ブログトップ >> 月別[ 2009年08月 ]

傷物語 (講談社BOX)

amazonでチェック

傷物語 (講談社BOX)

悪くないけど、印象薄め
化物語のアニメを見て、主人公の過去が気になったので傷物語を読んでみました。
面白いといえば面白いんですけど、思ったより普通です。
個人的には化物語の色が「濃い」ので、そっちの方が好みです。
こっちはちょっと印象がやや薄めって感じですね。
ツッコミも言葉遊びも化物語ほどありませんですた。
にしても何であれで委員長とくっつかなっかったんだろう==”

あ、あと、個人的にはこっちもアニメ化して欲しいんですけど、
やっぱり無理ですかね?あの内容だと(笑



反則
化物語の前日譚、すなわち春休みの阿良々木暦が吸血鬼に襲われる話。
したがって戦場ヶ原も神原も八九寺も千石も出てきません。
だから、あの濃厚な(?)会話の掛け合いはありませんが。
#さすがに委員長や忍野ではちょっと力不足?(笑)
でも、化物語の下巻あたりのやり取りはちょっとやり過ぎかなと感じてる
わたしにとってはこれくらいがちょうどいいかな

それにしても・・・・(以下ネタバレ)










あれだけラブコメ展開になってくっつかないなんて反則!!!(笑)

化物語と違う
暦が吸血鬼に襲われる化物語より少し前の物語。

化物語と少し違いシリアスな場面が多かった気がします。化物語シリーズとは思えない感じでした。

しかし

この話しがなければなぜ、暦と吸血鬼の関係が分かりません!
ストーリーは最高に面白かったので是非お薦めします。

そんなに楽しくなかった・・・。
あくまで主観でですけど、「傷物語」から呼んだ私は、そこまで楽しくなかったです。主人公に感情移入できなぃ。。。ただの思春期のエロぃやつとしか見れなかったです。値段が高かった割には、、、と言う感じです。「化物語」から読めばよかったかなぁ〜。「傷物語」から読んで楽しくなかったから買うのを躊躇してしまいます。

前日譚
 化物語の前日譚と言う位置づけの傷物語は、戦場ヶ原も八九寺も神原も千石も出てきませんが、委員長と後の忍野忍こと、伝説の吸血鬼であるキスショットが登場します。

 物語としては、単純に主人公のありゃりゃ木(失礼、噛みました)君が、どうして吸血鬼と邂逅し、後々まで怪異として有り続けるのかが書かれています。まあ、見所としては委員長羽川の魅力が一番あったのでは?と思えますがね……

 どちらかと言えばバトル小説の趣が強く出ていて、化物語の様な楽しい言葉のやり取りは少な目なのですが、それでも、委員長とのやり取りなど、化物語で感じた主人公の阿良々木が(色んな意味で)ただ者ではない事が感じ取れる一冊です。

 西尾氏が、120%趣味で書きました――と謳っている様に、のびのびとした楽しい世界観とでも言うのか、「戯事シリーズ」や「きみとぼく」の様な鬱屈とした物語ではないので、読んでいて鬱にはならない点が良いですね。

 化物語を読んで面白い――と感じられた方なら、この傷物語は買って損のない一冊である事は、間違い無しです。特に委員長が好きなら尚更買いです。

amazonでチェック


関連する本

偽物語(上) (講談社BOX)
偽物語(上) (講談社BOX)

化物語(上) (講談社BOX)
化物語(上) (講談社BOX)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | な行の著者

鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)

amazonでチェック

鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)

勢いに衰え無し
23巻、コレしか漫画読んでなく、習慣的に買ったのですが相変わらずの凄さ。

ほぼバトルオンリーです。戦い方にも各人の個性が際立っていて素晴らしいものです。アルフォンスとか特にいい。
皆さん仰っているエンヴィー戦ですが、大佐と中尉の目など芸が細かいです。

傷の男が丸くなっていることに不満がある方もいるでしょうが、
読み返せばそれも全く自然な流れであることがわかります。

ところでこの漫画の錬金術、賢者の石無しの錬金にしても等価交換ガン無視ですよね。エネルギー的に考えて。
いや気にしたらいけないのですが。シャンバラのアレが作者の考える原理だったら困ります。

こうあるべきだろ、漫画って。
オチに向かって失速しない。
無駄にだれた話を描かせない。
バツグンに面白いと思います、少年漫画として。
勧善懲悪ではない、スペックよりアイデアで勝たせる等々。
エンヴィーの最後はせつない。
あと、ホークアイさんの背中の刺青か何かが気になるんですが。
そこんとこ含めて果たしてまっすぐ終わるのか、歪んで終わるのか。
いろいろ問題山積みのまま、続きが気になります。

ワクワクする
今までのコミックスの中でも今回はかなり面白いんじゃないでしょうか、

物語だけでなく、作画も主観ですがかなり上手い!と思うシーンが
たくさんありました。

それにすごくハラハラするような刺激的な表現で、かなり面白いです
オススメです!

