ブログトップ >> 月別[ 2010年05月 ]

7週間続ければ、一生モノの肌が手に入る!リセットスキンケア

amazonでチェック

7週間続ければ、一生モノの肌が手に入る!リセットスキンケア

自分自身の手でスキンケアが・・・
今まで、たくさんのスキンケアの本を買って読む・・・。
私なりに、スキンケアに関しては上級者??のつもりでしたが、
このリセット本を何となく手に取り・・読んでみると
なんと!!今までの自分自身のスキンケアはなんだったのか?
高いお化粧品やら色々・・・
まず、自分自身の手で出来ることがこんなにたくさんあったなんてびっくりです!
とりあえず、今日から7週間実践してみます。

購入者特典・特別動画サイトが◎!
最近良く聞く「洗顔はこすらない」。
じゃあどうやって洗顔するのとかファンデーションだってこするじゃないと思っている人も多いはず。
この本は実践重視のようで写真が多く、なんと言っても動画サイトが分かりやすい!
「やってみよう!」という気にさせてくれるので◎!

7週間続ければ、一生モノの肌が手に入る!リセットスキンケア

リセットスキンケアの本
本のタイトルが気になって購入しました。
こすらないで化粧を落としたりってどうやるわけ?って感じでした。
さらに今迄普通にやっていた事が肌を悪くしていたにはショック!!
でも、エステに通わなくても自分で『こすらないケア』を続けていれば変われるってのは魅力的。
難しくなさそうだし7週間やってみようと思います!

なるほど!
こういう美容系の本にしては、金額が手ごろだな〜って思って購入。
帯の「こすらない」っていうのも気になったし。
泡洗顔って流行っているけど、作り方や洗い方など参考になった。
高級化粧品を使わなくてもってところも主婦にはお得だと思った。
セルフチェックシートも付いていて「こすらない」でこんなに変わるならやってみようかな!って気になりました。


今日からできそう!!
お肌を少しでも綺麗にしたいと今まで、一生懸命こすっていた私。「こすらないスキンケア」って何と思って読んでみました。
こすらないで、洗顔するやり方や、お化粧品の使い方など写真で掲載されていて、とてもわかりやすいです。
さっそく今日のスキンケアから実践したいと思います。

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | メイクアップ

憚(はばか)りながら

amazonでチェック

憚(はばか)りながら

興味深い内容でした
第4章の創価学会との攻防に興味があり購入しましたが、
他の章も含めて大変興味深い内容で面白かったです。
芸能界、財界、政界の裏話まで普段なかなか知ることが
出来ない世界を垣間見た気がしました。

ただ全体的に「美談」が多いような気がしました。
例えば第6章で描かれている糸山英太郎襲撃事件。
事件後のことは何も書かれていませんが、
糸山氏とは事件前とはまた別の関係にあったという話もあります。
そういった意味で多少割引いて読んだ方が良いと思いますので
星一つ減らして4点にしました。ただ本自体はとても面白かったです。

ヤクザの論理
実に面白い。
悪の魅力とでもいいましょうか。

ただやはりヤクザの論理。乱暴さを武勇伝とはき違えた
うぬぼれ男の影でどれだけ多くの人が泣いてきたんでしょうか。
中古も多いからよく売れてるんでしょうが、ヤクザへの憧れは
健康的なことは思えません。

この男が最後に選んだ道は、やはり他者にタカって生きるボウズの道でした。

読みながら鳥肌たちました
後藤組という言葉だけが先行していたが
この本を読んでみて後藤氏の考え方、物の捉え方を少し分かった気がする。
武闘派と言われていたが頭脳派。
地元ということもあり、知っている場所や人名などが多数あり
非常に面白かった。

自分にはない考え方や今の世の中に忘れられている心の大切さも感じられ、
読んでいるときに何回も鳥肌が立った。

任侠とはこういう考え方です
一言で「やくざ」と言う言葉のわからない人が多い中で、私の様な50代であれば、若干、巷で言う「やくざ」と任侠の違いが分ると思います。

筆者は自分の事を、「やくざ」と言っていますが、この方は任侠です。

その辺の訳のわからない、インテリぶっている人より100万倍、人の事を分かっていると思います。

自分の近くに、こんな教えを垂れてくれる人が欲しかった。

単なる、山口組、武闘派やくざと思っていた「後藤組」の内情が良くわかりました。

ヤクザと政治家のつながり
某宗教団体のヤクザ顔負けの真黒ぶり。芸能界とのつながりなど興味深いです。


amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 暴力団・マフィア

聖☆おにいさん(5) (モーニングKC)

amazonでチェック

聖☆おにいさん(5) (モーニングKC)

やっぱり面白い
登場キャラクターも増えて相変わらずの面白さです。

素でぼけてるアナンダとイエスの噛み合わない会話が面白い。
大天使たちとブッダの弟子たちが会するとあぁなるのね(笑)
しっかり者のサーリプッタの口調がわやわやに…等々、天界人たちの魅力も満載です。

今から6巻の発売が待ち遠しくなる5巻です。

安心の壺を買っておけば安心です(笑)

迷走? 低空飛行
今までに比べるとギャグに光が無い気がします。

天人ネタが多いですね。

やはり、聖人を主人公にした漫画でストーリーを巡らせるのは難しいのでしょうか?

聖書のネタも私が見知った感じのモノで、
今までの、聖書ネタの様に関心させられることが無くて少し残念でした。

念願のユダっちが出てきたのには感激でした。
ひねくれてるけどどこか良いキャラしてます笑
天人達も多数出てくるのでとても楽しめると思います。
表紙が綺麗でした。

何世紀も越えてきた聖人達が
下界で超現代的な毎日を送っている。
そんなギャップがたまらなく面白い!それが聖☆おにいさんという漫画です。
今回の5巻ではぞっくぞくとキャラが登場します。
ブッダの息子のラーフラ、マーラー&ルシファーの悪魔コンビ、裏切り者のユダなど、ブッダとイエスの会話の中でしか登場しなかったキャラ達がついに下界へやってきます。
皆さん早速素晴らしい個性を発揮してくれていますよ!
アナンダさん…ちょっとあなたお洒落すぎませんか(笑)
そして目上の人の家へ行くと必ずトイレで寝るというでラーフラ。ドトールのトイレには恐怖さえ感じたはずです…(笑)

この漫画にに出てくるキャラ達は本当に皆存在感があります。
個人的にはネトゲが大好きな現代っ子系ペトロ&アンデレ兄弟がツボすぎますw
あなた達本当にイエスの弟子ですか?と突っ込みたくなるくらい言葉遣いも今風で自由奔放ですw

さて、聖☆おにいさんも5巻まできましたが、まったくだれていませんね。今回もじゅうぶん笑えました★
6巻は12月発売との事ですが待ち遠しすぎます!

愛すべきキャラたちにニヤニヤ
 登場人物(人間じゃないことも多いけど)のキャラクターがますます明確になってきて、マンネリ気味のエピソードや、ほとんどストーリーらしきものがない小ネタばかりのエピソードですらも、読むほどに可笑し味が増している第5巻。今回のベストキャラは、堕天使ルシファーと悪魔マーラ、そしてブッダの愛馬であるカンタカ1号。イスカリオテのユダにもつい笑わせられてしまった。マンガには話がマンネリ化してつまらなくなるものと、話がマンネリ化することで逆にキャラクターの個性が際立って面白くなるものがある。このマンガは後者。今後もますますマンネリ化をきわめて欲しい。

癒されます。
最近一番癒される漫画です。
程よい力の抜け具合と笑いがとても心地いい。


この巻ではサブキャラ達が個性を大爆発させてます。

聖人コンビのバカンスはまだまだ終わりそうにありません。


個人的にマーラさんがツボでした。
このヒト、なんでこんなに可愛いんだか!

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | モーニングKC

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

amazonでチェック

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

「さわりだけ・・・」なんて思って開いたら、作者の罠にはまります。
面白かった。
一気読みです。

最高の復讐方法ですね。

湊さんのクールな文章に惹かれます。
キンパチ先生を小ばかにしたとこなんて、笑えます。

映画も楽しみです!

