倒的に優れている点だと思います。
この本をたくさんの人たちに知ってもらい、「お金についての本当の理解」が深まれば、大げさでなく「世界平和」も夢ではない!・・・・未来に希望を持つ事が出来る、大変素晴らしい本です。
私も、たくさんの人たちにこの本を読んでもらえるよう、微力ながら宣伝していきたいと思いました^^;

amazonでチェック


関連する本

金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)
金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)

世界恐慌という仕組みを操るロックフェラー (5次元文庫)
世界恐慌という仕組みを操るロックフェラー (5次元文庫)

闇の世界金融の超不都合な真実 ロックフェラー・ロスチャイルド一味の超サギの手口 (5次元文庫)
闇の世界金融の超不都合な真実 ロックフェラー・ロスチャイルド一味の超サギの手口 (5次元文庫)

コールマン博士は知っていた さらに的中していく〈世界経済〉戦慄予言
コールマン博士は知っていた さらに的中していく〈世界経済〉戦慄予言

オバマ 危険な正体
オバマ 危険な正体


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | サブカルチャー

ママはテンパリスト 1 (1)

amazonでチェック

ママはテンパリスト 1 (1)

てんぱりすと
面白いの一言です!
ちょっと雑な絵も勢いがあっていいです(笑)。
めちゃ笑いました。

面白い!
子育て経験のない私でも、数ページに1回はお腹を抱えて笑いました。
笑いに徹していてベタッとしたノロケはただの一つもないのに、
著者がごっちゃんのことを大切に愛情を持って育てておられることが
伝わってきてほのぼのします。傑作です!

面白い!
育児中のママは絶対この漫画ははまると思います。
これから出産する人にもいいと思います。
とにかく面白いです。

旦那にも見せたら笑って面白がってました。

読まなきゃ人生損します☆
こんなに、おもしろいマンガは今までありませんでした〜!!
絶対・絶対オススメです!
とりあえず、周りに4冊配ったら、そこからどんどんテンパリスト旋風
巻き起こってます☆

特に、男の子出産したからかも知れないけど。そーじゃない人も
大・大・大ばくしょー間違いなしです。

旬の子育てエッセイ系コミック
子育てマンガ数あれど、エピソードと絵の可愛さで今のところダントツで笑える。
ただ、笑いのネタに走る傾向があり、今後は、もっとほのぼのエピソードや、社会派テーマがあっても良いと思う。

amazonでチェック


関連する本

ひまわりっ~健一レジェンド 9 (9) (モーニングKC)
ひまわりっ~健一レジェンド 9 (9) (モーニングKC)

育児なし日記vs育児され日記
育児なし日記vs育児され日記

ひまわりっ~健一レジェンド 8 (8) (モーニングKC)
ひまわりっ~健一レジェンド 8 (8) (モーニングKC)

あかちゃんのドレイ。 1 (1) (ワイドKC)
あかちゃんのドレイ。 1 (1) (ワイドKC)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ジャンル別

バクマン。 2 (2) (ジャンプコミックス)

amazonでチェック

バクマン。 2 (2) (ジャンプコミックス)

2巻目です
1、2巻と続けて読みましたが面白かったです。

アンケートの事や編集者の言葉、叔父の事など
漫画を描くことの大変さが痛いぐらい伝わってきます。
挫折を繰り返しながらも
一つの大きな目標に向けて努力し続ける彼ら。
他人のために人を本気で殴ったシュージンは
ほんと良い奴だなと思いました。

この原作の方だからこそ語る事のできる話もあり興味深かったです。
夢を叶える事の難しさと
その過程の厳しさを痛感した2巻でした。

バランスの良さ

1巻でも赤裸々に語られていた業界の裏話。
2巻では更に編集長なども登場し、サイコーとシュージンも歩みを進めただけに
更に深い内容となっている。

そういった、『そこまで言って大丈夫なのか?』と思うほどの
リアルな話と
サイコーと亜豆の漫画然とした恋愛ぶり
そこここに散りばめられた笑い
といったフィクションの部分のバランス感覚が絶妙。

互いが引き立てあって、どちらかに寄り過ぎて
飽きさせることがない。

漫画家の甥っ子だというだけでとんとん拍子に進み
プロの漫画家になるシンデレラストーリーではなく
リアルに登場人物たちがそれぞれのポジションで
悩みながら行動を起こしていくところが
共感も出来るし励みにもなる。

今後の展開に更に期待。



一巻よりも面白いです!
漫画家を目指す二人がいよいよ集英社に持ち込みに行き、
一巻よりも詳しい、より深い漫画の舞台裏が明かされています。

ジャンプ編集部内の仕組み、
アンケートがどのような意義を持つのか、
担当になった編集者はどのように漫画家と関係を作っていくのか、
などなど、現場の様子が実に赤裸々に語られており、
漫画家を目指している人でなくても、
漫画が好きならそれだけで絶対に面白く読めるんじゃないでしょうか。
「漫画ってこうやってできているのかー」と感心しました。

平行して絡んでくる恋の話もなかなかほほえましくて良いです。
真城が「伝えたいことだけ書けばメールも短くなる」と気づくエピソードなど、
こちらがニヤニヤしてしまうくらい。
そのほかライバルが出てきたり、秋人にも彼女が出来たり、編集者同士の争いが垣間見れたり、
単に漫画の話だけではなく、そこに関係してくる人々の様子が丁寧に描かれていて、
読み応えも充分です。

まだまだ発展途上の二人なので、これからの展開に期待が膨らむ一冊です!

