ブログトップ >> 月別[ 2010年11月 ]

マボロシの鳥

amazonでチェック

マボロシの鳥

星は三つですけど…
想像していたよりもかなり良い内容だったと思います(少なくとも中学生の作文うんぬんでないということは、最初の数ページで分かりました)。

ただ、二つだけどうしても納得いかなかった箇所が。
一つは表題作「マボロシの鳥」に出てくる「言葉でいったいどれだけのことが伝わるのか」というところ。
それは太田さんが、普段からメディアで口にしていることでもあります。
わたしは小説という媒体を使って太田さんがそのことにどう向き合うのかを、楽しみにもしていました。しかし、じっさい今小説では「言葉」を使ってそのことを表現していただけでした。

それでは、この小説は言葉を使った最高峰の物でしょうか? わたしの個人的な感想では、世の中にはもっと感動でき、考えさせられる小説はたくさんあると思います。今の太田さんよりも、言葉を使ってより多くのことを他人に伝えている人が実際にいるということです。

そして二つめ。それは「人類諸君!」という短編です。
ヴォネガット風のSFを、講談調に著しているのですが、正直ギャグが笑えないのです。
もしかしたら、素人には分からない意図でわざとなのかもしれません。
マボロシの鳥のメタ的な部分も、語り口は談志さんのエッセイぽいのですが、なぜか笑えないのです。

談志さんのエッセイはふしぶしにユーモアがちりばめられて、読んでいる最中はニヤニヤしっぱなしです。もちろん小説とエッセイは違うのでしょうが、芸人太田光である以上、もうちょっと笑いにもこだわって欲しかったなとも思います。おそらく、談志さんよりも太田さんの方が読書量は多いと思いますが、文章でも談志さんが面白いのは何故なのでしょう? 
太田さんは小説を書くなら、それを現実経験の差ということにはしないでもらいたいです。小説は生まれてからずっとベッドの上で生活せざるおえない人でも、その人の精神だけは宇宙の裏側まで飛ばす力があると思うので。戦争を体験しないと本当の戦争が分からない、は文学で克服できるんだという気概を、太田さんの次回作に期待しています(できれば固有名詞をぼかさない長編で)。

最後に良かったところも。
やはり、本が好きだと言うところ。ただのパスティーシュや、知識のひけらかしではなく、こういう本が好きなんだというのが伝わってきたので、この本をきっかけに元になったであろう本を手に取る人が増えるんじゃないでしょうか。本から本に繋がっていくという、本好きになるきっかけとして最高のことが表現されていたのだと思います。

小説家としてはまだまだのびしろあり
太田光さんの大ファンで、自伝、エッセイを読んできました。
自分としては太田さんの考えを理解していると思っています。
マボロシの鳥を読ませてもらっての印象は文体がわかりやすすぎるということです。
大田さん自身、自分の考えを多くの人にずれなく伝えたいという人なのでそのような表現を用いているのだと思います。
しかし、それでは作品の向こうに太田光を意識してよんでしまい、作品自体が生命をもてないのではとおもいます。
小説は太田さんも語るように読む人によりその人の個性が浮き彫りになるものです。
太田さんは今一度それを思い出して小説自体に命を吹き込む書き手になってほしいです。
加えて、太田さんの賢二好きがあらわれており、内容の綺麗な作品となっています。
それも太田さんの一面なのでしょうが、もっと人間ならではの悩み、葛藤、いやらしさ、毒といったものをもっと描写をするべきだと思います。
太田さんはそこを書かせたら日本一の小説家になる才能、感性があります。
藤村や太宰へとたちかえるべきです。
さらに、銀河鉄道、火の鳥、向田邦子などの影響を感じます。
二番煎じの作品では小説家として一流にはなれません。もったいないです。
太田さんはおそらくレビューをみてくださると思ったのでここまで書きました。
えらそうなこといってすみません。次回作たのしみにしています。映画も。
タイタンライブもいきます。チケット発売あしただけど笑
都内の大学生でした。

追加で
小説全体を読んだ感想としては劇を見ているといった感じ。
一人の人間の視点から世界を描写するのでなく、演劇で舞台があってそれぞれの人が思いをかたっているかんじ。
だから、感情移入があまりできずのめりこめない。
私だけかな?
現代文学ではあまり見られず。一歩間違うと小説家としての力不足ともとられない書き方。
太田さんの一視点の作品がよんでみたいです