「嘘をつく」という知能
ストーリー(というより登場人物)に惹かれていきました。
→ 魅力というより興味というのかな。。

各章ごとに、
登場人物がそれぞれ自白していくのですが、、、

・事件の真相を考えるのに、
 みなの自白のうち何をどこまで信頼して良いのか?

・自白のうち明らかに嘘をついているのがわかっても、
 それがどんな嘘なのか?
 * 自分を守る嘘なのか?
 * 人を傷つける嘘なのか?
 * 誰かを庇う嘘なのか?

そういったことを考えていると、、
動物的本能を超えた「嘘をつく」という知能を持つ人間。
人の心って本当に奥が深いなぁと気付かされました。

第1章だけで良かった・・・
この本の第一章は凄い。頭から汗が出ます。でも第2章以降は・・・
話の整合性を取るために、段々無茶な方向に進んで行きます。

何がそんなに嫌なのか?これは読んだ人それぞれだと思いますが、
自分は読み終わった後、最後の結末(これは最悪です。意味分かりません)
を見て深いため息をつきました。

本当に第1章で終わりにしておけば、記憶に残る短編だったのに・・・
と残念でなりません。

告白


読書が苦手な私でも
スラスラ読めました(^p^)

読みやすいし、
話に入り込んじゃいます!

ぜひ読んでみてください☆

どいつもこいつも醜いですねw
本屋大賞に選ばれ、映画化もされるということで、この度小説を買って読んでみました。

読み終わってまず始めに思った事が、登場人物が全員、自分の欲望だけで行動している点です。
湊かなえさんの文章力が素晴らしく、それぞれの人物の視点でそれらしい事をみんなが語るので、
「あ、この人にはこんな感情や過去が・・・」と感じ、登場人物を美化してしまう方向に、知らないうちに持って行かれてしまいました。

でも、どんなに綺麗な言葉で着飾っても、この登場人物達は結局自分の欲求を満たす為だけに最善の選択をしているだけ。
自分の為なら、相手の命や人生なんてどうでも良いと思っている点ですごい恐怖を感じました。
これって、現代社会の縮図そのものではないかと思いました。

この世の中は、様々な人の感情が入り混じり形を成していると思います。
この作品の登場人物達も、『何で子供を学校に連れてきているだ?』『どうして、担任じゃなくて違う先生が来るんだ?』と
自分に都合のいい解釈ばかりをして、一番重要な『なぜ、来れないのか?』『どうして、子供を学校に置いておかなければならないのか?』という
一番重要なことを考えるのを放棄しています。
こういった安易な考え方が、モンスターペアレントや学級崩壊などを生み出す原因になっていると改めて感じました。

現代の人間の心に巣食う暗部を一人称視点で見事に描き切った本屋大賞納得の作品だと思います。
様々な解釈で楽しめる作品だとは思いますが、私はなぜこの様な結果になったのかを深く考えることで、少しは世の中がいい方向に向かうと思いました。

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | その他

ゲゲゲの女房

amazonでチェック

ゲゲゲの女房

奥様のたいへんと夫婦とは、、、
とてもよい奥様をもらわれてよかったですね。
戦争は知らないけれどこんな時代に貧しくとも愛がたくさんあって
お互いは気づいていたかわからないのですが、愛のあげっこをしていたと
おもいました。titleが「ゲゲゲの女房」というものでしてなんだろう
とおもい読みました。あの時代の夫婦の機微水木家の事象がよめてとても良い本だとおもいます。「がんばらない 」「のんきに暮らしなさい」「なまけものになりなさい」 これがあるから生き延びたのかなともおもいました。
そのまま現代にもつうじますよね。
でも、手をなくされてさぞたいへんだったかとおもいましたがこんな奥様に守られていたのかなとも感じもしました。戦後の貧しいなかの大変な家族とのことも
この奥様だからやれたのだとおもいました。

今の夫婦とはまったくちがっていたのかなとも考えさせられました。
鬼太郎の生身の親はよい奥様との出会いであったのかと奥様の優しさと強さは
ためになりますよ。のんびり長生きしてくださいね。
ぜひおよみになられてください。
     推薦いたします。

水木さんに、生きるだけスゴイと言わせた人!
私も本屋さんで、立ち読みした派ですが、朝ドラの“ゲゲゲ”は必ず見てます。
ドラマは脚色してるけど、実際の奥様の人となりは感じます。

しかし、水木さんに『お母ちゃんは生きてるだけで、スゴイ』と言わせた方です。

ちなみに、現在、水木プロにはドラマの“ゲゲゲ”の放送時間が書かれた張り紙が垂れ下がっています。(確か、水木さんの直筆です!)

水木しげる外伝
水木しげるの人生が別の視点で語られているのが
興味深い。
自伝だと人生に起こった出来事の叙述が中心だけど
ここでは生活人としての水木さん像がほほえましく
語られている。

戦後の女性の典型的な生き方を書いてる側面もあって
ほんとの幸せとは何かということをよく考えさせられますね。

昭和という時代を生きた一人の人間の生の声、という
ところにも感銘を受けました。

心穏やかになる不思議
私の世代なら誰でもが口ずさむ事のできる、ゲゲゲの鬼太郎のテーマソング。子供のころ当然お化けというだけではさも恐ろしく感じていましたが、この歌で、お化けは夜、墓場で運動会をして楽しみ、お化けは死なないという下りを聞いてうたうにつれ、お化けもそんなに悪くないかなという気がしたものでした。
水木氏の奥様が書かれているこの小説では、極めて淡々と出来事が時系列的に丁寧に綴られていますが不思議な好感と読後の心の落ち着きをえられるのです。
それは、彼女の筆力のみによるところでなく、彼女の人間にたいする姿勢の美しさ故ではないかと思います。
現代でこそ、夫の亭主関白的な態度や、姑姑の事は、たいていの女性に否定的に感じられるように描かれている。しかし、彼女は、夫のマイペース(おむつ代がやっとというときに、プラモデルを買ってしまう夫とそんな事もあるかと受け流す器量)、姑の注文(全ては息子のために嫁にあれこれと注文する)もさもありなんと受け止めてできる事を慎ましくやろうとする。
(この辺りは、実際、配偶者の家族とどう接するかという事へのヒントともなり得ると思います)
それよりも、左腕が無くとも、極貧の生活が続こうとも、自分の道を貫こうとする夫のひたむきな努力にいつも感銘し、応援しようとしている姿は平凡なようで実際際立って美しい。
天才漫画作家を支えた妻の自叙伝というよりも、むしろ夫、家族への穏やかな愛情の結晶を文に表したものと感じられ、それゆえに、読み手の心は多いに暖まり、穏やかな心地となる。

奥様の隠された思い
漫画家水木しげるの妻が自伝に託してもう一人の「水木しげる」を描いている。奥様が非常に慎み深い人であることは文章の端々からわかるので恨みがましいことはさらっとしか触れていないが、わかる人には気づくように書かれている。

水木氏が紙芝居、貸本マンガ時代を含めて「ゲゲゲの鬼太郎」で稼げるようになるまで極貧生活を送っているが、それは親に心配をかけることだけは絶対にしてはならないと厳命されていて、水木本人の傷痍軍人恩給(実家の両親が管理)を生活が苦しいのでこちらで使わせてもらえないか、とは口が裂けても義母にいえなかった事情があったからだった。子供ができたときにまるで堕せといわんばかりの水木の言い方には、さすがの奥様も「私は産みますけん!」ときっぱり言い切った。「何ごとも水木の両親や兄弟の家が優先で、最後がわが家」というフレーズも一度ならず出てくる。

水木が売れっ子マンガ家になって大変忙しくなったときに「私の目を見て話してくれることがほとんどなくなったことが、寂しくてたまりませんでした」と告白されているが、水木の女性関係かな?ということがほのめかされている。もちろん推測にすぎないが、NHKスペシャル「鬼太郎が見た玉砕 水木しげるの戦争(2007年)」で香川照之扮する水木しげるが忙しい最中突然姿を消して、編集者の人が「女性を買いにいっている」とつぶやくシーンがあるのだが、そういうことはあったのだろう。