マンガについて
ジャンプ読者の多くに中高生が含まれていることと思いますが、
その読者がこの作品を通じて考えるのでしょうか。

マンガの道について入りたいと思うのか。
それともやめたいと考えるのか。

作品としての面白さは確かなのですが、
後輩のマンガ家の卵たちへの道を切り開く作品であってほしいと願います。

1巻より2巻のが面白い。

ついに漫画を編集部に持ち込むサイコーとシュージン。


ライバルの新妻エイジも出てきます。


2人に一応、編集者がついたり。


手塚賞に出したり、赤マルジャンプに載せてもらおうとしたり。


今回も話はテンポよく進んできます〜が字が少し説明的な文が多いので読むのに時間がかかります。デスノよりは少ないかもだけど。通常のマンガより多めかな。




1巻より更にジャンプの裏側が沢山書かれてて面白かったです☆原稿料とか。笑


握手=付き合うつう話が個人的にツボです☆いいなぁーそれ。笑

amazonでチェック


関連する本

バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)
バクマン。 1 (1) (ジャンプコミックス)

アイシールド21 34 (34) (ジャンプコミックス)
アイシールド21 34 (34) (ジャンプコミックス)

ONE PIECE 巻53 (53) (ジャンプコミックス)
ONE PIECE 巻53 (53) (ジャンプコミックス)

STEEL BALL RUN vol.17―ジョジョノ奇妙な冒険Part7 (17) (ジャンプコミックス)
STEEL BALL RUN vol.17―ジョジョノ奇妙な冒険Part7 (17) (ジャンプコミックス)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ジャンプコミックス

とらドラ〈10!〉 (電撃文庫)

amazonでチェック

とらドラ〈10!〉 (電撃文庫)

本当にありがとう
このレビューを見てる人というのはとらドラを今まで読んで来た人だと思うので、内容やラストは自分でお確かめ下さい。




面白かった。笑った。泣きそうになった。ニヤニヤした。嬉しくなった。悲しくなった。
色んな感情を抱きながら読みきった後に私は、胸いっぱいの幸せと胸いっぱいの虚無感に襲われました。


もう大河や竜児やみのりんやばかちーや北村やみんなのお話を読めなくなるという虚無感。


しばらく辛そうです。

大団円! 綺麗にまとめたゆゆこ先生に感謝!
 まず、中だるみとか言ってすいませんでした。

終わってしまうのは悲しいけれど竜児と大河のように”幸せ”を感じて前を向いて次回作を期待しています!!!


竜の児がついに竜に
 よかったなぁ・・本当に。
 竜児はついに大河に輝くような喜びを手渡すことが出来たんだねぇ。
 とらドラは終わってしまったけれど、二人のこれからはまだまだ続いていく。
 でもこの2人ならどんなことが起こっても乗り越えていけるだろう。
 
 

竜は虎の傍らに虎は竜の傍らに
私は今までライトノベルと言うジャンルのものを避けていました。でもふとしたことがきっかけで出会ったこの『とらドラ!』は私のそんな考えを忘れさせるほど私を引き込む、本当にまっすぐですばらしい作品でした。この作者が描こうとしているのは親と子の絆や友との友情、恋人との愛、そして何より竜児と大河、実乃梨、祐作、亜美。青春を謳歌する若者の成長物語だったのだと今更ながら思います。
この巻で竜児と大河はお互いの居場所を見つけその場所を壊そうとするものに立ち向かいその場所を守るためにさまざまな行動を起こしそれらの行動がすべて終結し『とらドラ10!』を読み終えたとき本当に胸がいっぱいになり満たされた気持ちになりました。この物語がひとまず完結したことは寂しくもあり、うれしくもあります。
どんなときも大河の傍らにい続け大河とともにあった竜児、手乗りタイガーと恐れられながら誰よりも優しかった大河、いつも大河のことを第一に考えていた実乃梨、ずっと竜児と大河を見守り続けた祐作、腹黒と言われつつも一番純粋だった亜美。そんな彼らにそして『とらドラ!』に出会えて良かった。そう思える作品です。
ライトノベルだから萌え系っぽいから避けている人まだ『とらドラ!』を読んだことのない人。ぜひ読んでみてください。本当に良い話ですよ。