さらに補足
お笑い芸人としてここまでの実績があるのにあたらしい表現に挑戦するのはすごい。
表現者としての気概を感じます。

ナイフのような希望の書
結局、帯に書いてある角田光代さんの批評が一番的を得てるような気がする(本屋でご確認を)。太田光さんがやりたかったことは、理想主義とニヒリズムの間をユラユラと漂いながら、それでも最後の最後で”希望”を掴み取ること。この短編集は、そのことだけを唯一の目的として、様々な文章のテクニックとアイデアを駆使して、何とかしてこの我々の世界からギリギリの希望をえぐり出そうとする。そして、そのことにかなり成功している。まさに、太田光という年寄り青年の、勇敢で力強い”希望の書”です。ただ難を言えば、文章自体は物凄く簡単でわかりやす〜いものなのですが、全体としては難しい本という印象があります。もう少しストーリーをわかり易くして欲しかったという気持ちもあります。ちょっと抽象的過ぎる感じ。

個人的にお気に入りなのは、「人類諸君!」「ネズミ」「マボロシの鳥」「奇跡の雪」の四編。これらの物語には、かなり奇抜なアイデアが投入されていて、「あ、そんなふうに世界を見ても良いのか」という新鮮な驚きがあります。逆に、あまり好きじゃないのが「タイムカプセル」。自分の理想主義的な思想に拘り過ぎて、他者に攻撃的になる悪い癖が露骨に出てるような気がします(笑)。全てを読み終わった後には、表紙に描かれている”翡翠(ひすい)のナイフ”の意味がわかる。まさに、ナイフのように研ぎ澄まされた言葉を駆使して、この世の中に絶望してる人や諦観してる人に対して、「ほら、ここに”希望”があるぞ。お前には見えないのか」と突きつけて来る。それに対してどうリアクションするかは、読んだ人自身に任されています(しかし、感想を書くのが難しい本だなぁ)。

太田光さん
お笑い芸人って良いなって、芸人さんが書いてる本を読むと毎回思う。


登場人物が愛しくなる。



不器用さのある人間を魅力的に書くというのは、小説家として1番大切だと思う。

太田さんの書く本はどんなものだろう?と楽しみに読みました。

太田さんが書いた本だから、難しい本なのかなと思いきや、自分でもビックリするぐらいわかる!


本当に感動したし、素晴らしい本だと思った。


そう思ったのに、褒めたいのに褒め言葉が出てこない。


良いものほど、感想って書けないもの。


久しぶりにそんな本に出会えた。

生きている自分
衝撃です。
私は生きている。この世界に。
当たり前だけど、それを強烈に実感することなく生きられてしまう現代。
心に電気ショックを与えれたような。

この著書を、客観的に読んでいくような人とは、友達になれない。
そんな気がします。

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | あ行の著者

STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 22 (ジャンプコミックス)

amazonでチェック

STEEL BALL RUN スティール・ボール・ラン 22 (ジャンプコミックス)

面白い!面白い!面白いッ!!
まず本屋で、異常に濃いオーラを纏った表紙を発見!!
即購入→家路を急ぎ→食事もせずに読む。

・・・興奮に震えながら時間も空間も忘れ読!
・・・風呂から上がってまた読!
・・・メシを食いながらまた読!
(いきなり3回も読んでしまった)

これ、(主観だが)今までのジョジョ102巻の中で最高の巻!
大統領戦最高潮!
正義か悪かの究極の選択ー!
大切なのは『納得』。
ジョニーになりきって読むと良いでしょう!

正直つらい
読み返さないと何がなんだか
分からなくなってきました。
昔はもっと分かりやすい作風
であったと思います。
でも買っちゃうんだけどね。

荒木先生の思想
荒木先生はマンガの中に自分の思想をたっぷりと盛り込んでおり私はそれがとても好きです。
今回大統領の父親の話はとても興味深く私にとっては今までのラスボスと違い、血の通った人間として真に迫力のあるラスボスに感じました。
父が命を懸けたモノがとても大切なモノとして息子に伝わる。
なんという人間讃歌なのか!
批判もあるようですが、私はこのSBRが大好きです。