義母との嫁姑の関係も、晩年義父が亡くなった後は水木プロの仕事場があったマンションに義母が移って別居するようになってからは以後亡くなるまで話し相手をする程度ですんで助かったと書いている。「とにかくユニークな義母」という表現に込められている思いは複雑だ。

他に意外だったのは水木が戦争に行く前に「聖書」を読んでいたことで、ゲーテへの傾倒といい水木作品の根底にあるものを垣間見た気がした。

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 社会学概論

めんくい! (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) (ワニマガジンスペシャル)

amazonでチェック

めんくい! (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL) (ワニマガジンスペシャル)

絵柄は良いが、実用性は高くない。
tosh氏の作品は『比較的シンプルなパンティ』のサークルで同人誌を出していた頃からずっと読ませて頂き、今回初の商業単行本ということでかなり期待して購入しましたが、個人的な意見としては期待値を高く設定し過ぎちゃったのかなぁと思いました。

絵柄は文句無く可愛いのですが、ただ成年コミックとしての実用性を考えるとそこまで高い方ではないと感じました。特にそう感じた理由として、修正がキツいことに加えて、性器の描写が適当であったこと。

ワニマガジンから発行されているコミックは、メガストアや桃姫などと違って修正トーンが半透明ではないベタ線であるため、どうしても他社のコミックスと比較すると、実用面で見劣りする場面が多々ありました。性交の種類も、胸舐め・フェラ⇒挿入⇒フィニッシュというパターン技法が多く、個人的にはもう少しクンニやシックスナインのシーンを増やして欲しかったという気持ちです。

いずれにしても、絵柄は同人誌時代と引けを取らずに高品質の作画をキープしておられますので、絵柄が好きで実用性はそれほど重視しないという方にはうってつけの作品だと思います。

修正のベタ線の濃さや幅は変えられないにしても、もう少し性器やアナルを精巧に描いて欲しかったですね。そこがどうしても否めなかったので☆−1とさせて頂きました。

初の単行本としては、全体的なバランスはよく取れている方だと思いますので、表紙を見てグッとこられた方、サークル時代からのtosh氏のファンである方は買われて損はないかと思いました。

そんなに絶賛するほどでは…
表紙に惹かれて購入しましたが、やはりモノクロページになると画力ダウンでした。設定はいろいろあり、バラエティーゆたかでしたが、大絶賛するほどではないと思いますが…。 なにが こんなに熱狂しているのか、よくわかりませんが… もう メイドはいいのでは?

気になる点
良作です。作品の良い点は他のレビューの通りです。 ここでは個人的に気になった部分を挙げます。 それは、Hシーンで盛り上がる場面ほど、女性キャラの目ヂカラが弱く感じるということです。目が潤んでいる効果を出しているのかもしれませんが、目の黒さが足りなくて、せっかくのキャラの印象、魅力、エロさが弱くなってしまっている気がします。絵としては綺麗かも知れません。しかし、実用度が若干落ちる要因になるのではないでしょうか。

これは・・・ほう・・・なかなか・・・
俺が買った甲斐があったと思えるエロ本の作者はオノメシン・安藤裕行先生以外にいないと思っていたが、これもそう思えた。
久しぶりに「主人公、俺と代われ」っていう気持ちになった。それだけ描写がエロいし、パイズリが気持ちよさそうだったから(←これが真理)
大体の話にパイズリがあるし、パイズリ好きも買って損はないと思う(ただしWやトリプルパイズリ、個人的にてめーはダメだ)
比較的シンプルなパンティはそんなに期待してないサークルだったが、この本のお陰で興味を持ち始めたので良い機会だし色々同人誌を漁ってみたいと思った。

これが初コミック?そんなバカな‥。
まさか「メイド嫁」発売からこんなにも早くそれに匹敵する作品に巡り会えるとは思いませんでした。

シリーズもの2作とタイトルにもなっている「めんくい!」含む短編5作の計7作品で構成されてます。

基本巨乳ちゃんばかりで、普通のエッチから果ては4Pまでシチュエーション様々です(内容も義兄妹モノから幼馴染モノまで良いポイントをおさえてあります)。

カラーは20Pで、2色ページが173Pの内容なんですが、読んでみて思ったのはカラーも2色もそれぞれメチャ上手いです(結構この2つでバラつきがある作者は多いんですがtosh氏に関してはそんな事ありませんでした)。体のイヤラシイ描き方(エロい表現)が上手いのは勿論の事なんですが、特筆すべきは表情の描き方です。ホント凄いかわいいというか照れ顔から惚け顔まで魅力的でハマります。

デビュー本なので確かに最初の頃に描いた作品は一目見て分かるんですが、それでもかなり上手いのでタッチの違いに違和感はあまり感じませんでした。

唯一注意しないといけない点として、どの作品もほぼ最初からエッチに入ってしまい、そこに至るまでの過程があまり描かれていないので、内容(ストーリー)を重視するタイプの方にはあまり向いてないかもしれません(逆にエッチ描写と絵のレベルを求める方には最高レベルだと思います)。典型的な作画に突出したタイプの作者ですね。

この作品に絵の雰囲気とか近いなと思ったのは「ツンデロ」ですかね。おそらく「ツンデロ」が好きな方は気に入るのではないでしょうか?

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ワニマガジン(ワニマガジンコミックス)

銀魂-ぎんたま- 34 (ジャンプコミックス)

amazonでチェック

銀魂-ぎんたま- 34 (ジャンプコミックス)

バランスの良い一冊
サンタ篇はほんとにつまらなかったけど
他の短編がいいですね。キャサリン、ザキの話。こういう話、もっと描いてほしい。
何度読んでもいい。
銀魂の根幹となるストーリーは、その合間にかいま見える程度が好きだ。

…と思うまもなくかなりキッツイ展開の長編が来ちゃいました。
余計なお世話だけど、銀さん、体にいくつ穴あけて、どれくらい腱ぶった切りましたか?
ジャンプだからヒーロー補正も仕方ないけどその辺の超人ぶりに少し説得性がほしいところ。

あと、時々思うんですが、空知先生は言葉の意味を取り違えてるところありますよね。

確かに「酒は飲んでも飲まれるな」という言葉はありますが。

銀さんのいう「飲まれに来た」という台詞に違和感を感じました。
いい話なのにちょっと残念。
空知先生なりのひねった解釈、なのかなぁ?
日本語って難しいですね。

でも、ひさしぶりに続きが気になる良巻、かな。

脇役がいいっ!
山崎のアンパン、ここ最近のネタで一番好きです。

キャサリンの恋の話も良かったです。

私もアンパンをスパーキングしてきます。

最高に面白い 銀魂ワールドの集大成
この巻はファンにはたまらない感じになってると思います最近の銀魂は失速がちだと思いの方は是非買って下さいどの話もみんな面白いです山崎のあんぱんもとても笑えるあんぱん一つであんな話が出来るとは!年賀状の話は主要キャラが沢山出て笑わしてくれます内輪ネタがとても面白かったバレンタインの話は美人女子キャラ(?)が活躍します個人的ですが月詠もっと登場して欲しいです彼女と銀さんの絡みがもっと見たいですね本当に個人的にですけど キャサリンの話は泣けましたこれだけ笑って泣かせてくれて良い気持ちになれる漫画は他にありません とても良い人情話でしたそして四天王篇はヤバいくらい面白いです最高 これがあの時言っていた次郎長かとか西郷や勝男など懐かしのキャラ総出演で盛り上がりますギャグも笑えますドライモンと全身粉砕骨折にはツボりました そして銀時とお登勢の絆 銀さん本気でキレて今までにない表情を見せます鳥肌もので震えます 個人的に銀魂史上一番好きな長篇なので次の巻が楽しみ 映画も公開されて原作も大盛り上がり しかしこの先これ以上面白い話を作れたらビックリですが 空知先生にはこの調子でどんどん頑張って欲しいです 34巻に来てこの面白さは凄いですね!!