荒川氏のセンス
本編については多くの方が書かれているので、私はおまけについてを。

23巻にはWii用ゲームソフト「鋼の錬金術師 暁の王子」のプロローグが掲載されており、そのためか4コマ漫画は1本のみという、ぱっと見は寂しい内容です。

…しかしさすがは荒川氏!!その1本が実におもしろい。
アームストロング家の地下に待機していたブリッグズ兵たちの悲惨な末路をぜひご覧ください(笑)

本っ当に荒川さんは本編もさることながら笑いのセンスも抜群ですね。鋼コミック1冊に収録されている4コマ、最低でも1本は声出して笑っちゃいます。1本しか掲載されていない巻はこの巻に限らず何巻かありましたが、その1本で確実に笑いをとってくるんですよね。

余談になりますが、私がこれまでで最も笑えた4コマは17巻収録の「今日のお父様」。これは本当に思い出すだけで笑えます。
中央(セントラル)地下のひみつ基地で繰り広げられる、お父様VS中央新聞の営業マンの戦い。
決着ののちの大総統のツッコミは大爆笑でした!

本編はもちろんのこと、カバー裏や巻末おまけまで十二分に楽しめる鋼の錬金術師。
皆さまぜひともお手に取ってくださいっ

憎しみの激炎!!
物語のかなり始めの方であった、ヒューズ中佐(殉職して准将)の死も、遂にこの刊で決着。
エンヴィーの能力を見て一気に湧き上がるマスタング大佐の激情!!
それを見て自分達の鏡を見る様に理解するエドとスカーとリザ。
エドの「…勝敗が問題なんじゃねぇんだよ」と
スカーの「あの男 あのままでは自らの炎でおのれの心を焼き尽くすだろう」
この刊の心髄ともいえるこの二人の言葉で大佐のもとへと行く二人。
そしてリザの「そこまでです大佐 あとは私が片付けます」の言葉。
国のトップを勝ち取る事で国を救おうとする大佐の心意気に常に賛同し、苦言を呈し、共に道を歩いて来たリザだからこそ言える、この刊最高の一言です。
リザとマスタング。部下と上司、師匠の娘と弟子、女と男。そんな陳腐な言葉では語れない、強く、そして何事をも乗り越えられる大きな「絆」。
その「静か」に「激しく」そしてある意味「醜く」燃え上がる大佐の焔を諌める様はその「絆」の強さそのものですね。
とにかく、ストーリー中の大佐の表情の変化に注目。
エド達の遥か上から見下ろし(大佐の登場シーン)「手を貸した方がいいかね? 鋼の」、
醜く堕ちていき(エンヴィーを追い詰めるシーン)「ヒューズは死んだ!! もう居ない!! 貴様の行為は火に油を注ぐだけだ!!」、
遂に自分のしている行為に気付き、堕ち切らずに踏み止まる(エンヴィーの最期のシーン)「なんだろうなこの状況は〜すまなかった」。
とにかく、最っ高です。

amazonでチェック


関連する本

のだめカンタービレ #22 (講談社コミックスキス)
のだめカンタービレ #22 (講談社コミックスキス)

BLEACH 40 (ジャンプコミックス)
BLEACH 40 (ジャンプコミックス)

NARUTO 巻ノ47 (ジャンプコミックス)
NARUTO 巻ノ47 (ジャンプコミックス)

バクマン。 4 (ジャンプコミックス)
バクマン。 4 (ジャンプコミックス)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ガンガンコミックス

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈4〉 (電撃文庫)

amazonでチェック

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈4〉 (電撃文庫)

デレデレです。
ストーリーとしては4巻で完結させたほうがスッキリしたかもしれないですね。
まぁ、デレデレな桐乃が可愛かったので桐乃好きにはたまらないかも。

とりあえず読者アンケートで今後の展開が分岐するようです。

こういう形式(読者アンケート等)の結果で決まったルート(ストーリー?)が気に入らない人も出てきそうなので
こうなったらゲーム化でもして各ヒロインのルート補完しちゃえばいいのに、と思いました。

というワケで、ゲーム化希望!