ついに大統領、苦戦する
長い間大統領のスタンドが最強である描写がなされ、その威力にあのキャラこのキャラが圧倒され敗北してきました

前巻でジャイロまでもが完全敗北し、残るジャニィに最後の希望と「馬から得る黄金の回転」が託されたところから始まります

正直最近は惰性で読んできた感が強く、初期にはあった「ジョジョ的な熱さ」に欠けていた印象だったんですが、今回は久々におもしろく読ませて頂きました

なんせラスボス戦でオラオラッシュですからね(笑
ジャニィのスタンドは究極進化し、人型になってます
デザイン的にはレクイエムやスタプラ程のかっこよさが無いのが残念
なんだかんだで余裕こいてきた大統領に襲い掛かる恐ろしい能力

「いらぬものをプロテクトする次元の絶対防御は文字通りスタンドにこじ開けられ、ラッシュが綺麗に大統領にヒット」
ジョジョのスタンドバトルに於いて、こういう形成逆転の瞬間程アドレナリンが沸き上がる事って自分には無いです

某今もどこかで死に続けているギャングの元ボスよろしく、D4Cの多次元移動能力と合わさり、擬似的とは言えその無限の絶望感漂う状況には「ようやくスティールも終焉か…」と呟いちゃいました


ただ微妙に納得出来ない部分もあったかな
・ジャニィの“馬の回転”の強引な取得方法
・最後にある大統領のあの女々しさ

特に後者の場合、それまでは吉良に並ぶ程輝いて見えたジョジョのラスボスとしての器が一気に薄くなった気がして…




どうなる?!
ジョニーがヴァレンタインの取引に応じるか応じないか全く予想できないですね!! 私としては164ページで「だが断る!」って言って欲しかったです(笑)

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ジャンプコミックス

NARUTO―ナルト― 53 (ジャンプコミックス)

amazonでチェック

NARUTO―ナルト― 53 (ジャンプコミックス)

ついに1巻の…
単行本一巻の謎がとけていく重要な巻となっています。

なんといってもこの巻は、ミナト(父)クシナ(母)のナルト(子)への愛情をたっぷりと感じられる内容となっており、子をもつ世代の方が読めば感じるものはたくさんあると思います。

それに、今回の表紙は今までで一番いいと思いました。(個人的に)

お腹に渦巻きを残して生き残った男の子
それは・・・愛だ。


これすげー額にイナズマの傷を残して生き残った男の子の魔法使いのお話に似てません?


とりあえずこの巻4代目とナルトの母ちゃんのラブコメとナルトがなんとチャクラで母と再会するお話です。

なんだかなぁ、九尾封印まではいいんだけどなんかナルトと母ちゃんの会話がしっくりこない。ナルトが自分の両親の思いを知るにはこういうやり方しかなかったんだろうけどチャクラっていつからフォースみたいになったんでしょうか?オビ=ワンやヨーダが一生かかってた辿り着いた境地を会得していたらしいナルトの母ちゃんはナルトに言います。

「流石私達の子よ。」

いくらなんでもあれだけ幼少の頃に親がいないコンプレックスを抱えていたナルトがチャクラの中で初めて会った母とあんなすらすら気の会った友達とみたいに会話してたのには違和感ありありでした。

涙涙
レビューは一度も書いたことありませんでしたが読み終わった瞬間書こうと思いました。 感想として読み終わった後に自然と涙が出てました。 男ですがそのあとは号泣です。 言葉には出来ない程、親の深い愛情を感じました。 いままで読んだ漫画の中で最高の1冊となりました。

最高でした。
まず表紙だけで鳥肌立ちました。巻の四、四十三以来久々に泣けます。クシナが命がけで子を産み、守ろうとした姿は子供を持つ母にはずしんと響きます。
ミナトのカッコよさ、強さもすばらしいし、もっともっと一緒にいたかった。。。その言葉に二人の想いがすべて集約されています。かっこいい両親です。
ナルト、良かったなーと心温まりました。
赤ん坊のサスケを抱っこしたイタチの「お兄ちゃんが絶対守ってやる」という場面もすごく好きです。その後のイタチの生き様を想いまた泣けます。

これから謎がまたどんどん明かされるでしょうね。楽しみにしています。ナルト最高!!

泣けてまうやろ〜!
他の皆さんが書いているとおり本当に良い話です。
ミナト、カッコよすぎでしょう。
個人的には、サスケファンだから、ちっちゃい頃のサスケとイタチのショットが嬉しかった。
あと、カカシとガイの絡みも良かった。買って損なし。
あっぱれ!