見所たくさんです
34巻笑えます。
今回は短編が多くとてもお得感ありです。
相変わらずセリフが多くいちいち、面白いです。マダオはやっぱりマダオです。
キャサリンの話はジーンときました。たった一話でこんなに上手くまとめられる空知先生はスゴいです!
かぶき町四天王篇がとうとう始まりました。続きが気になる終わり方で次巻が待ち遠しいです。

最後に

『あんぱん』と『南アフリカ』が心に残りました★

復活
最近、銀魂つまらなくなったなと思ってましたが、今回ので完全復活!
また面白い銀魂が戻ってきたなという感じです!
次巻が待ち遠しい

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 少年コミック

AKB48 総選挙 公式ガイドブック (講談社MOOK)

amazonでチェック

AKB48 総選挙 公式ガイドブック (講談社MOOK)

にわかファンには最適
私のように、にわかファンになった方にとって知りたいのは、1.昨年も、総選挙が行なわれたらしいけど、結果はどうだんたろう、2.多くのメンバーがいるようだけど、メディアに映るのはほんの一部。他にどんなメンバーがいるんだろう。こんな質問に、どんぴしゃに応えてくれる本です。
1.については、昨年の結果とともに、1位〜10位のメンバーについては、写真とコメントが、複数ページで紹介されています。
2.については、研究生を除き、昨年の順位に関係なく、同じ大きさで、写真とコメントが掲載されており、いつもは、メディアに映らないけど、こんな可愛い子もいるんだと驚かせてくれます。
今年の総選挙が、一段と楽しくなりました。


ファン必見の永久保存版!!
メンバー一人一人の詳しい紹介や総選挙への意気込み、メンバーがAKBにとっての存在意義といったことが記されており本当に改めてAKB48がどのようなものなのか存在なのかということがはっきりわかるガイドブックでした。10人の方々の総選挙順位予想なども楽しめます!
新規の方はもちろん昔からのファンの方もAKB48の全てがわかると言っても過言でない非常に楽しめるマニア必見の一冊です!
ポスターやシールなど豪華特典です。買って損はありません!

気になって仕方ない
今やファンだけにとどまらずメディアでの注目度も高い彼女達。最近までメンバーも数人しか知らなかったが今では頭の中にはAKBであふれている。単純に可愛いのはもちろんだが単なるアイドルとは一線をひいたプロ意識と輝きが垣間見える。さてこの本であるが数あるAKB関連の書籍のなかでも非常に見やすく新規のファンには絶対お勧めです。今年行われる選抜総選挙を前に大注目な内容である。前年ランクインした上位のメンバー写真も大変良く、コメントやインタビューなどもあり見所も多々。個人的には某国内選挙より楽しみだ

ガチでアイドルしてますよね!
 本当に真剣にアイドルしてくれているって思う。AKB、こんなに売れてきているのに、調子に乗らず、これまでどおりファンの肝を完全につかんでアイドルしてくれてますよね。もちろん、可愛い!と言うのもあるけど、変な話、そんな彼女たちに尊敬の念を抱いたりすることさえある。

 この総選挙本もそのひとつ、総選挙と言ったって、、他人を押しのけて私がスターになるんだ!みたいなみにくい競争と言うのではなく、ファンが今彼女たちに何を求めているかを一番考えているのは誰か、どうしたらファンが一番喜んでくれるかを真剣に考えているのは誰かを比べあいしていると言う感じです。半端じゃないですね、彼女たちって。

 今年の総選挙も嵐を呼びそうですね。ここまでやってくれているんだから。楽しみです。
 
 こんなふうにして、これからますます彼女たちが輝いてくれればと思う。あの野菜ジュースのCMひとつをとっても彼女たちを見ていると本当に癒されますよね。

 巻頭のあっちゃんの神SHOTだけでも、これからの彼女たちからますます目を離せないなと思う。充実の一冊です。オマケのシールも面白かったです。

 

グッド(^O^)

これゎ一言で言うと

最高ですm(_ _)m(笑)





まず最初の前回トップ10のメンバーの
写真、インタビューゎ

推しぢゃない人がいても一人一人
みることをおすすめします!


前回の心境などが細かく書いてあり、
とてもよかった(^o^)/






それぞれチームのメンバー全員紹介してあり、山ちゃん(南キャン)やバッドボーイズといった芸能人が今回の総選挙の順位予想がしてあったりと、、


色々勉強になることが書いてあります(笑)





個人的にゎ山ちゃんの順位予想やコメントゎさすがだなと思いましたo(^-^)o






説得力がありました(*^m^*)







特典も色々あるのでファンなら買うべき作品だと思いました!!




amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | タレント本

知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)

amazonでチェック

知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)

良書
複雑な国際情勢をわかりやすく解説した良書だと思います。
ニュースを理解する上で助けになるでしょう。
わかりやすいことをわかりにくく説明する人は多いですが、わかりにくいことをわかりやすく説明する人は少ないですからね。
ただ、池上さんは思想的には「リベラル」なので、バランスを考えて「保守派」の感覚が知りたい人には『希望の国・日本』(現職大臣や元首相の対談本)をともに読むことをおすすめします。

現在の社会に求められているもの
池上彰さんの本や番組は「難しい言葉を使わない」ことにつきる。
世の中頭のいい人は数多いるが、何を言ってるのか、言いたいのか、説明したいのかが分からない
「自分は分かっている」というエゴを吐き出しているだけである。
相手に説明し分かってもらうことこそがコミュニケーションの原点であり、こういう人物にはもっとスポットを当ててほしいもの。

この本は非常に分かりやすく、お奨めですわ〜
頭の中にある分断された知識が整理できます。

民主党から立候補したらどうですか?
「民主党絶賛」がすごい気持ち悪い。本書のタイトルは「知らないで恥をかいている池上彰」が正しい。民主党から立候補したらどうですか?

現在の世界情勢の入門書
まさに現在の世界情勢について幅広く書かれています。
アメリカの状況や、中国等の新興国の状況というのが分かります。
新聞を読むのが楽しみになりました。
ただ、幅が広すぎて、それぞれの内容の説明が筆者の他の著書より薄く感じられました。
現在の政界情勢について幅広く知りたい人にはお勧めです。

新聞にのっているキーワードがよくわかるようになる
世界の問題についてとてもわかりやすく解説されています。
すごく読みやすい文章です。それぞれの問題について、概略的に理解
できるように、専門的になりすぎずに解説してくれています。
新聞でよく見るけれども、金融の世界での位置づけがよくわからなかった
ことばがこの本で理解できました。
この本を読んでいれば、日経をもうすこししっかり読むことができそうな
感じがします。


amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 政治入門

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)

amazonでチェック

電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)

状況はよくわかるのだが
 現在の出版業界を取り巻く環境や電子書籍の動向などはよくわかるのですが、出版業界や電子書籍業界に身を置いている人にとってはすでに数年前から議論されている内容であり、業界以外の人にはあまり興味のない話であることを考えると、本書の対象がよく見えてきません。

 結論として電子書籍の拡大でコンテンツ自体が著者や発行年にかかわりなく平準化し、よりセルフパブリッシングが拡大する。その際には今までのような出版モデルは立ちいかなくなるという理解です。

 本質は電子出版と従来の出版の対立構図でとらえられがちな出版モデルですが、パッケージに頼りすぎて音楽産業のように新たなビジネスモデルを構築できずにいることが大きな課題であり、取次ぎを中心とした構造的な問題だけではない気がします。