スピンオフなどでまたその後の彼らに会いたいものですね。

彼らのまだまだ続く未来に幸多からんことを祈っています。

ラブコメの新地平を拓いた斬新な結末の最終巻
 古典的少女小説フォーマットを継承した人気ライトノベルの最終刊。

 既に絶賛のレビューが数々あるのでキャラクター云々については他の方に譲りまして、他の素晴らしさについて。

 少女漫画から始まったラブコメは、王子様が迎えに来るという結論が男性誌ラブコメに転載された際に“男が責任を取って女を養う”という結論にすり替わりました。これがいわゆる【××年後――】というエピローグの元になるもの。男がモラトリアム状態から経済的自立をすることで社会的に認められる。同居ラブコメの疑似家族から本物の家族へという一つの定番になります。
 何かに合格するにせよスーパー能力者になるにせよ金持ちになるにせよ、この“一人前”方式は現在でも多くの作品が継承しており、大きな意味では『とらドラ』もこの範疇に入ります。

 しかし当作では、実際の経済的自立を描くことよりも「その覚悟をする」という内面の自覚を全巻のクライマックスとした点が過去の作品と大きく違いました。従って主人公は終了時点で目に見える能力的・経済的な自立はしていません。十巻にも渡るシリーズでは異質、異色とも言える結末です。
 それでもなお、作品に説得力があるのは、今までの多くのラブコメがあまりにも“決心”を軽く扱ってしまってきたということの裏返しなのではないでしょうか。ヒロインを選んで決意さえすればすぐ努力して、最終回だから結果が得られる――この単純な落とし方にいつしか慣れすぎていたような気がします。

 この作品で主人公以上にフィーチャリングされてきた担任(30)や主人公の母親はしばしば『女だって経済的自立くらい出来るんだ!』という主張を繰り返してきました。であるならばこの作品で竜児が“一人前”になるためには金や進学の問題をクリアするぐらいではもの足りないということになります。
 そこで出た“一人前”の結論は、好きな娘を、家族を、それにつながる自分という存在を、まるごと抱え込む覚悟ということ。その“決心”は簡単じゃなくて決めても厳しくて、でも素晴らしいと言うこと。

 多分この作品が見せてくれたのはそういう新しい視点の『ラブコメのゴール』だったと思います。

amazonでチェック


関連する本

ゼロの使い魔 16 (16) (MF文庫 J や 1-19)
ゼロの使い魔 16 (16) (MF文庫 J や 1-19)

とある科学の超電磁砲 3―とある魔術の禁書目録外伝 (3) (電撃コミックス)
とある科学の超電磁砲 3―とある魔術の禁書目録外伝 (3) (電撃コミックス)

とらドラ! 2 (2) (電撃コミックス)
とらドラ! 2 (2) (電撃コミックス)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | た行の著者

さらばアメリカ

amazonでチェック

さらばアメリカ

現代の国際情勢がコンパクトにまとめられています
最初から最後までほぼ一気に読み終えました。他の方も書いていたかもしれませんが、アメリカだけでなく各国の行動の裏にある思惑がわかりやすいと思いました。
日ごろ新聞の国際面を読み飛ばしてしまう方にもお勧めです。


考えさせられました
アメリカが抱える様々な問題から日本の今後の選択肢まで考えさせられる内容でした。またサブプライム問題についても分かりやすく解説されているので曖昧だった知識を整理できました。

詳しくはブログに書いたのでよろしければ参照して下さい。
http://d.hatena.ne.jp/nekozo92/20090214/1234623446

アメリカよ、しっかりしてくれ!と大前さんが呼びかけている本。
オバマ大統領の歴史的就任演説に触れて、大前さんが「俺にも一言いわせてくれ」といったかどうかは定かではありませんが、そんな心境でお書きになった本ではないのかなと思いました。「さらば・・・」は、大前さん一流の反語で、「早くかつてのアメリカのようになって欲しい」という意味だと受け止めています。英訳で「Good Bye」ではなく、「So long 」にしたと断っておられます。大前さんはMITでカルチャーショックを受け、アメリカ人の奥さんをもらい、アメリカの大学で教鞭をとり、マッキンゼーに就職したという極めつけのアメリカンな方でしょうから、オバマ大統領への切々たる期待が辛口の言葉になったのではないでしょうか。大前さんが経済分野からアプローチするときと政治分野からアプローチする場合では、少し切れ味に差があるかもしれないな、という感じがしました。やはり、経済関連の語り口は掴みが的確で、複雑な経済問題を理解するのに役立ちます。その点政治がらみのほうは、ちょっと論点が主観的なようにも思えました。金融恐慌から今後アメリカと世界と日本が再浮上する処方箋を巻末に添付しておられますが、そこが大前さんの心境なのでしょう。かつて60年代70年代のアメリカは日本人にとって夢の国でした。私もアメリカに憧れた一人としてアメリカよ、しっかりしてくれ!と呼びかける大前さんに共感するものがあります。そんな感想を抱きました。

ならず者国家アメリカ
確かにアメリカはブュッシュ政権下の8年のうちに’ならず者’になった。わざわざ他国に出
かけて行って宣戦布告もなしに軍事攻撃し、時には占領してしまう。日本のパールハーバー
アタックをスニークアタックだと非難しておきながら、自分たちもまた宣戦布告なき攻撃を平
気でおこなう。アメリカ人もさすがに前大統領に失望し、バランス感覚が働いて民主党オバマ
大統領が誕生したのではないでしょうか。