読者のアンケートで展開を決める(笑)アホかw(;'Д`)ハアハア
(;'Д`)ハアハア 1巻で盛り上がり 2巻でテンションを維持しつつ 3巻で下降しつつ この4巻でトドメを刺された感じです・・・。
もう呆れてモノが言えません。『読者参加型企画』と言えば、聞こえはいいんですが結局のところ作者が考えることを放棄したとしか思えません。
読者アンケートによってこれからの展開を決めるなんて、プロとして恥ずかしくないのかと言いたい。
ライトノベルはエロゲじゃないんですよ。人生と同じで結末なんて一つしかありません。
いろいろなルートを用意しておくなんて、それはもう物語とは言えない。
ただの逃げ、恥を知るべきだ。
自分がつくった物語の『責任』は自分で取るべきだろう。


うーん・・・
今回は3巻のあとがき通り、短編集的な巻でした。だからなのかもしれませんが、1巻〜3巻のような面白さはあまり感じられませんでした。
自分は1巻2巻は声出して笑いましたwww

でも終わり方が次の巻に乗っかる感じなのでやっぱこの巻も買わないと次の巻の話がわからないので(とうぜんだが)、気になる人はやはり読んだ方が・・・

とにかく、5巻に期待ですね。個人的には黒猫の話も読んでみたいっす!

俺の妹は・・・誰?
表紙のなよって?るキリノちゃんとアンケート葉書を見てがーーーん。本編をよんでうーーーーん。大好きな?お兄ちゃんとのお別れ儀式が最後の人生相談って事ですか?特に後半は最終巻かと心配?になりました。でも面白くないかと言われれば相変わらず面白いのは事実。主人公の「幼馴染」「妹の友達:美人系」「妹の友達:ヲタク系」「妹本人」のそれぞれに対する愛?の方向性が微妙に交差するという通常の?ラブコメと違う部分と年下の女性陣からひたすら浴びせられる苛烈な言葉と暴力(今回後半はその要素が薄くて物足りない?が)がとても良い。黒猫と麻奈美とあやせ(是非もっと出して)と沙織?のポスト桐乃候補達?とのドタバタも楽しみですが、今時アメリカ留学(多分高校入学までの1年間?)で離れ離れと言われてもなー?アンケート葉書の次期ヒロイン候補の読者投票って本気ですか?何れにしても今後の展開が楽しみになる巻でした。

最終巻かと思ったけど…
まるで最終巻のような終わり方だっただけに 本編読み終わった後の虚脱感ときたら… でも次頁のあとがきを読んだら5巻の情報が…!!? 嬉しいけど、これはこれで終わりでも良かったのでは?
気になる部分は 赤城と京介の『ハラを割って語り合う日』かな 本当にゲイなら面白い展開が期待できるんだけどなぁ…

amazonでチェック


関連する本

ソードアート・オンライン〈2〉アインクラッド (電撃文庫)
ソードアート・オンライン〈2〉アインクラッド (電撃文庫)

狼と香辛料〈12〉 (電撃文庫)
狼と香辛料〈12〉 (電撃文庫)

まじ×どら (電撃文庫)
まじ×どら (電撃文庫)

世界平和は一家団欒のあとに〈8〉恋する休日 (電撃文庫)
世界平和は一家団欒のあとに〈8〉恋する休日 (電撃文庫)

司書とハサミと短い鉛筆〈4〉 (電撃文庫)
司書とハサミと短い鉛筆〈4〉 (電撃文庫)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | は行の著者

のだめカンタービレ #22 (講談社コミックスキス)

amazonでチェック

のだめカンタービレ #22 (講談社コミックスキス)

2人の異なる思い
こんなにも気の毒な千秋を今まで見たことがないように思いますが、逆に言えばこんなにも人間的な千秋を見たことがない・・・と言う方が正しいでしょうか。
尊敬するヴィエラ先生との指揮の勉強も手につかない程苦悩する千秋を見たことがありません。

学校を無断欠席し、ミルヒーとの共演を選んだのだめ。
そこから本番へ向かうまでののだめの集中力はさすが。
演奏もオーケストラ・観客の心を鷲掴みにします。
(のだめの出すピアノの音ってどんな感じなんですかね・・・可能なものなら聴いてみたい)