 現状の出版業界の課題や電子出版業界の動きを理解するにはわかりやすい良書だと思いますが、一概に著者の見解通りに進むとも思えません。

本に関する概念が変わる時代の為に読んでおきたい一冊
5月末には、ipadが発売される。

そして、電子書籍の時代がやってくる。

本書では、キンドルとipad、グーグルブックス等の

比較を行ったうえで、ituneが市場を形成した要因は

プラットフォームとして機能している事で、

電子書籍が今後出版を変えるという結論を出した上で、

実際に日本での、普及の可能性までを明示している。



デジタルコンテンツになった場合のメリットは図り知れず、

マイクロインフルエンサーとして、小さな市場を形成し、自分の好きな

創作まで可能になってきたという事が良く分かった本です。



今後の最新知識として一読されることをオススメします。


タイムリーに出た警世の書
 キンドルやiPadなど電子書籍が現実のものとなる今、時宜を得て出た良書です。西田宗千佳さんの『iPad vs キンドル』(これも悪くはなかった)よりも取材の深みと時代観の冴えが感じられます。新聞記者出身者ならではの、分かりやすい文章も魅力的です。
 2005年に『ヒルズの人たち』を読んで以来、佐々木さんの著作を5冊ほど読みましたが、近作になるほどトータルな筆力が向上したように思います。かなり大量生産されている方なので、本来ならば凡庸化が進んでもおかしくないのですが、そうなっていません。
 おそらくご自身が没落確実な新聞メディア出身で、なかでも経営的には「完全負け組」の毎日新聞出身ということも手伝って、いまのマスコミ業界を見る目がクールなのでしょう。
 佐々木さんはiPadやキンドルの登場を新しい電子ブック誕生の好機と見ますが、そこで生き残れるのはコンテンツ制作能力のある書き手です。既存の新聞社や放送局、出版社の中でもそうしたコンテンツ制作能力のある人は生き残れるでしょう。しかし、佐々木さんの在籍した毎日を含め、記者や編集者の9割以上はルーチンワークをこなし、社内政治にうつつをぬかしているidiotばかりです。既成メディアの社内官僚の多くは、座して死を待つのみでしょう。
『2011年新聞・テレビ消滅』にも感じられたことですが、佐々木さんが古巣の業界を見返しているようにも読めました。

日本の本の流通から電子書籍までひとっとびの議論
すっかりおかしくなってしまった日本の紙の本の流通. その救世主となるべきなのが電子書籍だという. その論旨をうらづけるためにアマゾンやアップルの電子書籍に関するたたかいぶりをくわしく書いている.

しかし,日本の本の流通の問題点からいきなり電子書籍に話がいくのには疑問がある. そもそもアマゾンは紙の書籍の流通を変革しようとしたはずだ. それがどこまでうまくいき,電子書籍はそれをさらにどう変えようとしているのか? そこまでみていかないと説得力のある議論にはならないのではないだろうか. そうかんがえると,すでに新書としてはかなりあついこの本. 新書として出版することがそもそも無理だったのではないだろうか? 電子書籍として出版すれば,あつさを気にしなくてもよかったかも…


気鋭のジャーナリストの書いた本
キンドルやiPad を扱う業者のしたたかなビジネス戦略やそれに伴うプラットフォーム化による囲い込みが語られる。そして、それに呼応するような形で電子的なセルフパブリッシングが可能になり、同時にマスモデルに基づいた情報流通からソーシャルメディアが生み出す多くのマイクロインフルエンサー、その無数のフォロアー、そして著者が織りなす世界こそが新しい「本」の世界となるとする。

インタビューや自らの電子出版の体験に基づく一次情報も多く、ここに書かれていることはまさしくそのとおりだろうと思わせる。才気あふれる著者の書いたレベルの高い本であることは間違いない。

しかし、同時にことさら電子書籍という形態での議論が必要なのは実は非常に短いレンジでの話だろうとも思った。後半の部分はWEBの世界で実際に起こっていることであり、早晩、電子出版という形態を超えてWEBを中心にした総合的表現形式に飲み込まれていくのだと思う。何も電子出版の言う形式にこだわり文字と写真と図で表現する必要もなく、音楽や動画とも結び付いた新しい形態に移行していくだろうし、通信と放送の融合が進みリアルタイムの双方向性が確保されるようになっていくだろう。

また、同時に出版と言うことさらのことに対する価値観も減少していくのではないか。私などは、本を出版したり学会誌に論文が掲載されることに価値観を感じているが、WEBで表現できればよいという価値観の人も多くなっていっているように感じる。そうすれば実は電子出版ということなどほとんど意味がなくなるのではないか。

そういう意味では、ここで書かれていることは、コンピュータのダウンサイジングに関する議論において、メインフレームからワークステーションへの移行の議論をしているようにも見える。キンドルかiPadかという議論は10年もすれば、20年前に議論されたRISCかCISCかという議論と同様に意味のないものになっているかもしれないと感じた。ダウンサイジングはワークステーションでとどまらずにもっと先に進んでいったように、時代は電子出版を超えてすぐにもっと先に進んでいくだろう。

そんなことまで考えさせてくれるこの本はやはり読むに値するお勧めの本であるといってよいだろう。


amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 出版・自費出版

ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」

amazonでチェック

ウニヒピリ ホ・オポノポノで出会った「ほんとうの自分」

レビューを見て購入しました
 このサイトでは殆どが星5つで感動の嵐といった内容のレビューばかりだったので、翌日書店へ赴きすぐに購入。ホ・オポノポノは「ゆほびか」に掲載されていたヒューレン博士の記事で知ったのですが、ざっと目を通しただけだったので、理解には達しない内にこの本を手に取りました。
 この本はインタビュー形式で、「ホ・オポノポノ」を世界に広めた第一人者のヒューレン博士と「セルフ・アイデンティティ・スルー・ホ・オポノポノ(SITH)」の創始者、故モーナ女史の一番弟子で実践者の中で一番長くクリーニングを続けているKR女史の会話で構成されています。タイトルにもなっている「ウニヒピリ」は潜在意識の事で、子供のような存在として現れ、魂のメモリーバンク、記憶庫を管理するもので、ホ・オポノポノでは世の中に起こる問題はウニヒピリの中の、宇宙の誕生から現在までの全ての生命、全ての鉱物などの記憶の再生であるから、ひたすらクリーニングに励むのみとしています。
 なるほどと思う部分もありながらも、読み進めていく内に何故か気分が重くなっていきました。何故ならクリーニングには終わりが無く、期待もするべからずで、問題が起こっても原因は分からず、クリーニングで記憶を消す以外には解消法がなく、他のヒーリングなどを受けてもその場限りでそのうちまた再現されるとあり、日頃のウニヒピリとの関わり方が問われるとの事。ウニヒピリと愛情深く接する事の重要性は分かりますが、毎朝1時間も対話する様にとか、四六時中気にかけてクリーニングを一緒にするべし等、気が滅入ってしまいました。しかもクリーニングのお陰でウニヒピリからのインスピレーションで良い事が起こって思わず「やったー!」と思ったらすぐにその気持ちもクリーニングしなくてはならないとの事。悪い事だけではなく、良い事さえもクリーニングしなくてはいけないというのは、なんとなく反自然的な気がしました。また、故モーナ女史が生前事業を持ちかけて来た男性に断った後、1日に3回、25年もクリーニングを続け、すれ違ってもお互い気づかなくなるまでやり続けるのよ、とのエピソードには思わず引いてしまいました。つまりとても大変な実践で、ヒューレン博士がなぜ皆実践しないんだという言葉がありましたが、しないのではなく、継続出来ないのだと思います。勿論感銘を受けて実践に励んでいる方々も多くおられていますが、挫折されておられる方も少なくはないと思います。また、実践法を別枠で分かりやすく表記する等の親切心が欲しかったです。

Thank you
私がHooponoponoに出会って約3年が経ちます。

この3年間、私なりにセミナーに参加し、数々の本を読み、自分らしく生きるために Hooponoponoを実践してきました。

しかし、この本に出会って、私が気付いた事は、「自分らしく生きる」ということさえも私の期待が含まれているのだな、
本当の意味でウニヒピリと会話をしていなかったのだなと理解する事ができました。