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ジャンプコミックス

ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)

amazonでチェック

ONE PIECE 60 (ジャンプコミックス)

相変わらずよく練られたストーリー
ジャンプの連載時にはなんで過去編なんてやるんだなんて
思ってましたが、単行本でまとめて読むとちゃんと理由や
意味があるのがよくわかります。今回戦闘シーンは殆ど
無かったけど、59巻よりずっとおもしろかった。

複線の張り方とか長く一本通ったストーリー展開とか
やっぱり尾田さんってすごいなと思います。

おもしろい
とりあえず一段落してからサボ、そして2年後までの展開

急に2年後というのは驚いたが、相変わらず面白い。

私は25巻くらいで単行本の購入をやめて、それからずっと週刊誌だったが久しぶりにまた集めたくなりました。

盛りだくさんで楽しかった
この巻は、ほんとーに盛りだくさん。
ルフィ、エース、サボの回想シーンから始まって、エースの死に苦しむ現在のルフィ。
壁にぶちあたったルフィが思い出す仲間たち。そしてその散り散りになった仲間たちのエピソード。
海軍内部や、海賊社会の勢力図の塗り替わりも。

しばらくぶりにルフィの仲間にワクワクする。
プロデュースドバイ・レイリーの大仕掛け。

それぞれがルフィのメッセージを受け取って、こりゃほんとに強くなりそうだ。
ルフィには世界の度肝を抜き続けて欲しい。

伏線の回収をしつつ、2年後へ向けて
60巻では過去のルフィとエースの話と2年後へ向けての各々の動向が描かれています
相変わらず伏線が至る所にちりばめられている作品ですが、週刊誌を読んでいるだけではすべてを把握するのが難しく感じることもあるけれど
単行本を読み返すことによって新たな発見があったりします
きちんとつじつまが合う話というのは初期の頃からしっかりとした構想が練られているということであり
いきあたりばったりにならないというのがこの作品の凄い所

個人的には、ここの所ずっと海軍の本拠地に乗り込んだりと中枢部と戦い続け、海賊として自由に旅すると言った感じではなく
世界と戦い続けていたような気がします
61巻の途中から始まる2年後の世界(できれば61巻の始めから綺麗に始まってほしかった)からは物語が変わっていくみたいですが
スケールの大きい戦いばかりではなく、目立たなくてもその先に何かがあるような戦いもみてみたい気がします

評価は溜めの段階ということで☆4つでお願いします




あいつらに会いたい!
今回もやってくれました尾田先生!
前巻から引き続き回想からの始まりでしたが、ルフィやエースの幼少時代からの絆がみえてとてもよかった。

ジンベイエの台詞にはグッときた!!誰にでも失うものはある。つらくて苦しくて、それでもそれを乗り越えて生きる価値はある。「人間は不幸の数は数えるが幸せの数はかぞえようとしない」まさにこの言葉を表した名シーンだった。ルフィが言った「会いたい」の一言に心が震えない人はいないはず!!

キリのよいところで終わってないのは残念ですが、それを撥ね飛ばすくらいに感動できる良い一冊でした。

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | ジャンプコミックス

ガラスの仮面 46 (花とゆめCOMICS)

amazonでチェック

ガラスの仮面 46 (花とゆめCOMICS)

少しホッとしました
45巻を読んだときには、どうなることかと思いましたが、
46巻は、結構楽しめました…ということで、おまけの★4つです。
僕は、今回読んで、「紅天女は亜弓さんにはできない」ことを確信しましたね。
…って別に予想がしたいわけではないのですが…
紅天女は、「魂のかたわれ」を感じることができる人にしか演じられない役ですよね。

ああ急展開、阿古夜の恋に目覚めるマヤ
46巻急展開、かなりストーリーが動き始めましたね。

今回は紫織さんの意地悪(罠)に真澄さんもハマってしまいそうトコ、ある意味ヘタレで内容ベタ(笑)なんだけど、少女漫画王道かな?
そんな中水城さんはかなり重要なとこで出てきます。
真澄さんもマヤに対して不信感は持つようですが、マヤの真直ぐな心が伝わるようで、身を盾にして暴漢からマヤを守る姿に2人の絆は深まっていくようです。
阿古夜の姿でのマヤの愛のセリフのシーンはキレイで見惚れてしまいます。

亜弓さんは特訓?で前より紅天女の本質を掴んでいきそうだし・・・
紫織さんの行動は、”投げかけたことは返ってくる”の見本みたいです。
まぁ少女漫画には必要な存在?