千秋は以前、「のだめは早く終わらせたがっている。でもそれが何かは言いたくない。」と言っていました。
これがずっと心にひっかかっています。
そして、これが22巻で現実のものとなってしまったわけです。

結局、千秋はピアノを弾いているのだめ・のだめの弾くピアノが好きで、そういうのだめの姿(ピアニスト)を将来的に捉えています。
一方で、のだめは女の子なら誰しもが一度は夢見る「好きな人のお嫁さん」だったりのだめ自身の夢でもあった「先生」だったり・・・。そういうことを将来的に捉えています。
2人の思い描く将来がここ数巻でどんどんすれ違っていく様は読んでいて切ないですし、漫画とは思えない程妙に現実的で惹きこまれます。

今巻で決定的になった2人の関係。
2人とも近すぎて近づけなくなってしまっているのかな・・・。
どちらかが音楽をやめたらバランスが取れるのかな・・・難しいですね。


ずっと終わらないでほしいマンガ
21巻の終わりがハラハラさせるものだったから、
1年間心待ちにしてました。

でも読み終わると、またすぐ続きが読みたくなります。

演奏会での成功の後に
逃亡したのだめが
どういう決意をするのか、
そして千秋の心の決着は?

終わりに向かって進む巻という特性上、
なにかがクリアになるわけではないので
そのぶんハラハラ・ヤキモキしますが、
観客を魅了したのだめの演奏が
どういうものだったか
聴いてみたいなぁ、と、しみじみ思いました。

ちなみに今回は、名作マンガのパロディとおぼわしき
キャラクターがちょこっと登場していて、
その小ネタにも笑ってしまいました。




なぜエジプト・・・?
ミルヒーとのコンサートで世界的に有名になってしまったのだめ。
しかし終わった後は脱け殻に。
その脱け殻状態で、逃避行さきが、なんで、エジプトのカイロ・・・?
あいかわらず予想の付かないのだめ。
今回の22巻でなんとなく、やっともりあがりと先が見えてきた感じ。
おもしろかったので☆5

クライマックス目前
今までずっと支え合ってお互いに成長してきた二人に大きな亀裂が入ります。
のだめはこのまま色んな事に逃げ続けるのか?
千秋は一体どうするのか?
続きが気になります。

切ないですが…
千秋の愛、オクレール先生の愛、ミルヒーの愛、のだめに対する愛にあふれる刊だと思います。たとえ方向性が間違っていても…。
のだめも愛に苦しんでいます。切ないです。
クライマックスに向かって、本当に楽しみデス。

amazonでチェック


関連する本

鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)

坂道のアポロン 4 (フラワーコミックス)
坂道のアポロン 4 (フラワーコミックス)

極楽青春ホッケー部 13 (講談社コミックスフレンド B)
極楽青春ホッケー部 13 (講談社コミックスフレンド B)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | コミック・アニメ・BL

バクマン。 4 (ジャンプコミックス)

amazonでチェック

バクマン。 4 (ジャンプコミックス)

デビューを賭けた戦いが始まる!
ジャンプでの新人発掘といえば「手塚賞」「赤塚賞」。
そこでアンケート結果が良ければ連載への道が開ける。

てっきりオレは、本当の新人応募のために開かれているものだと思っていたが
この内情バラシマンガによると、連載させようと編集者が狙っているマンガ家を
この受賞者に何とか仕立て上げ、連載への箔付けのためのように思える。

そういえば、昔も新人らしからぬマンガが受賞して
そのあとすぐに連載が始まったりしてたなぁ〜
と思い出されて、そこがまた面白い。

もっともっとバラしてほしい。

実はリアル
これって結構ジャンプの内情とか
新人作家の雰囲気とか出ているらしいですね。

ジャンプ作家ってやっぱり少年漫画のキャラみたいなんだなぁ

ライバルがいるから頑張れる、ライバルを蹴落とさなければ連載出来ない
 真城&高木にいきなりコンビ解消の危機が訪れた。危機回避のために服部編集はある策を弄するのだが…という感じで最初から盛り上げて行きます。ネタ作りと作画みたいにきれいに作業が分かれてしまうと、いつまでも仲良くやって行くみたいなのは難しいのでしょうね。特に人気が出てくれば出てくるほど。
 そして、週刊少年ジャンプ連載に向けた、金未来杯、編集会議とイベントが続きます。福田組のそれぞれの個性のぶつかり合い、そして新たな新人、平丸一也の登場と、見どころいっぱいです。一方で、もう一人の主役である亜豆はというと…。