私もアメリカに滞在しておりますが、大前氏の言われるようにアメリカ人の懐の深さ、包容力
というのは素晴らしいものだと思います。今も私の知る多くのアメリカ人はフレンドリーで
フェアな精神を持ち、人なっこい人たちです。(とはいえ様々な人種背景、地域性もあり一概
には言えませんが)
アメリカの一番根本的な問題は(社会の最小単位である)家庭の崩壊にあるのではないかとも
思います。

大前氏は比較的偏りなく、物事を見ておられると思います。今のアメリカの現状を客観的に
知るのに参考になる一冊だと思います。



かって聞いた事のない米国観
少し前のロシアショックにも驚いたが、
今回の言うならアメリカの真実にも、
ただただ驚愕の他はない。

驚きを、また喉元まで登ってきて
唾を呑み込みたくなる程の乾いた恐怖感を
表に出さずにはいられない!。

効果としては、今までの対米観若しくは
アメリカ感が一変し、統一的な理解に進めそう。

他の方も書いておられたが、著者のかっての米国に
対する深い思い入れは随所に見られるが、
僕は最後の3行のレトリックを忘れないでいたい。






amazonでチェック


関連する本

「知の衰退」からいかに脱出するか?
「知の衰退」からいかに脱出するか?

マネー力 (PHPビジネス新書)
マネー力 (PHPビジネス新書)

知的武装 金言集Part.II
知的武装 金言集Part.II

タイあたりターミナルケア
タイあたりターミナルケア


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 政治入門

ONE PIECE 巻53 (53) (ジャンプコミックス)

amazonでチェック

ONE PIECE 巻53 (53) (ジャンプコミックス)

覇王ルフィ
いつもは重要な複線がはりめぐらされた壮大なストーリーを読み解くことに夢中なんですが、この巻はシンプルでとびきりわくわくする少年マンガです。
初期を思い出します。

ルフィが一人で未知の島にたどり着き、わけのわからないまま女戦士たちに追われて逃げ回り、仲間と再会したい一心で行動した結果が、やがてすっきりと問題解決になる・・ああ、気持ちいい。
今後重要になりそうな覇気開眼、闘技場で見せるルフィのやさしさ、それによって溶ける蛇姫の心、ちょうど良くちりばめられたギャグ(今回は恋愛も!)、辛くてシリアスな過去はさらっと描く。
非の打ち所がないとはこういうこと。星5つじゃ足りないくらいです。

女戦士マーガレット、最初は横暴で最後は恋わずらいの蛇姫様がとにかくかわいいです。

驚いた
昔はジャンプ誌面上で追いかけていた「ONE PIECE」も
年齢が大きくなるに連れて全く読まなくなってしまったのですが、
最近の評判の良さを聞いたため一気に最新刊まで読んでみました。

そしてとりわけこの53巻は素晴らしいと思いました。
あくまで"王道"、そして"シンプル"
仲間を守る
仲間を救う
当たり前のことが、心に響く
場を崩さない程度の笑い
1巻を通した起承転結の纏まり

今まではやたら長引くバトルの展開に嫌気が差したこともありましたが
最近、とりわけ51巻以降からは非常に期待感というか
ワクワク・ドキドキといった、少年漫画らしい感覚を覚えました。

スタンダードとして王座に君臨できるはずだよなあ。
何だかんだで本当に面白い。
オススメ、です。

新世界に向けて…!?
順調に新世界に向かうと思いきや…えっ!?

おっー!!

って感じの展開ですね(>_<)

尾田先生のストーリーの展開には、先付け・後付けを問わずに読者を納得させる風呂敷の閉じ方が有りますので、読んでいて「こうきたか!」と驚いてばかりです(笑)

ただ、ボア・ハンコックの裸体に無関心ですが、かつてルフィはナミの幸せパンチに反応していた事からも、全く女体に無関心設定なのは…

ナミのが凄いって事かあ(笑)

ルフィ祭り
ほとんどがルフィ一人メインの話です。
なんというか、自分的に(覇王色の)覇気やら女だけの島とか、主人公の性格が統一されていないとことか…。読みながら頭に「?」が浮かぶとこが多々ありました。
それからハンコックは、猫を蹴りつけたり、ルフィに会うまで自分が世界の中心だと思っていたり…、ハンコックにも辛い過去はあったようですがだからと言って、他人を痛めつけていいわけではないと思います。
まぁ、凄い綺麗な人ですよね。

じわじわと
ルフィの覇気が出てきてますね。 仲間みんなバラバラになり一味崩壊…ルフィの「救えな゛い゛っ…!!!!」 ぃきなりスゴぃ展開です…!!
でもルフィはいつでも前向きなのでいつまでもグダグダ落ち込みません。


―そして飛ばされた場所が男子禁制で、七武海ハンコックの住む島。最初は追い出される危機で逃げ回るルフィ。でも船を貰いたいため、偉い人に会いに行こうとします。そこでハンコックのあるものを見てしまい…