この本を読む事によって私のウニヒピリと出会う事ができました。そして出会うきっかけとなった著者に最大の感謝を致します

やっと逢えた^^
この本を読み始めてすぐに、ウニヒピリ(インナーチャイルド)と、繋がりました。

母なるウハネ(顕在意識)が、ウニヒピリ(潜在意識)にかけていた負荷や、苦しみを与えてきたこと

本当に申し訳ない気持ちになり、何と言ってよいか、わからないくらいでした。

ホ・オポノポノの4つの言葉では、伝えきれないほどの、贖罪の念が湧いてきました。

ほぼ一晩かけて、ウニヒピリに、クリーニングさせていただき、少し落ち着きました。

ホ・オポノポノを実践していて、なにかピンとこなかったりしている方には

この本が言わんとしていることが、腑に落ちるのではないでしょうか。

ウニヒピリは、叱咤激励よりも、たぶん、褒めたり認めてあげたりするほうが

力になってくれるのだと感じました。

子供と同じように、愛情をかけて、根気強く接することで

ウニヒピリのほうでもまた、クリーニングをサポートする意欲が湧くのではないかと。

もっと、わくわくすること、大好きなこと、満足することを、自分自身に赦してあげることで

ウニヒピリとも、繋がりやすくなるのだと思います。

ホ・オポノポノの、深遠さを、またひとつ、学ばせてもらいました。

ありがとうございます。


素晴らしい出会い
この本に出会えて、自分を見つめなおす大切な時間ができました。
ずっとずっと大切に出来る様な素晴らし本!
忙しない毎日を生きるすべての人にお勧めです。

他のヒューレン博士の著書も1冊くらいは読むことをお勧めします
ヒューレン博士が書いた&関連するホ・オポノポノの書籍は4冊すべて読みましたが「ウニヒピリ」は他のどの4冊にもない内容が追加補足されているといった印象を受けました。ただ他の方も書かれていますが逆にいえば、他の4冊を読んだこと無い人がいきなりウニヒピリだけを読んでホ・オポノポノをわかったつもりになるには少々不足感もあるため、(特に体験談などは他の本が充実しているかなと)別の著書もあと1冊くらいは読んだほうがいいかもしれません。4冊全部読む必要はないとは思いますが。

個人的にお勧めするとしたら「豊かに成功するホ・オポノポノ 愛と感謝のパワーがもたらすビジネスの大転換」か「たった4つの言葉で幸せになれる!心が楽になるホ・オポノポノの教え」のどちらかかな?

「あなたを成功と富と健康に導く ハワイの秘法」もありますがこの本はアメリカでの英語版を直訳した内容になり、ヒューレン博士関連書のなかでは初期の本にあたります。そのため日本の体験談などは記載されていません。翻訳が少しわかりにくいという評価もありますが、ハワイ・アメリカでの実例、博士のハワイ精神病院での奇跡などについてはこの本が細かいかと。

初めて読んだあとに眠くなるという噂もあります。クリーニングが進んでいる?ということらしいですが。私も少し眠くなった気がします。ホ・オポノポノを初めてそろそろ1年になりますが最初はあまり効果など感じられなかったのですが最近はネガティブ思考が減ってきた気がします。

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 倫理学入門

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈6〉 (電撃文庫)

amazonでチェック

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈6〉 (電撃文庫)

沙織可愛かったです!
 アニメ化おめでとうございます。電撃文庫の作品は原作にそっていく傾向がある気がするのでアニメほんとに楽しみです。

 6巻ですが、まず京介と赤城のやりとり面白かったです。赤城は妹そっくりの70万ドールを見て買うか悩んだり、ハンバーガーショップでも妹の生まれた時の話をしてしまったりと、相変わらずのシスコン振りを発揮していますw

 麻奈美は一瞬しか出なかったのはほんとに残念。でも短かったですが相変わらず癒されました。

 あと沙織の素のキャラかなり可愛かったです。沙織が今までリーダーキャラを作ってまでがんばってきた理由が書かれています。沙織の好感度かなりUPしました。シャイなのにあんなに頑張っていたなんて……!不覚にも沙織にキュンと来てしまった……。

 桐乃は黒猫と兄との距離が縮まって、嫉妬?しています。 桐野と黒猫のしょうもない言い合いも良かったです。

 6巻を読んでいて一つ気になったことがあるのですが、会話の文にwを入れるのはしゃべっていると言うか、チャットっぽいっていうか、なんというかキャラが安っぽくなってた気がしました。

遂に沙織の正体が!
このシリーズもいよいよ6巻、中身の濃さとテンポの良さは相変わらずで目が離せません。
今回は遂にというか、あの沙織の正体が判明します。

中心人物なのに正体不明だった沙織・バジーナ。
彼女は予想通り、いや予想以上に魅力的な人物でした。

ここ最近、黒猫との距離が近いんじゃないの?
と思った主人公ですが、ここから沙織との仲を深めてくれないかな…。

そう思ってたら急転直下なラストが待っていました。
あんな引き方されたら7巻が今から待ち遠しくて堪りません。

構成を簡単に紹介するとこんな感じです。
第1章:加奈子&ブリジットの回
第2章:京介&赤城兄の回
第3章:沙織の回
第4章:桐乃&リアの回

真奈美の出番が少なかったのが残念ですが、入る余裕がないほど他のヒロインの魅力が詰め込まれていますのでご安心を。

今までで一番良かったかも・・・
 短編集なのですが、沙織のターンが良かったです。 度肝を抜かれたって感じで。 オススメです。

沙織の隠れた姿が・・
いろいろなキャラメインの話が入っていますがイチオシは
沙織の隠れた姿です。なぜコスプレしているのか?が明らかになり普段の姿がさらされます。
いままでの印象を180度転換させるような印象を受けます。
今後どういう展開に。。黒猫も沙織も主人公に向かっている気がするのですが。。

さてどちらにしろ桐乃が中心には居るわけですが、最後の最後の台詞。。
どう展開させるつもりなのでしょうか。
次の巻であっさり冗談で終わらせるとダメダメだと思いますが。。


こ、これは・・・
小説の文中に2ちゃんのコピペを見たのは、これが初めてです・・・

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | は行の著者

バクマン。 8 (ジャンプコミックス)

amazonでチェック

バクマン。 8 (ジャンプコミックス)

感想
良い点
蒼樹さんがとても可愛らしいです。
6巻の作者コメントで大場先生が岩瀬派から蒼樹派に乗り換えたと言ったのも分かります。
これまで読んだ漫画の女性キャラでトップ5に入りました。
ストーリー構成も良く出来ていて面白いです。
出てきたキャラを皆活かしきってますね。
中井さんの話すごくいいなぁ・・・。
続きが気になる・・・ジャンプ読んでいないので次巻が待ち遠しくてたまりません。
それと平丸さんが相変わらず面白い(笑)

悪い点
蒼樹さんは可愛いのだけど、可愛い場面を出しすぎじゃないですか?
普段は落ち着いて冷徹で、たまに見せる天然、可愛らしさが好きなんです。
今はそれが常に出ていて、作画もスレンダーから巨乳、グラマーになって、まるで別の人になった感じです。
萌え場面が“たまに”に戻ったら好きな女性キャラランキング1位です。
それと作画に緊迫感が薄れたように感じます。
デスノートの時のような緊迫感をこの漫画でも表現できれば絶対もっと面白くなる・・・。

それでも星5つです!