熱い!
漫画家漫画「バクマン。」4巻。内容も濃いし、展開の早さも申し分ない。どんどん熱くなっている。

とにかく金未来杯での展開には燃えた。加えて有名ミュージシャンが漫画界に殴りこみというトピックまで付いてきて、連載前の前哨戦としてはこれ以上ないほど熱い戦いが描かれている。果たして勝者は?そして連載の行方は?さらに会議のシーンなども非常に興味深い。見所満載です。
平行して、亜豆の声優としての活動も進んでいく。もちろん亜豆も色んな波を超えていかなくてはいけない。アイドルの道を選ぶのか、ストイックに声優を貫くのか、そしてそれが真城にどう影響していくのか。意味深なシーンもあり、その辺りの関係も複雑になっていきそうだ。

しかし小畑さんの絵がすごく活き活きしてるなぁ。ちょっと気持ち悪いときもあるくらい、表情やポーズを崩しているのが結構目立ってて、絵からも少年漫画らしい勢いを感じた。

まだまだおもしろくなりそう。次巻も楽しみです。

こんな有益な漫画家指南書、他にない
擦れ違ってた真城と高木の仲が事なきを得てホッとしました。そしてこういう擦れ違いは、この物語のテーマがテーマなだけに、ものすごい必要性を感じました。この二人、もともとから気心の知れていた者同士が組んだのではなかったわけで、今回の事は今後の二人の関係の為にも必要なエピソードだったんだろうな…。そういう意味でも、「ストーリーとして面白い」以上に「ストーリー作り」として考えさせられる!「人間関係」のリアリティを感じます。
今後の展開、楽しみです。

amazonでチェック


関連する本

トリコ 5 (ジャンプコミックス)
トリコ 5 (ジャンプコミックス)

エンバーミング 3―THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN (ジャンプコミックス)
エンバーミング 3―THE ANOTHER TALE OF FRANKENSTEIN (ジャンプコミックス)

BLEACH 40 (ジャンプコミックス)
BLEACH 40 (ジャンプコミックス)

NARUTO 巻ノ47 (ジャンプコミックス)
NARUTO 巻ノ47 (ジャンプコミックス)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | コミック・アニメ・BL

NARUTO 巻ノ47 (ジャンプコミックス)

amazonでチェック

NARUTO 巻ノ47 (ジャンプコミックス)

ヒナタの気持ち
ずっとずっとナルトのことが好きだったヒナタのために
この巻があると言っていいほど、私は感動して何度も涙しました。
本当の告白。
サクラちゃんでなく、ナルトがヒナタの気持ちに応えて欲しい。
そう思います。


ナルトがいいのは!
ナルトがいいのは、
術と、その術を使うキャラクターの個性が一致しているところ。
そして、ナルトはつらい過去を持っている過去をもかかわらず、いつも前向き。
よいです。

そろそれ、サスケの出番!?


奮発して★三つ
相変わらず面白いとは思わない。惰性で読んできたが、それに終止符が打たれるという事でやっとこの惰性から解放される。だから、新作も期待して★三つ。

パワーバランスがばらばら
自来也も蝦蟇の修行したんでしょ?伝説の三忍といわれた自来也でさえペイン1人倒すのがやっとだったのに同じ修行したナルトときたら獅子奮迅の活躍です。

なんか自来也って弱かったとしか思えない。
最近SASUKEは終わりましたがNARUTOもナルトが言ってる事に共感できないんですよね。何かあったら二言目にサスケ、サスケのためなら里を裏切れるって言ってるとしか思えません。忍ってそんなもんなの?


そして物語の鍵はまた「信じる」

くどいです

うーん
うーん。さすがナルトの父親だね〜。何つーかこう掴みどころない性格してる(笑)こんな人を旦那にしたナルトの母親は凄いと思う。案外ナルトの両親生きてたりしてな。可能性大だね。だってさヘビ男(名前忘れた…あっ思いだしたオロチ丸)が歴代の火影の遺体を蘇らせ、次は4代目火影を蘇らせようとした時に、3代目火影がそれを阻止した時…3代目火影の顔がホッとした感じだったのをみて。あれっ?と思ったのよねもしかして棺の中身が空っぽなのがバレないように阻止したのかなと思いました。初代や2代目の棺が出てきても顔色変えなかったしね( ̄◇ ̄;)

amazonでチェック


関連する本

BLEACH 40 (ジャンプコミックス)
BLEACH 40 (ジャンプコミックス)