サンダーソニア・マリーゴールドとの対決の時のルフィの行動、ハンコックに「望みは一つ」と言われての選択はホント泣けます…。 そして惚れます*.・。.
その後ハンコックはルフィの人柄を知り自分達の辛い過去を打ち明け、船を貸すと言う。
ルフィ男1人でモテモテ!?サンジがこの話聞いたら大変ですね(笑)


―その夜、ルフィはエースの公開処刑を知り、先にインペルダウンへ行く事にする。

しかし次の日、ハンコックは病に…
ニョン婆は、ルフィが頼みたい事があると話す。するとハンコックは立ち上がりルフィのもとへ……


最後がとても面白い!! “恋はいつでもハリケーン”とは諺だったんですね☆

ぃつもどぉり、また次巻が楽しみで仕方ありません!!!

amazonでチェック


関連する本

アイシールド21 34 (34) (ジャンプコミックス)
アイシールド21 34 (34) (ジャンプコミックス)

バクマン。 2 (2) (ジャンプコミックス)
バクマン。 2 (2) (ジャンプコミックス)

STEEL BALL RUN vol.17―ジョジョノ奇妙な冒険Part7 (17) (ジャンプコミックス)
STEEL BALL RUN vol.17―ジョジョノ奇妙な冒険Part7 (17) (ジャンプコミックス)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | コミック・アニメ・BL

プリンシプルのない日本 (新潮文庫)

amazonでチェック

プリンシプルのない日本 (新潮文庫)

伝説になった男の残した諸稿
 GHQ占領下の日本に、敗戦後の対米交渉の準備のために生まれたかの様な男が登場し、そして去っていく。ここ数年、再発見のブームが続いているかの白洲次郎の残した諸稿集である。
 権力の中枢近くに居ることにより活字として残せることは、実は数少なかったと思われる。墓まで持っていくべき話ばかりが集積する時期を過ごした男の残した言葉として読むと、時代の推移を予見し時代を背負った男の決意と生き方が、行間から覗けるような気になる。
 青年期をイギリスで過ごし、後に世界との交易に従事し、世界視野を獲得した男からの日本人への贈り物は「プリンシプル」。
 今日にも通じる日本と日本人精神性、生き方を考える上で本書のみによらず歴史的背景を補強しながら読み下すべき一冊といえる。
 時代が必要とした男を、使いこなした男が居たことも、また銘記されねばならない。
 観察眼が極めてニュートラルである。既成概念やイデオロギーの呪縛から自由である。
 身近に接した悪友(河上徹太郎、今日出海)たちとの明け透けな会話が楽しめるが、雑誌掲載を前提にしているだけに、座談自体はハジケテは居ない。
 辻井喬による「プリンシプルのあった人」は、食い足りない。

原則を貫く難しさ
白州次郎の人となりについては、本書の解説を担当している青柳恵介氏の『風の男 白洲次郎』が詳しい。

本書は、白州次郎自身の直言集という体裁で、サンフランシスコ講和条約後のポスト占領下の日本を背景に発表されたエッセイをまとめたものである。
当時の日本においても、現代同様さまざまな立場の人間が各々の利害で言動があったはずで、それらに対して白州次郎が持ち前のプリミティブな正義感から歯に衣着せぬ「意見」を述べている。
青柳氏の解説によれば、1951年からのおよそ5年間に発表されたエッセイを編纂したものであり、白州の生い立ちや生涯を俯瞰するものではない。しかし十分に彼の考え方、人となりの一端を垣間見ることができる。

白州が「原則とでもいうのか」と訳した本書のタイトルにあるプリンシプル。非常にシンプルであり、だからこそ様々な利害を背景にした問題をいっこうに解決できない現代の我々にも突き刺さるメッセージになるのだろう。

個人的に、巻末の座談会の中にある白州さんの言に非常な感銘を受けた。
白州次郎、今日出美、河上徹太郎の三人による『日本人という存在』という1950年に文芸春秋に掲載されたもので、そのなかの「日本はよくなるか」という一節に勇気付けられた。
「よくなるか」ではなく「よくするほかに途はない」という言葉。これを単なる言葉ではなく、実際を伴った発言にできる人がどれだけいるか。自分もそうありたいと思う。

本来の読み方は?
けっこう 弁解じみたこともいってます。
おいおいというところもあります。
それはないだろうというところもあります。

同時代のことがわかると さらに楽しめます。

歯切れのよいプリンシプル
非常に歯切れのある、テンポのよい文章。
それに加え、この人特有のセンスで語られるその内容は、
時に痛快で、時に耳に痛い。つまり正論ということだ。

残念ながら、彼がずばりと突いた根本問題の多くは、
現在も解決されていない。まったく変わらないままの
日本がある。

彼の言うプリンシプルを身に着けるのは、なまなかな努力では
難しいかもしれないが、なかなか、楽しめた一冊。

難しいけれど、面白い。
本当にこれが50年以上前に書かれたものなのか?と疑いたくなるほど、
日本の政治、経済、海外に対する姿勢など、
まるで現代の日本を批判しているかのような内容です。