他の方も書かれてますが、紅天女はダブルキャストでいいのでは??

長いことストーリー再開を待ってました。続きを止めないでほしいです。
星4はもっと絆が深くていいのに、なぜ?という思いと
真澄さんしっかりしてーという思いかな。

確かに前巻よりは良いですね
つっこむために(笑)ガラスの仮面を読み続けて30年近く。

今回は改めて自分のポイントを整理して読んでみました。

前からのポイント
・速水真澄はストーカー
・亜弓さんは咬ませ犬
・ご都合主義はどこまでいくの?
・冷血漢・仕事の鬼・朴念仁の真澄様。もしかして・・・ピーチ??

最近気付いた点
・桜小路君ったらオンディーヌ所属なのに、黒沼組なんだ・・・
・歌子さんったら、紅天女の後継者最終候補になれない実力なのに、候補になった亜弓さんを指導する実力あり??

・・・・・・・・・・・・・・

この漫画で一番漢魂あるのは、亜弓さんだと常々思っていたので、
演技力(技術)だけでなく、紅天女の心の本質に近づいてものすごい芸術を見せてくれそうだから、
失明危機も、  作者的に紅天女を盛り上げる為に必要だったのかな と思いました。
絶対的有利にいるマヤと亜弓を対等なレベルにするために。


で、紫織お嬢様。

今どきこんな安いメロドラマ(笑)

さすが鷹宮天皇の孫娘。

ある意味感心しました。
でも、犯罪スレスレ&単なる恐喝じゃんねぇ  とも思いました。



暴漢に襲われ、マヤを守る姿は、乙部のりえにしてやられた時とものすごいシンクロしたのですが、
皆様はあまりこの件に関して書かれていないので、自分だけですかね。


でも、まぁ
これで何があっても、大都芸能=真澄様は
紅天女上演権を手にできそうで良かったね   と、46巻を読んだ最大の感想です。


邪道ですみません。

これでも、すごい楽しんで読んでいるのですよ。(今更)

ドキドキする展開
久々にドラマチック!
そこにマヤちゃんがいたことも、聖さんがいたことも、紫織さんが渋滞に巻き込まれたことも、広い船の中で鉢合わせしたことも、
偶然が重なりすぎていますが今回は素直におもしろかったです。
水城さんと聖さんの存在は何十年経っても安心できますね(笑)

それにしても、ご令嬢の紫織さんの行動は恐ろしいです。
紫のバラに対する仕打ちや(それを水城さんが見ていたことも偶然)仮縫いまで終わったウェディングドレスを汚す行為も信じがたいです。
渋滞も、誰もが天罰だと思ったことでしょう。

マヤちゃんのせつない思いが阿古夜に変身(?)させたシーンは思わず涙が滲んできてしまいました。
何度か、こんなようなシーンもあったと思いますが、きっとこれが最後になると信じています。
次はどんな展開をしていくのか、とっても期待しています。
ただ、「花とゆめ」1月号から46巻の続きを連載、と帯に書かれてあったので
47巻はいつになるのか不安もよぎります。



20年の空白の意味
亜弓の目が見えなくなると知って20余年

紫織の執拗なイジメがあるとも知っていて、
それでもなお、刊行されなかった単行本。

ようやく20年の空白が埋まったとなった今、

数年置きに単行本を出していたことが逆に気になる。

読者をこれ以上待たせるわけにはいかなく、
動かないストーリィをわざと数冊出していたかのような…?

穿ちすぎだろうか。

絶対とする構想がようやく生まれて、
ざーっと、この20年を埋める単行本を
読者が納得するべく一気に2冊発表。みたいな。

どうなんだろう。

…内容については、

・稽古より実演がすき
・実演がむりならストーリィがいかように進行するか

という点において、
後者が格段に進んだので、納得がいった

ひさしぶりに充実した一冊を読んだな、と
さわやかな気分で本を閉じた

amazonでチェック


関連する本


この記事へのリンク | コメント(0)  | トラックバック(0) | 花とゆめコミックス