バクマン。 4 (ジャンプコミックス)
バクマン。 4 (ジャンプコミックス)

鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)
鋼の錬金術師 23 (ガンガンコミックス)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | コミック・アニメ・BL

The Grimoire of Marisa(グリモワール オブ マリサ) (DNAメディアブックス)

amazonでチェック

The Grimoire of Marisa(グリモワール オブ マリサ) (DNAメディアブックス)

CDをウォークマンに落としてみたら
CDの内容は新曲1つ、インディース時代の曲が1つ。壁紙が2種類の絵がサイズ違いで何種類かあります。曲をデジタルウォークマンにリッピングしてみようとしたら、2曲目が落ちなかったという出来事があります。使っているソフトによっては、うまく落ちないみたいです。

匂いを嗅いでみましょう
まず内容ですが、今までの本が東方の「世界観」の設定資料集だったのに対してこちらはゲームそのものの資料といえるでしょうか。世界観や設定よりもゲームの弾幕に見とれシビれてしまう人向けでしょうね。私は後者なので東方関連の書籍では一番満足度が高かったです。

弾幕のネーミングの由来や魔理沙のツッコミが面白いし、相変わらず付属CDの音楽は素晴らしいので買って損することは無いと思います。ただ、あまりゲーム本編を遊ばない東方ファンには意味がないかもしれませんね。不満をいえば、表紙のイラストと中のイラストの雰囲気が違いすぎることくらいでしょうか。

あと本書は中の紙がすっげーいい匂いがするんですよ。木…木くず?みたいな匂い。買ってしばらくの間私はクンカクンカ匂いを嗅いで楽しんでいました。これはいいですね、こういう紙なんでしょうか?

キャラクター視点で書かれた恒例の本
永夜抄のプラクティスモードにある作者の解説と似た感じで
魔理沙というキャラ視点で殴り書き風な注釈が書かれているような本。
といっても魔理沙の研究心を思わせるように割とまじめっぽく考察していたり
魔理沙が興味ない、参考に出来ないスペルは本当に感想だけで終わってたりする。
この本ではじめてあのスペルの意味することがわかったりできて良い。
特に個人的に感心したのはさとり唯一のスペルの設定。

本の分類的には設定資料集であって違うといういつものジャンル。
おそらくこの本のテーマの新曲とファンには懐かしい曲のアレンジがCDに納められている。
俺は新曲が好きだ。そして最近影が薄くなってきた気がする魔理沙の
新スペルや今後の活躍がこれからも期待ができそうだと感じた。

資料に。
ゲームをプレイするときは弾幕をじっくりは見ることができないので、改めて見るときれいな弾幕だなと思いました。
キャラの資料にはあまり使えませんが、弾幕戦を描くときに使えるかなぁという絵描きのレビューでした。


原作をプレイ済み前提の構成です
 紅魔郷から地霊殿までに登場するキャラクターのスペルカードを、魔理沙の独断と偏見に満ちたコメントで紹介する本です。
例を挙げると――

  奇跡「ミラクルフルーツ」
 ・使用者   東風谷早苗
 ・備考    果物だった
 ・奇跡度   ★★★★

 『この世の酸っぱい物を甘くするという奇跡。これは凄い。奇跡って感じだ。
  ただ、その奇跡の実を投げつけるのはいかがな物か。』

 ――と、いったノリです。
 ゲーム画面の切り抜き写真とともに紹介されます。
 ページの都合上、全てのスペルカードが網羅されているわけではありません。
 全編オールカラーで、挿絵が20ページほど挟まれていますが、絵師は表紙の人とは違います。全体的にぷにっぷにした幼い女の子テイストな絵柄です。神奈子以外。
 付属のCDには、神主様の新曲が二曲入っていました。

amazonでチェック


関連する本

東方儚月抄 ~月のイナバと地上の因幡 限定版 (上) (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)
東方儚月抄 ~月のイナバと地上の因幡 限定版 (上) (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)

東方儚月抄 ~月のイナバと地上の因幡 (上) (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)
東方儚月抄 ~月のイナバと地上の因幡 (上) (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)

東方三月精 Strange and Bright Nature Deity (2) (角川コミックス)
東方三月精 Strange and Bright Nature Deity (2) (角川コミックス)

猫神やおよろず 2 (チャンピオンREDコミックス)
猫神やおよろず 2 (チャンピオンREDコミックス)


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ファンブック