読後、ハァーと大きなため息。
日本が当時と変わっていないことに対する無念さと、
的確な指摘をしている白洲次郎に対する敬意と。

「風の男」を読んで、白洲次郎をもっと知りたくて手に取りましたが、
その先見の明に改めて驚き、敬服しました。
本当に本当にすごい人です。

amazonでチェック


関連する本

風の男 白洲次郎 (新潮文庫)
風の男 白洲次郎 (新潮文庫)

白洲次郎 占領を背負った男 上 (講談社文庫)
白洲次郎 占領を背負った男 上 (講談社文庫)

白洲次郎 占領を背負った男 下 (講談社文庫)
白洲次郎 占領を背負った男 下 (講談社文庫)

白洲次郎の流儀 (とんぼの本)
白洲次郎の流儀 (とんぼの本)

白洲次郎 占領を背負った男
白洲次郎 占領を背負った男


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | さ行の著者

大恐慌入門 何が起こっているか? これからどうなるか? どう対応すべきか?

amazonでチェック

大恐慌入門 何が起こっているか? これからどうなるか? どう対応すべきか?

何が起こっているかはよくわかる

大恐慌入門。副題は

・何が起こっているか?
・これからどうなるか?
・どう対応すべきか?

である。
全部で5章あるが、最終章が「どう対応すべきか?」にあてられている。
そして、最終章がもっとも弱く、「この大恐慌時代をどうサバイバルした
らいいか?」と悩んでいる人は、おそらく解答が得られない。

残り80%は、何が起こっているのか? これからどうなるか?が書かれ
ているのだが。
1章 世界はこれから未ぞう有の大恐慌に突入する
2章 このスーパーバブルの崩壊はもう誰にも止められない
3章 資本主義の崩壊がこれから始まる
4章 日本は世界とともに沈むのか?

この目次だけ見ても、内容がいかにすさましいかが理解できるだろう。
つまり、今起こっていることは、空前絶後。誰にもバブル崩壊をとめるこ
とはできず、資本主義は崩壊し、日本は世界とともに沈まざるをえない、
ということだ。

お先真っ暗の世界観だが、実際去年から空前の出来事がこれでもか、
これでもかと起こっている。
そして、この本を読めば、去年から起こってきた一連の出来事の深刻
さがはっきり理解できるだろう。

サバイバルするためには、まず現状を正確に把握する必要がある。
この本はそのために最適だ。
その上で、いかにサバイバルするかを、自分で考えるなり勉強するなり
すればいい。


いい見解
副島さんの本で同じような内容を06年にしってこうなるのだろうかと思って自分なりにいろいろな分析をしていて本当に去年同じような事が起こっていて、彼の言っている事は少なくても半分くらいは的を得ていると思っています。
そしてこの著者の書いている事は80から90%は当たっているし、狭くもなく広くもない見解であり、数字にがちがちにならずに分析している所に人間らしさを感じました。
あと個人的には三橋さんの本のファンでもありまして、この2つを読めばこれからの将来はだいたい予想できると思います。副島さんの見解は狭すぎて、口も悪いですが、この方の文章は間逆でいいかと思います。リーマンショック以前からこの手の事を知っていた人にはちょっと不満かもしれませんが、その人口はあまりいないでしょう。
大変すばらしい本だと思います。

混沌の時代
就任式前後のオバマさんの人気は大変なもので街で会う黒人たちも本当にハッピーです。
それだけにうまくいかなかったときの反動が確かに怖いですね。

実態経済は就任式が終わった直後から、また一段と悪くなったように思います。私のビジネス
上のクライアントも多くは大変な状況で、倒産に追い込まれたところもあります。ニュースを
見てもレイオフの話題が目に付きます。資本主義は確かに限界をむかえているのでしょう。
次に来るべきは共生共栄主義とでもいうべきでしょうか?混沌とした状態がまだ続くでしょう。
膿みたいなものを十分出し切ったほうがいいのではないでしょうか?

私はこんな時代だからこそ、私利私欲に走るのでなく、より公的な立場で生きるという著者の
意見に賛成です。

文章がやや稚拙
世界の金融情勢を,具体的な数字を示しながら説明してくれています。
「サブプライム問題は公園の散歩のようなもの」と比喩しながら,本当
の問題としてCDSの驚くべき実態を説いています。
賃金のカットやリストラの拡大など,すでに我々の生活にも実体経済の
悪化の影響が及んできていますが,今後さらに問題が深刻化するかと思
うと背筋がゾッとしてきます。
ところで内容はさておき,主語の省略,主述のねじれなど,残念ながら
本書には作文がやや稚拙と思える箇所が散見します。この文章から著者
の意図を正確に読解するためには,ある程度の金融知識が必要でしょう。
その意味で,「入門」と呼ぶにはやや敷居が高いかもしれません。

これから起こる恐怖のシナリオ
サブプライムローン問題は、CDSの問題に比べるとかわいいもので、これから起こるであろう、
デリバティブ6京円の問題が表面化してきたときは、国家の連鎖倒産は免れないであろう
とのことです。
やはり、今から最悪の状況を想定して、準備をしておくことが賢明であろうと感じました。