蒼樹さんと中井の一冊
とにかく蒼樹さんの可愛らしさが引き出た一冊です。
主役を喰ってもイイ・・・と作者の愛情の注ぎようが伝わり(私はそう感じました。)
読んでいて、萌えます。

そして、中井。
彼の存在も蒼樹さんを引き立たせる素材としてイイ感じです。
が、中井と結婚だけは止めてよね。


某NHKでアニメ化するようですが、
集英社という名称は集栄社とか変更されちゃうのでしょうかね。

何といっても蒼樹さん
7巻目から俄然面白くなったバクマンですが・・・

この巻では何といっても蒼樹さんです。
強い信念をもちながらも優しく、素直。
憧れてしまいます。
恋愛の話もいいもんですね。

中井さんは最低ですが
そこから立ち直った時には
いい青年漫画とか描きそうです。
このまま終わらないで欲しいなぁ。

意外性が続々!
最初はいけすかなかった雄二郎さんが良い味出してくるW服部、
いけすかないことはいけすかないが煌めく手腕を発揮する山久編集、
仲間の成功のためにまったく労を惜しまない男気溢れる福田さん、
ツンの極みだったのがやたら可愛いさ全開の蒼樹さん、
ああそうだったこの人モテるんだ…と再認識させてくれた秋人、
ダメ男の極みを見せてくれた中井さん、
ひさしぶりに楽しそうなエイジ、
キャラの新しい面を次々出してくれて心躍る巻でした。
ただ前巻と比べて絵が荒れぎみというか
デフォルメ多くね…?と思えたので星ひとつ減らしました。
シリアスよりデフォルメのほうが楽に描けるとも限らないので
真相は分かりませんが、はっとするほど端正なシリアスショットと
デフォルメの差を楽しみたい!そのためには
もう少しデフォルメ減らしてもいいかな…個人的な好みですが。
個人的な好みですが福田さんかっこいいです。




調子にのったら…
落ちるパターンばっかでしたね 中井はまだ出てきそう。 亜城木の新しい漫画の速報●位からの本ちゃん●位のシーンでやっぱ無理だったか…おぉ●位!という感じが凄く伝わりました。 本ちゃん●位からはまさかの…とかありますが。 とりあえず言いたいのは蒼樹さん可愛いってことです

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 少年コミック

NARUTO―ナルト― 51 (ジャンプコミックス)

amazonでチェック

NARUTO―ナルト― 51 (ジャンプコミックス)

なんとなく
ハンターXハンターやワンピースの影響を受けているような
物語展開でしたが、最近はそのような傾向もなく、非常に
面白いと思います。次巻に期待。

疲れが見える
最近、絵にしてもストーリー展開にしても粗が目立つ。岸本先生、疲れてませんか?


ナルトの過呼吸はいい表現だと思う。なんだかんだでナルトはまだ16歳だし。自分の選んだ道の過酷さをよーーーやく、実感したんじゃないかな?この件を機に更に精神的に成長してくれる事を期待。

サスケ対ダンゾウは、サスケの堕ちっぷりが見事。同時に、これは収拾つくのかしら?と不安にも。
ダンゾウは死ぬには早すぎるキャラだと思った。




あと、他作品と比較する意味がわからない。
NARUTOが好きだから批評するのはいいとおもうけど、単にNARUTOをけなすためだけに、わざわざヨソサマのタイトルもって来るのってなんなの?何考えてるの?構ってほしいの?

そんなのチラシの裏にでも書いておけばいいのに。




とはいっても、最近、NARUTOに対する岸本先生の情熱を感じられない。そこがワンピとの違いだろうなぁ。ワンピは熱いもんなぁ。

岸本先生!アニメスタッフ、頑張ってると思いませんか!!だから岸本先生も、もうちっと頑張ってー!!

アハハハハハ!!
ナルトの大した過呼吸と間抜けなヤマトに笑いながらも、今巻はバトルが格好良くダンゾウの過去が描かれるなど見応えある内容となってます(たぶん)。 ジャンプ読んでる方は知ってると思いますが、正直ナルト登場の所まで入れて次巻へと繋げた方が良かったんじゃないかなと思いました。 本編とは関係ないんですが個人的にオリキャラ大賞(岸本画)が毎巻楽しみだったりします。 何時もの雰囲気とは違う画風だったりとNARUTOとは別に岸本先生の幅広い描き方が見られるので飽きないコーナーです。 今回もそうですが我愛羅は一部から本当に精神的にも成長したなと思います。ナルトお前… フーとトルネがどうなったのか気になって仕方ない。 祝一億冊

7班!
やはりカカシとサスケは華がありますね〜
7班っていうのは本当に魅力的でナルトファンの私は
思い入れがありすぎて、ただの漫画の域を
超えてしまってます。

ダンゾウの過去もよかった。岸本先生は
敵役にも過去を描くことによって奥行きを
出してくれます。数コマ、数ページでそれを
簡潔に描写するんだからすごいです。
1億冊っていうのも驚きだけど
すべての漫画作家にいえる事でしょうが、毎週毎週
何十にも及ぶキャラを描き続けて
コミックになったらなったで感動させてくれるなんて
尊敬、としか言い様がないです。

特にその中でもアクション描写と表情がずば抜けて
素晴らしい「NARUTO」の記念すべき1億冊突破。
この巻はカカシとサスケの再会、そして
ナルトの苦悩とドラマティックです。
それにしても1ページも漫画が書けない私は
作品をけなす人の気がしれません。

正直、
周りの同期の仲間達がそれぞれ成長し、新しい技を身につけ、しっかり働いている所で、
ここまで主人公のみ、「どんくさい」・・・と言うのも どうなんでしょう・・・
過呼吸?気を失う?・・・情けなさ過ぎではありませんか?
カエルと修行で仙人モード、自来也以上の男になったんだと思っていたけど勘違いか?

同じような生い立ちだったにもかかわらず、風影となった友 我愛羅の言動の方が余程立派。

サスケも「復讐」に凝り固まるさまがちょっと異様。
どんどん収集がつかなくなるような極悪ぶりにも 些か疑問が・・・。
ただ、成長し、強くなり、自信の思う道を貪欲に進む辺りは、ナルトよりサスケのほうが主役っぽい。
いっそNARUTO改め、SASUKEにタイトルを変えた方が、何もかもスッキリするかも。


amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 少年コミック

迷い猫オーバーラン! 1 (ジャンプコミックス)

amazonでチェック

迷い猫オーバーラン! 1 (ジャンプコミックス)

時代に逆行する漫画
原作は知りませんが、矢吹先生の絵とToLoveるが好きだったので買ってみました。
ToLoveるではギリギリだったサービスシーンがモロモロになっているのには驚かされました。
この時代に凄い……
ただ、個人的にストーリー部分が平凡……というかこれといって感動する部分が少ないのが残念です。
これを機に原作のライトノベルの方を読んでみようかと考えています。

矢吹せんせい(*'∀`*)

イラストの勉強に早速購入しました


やっぱり矢吹先生の作画はかあいい(//∀//)イラストだけで勉強にもなったし満足でした。


脚本はとら〇るの時よりもおもしろかったです

個人的に最後のペ-ジにラフ画があったのがかなりよかったです。


作画で★*5、脚本☆-1の★4つにしました。


矢吹先生が好きな人、表紙を見て気になった人はとりあえず手にとってみてください(>ω<*)!




予想を大きく越える迷い猫
まず原作は読んでません。 でも自分は良いと思いますけど原作はエロはないのか? 原作が好きな人と漫画とらぶるが嫌いな人はおすすめしません。

それと希は可愛いですね!

矢吹先生はクラナドやカノンを見よう!
コミカライズは余り良い出来の物がありませんがTO、LOVEるの矢吹健太郎先生が書かれいるので絵は問題無しなのですが…原作でよかった菊池家康の駄目オタの感じが全くしませんし家康の頭が真っ白なので原作の挿絵とイメージが違うのが残念ですがまだ一巻なのでこの先の巻の展開に期待してますコミカライズとしてはとても良い出来上がりですしこの先クダクダや漫画オリジナルをやり過ぎる事なく長く続いてほしいです。ただ 露出シーンやパンツのシーンは迷い猫にはそんなに必要ないと思いました

面白いと思うけど



自分は原作読んでないんで
原作との比較はできませんが、
単純に面白いと思いますよ。



原作と違うって言う人もいますが、
連載前からオリジナル路線に進むって宣言してたんで、
別にいいんじゃないですか?


とりあえず
表紙を見て、欲しくなった人は
買って後悔はないと思いますよ。

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 少年コミック

体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~

amazonでチェック

体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食~

役に立ちました
 全編カラーで、眺めているだけでも楽しいですが、家庭にある食材と調味料で、それほど手間もかからず作れて、しかも低カロリー、食べごたえもけっこうあり。
 今まで私が買った料理本の中で、最も役に立つ本でした。野菜そのものの味を生かすと、こんなに手軽でおいしいんやなぁ、と実感しました。

社員食堂のレシピ
こんなに食べて約500Kcal?