一番は、都会を脱出して、農業を始めることではないでしょうか。
ただでさえ、日本の自給率は40%台であり、戦争が起って食料品の輸入がストップして
しまうと、立ち行かなくなるのは、目に見えております。

それから、これからは、自分が助けてもらえるような人間であったか、これまでの人間性が
試される時期に入ったとのことでした。
人に親切にしていた人間は、自然と助けてもらえるでしょうし、人を騙し、蹴落として
のし上がってきた人間は、自然と淘汰されるのではないでしょうか。

自分は、この世が修羅場に陥った際に、他人を助けて上げられる人間でありたいと感じました。

amazonでチェック


関連する本

超効率勉強法ー決め手はよい師、よい友づくりー
超効率勉強法ー決め手はよい師、よい友づくりー

アメリカ発 2009年世界大恐慌
アメリカ発 2009年世界大恐慌

にんげんクラブ誕生―「自然の理」に合った世の中創りの萌芽
にんげんクラブ誕生―「自然の理」に合った世の中創りの萌芽


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 世界

風の男 白洲次郎 (新潮文庫)

amazonでチェック

風の男 白洲次郎 (新潮文庫)

一陣の風が吹き抜けたかのような清々しい人物像に魅了された
 終戦直後、米国の統治下にあった日本。欧米人に対してとかく卑屈になりがちな我が国にあって、臆することなく言いたいことを言った男。歯に衣着せず、ずけずけとした物言いはするけれど、これと信頼した人物に対しては面倒見の良かった義の男。信念をもって己を投げ出すことのできる男。白州次郎は、そういう男だ。

 一陣の風が通り過ぎたような清々しい生き方を貫いた白州次郎の人となりが、彼と関わった人たちの証言から伝わってくる評伝集。いくつもの印象深いエピソードのなかでも、英国のケンブリッジ在学中、終生変わらぬ友情を結んだロビン・ビングとの再会、そして最後の別れを記した場面には胸がいっぱいになって、涙がこぼれた。

 若き日の白州が車の運転席に座った写真や、親友ロビン・ビングとのツーショット、白州次郎を大いに買っていた吉田茂を撮った写真をはじめ、白黒写真が多く掲載されていたのも、彼らの人となりを身近に感じる上で、とても有難かった。

 本書刊行のいきさつについては、白州正子(白州次郎の妻。文筆家)の「まえがき」ならびに、当時、成城大学の講師だった著者の「あとがき」に記されている。

 著者「あとがき」の後に置かれた両角良彦(もろずみ よしひこ)の解説、「天衣無縫の気概」と題した文章も素晴らしい。的確で、心のこもったその文章から少し引用させていただく。

<ひと口に言えば、人間として立派であった。およそ遺徳を偲ばれるには、地位や財産などではなく、人間性そのものに根ざすなにかがなくてはならない。この人にはそれがあった。毅然とした反骨精神というか、強者に追従しない独立心である。書中に詳しいが、全能の占領軍司令部を相手取って一歩も退かなかったいくつかの挿話からもそのことは納得できよう。>

GHQ占領下、時代に役割を果した規格外の男の物語
 第二次世界大戦での日本の敗戦後、占領当局GHQとの交渉の最前線を担った白洲次郎の言わば公式評伝である。
 家族の要請と協力もとでの伝記ではあるが、規格外の男・白洲次郎の足跡を多くの彼の友人・知人のインタビュー、そして資料から浮き彫りにする。
 現在も時折政治的争点として浮上する憲法問題、戦後の復興政策・産業政策等々に関わり、そして鮮やかな引き際を示した男をしる入門書といったところである。
 本書に政治的な思惑等は特には見受けられず、歴史の中で人の果す役割・果した役割を知る上で必要な一冊といえると思います。

天下一の傾奇者
上司が飲み会で熱く語っていた「白洲次郎 」。ということで上司からお借りして読んでみました。いや〜、戦後の日本復興にこれほど影響を与えていた人がいたとは知りませんでした。高校日本史の教科書くらいに名前は出ているのだろうか?(私は世界史だったので全く知りませんでした)。また、戦後復興当時の日本とGHQのやりとりも非常に興味深く読ませてもらいました。

もう、ほんと、漫画の主人公になりそうなくらい、痛快で破天荒で真直ぐで情に厚い人柄が伝わってきました。「たら・れば」はよくありませんが、もし白洲次郎が生きていたら、今の世の中をどう見るだろう?とついつい考えてしまいます。それにしてもすごい人がいたもんだ。
そう、まるで戦国時代に活躍した天下一の傾奇者、前田慶次が重なってきます。


白洲次郎をいろんな側面から見ることができます
本書は白洲次郎の夫人である白洲正子さんの要望により書かれた本であるため、白洲正子さんのコメントが多く、他の本よりも素顔の白洲次郎に近いもののように感じました。
関係者に対してもよく取材されており、当時の様子というのが伝わってきます。
読んでいて、リアリティを感じるものでした。
特に第一章の辰巳栄一氏との関わりの部分は非常に興味深く読めました。
内容としては多少時系列でないところもあり、ある程度の歴史的背景を知った上で呼んだ方がいいと思います。

まさに風の男白洲次郎!!
マッカーサーを叱りつけた話や、国連加盟の演説を日本語に直させた
というエピソードが有名だが、白洲次郎にとっては
数々のエピソードの末端に過ぎない。
それくらい白洲次郎の生き方は豪胆であり、ユーモラスである。

「プリミティブな正義感」「カントリージェントル」など
青年時代をイギリスで過ごした彼は、
日本人でありながら、日本人を超えている。

戦前は近衛文麿の政治グループとして避戦、終戦に活動し、
戦後は吉田茂と共にGHQとの折衝にわたるなど、
政治家でもない彼が、歴史に与えた影響は大きい。

軽井沢のゴルフ倶楽部の理事長として、時の総理といえども
勝手をゆるさなかった姿は、とても快活である。

amazonでチェック


関連する本

プリンシプルのない日本 (新潮文庫)
プリンシプルのない日本 (新潮文庫)

白洲次郎の流儀 (とんぼの本)
白洲次郎の流儀 (とんぼの本)

白洲次郎 占領を背負った男 上 (講談社文庫)
白洲次郎 占領を背負った男 上 (講談社文庫)

白洲次郎 占領を背負った男 下 (講談社文庫)
白洲次郎 占領を背負った男 下 (講談社文庫)

白洲正子自伝 (新潮文庫)
白洲正子自伝 (新潮文庫)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 文学・評論 全般

1分間目標達成術

amazonでチェック

1分間目標達成術

整理されています
成功法や目標達成に関する本は、いろいろ読みました。
この本は、具体的な方法が非常によく整理されています。
さっそく使ってみます。
みなさんにも読むだけではなく実践することをお勧めします。

目標達成に希望!
起業コンサルティング、事業コンサルティングを行っています。

クライアントさんの中には、あれこれ悩んでしまったり、失敗ばかりをイメージしてしまったりするために、行動できない、モチベーションが上がらないなどの悩みを抱えている方がいます。

この本を読ませていただいて、行動に対する悩みを抱えているクライアントさんに、活路を見出すことができました。

早速、この方法論を実践してみて、さらにクライアントさんの結果を伸ばしていきたいと思います。

ありがとうございます!

またこの手の本か〜、と思う人ほど、違いがわかる
またこの手の本か〜、と思う人ほど、
違いがわかるって感じの、
今すぐに行動できる本だなって思います。

ただのテクニックじゃなく、
そのマインドを本当によくする方法を
しっかり教えてくれる。

ただのポジティブシンキングとかじゃなく、
基本的に人はマイナスになりがち
だということをしっかり認識した上で、

じゃあ、どうしたらいいの?を
教えてくれる本です^▽^
1分間目標達成術

悩み解決!
悩んで、どうしたらいいか分からない。
ぐるぐると悩み続けて、なんとかしたくて色々な本を読みました。
読んだ時は、そうかな、と思うけど、すぐ元にもどってしまう。

けれど、この本を読んで、悩んでいることを
どうすればいいのか分かりました!
悩みが止まります!

また、今までの自分を変えることもとても大切という、
今までの本にはない内容も書いてあり
大きな気付きとなりました。

挿絵がよりイメージしやすくて
すぐにできそうなことばかりです。

悩んでいる自分を変え、
かなえたいことをかなえていかれる方法を身につけられる本です!

どんな本を読んでも、変われなかった方。
この本を是非お勧めします!




一生ものの実践書です
目標達成コーチ&恋愛セラピスト金沢まゆりです。
この本は私の師匠・日本目標達成協会理事長の海原悠雲が書かれてます。

何がすごいってこの本一冊で人生変わります。
「夢をかなえて幸せに生きる」考え方のスキル、がつまってるからです。

海原先生主催の「目標達成コーチ養成講座」で1000人以上の受講生を
激変させてきたノウハウがぎっしり、つまってるんです!
私も実際に変化した、たくさんの人を見てきました。

そして、私自身も変わりました。
本当の自分に出会えました。

ピアノ講師で稼げなくて自立できなかった自分が
今ではセラピストとして自立して、感謝されて生活しています。

今が一番幸せです。
これからも「今」この瞬間が一番幸せだと思って生きてゆけます。
すべて海原先生に教わった「スキル」のおかげです。

「考え方のスキル」なので誰でも学んで行動すれば、できます。
一人でも多くの人が、最初の一歩を踏み出すことを願ってます!
行動だけが人生を変えることができます(^^)/


amazonでチェック


関連する本

サクッとプチ起業【CD-ROM付き】
サクッとプチ起業【CD-ROM付き】

貿易ビジネスの基本と常識
貿易ビジネスの基本と常識

あなたの仕事がうまくいく12の才能(ギフト)
あなたの仕事がうまくいく12の才能(ギフト)

動機力 仕事力 就職・転職・起業に必携
動機力 仕事力 就職・転職・起業に必携

[図解] 億万長者 専門学校
[図解] 億万長者 専門学校


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 人生論・教訓