オーブントースタ−で油分をカットなど、カロリーダウンのアイデアが
素晴らしいです。野菜料理も満載です。
社員食堂のランチ定食レシピなので、品数も多いです。一食ずつ、このレシピ通りに作るのは大変ですが個々のレシピが参考になりそうです。

鶏肉を使ったレシピが多いので、お財布にも優しい料理と言えそうです。

タニタの社員さんは、このレシピで痩せた方が多いそうですが、
良い栄養士さんに恵まれて幸せです!

野菜!野菜!野菜!
とにかく野菜の種類が多くて買い物によく出るようになりました。
いかに今までのメニューに野菜が不足していたかを実感しているところです。
1週間分のレシピを見て買うものをリストアップするのが意外に大変なので
買出しメモ・・・のようなものがあると助かったかも?

里芋にしても、2人分で2個という少なさ。
1袋を使いきって煮物を作っていたのでびっくり!&反省?
且つ、里芋2個を60ccのだし汁で10〜15分煮るレシピは至難の業。
水を足しながら目が離せませんでした。
少しずつ、この野菜の量や料理のコツを覚えようと思っています♪

料理の手順が2〜5工程くらいで至って簡単です。
野菜を切る時間は少しかかるかもしれませんが
難しくないので、構えず作れます。
そして、味付けはとってもおいしい(^-^)
『食べる』ことには些か神経質な2歳の息子も煮物などはよく食べています。

そして、最後に・・・始めて1週間の結果はー1kgです。




騙されたと思って……
噂で聞いた料理本。
500kcalなんて、どうせ一人暮らしの女の子が食べるような可愛らしいメニューばかりなんでしょ?

そう思っていたのですが、騙されたと思って買ってみました。
せっかくなのでレシピ通りにつくってみたら……ビックリするほど満腹。
白米のおかわりも不要なほど、おかずだけで満腹。
メタボな旦那も大満足してくれています。
コレって本当に500kcal?!
調理法もそんなに難しくないし、是非ともお勧めです。
凄い……凄いわタニタ。


使える一冊
最近やたらとTVで紹介されていたので購入してみました。材料も割と家にあるもので出来るし、やっぱり何よりヘルシーで健康的!中にはお肉一枚+野菜でかさ増し系もあるので男の人には寂しい感じもあるかもしれませんが…。野菜高騰さえなければ家計にも優しいレシピ本だと思います。長く使えそうです!

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | クッキング・レシピ

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

amazonでチェック

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

企業家精神育成に必要なこと
「企業家精神は、リーダーシップやチームづくりから、交渉やイノベーション、意思決定に至るまで、人間が生きていくうえでカギとなるような幅広いスキルを開拓することなのです」。

この本の著者は、シリコンバレーに多くの人材を送り込んできたスタンフォード大学において、企業家育成のための講座を受け持って高い評価を得てきた経歴を持つ。本書は自己啓発本の一種という分類もできるが、その目的は、はっきりしている。ズバリ、企業家精神を育てることである。

具体的には、読者ひとりひとりに対して、常識を疑う、世の中を新鮮な目で見る、実験する、失敗する、自分で進路を開く、自分自身の限界を試すといった許可を、自分自身に与えることができるようになることを目標としている。タイトルだけ見たら誤解を受けるかもしれないが、実際は何歳の人が読んでも良い内容である。むしろ、知らず知らずのうちに保守的になりかかっている年齢層の人ほど、時々こういう本に目を通した方が良いかもしれない。

今や、企業家精神は、企業家だけに必要というものではなくなっている。この本の日本語版の解説に書かれているように、「成長が停滞している、あるいは衰退している時に、昨日と同じことをしていたらどうなるでしょうか?そのまま停滞、衰退し続けるだけです」なのであり、ある意味、いたるところで閉塞感が漂う日本の現状を打破する上でもっとも重要ポイントのひとつといえるかもしれない。読むのにそれほど時間はかからない。ぜひ、一度、手にとって内容を確認してみることをお勧めする。

でも20歳じゃあ分からないだろうな
たしかにこの内容を20歳のときに知っておきたかったと思う。その後の人生が大きく変わっただろうと、20歳かける2くらいの年齢になって思う。残念。

ただ、20歳の頃の自分に本書を読むチャンスがあったとしても、本書のありがたみは分からないだろうとも思う。それなりの人生の経験を積んだ目で読んで、初めて分かるような内容が多い。20歳のときに本書を読んで分かるような逸材なら、読まなくてもそれなりに人生は上手くいくだろうと思う。



知の伝統は細部に現れる
難解な言葉を使っていないので非常に理解しやすい。
適菜収『ゲーテに学ぶ 賢者の知恵』と同時購入したが、
ゲーテ以来続く知の伝統はこうした細部に現れると思った。
こんな授業なら、受けてみたいし、続編も出してほしい。


新たな視点で考えることの大切さ
思わず人に教えたくなるどころか、
人には黙っておきたくなるような一冊。

本の内容としては、
スタンフォード大学の起業家養成コースの先生が
学生に対してさまざまな事を挑戦させて
そこから何を見つけることができたのか、と言う事が書かれています。

しかし、その挑戦させて出てきた結果であったり、
そこで得た物から考えて結論を出していく内容がとにかく素晴らしい。

一つの例として本書の最初に出てくる実験があります。
それは、「グループに5ドル渡してこれを2時間でどれだけ増やせるか」
と言う実験なんですが、そこで学生がどんな行動を行ったのか、
また、一番稼いだチームはどんな視点でどのような行動をしたのか、
本書では、こうした内容の一つひとつから
非常に多くの事に気づかされました。

最後に個人的には、可能性は無限、創造することも無限、
そしてとにかく行動する事の大切さを
ひしひしと感じ取ることができたと思います。

スタンフォードの真髄を表わす本だな〜
最初のエピソード、感心しない。
例えるなら鉛筆と紙で絵を描きなさいと言われているのに油絵の具でキャンバスに絵を描いているぐらい違和感を覚えた。
だがこれが真髄なんだろう。ルールを破っても金が儲かるなら何でもOK。儲かったもの勝ちで偉いということ。人間の価値は稼いだ貨幣の多さで量られる。

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 倫理学入門

家庭教師ヒットマンREBORN! 公式ビジュアルブック REBORN Colore! (ジャンプコミックス)

amazonでチェック

家庭教師ヒットマンREBORN! 公式ビジュアルブック REBORN Colore! (ジャンプコミックス)

最高!

初めての公式ビジュアルブックです。
単行本サイズで持ち運びもOK!
リバーシブルのカバーはもてないほど貴重←
中身も目の保養になるものばかり!!
見た事のない雲雀の自宅や獄寺の自宅…
素晴らしかったです!

購入を悩んでいる方、買わないと損です!
保障します←



買ってよかった。
表紙から遊び心があってとっても綺麗でした。
現在とは違う絵柄の初期のイラストも入っているため、
さまざまな表情が見られるところもおもしろかったです。
プチステッカーもかわいらしく、週刊黒曜もシャレが効いていました。



ファン離れした口です。
最近のリボーンに興味が持てず、随分昔にファンであることを止めてしまったがこの本は欲しくなってしまった。

仕事が本屋なので品出し中にふと見かけてぱらっと読んだのがやばかった。普通に懐かしくなって綺麗なイラストに購買意欲が高められ即座に店員用取り置きに(笑)

買う決め手になったのが絵の綺麗さもそうですが、本のサイズが小さくお手頃だった事が決め手だったと思います。通常の画集サイズだったら私は絶対に買わなかったです。

重版が決まったのでファン離れした方も手を出してみてわ?お手頃ですし本当に懐かしい気持ちが蘇ります。

個人的には
表紙のカバーを取ったイラストも素敵で、とても満足しました。
リボーン大好きな方にはおすすめです☆
連載開始時から、今までのイラストが濃密にまとめられているので、買う価値ありだと思います!
私は雲雀が大好きなので、彼目当てで買ったのですが、他のみんなもかっこよかったです!
個人的には、それぞれの匣兵器とのイラストががお気に入りです♪

友人にもプレゼントしたいです!
大変綺麗で素敵な内容でした!
4月23日頃に重版が出来るようなので、もう何冊か予約して、友人にプレゼントしようと思います!!

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 少年コミック